ジミー・バトラー

アメリカのバスケットボール選手 (1989 - )

ジミー・バトラー3世Jimmy Butler III, 1989年9月14日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロバスケットボール選手。NBAマイアミ・ヒートに所属している。ポジションはスモールフォワードシューティングガードを兼ねるスウィングマン。愛称は「Jimmy Buckets[2]」。

ジミー・バトラー
Jimmy Butler
Jimmy Butler (cropped).jpg
マイアミ・ヒートでのバトラー
(2020年)
マイアミ・ヒート  No.22
ポジション SF / SG
所属リーグ NBA
基本情報
愛称 Jimmy Buckets
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1989-09-14) 1989年9月14日(32歳)
出身地 テキサス州ヒューストン
身長 201cm (6 ft 7 in)
体重 100kg (220 lb)
ウィングスパン 202cm  (6 ft 8 in)
シューズ リーニン[1]
キャリア情報
高校 トンボール高等学校英語版
大学 タイラー・ジュニアカレッジ英語版
マーケット大学英語版
NBAドラフト 2011年 / 1巡目 / 全体30位[1]
プロ選手期間 2011年–現在
経歴
2011-2017シカゴ・ブルズ
2017-2018ミネソタ・ティンバーウルブズ
2018–2019フィラデルフィア・76ers
2019-マイアミ・ヒート
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2016
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
金メダル - 1位 2016 リオデジャネイロ

経歴編集

生い立ち編集

「彼の生い立ちには驚くばかりだよ。彼の人生には幾つもの困難があったのに、いつも彼はそれを克服してきたんだ。もし彼と話をする機会が得られたならば(彼はあまり自分の生い立ちについて話したがらないだろうけど)彼に敬意を抱くと思うよ」 2011年のドラフトの前に、とあるNBAチームのGMが口にしたこの言葉が示すとおり、バトラーの経歴は非常に波乱に富んでいる。 バトラーの父は彼が幼い時に家族を置いて家を出て行った。そしてヒューストンの郊外、トムボール英語版に住んでいた13歳の時に母親に家を追い出される事になった。 「あんたの顔が気に食わないんだ。さっさと出て行きな」 2011年のインタビューの時に、バトラーはそう母親に言われたと語っている。その後、バトラーは複数の友人の家の間を転々としながら過ごす事になった[3]

その後バトラーはトムボール高校に入学した。 12年生になる直前のサマーリーグで、バトラーは後輩のジョーダン・レスリーにスリーポイント勝負を挑まれた。 その後彼らはすぐに友達となり、バトラーはレスリーの家で寝泊りするようになった。レスリーの母と継父は、6人の子供がいるため最初は彼を養子として引き取る事に消極的だったが、結局数ヵ月後に彼を家族に迎え入れた。 「彼らは僕の事をバスケットボールが上手いから引き取ったわけじゃないんだ。彼女(レスリーの母)は信じられない事に僕の事を愛してくれたし、たらふくご飯を食べさせてくれたんだ」 後にジミーはインタビューでそう語っている。

バトラーはトムボール高校の最上級生の2006-2007年のシーズンには、試合平均19点、8リバウンドの成績を上げている。彼はチームで一番優秀なプレイヤーだった。

カレッジ編集

バトラーは高校を卒業した後、大学から引く手数多だったわけではなかった。そのため、バトラーはテキサス州にあるタイラー短期大学に入学する事に決めた。その後バトラーはマーケット大学に転校し、2年生だった2008-2009年の時に試合平均5.6点、3.9リバウンド、FT率76.8%を記録した。3年生の時(2009-2010年のシーズン)には先発選手となり、試合平均14.7点、6.4リバウンドを記録し、All-Big East Honorable Mention賞を獲得している。 このシーズンのバトラーのハイライトは、コネチカット大学セント・ジョーンズ大学を相手にした試合でウィニングショットを放った事だった。この結果、マーケット大学の5期連続NCAAトーナメント出場にバトラーは貢献する事ができた。

