メインメニューを開く

ジェイク・マリスニック

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • ジェイク・マリスニク

ジェイコブ・ショーン・マリスニックJacob Shawn Marisnick, 1991年3月30日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州リバーサイド郡リバーサイド出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBニューヨーク・メッツ所属。

ジェイク・マリスニック
Jake Marisnick
ニューヨーク・メッツ
Jake Marisnick Houston Astros May 2017.jpg
ヒューストン・アストロズ時代
(2017年5月7日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州リバーサイド郡リバーサイド
生年月日 (1991-03-30) 1991年3月30日(28歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2009年 MLBドラフト3巡目
初出場 2013年7月23日 コロラド・ロッキーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称はマイアミ・マーリンズ時代にチームメイトのクリスチャン・イエリッチが名付けたビッグ・ファッジ[1]

経歴編集

プロ入りとブルージェイズ傘下時代編集

2009年MLBドラフト3巡目(全体92位)でトロント・ブルージェイズから指名され、8月17日に契約。

2010年、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブルージェイズでプロデビュー。8月にA級ランシング・ラグナッツへ昇格。34試合に出場して打率.220、1本塁打、12打点、9盗塁を記録した。

2011年はA級ランシングでプレーし、118試合に出場して打率.320、14本塁打、77打点、37盗塁を記録した。

2012年はまずA+級ダニーデン・ブルージェイズでプレーし、65試合に出場して打率.263、6本塁打、35打点、10盗塁を記録した。7月にAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツへ昇格。55試合に出場して打率.233、2本塁打、15打点、14盗塁を記録した。

マーリンズ時代編集

2012年11月19日にエミリオ・ボニファシオジョン・バックマーク・バーリージョシュ・ジョンソンホセ・レイエスとの大型トレードで、ヘンダーソン・アルバレスアンソニー・デスクラファニーユネル・エスコバーアデイニー・エチェバリアジャスティン・ニコリーノと共にマイアミ・マーリンズへ移籍した[2]

 
AA級ジャクソンビル・サンズ時代
(2013年5月7日)

2013年は傘下のA+級ジュピター・ハンマーヘッズで開幕を迎え、5月にAA級ジャクソンビル・サンズへ昇格。AA級ジャクソンビルでは67試合に出場して打率.294、12本塁打、46打点、11盗塁を記録した。7月23日にメジャーへ昇格し[3]、同日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビュー。「6番・中堅手」で先発起用され、4打数無安打に終わった[4]。7月31日のニューヨーク・メッツ戦ではヘンリー・メヒアからメジャー初本塁打を放った[5]。この年メジャーは40試合に出場して打率.183、1本塁打、5打点、3盗塁を記録した。

2014年3月27日にAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズへ異動し、そのまま開幕を迎えた。6月16日にクリスチャン・イエリッチ故障者リスト入りしたため、メジャーへ昇格[6]。13試合に出場したが、6月28日にAAA級ニューオーリンズへ降格した[7]。7月28日にメジャーへ再昇格し[8]、同日のワシントン・ナショナルズ戦に出場したが、翌29日にAAA級ニューオーリンズへ降格した[9]

アストロズ時代編集

2014年7月31日にジャレッド・コザートエンリケ・ヘルナンデスオースティン・ウェイツとのトレードで、コリン・モランフランシス・マルテスと共にヒューストン・アストロズへ移籍した[10]。アストロズ加入後は、51試合に出場して打率.272、3本塁打、19打点を記録した。

2015年は中堅のレギュラーに定着し、左翼手右翼手も守り分けながら133試合に出場した。打率は.236だったが、計28本の長打を放った。走塁面では、前述の28長打中4本が三塁打で、アメリカンリーグ8位の24盗塁を決めた。

2016年も中堅をメインに起用され、118試合に出場。打率は.209だったが、5本塁打、21打点、10盗塁を記録した。

2019年7月7日のロサンゼルス・エンゼルス戦でジョナサン・ルクロイとのクロスプレーにより脳震盪と鼻骨骨折の重傷を負わせ、故障者リスト入りさせてしまう。この交錯プレーには、米メディアやファンだけでなく、現役メジャーリーガーたちも次々に反応。ヤディアー・モリーナがSNS上で怒りをあらわにすると、アストロズのチームメイトが反論するなど場外戦も起きた[11]

