ジャン=ルイ・トランティニャン

ジャン=ルイ・トランティニャンJean-Louis Trintignant, 1930年12月11日 - )は、フランスヴォクリューズ県出身の俳優

ジャン=ルイ・トランティニャン
Jean-Louis Trintignant
Jean-Louis Trintignant
2012年
生年月日 (1930-12-11) 1930年12月11日(90歳)
出生地 フランスの旗 フランス ヴォクリューズ県
配偶者 ステファーヌ・オードラン
ナディーヌ・トランティニャン (1960 - 1976)
著名な家族
主な作品
『消される男』
殺しが静かにやって来る
Z
男と女
暗殺の森
離愁
トリコロール/赤の愛
愛、アムール
テンプレートを表示

来歴編集

法律家を志していたが、20歳を過ぎてから興味を持った演劇ダンスを学び1955年に映画デビュー。知的で温厚な個性を発揮、数多くの青春映画や犯罪映画に主演、『男と女』や『フリック・ストーリー』などが当たり役となった。また舞台ではシェイクスピア劇などに出演した。

ミヒャエル・ハネケクロード・ルルーシュエリック・ロメールフランソワ・トリュフォージャン=リュック・ゴダールアラン・ロブ=グリエベルナルド・ベルトルッチエンキ・ビラルパトリス・シェローら玄人好みの映像作家的な監督らと多数組み、代表作を残す。中でも『アンジェリク』シリーズ、『殺しが静かにやって来る』、『男と女』、『悲しみのヴァイオリン』などが知られている。またカルト的支持の高いSF映画『バンカー・パレス・ホテル』、人間群像劇『愛する者よ、列車に乗れ』で主演を務めた。昨今に至っても衰えを知らず、齢70を過ぎても活躍している。

私生活編集

叔父はF1レーサーのモーリス・トランティニャンである。自身もレーサーとしても知られているが、2007年にバイク事故を起こしている[1]

女優のステファーヌ・オードランと最初の結婚をするが映画『素直な悪女』で共演したブリジット・バルドーとの撮影中にした浮気が発覚し離婚。映画監督のナディーヌ・トランティニャンと二度目の結婚し、一男二女をもうけるも離婚。二度目の妻との間に出来た次女は乳児期に病死し、長女のマリー・トランティニャンは女優となったが、2003年に恋人のロックミュージシャンに暴行を受け急逝した。マリーの息子ロマン・コリンカジュール・ベンシェトリは俳優となり、ジュールは父親であるサミュエル・ベンシェトリフランス語版監督の映画『アスファルト』などに出演している。

主な出演作品編集

公開年 邦題
原題
監督 役名 備考
1955 空と海の間に
Si tous les gars du monde
クリスティアン=ジャック ジャン=ルイ
1956 街の仁義
La loi des rues
イヴ
素直な悪女
Et Dieu... créa la femme
ロジェ・ヴァデム ミシェル
乙女の館
Club de femmes
ミシェル
1959 危険な関係
Les Liaisons dangereuses
ロジェ・ヴァデム ダンスニー
激しい季節
Estate violenta
ヴァレリオ・ズルリーニ カルロ・カレモーリ
1961 アトランタイド
Antinea, l'amante della città sepolta
ピエール
1962 新7つの大罪
Les Sept péchés capitaux

La luxure”