シカゴ・ブルズ編集

2011–12シーズン

2011年のNBAドラフトにおいてシカゴ・ブルズから全体30位で指名される。 ルーキーイヤーは全試合ベンチからの出場となった。

2012–13シーズン

レギュラーシーズンが始まる前のサマーリーグで、バトラーは試合平均20.8点、6.5リバウンド、2アシストを記録した。 この年も前半戦のうちは、昨年と同じく出場時間は限られていた。しかし、チームメイトのルオル・デンが負傷欠場によりバトラーは遂に先発出場を果たした。バトラーが先発選手として出場した最初の試合は、17分の出場で18点8リバウンド、3アシスト、3スティールだった。バトラーは次の4試合において40分以上の出場を果たす事になる。 2013年4月19日のトロント・ラプターズ戦で、バトラーは28点を記録した。 このシーズンの終わりまでバトラーはブルズのローテーションに加わり、プレイオフでは試合平均40.8分の出場を果たした。

2013–14シーズン

2014年1月15日のオーランド・マジック戦ではトリプルオーバータイムの末、バトラーは60分の出場を果たしてシカゴ・ブルズのチーム記録を更新した。 2014年6月2日に発表されたNBAオールディフェンシブ2ndチームに選出され、リーグ屈指のディフェンダーである事を証明した。

2014–15シーズン
 
2015年のバトラー

2014年10-11月において試合平均21.9得点でシュート率49.8%を記録し、イースタンカンファレンス月間MVPを獲得した。 2015年2月24日、NBAオールスターゲームに初出場。同シーズンは平均20得点とエース級の活躍を見せ、MIPを受賞した。

2015-16シーズン

5年9000万ドルのマックス契約でブルズと再契約した同シーズンは、圧巻のパフォーマンスの連続。4度の延長戦にまでもつれ込んだ2015年12月18日のデトロイト・ピストンズ戦は、チーム最多の43得点を記録[4]。更に2016年1月3日のトロント・ラプターズでは、計42得点中の40得点を3rdクォーター以降に叩き出し、1989年2月のミルウォーキー・バックス戦でマイケル・ジョーダンが後半戦に39得点を挙げたチーム記録を更新する最高のパフォーマンスを披露[5]。同月14日のフィラデルフィア・76ers戦では、自己最多の53得点を記録した[6]

ミネソタ・ティンバーウルブズ編集

2017年のNBAドラフト開催日、ザック・ラヴィーンらとのトレードでミネソタ・ティンバーウルブズへの移籍が決定。ブルズ時代の恩師トム・シボドーの下で再出発することになった[7]

2017-18シーズン

2017年12月27日に行われたデンバー・ナゲッツ戦でシーズン・ハイの39得点を記録、試合はウルブズがオーバータイムの末128-125で勝利した[8]。2018年2月18日に行われるNBAオールスターゲームに出場することが発表された[9]。試合には休養のため出場しなかった[10]。オールスターブレイク直後の2月23日に行われたヒューストン・ロケッツ戦で負傷により途中退場となった。MRI検査の結果、右膝の半月板を損傷していることがわかった[11]。4月6日に行われたロサンゼルス・レイカーズ戦で怪我から復帰、18得点を記録し試合はウルブズが113-96で勝利した[12]。プレーオフ1回戦、対ヒューストン・ロケッツの第3戦で28得点を記録、試合は121-105で勝利した[13]

2018-19シーズンのトレーニングキャンプ前にバトラーはウルブズにトレードを要求した。だが、トレードは成立せずバトラーはウルブズでシーズン開幕を迎える事となった[14]

フィラデルフィア・76ers編集

2018-19シーズン
 
2019年のバトラー

2018年11月にジャスティン・パットンと共にロバート・コビントンダリオ・サリッチジェリッド・ベイレス、2022年のドラフト2巡目指名権との交換でフィラデルフィア・76ersに移籍した[15]