メッツ時代編集

2019年12月5日にブレイク・テイラー英語版ケネディ・コロナとのトレードで、メッツへ移籍した[12]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2013 MIA 40 118 109 6 20 2 1 1 27 5 3 1 1 1 6 0 1 27 1 .183 .231 .248 .478
2014 14 51 48 3 8 0 0 0 8 0 5 0 0 0 3 1 0 19 0 .167 .216 .167 .382
HOU 51 186 173 18 47 8 0 3 64 19 6 3 2 3 5 2 3 48 2 .272 .299 .370 .669
'14計 65 237 221 21 55 8 0 3 72 19 11 3 2 3 8 3 3 67 2 .249 .281 .326 .607
2015 133 372 339 46 80 15 4 9 130 36 24 9 6 4 18 0 5 105 2 .236 .281 .383 .665
2016 118 311 287 40 60 18 1 5 95 21 10 5 4 1 16 0 3 83 4 .209 .257 .331 .588
2017 106 259 230 50 56 10 0 16 114 35 9 4 2 1 20 1 6 90 5 .243 .319 .496 .815
2018 103 235 213 34 45 8 1 10 85 28 6 2 1 1 15 1 4 84 6 .211 .275 .399 .674
2019 120 318 292 46 68 16 3 10 120 34 10 3 3 0 17 0 6 95 6 .233 .289 .411 .700
MLB:7年 685 1850 1691 243 384 77 10 54 643 178 73 27 19 11 100 5 28 551 26 .227 .280 .380 .660
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



左翼(LF) 中堅(CF) 右翼(RF)




































2013 MIA - 32 75 5 0 2 1.000 -
2014 - 13 47 2 0 1 1.000 -
HOU 2 5 0 0 0 1.000 17 49 1 0 0 1.000 31 68 3 2 1 .973
'14計 2 5 0 0 0 1.000 30 96 3 0 1 1.000 31 68 3 2 1 .973
2015 16 27 0 0 0 1.000 99 202 8 3 3 .986 13 16 0 0 0 1.000
2016 26 38 1 0 0 1.000 74 160 8 1 1 .994 5 5 0 0 0 1.000
2017 6 4 1 1 0 .833 93 127 2 1 0 .992 3 0 0 0 0 ----
2018 1 0 0 0 0 ---- 96 140 1 1 1 .993 1 1 0 0 0 1.000
2019 - 109 196 1 1 1 .995 -
MLB 51 74 2 1 0 .987 533 996 28 7 9 .993 53 90 3 2 1 .979
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 23(2013年 - 2014年途中)
  • 6(2014年途中 - 2019年)

脚注編集

  1. ^ Astros Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月2日閲覧
  2. ^ Marlins complete 12-player trade with Blue Jays”. MLB.com Marlins Press Release (2012年11月19日). 2014年7月31日閲覧。
  3. ^ Ian McCue, Joe Frisaro (2013年7月23日). “Pierre, Ruggiano lose time after prospects' callups”. MLB.com. 2014年7月31日閲覧。
  4. ^ Scores for Jul 23, 2013”. ESPN MLB (2013年7月23日). 2014年7月31日閲覧。
  5. ^ Scores for Jul 31, 2013”. ESPN MLB (2013年7月31日). 2014年7月31日閲覧。
  6. ^ Joe Frisaro (2014年6月17日). “Marlins promote Marisnick, send Yelich to DL”. MLB.com. 2014年7月31日閲覧。
  7. ^ Joe Frisaro, Maria Torres (2014年6月28日). “Marlins option Marisnick, DeSclafani to Triple-A”. MLB.com. 2014年7月31日閲覧。
  8. ^ Maria Torres (2014年7月28日). “Marlins recall Marisnick, send down Realmuto”. MLB.com. 2014年7月31日閲覧。
  9. ^ Joe Frisaro, Maria Torres (2014年7月29日). “Marlins reportedly interested in dealing for Lester”. MLB.com. 2014年7月31日閲覧。
  10. ^ Astros make six-player trade with Marlins”. MLB.com Astros Press Release (2014年7月31日). 2014年8月1日閲覧。
  11. ^ 「ふざけるな」モリーナがルクロイへの“タックル”に激怒 アストロズ選手は反論”. Full-count (2019年7月8日). 2019年12月6日閲覧。
  12. ^ Astros acquire two prospects for Mets in exchange for Marisnick” (英語). MLB.com (2019年12月5日). 2019年12月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集