オムニバス*ジャック・ドゥミ
追い越し野郎
Il sorpasso
ディノ・リッシ ロベルト
スエーデンの城
Château en Suède
エリック
1964 マタ・ハリ
Mata Hari, agent H21
ジャン=ルイ・リシャール
1965 七人目に賭ける男
Compartiment tueurs
エリク
1966 男と女
Un homme et une femme
クロード・ルルーシュ ジャン・ルイ
殺人プロデューサー
Safari diamants
ラファエル
1967 消される男
Un homme à abattre
ラファエル ベルリン国際映画祭 男優賞 受賞
危険な恋人
Col cuore in gola
1968 殺しを呼ぶ卵
La morte ha fatto l'uovo
マルコ
女鹿
Les Biches
クロード・シャブロル ポール・トーマス
恋びと
Mon amour, mon amour
ナディーヌ・トランティニャン
殺しが静かにやって来る
Il grande silenzio
セルジオ・コルブッチ サイレンス
女性上位時代
La Matriarca
パスカル・フェスタ・カンパニーレ カルロ・デ・マルキ博士
1969 孤独なアメリカ人
L'américain
ブルーノ
Z
Z
コスタ・ガヴラス 判事 カンヌ国際映画祭 男優賞 受賞
モード家の一夜
Ma nuit chez Maud
エリック・ロメール ジャン=ルイ
甘く危険な女
Così dolce... così perversa
ジャン
1970 暗殺の森
Il Conformista
ベルナルド・ベルトルッチ マルチェッロ・クレリチ
流れ者
Le voyou
クロード・ルルーシュ
1971 刑事キャレラ/10+1の追撃
Sans mobile apparent
フィリップ・ラブロ ステファン・キャレラ
1972 狼は天使の匂い
La Course du lièvre à travers les champs
ルネ・クレマン トニー
影の暗殺者/フランスの陰謀
L'attentat
1973 パリから来た殺し屋
Un homme est mort
ルシアン
離愁
Le Train
ピエール・グラニエ=ドフェール ジュリアン
1974 暗殺の詩/知りすぎた男どもは、抹殺せよ
Le Secret
ロベール・アンリコ
1975 危険な戯れ
Le jeu avec le feu
フランツ/フランシス
ヘルバスター
L'Agression
フリックストーリー
Flic Story
ジャック・ドレー   エミール・ビュイッソン
サンチャゴに雨が降る
Il pleut sur Santiago
上院議員
1976 タタール人の砂漠
Il deserto dei tartari
ヴァレリオ・ズルリーニ 軍医ロヴィン
1978 銀行/銀色の愛情
L'Argent des autres
アンリ
1979 メランコリー・ベビー
Melancoly Baby
ピエール
1980 華麗なる女銀行家
La Banquière
フランシス・ジロー バニステール
1982 流血の絆/野望篇
Le Grand pardon
警視
1983 日曜日が待ち遠しい!
Vivement dimanche!
フランソワ・トリュフォー
ザ・クライム/陰謀の罠
La crime
フィリップ・ラブロ
アンダー・ファイア
Under Fire
ロジャー・スポティスウッド マルセル・ジャジー
1984 ヴィバラビィ
Viva la vie!
クロード・ルルーシュ
1985 遠い日の家族
Partir, revenir
クロード・ルルーシュ
ランデヴー
Rendez-vous
アンドレ・テシネ
1986 男と女II
Un homme et une femme, 20 ans déjà
クロード・ルルーシュ ジャン=ルイ
1987 悲しみのヴァイオリン
La Femme de ma vie
ピエール
幻の女
La vallée fantôme
アラン・タネール
1989 バンカー・パレス・ホテル
Bunker Palace Hôtel
エンキ・ヴィラル オルム
1991 メルシー・ラ・ヴィ
Merci la vie
ベルトラン・ブリエ
1994 トリコロール/赤の愛
Trois couleurs: Rouge
クシシュトフ・キェシロフスキ 元判事
天使が隣で眠る夜
Regarde les hommes tomber
ジャック・オーディアール
1995 フェスタ
Fiesta
1996 ロスト・チルドレン
La Cité des enfants perdus
ジャン=ピエール・ジュネ&マルク・キャロ イルヴィン 声の出演
つつましき詐欺師
Un héros très discret
ジャック・オーディアール
1997 ティコ・ムーン
Tykho Moon
エンキ・ヴィラル
1998 愛する者よ、列車に乗れ
Ceux qui m'aiment prendront le train
パトリス・シェロー ルシアン・エメリッヒ
2003 歌え! ジャニス★ジョプリンのように
Janis et John
サミュエル・ベンシェトゥリ キャノン
2012 愛、アムール
Amour
ミヒャエル・ハネケ ジョルジュ
2017 ハッピーエンド
Happy End
ミヒャエル・ハネケ ジョルジュ・ロラン
2019 男と女 人生最良の日々
Les Plus Belles Années d'une vie
クロード・ルルーシュ ジャン=ルイ

関連書籍編集

参考文献編集

外部リンク編集