マイアミ・ヒート編集

2019-20シーズン

2019年7月2日、4チーム間のトレードでマイアミ・ヒートに移籍した[16]。12月9日、1試合平均27.5得点、9.0リバウンド、8.5アシストを記録し、イースタンカンファレンス週間最優秀選手に選ばれた[17]。12月10日、アトランタ・ホークス戦にて20得点、キャリアハイの18リバウンド、11アシストを記録し135-121で延長戦の末勝利した[18]。1月30日、キャリア5回目となるNBAオールスターゲームにリザーブで選ばれた[19]。プレーオフでは自身初のNBAファイナルまで進み、10月5日の第3戦では40得点・11リバウンド・13アシストのトリプルダブルを達成した[20]。第5戦では、35得点、12リバウンド、11アシスト、5スティールを記録し、ファイナルで35得点、10リバウンド、10アシスト、5スティール以上を記録した初のプレーヤーとなった。ファイナルの結果ヒートはレイカーズに4-2で敗れたが[21]、バトラーはレブロン・ジェームズマジック・ジョンソンラリー・バードウィルト・チェンバレンドレイモンド・グリーンに次ぐ、NBA史上6人目となるファイナルで複数回のトリプルダブルを記録した[22]。そして2016年のレブロン以来となるファイナルにおける、得点・リバウンド・アシスト・スティール・ブロックでチームトップを記録した[23]

2020-21シーズン

オフシーズンが短かったこともあり、調整不足から開幕当初は自身もチームも低調なスタートだったが、シーズンが進むにつれ調子を上げ、最終的には平均リバウンドと平均アシストでキャリアハイを更新。また自身初となるスティール王に輝いた。カンファレンス6位でプレーオフに出場し、1回戦で前年勝利したミルウォーキー・バックスと対戦。バトラーはこのシリーズでフィールドゴール成功率が30%を下回る深刻な不振に陥ってしまう。チームも第1戦でオーバータイムの末に敗れると、その後の3試合はドリュー・ホリデーらが加わり強化されたバックスの前に為す術もなく大敗を喫し、4連敗で1回戦敗退となった。

2021年8月7日にヒートと4年1億8400万ドルのマックス契約を結び契約延長した[24]

2021-22シーズン

2022年1月24日のロサンゼルス・レイカーズ戦にて、20得点、10リバウンド、12アシストを記録し、トリプル・ダブルを達成した[25]。また、ヒートでのレギュラーシーズン通算10回目のトリプル・ダブルを記録し、レブロン・ジェームズが保持していた9回を上回り、球団最多記録を更新した[26]

プレースタイル編集

リーグ屈指のタフなプレイヤーとして知られ、NBAオールディフェンシブ2ndチームに選ばれるほどの好ディフェンダーである。特に相手からファールを奪い、フリースローを獲得する技術に優れている。出場時間および試合ごとの走行距離から分かるとおり、非常にスタミナのあるプレイヤーでもある。 闘争心に溢れており、努力家として知られている。リーグでも屈指のクラッチプレーヤーとしても知られており、2020年には下馬評を覆しマイアミ・ヒートをファイナルへ導くと、勝利した2試合でトリプルダブルを記録するなど大舞台でも活躍できるオールラウンダーである。

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ
  リーグリーダー

NBA編集

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2011–12 CHI 42 0 8.5 .405 .182 .768 1.3 .3 .3 .1 2.6
2012–13 82 20 26.0 .467 .381 .803 4.0 1.4 1.0 .4 8.6
2013–14 67 67 38.7 .397 .283 .769 4.9 2.6 1.9 .5 13.1
2014–15 65 65 38.7 .462 .378 .834 5.8 3.3 1.8 .6 20.0
2015–16 67 67 36.9 .454 .312 .832 5.3 4.8 1.6 .6 20.9
2016–17 76 76 37.0 .455 .367 .865 6.2 5.5 1.9 .4 23.9
2017–18 MIN 59 59 36.7 .474 .350 .854 5.3 4.9 2.0 .4 22.2
2018–19 10 10 36.1 .471 .378 .787 5.2 4.3 2.4 1.0 21.3
PHI 55 55 33.2 .461 .338 .868 5.3 4.0 1.8 .5 18.2
2019–20 MIA 58 58 33.8 .455 .244 .834 6.7 6.0 1.8 .6 19.9
2020–21 52 52 33.6 .497 .245 .863 6.9 7.1 2.1 .3 21.5
2021–22 57 57 33.9 .480 .233 .870 5.9 5.5 1.6 .5 21.4
通算 690 585 33.1 .460 .321 .841 5.3 4.1 1.6 .5 17.7
オールスター 3 1 14.0 .800 .000 .000 2.3 1.7 1.7 .0 5.3

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2012 CHI 3 0 1.3 .000 .000 .000 .0 .0 .0 .0 .0
2013 12 12 40.8 .435 .405 .818 5.2 2.7 1.3 .5 13.3
2014 5 5 43.6 .386 .300 .783 5.2 2.2 1.4 .0 13.6
2015 12 12 42.2 .441 .389 .819 5.6 3.2 2.4 .8 22.9
2017 6 6 39.8 .426 .261 .809 7.3 4.3 1.7 .8 22.7
2018 MIN 5 5 34.0 .444 .471 .833 6.0 4.0 .8 .2 15.8
2019 PHI 12 12 35.1 .451 .267 .875 6.1 5.2 1.4 .6 19.4
2020 MIA 21 21 38.4 .488 .349 .859 6.5 6.0 2.0 .7 22.2
2021 4 4 38.5 .297 .267 .727 7.5 7.0 1.3 .3 14.5
2022 17 17 37.0 .506 .338 .841 7.4 4.6 2.1 .6 27.4
通算 97 94 37.5 .457 .344 .837 6.1 4.4 1.7 .6 20.0

カレッジ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2008–09 マーケット 35 0 19.6 .514 .000 .768 3.9 .7 .5 .5 0.5 5.6
2009-10 34 34 34.3 .530 .500 .766 6.4 2.0 1.3 .6 1.1 14.7
2010-11 37 35 34.6 .490 .345 .783 6.1 2.3 1.4 .4 1.5 15.7
通算[27] 106 69 29.6 .508 .383 .773 5.5 1.7 1.1 .5 1.0 12.0

エピソード編集

  • 2020年のNBAバブル英語版にてバトラーは1杯20ドル(約2100円)の高級コーヒーショップを開いたことで一時期メディアで話題となった[30][31]

脚注編集

  1. ^ バトラーがウェイドと生涯契約を結ぶ中国ブランド「リーニン」とのシューズ契約を締結”. basketballking.jp (2020年11月20日). 2020年12月14日閲覧。
  2. ^ Isaac Okoro earns Jimmy Butler's respect in Cleveland Cavaliers' loss: 'His potential is out of this world'”. cleveland (2021年4月4日). 2021年4月20日閲覧。
  3. ^ Ford, Chad (2011年6月11日). “Jimmy Butler finds a new home, hope”. ESPN.com. 2020年9月13日閲覧。
  4. ^ Drummond leads way, Pistons beat Bulls 147-144 in 4 OT
  5. ^ Butler tops Jordan Bulls record with 40 points in half
  6. ^ Butler scores career-high 53 to lead Bulls over 76ers in OT
  7. ^ ウルブズとブルズがジミー・バトラーを含むトレード成立を発表 NBA JAPAN
  8. ^ Butler's 39 points lift Wolves past Nuggets, 128-125 in OT” (英語). ESPN.com. ESPN (2017年12月28日). 2018年2月22日閲覧。
  9. ^ ブラッドリー・ビール、ビクター・オラディポ、クリスタプス・ポルジンギス、カール・アンソニー・タウンズが初選出”. NBA.com (2018年1月24日). 2018年1月25日閲覧。
  10. ^ Chris Chavez (2018年2月19日). “Jimmy Butler Sits Out All-Star Game, Gets Called Out By Lou Williams” (英語). si.com. Sports Illustrated. 2018年2月22日閲覧。
  11. ^ Chris Chavez (2018年2月24日). “Minnesota Timberwolves' Jimmy Butler out vs. Chicago Bulls with meniscal injury to right knee” (英語). NBA.com. 2018年2月25日閲覧。
  12. ^ Butler returns as Wolves beat Lakers 113-96” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月6日). 2018年4月8日閲覧。
  13. ^ Butler, Towns lead T-wolves past Rockets 121-105 in Game 3” (英語). ESPN.com (2018年4月21日). 2018年4月23日閲覧。
  14. ^ It's done: Jimmy Butler trade to Philadelphia completed” (英語). ESPN.com (2018年11月13日). 2018年11月13日閲覧。
  15. ^ Sixers officially acquire Jimmy Butler in trade with Timberwolves” (英語). NBA.com (2018年11月13日). 2018年11月13日閲覧。
  16. ^ 【リポート】ジミー・バトラーが4チーム間のトレードでヒートに移籍へ” (日本語). www.sportingnews.com. 2020年3月20日閲覧。
  17. ^ Butler Wins Eastern Conference Player Of The Week” (英語). Miami Heat (2019年12月9日). 2020年9月13日閲覧。
  18. ^ Jimmy Butler, Heat rally in OT after Trae Young says 'it's over” (英語). ESPN.com (2019年12月10日). 2020年9月13日閲覧。
  19. ^ Bam Adebayo & Jimmy Butler are NBA All-Stars” (英語). NBA.com (2020年1月30日). 2020年9月13日閲覧。
  20. ^ Ben Rohrbach (2020年10月5日). “Jimmy Butler and the greatest NBA Finals games ever played” (英語). yahoo.com. 2020年10月5日閲覧。
  21. ^ Watch: How LeBron, Lakers clinched the NBA title over Heat” (英語). ABS-CBN Sports (2020年10月12日). 2020年10月13日閲覧。
  22. ^ Ben Rohrback (2020年10月10日). “Miami's Jimmy Butler out-duels LeBron James to force Game 6 of NBA Finals against Lakers” (英語). Yahoo Sports. 2020年10月10日閲覧。
  23. ^ Jimmy Butler logs 3rd 40-point triple-double in NBA Finals history” (英語). NBA.com (2020年10月4日). 2020年10月13日閲覧。
  24. ^ Butler signs 4-year, $184M extension with Heat” (英語). ESPN.com (2021年8月7日). 2021年8月8日閲覧。
  25. ^ Jimmy Butler Sets Miami Heat Career Triple-Doubles Record Against Lakers”. Sports Illustrated. 2022年1月23日閲覧。
  26. ^ Jimmy Butler passes LeBron James for most triple-doubles in Heat franchise history”. sportingnews.com. 2022年1月23日閲覧。
  27. ^ Jimmy Butler, sports-reference.com, Retrieved May 20, 2011.
  28. ^ ジミーバトラー、兄貴分デリックローズに感謝のメッセージ
  29. ^ ブルズからウルブズにトレードされたジミー・バトラーが、シカゴのファンに惜別メッセージ「シカゴは自分の人生そのものだった
  30. ^ “バブル内で“超高級”コーヒーショップをオープン!?”. nba.rakuten. (2020年8月18日). https://nba.rakuten.co.jp/news/4892 2020年9月13日閲覧。 
  31. ^ Jimmy Butler is charging $20 a cup from his NBA bubble coffee shop”. ESPN.com (2020年9月16日). 2020年9月13日閲覧。

外部リンク編集