メインメニューを開く

Z』は、1969年アルジェリア/フランス共同制作映画。1963年に軍事政権が全ての権利を掌握していた王制下のギリシャで起きた自由&平和主義者グリゴリス・ランブラキス暗殺事件をモデルとしたヴァシリス・ヴァシリコス英語版による同名の小説(1966年刊行)を、コスタ=ガヴラス監督が映画化したもの。

Z
Z
Symbole du film Z.svg
監督 コスタ=ガヴラス
脚本 ホルヘ・センプルン
コスタ=ガヴラス
原作 ヴァシリ・ヴァシリコスギリシア語版
製作 ジャック・ペラン
ハーメッド・ラチェディ
出演者 イヴ・モンタン
ジャン=ルイ・トランティニャン
イレーネ・パパス
ジャック・ペラン
音楽 ミキス・テオドラキス
撮影 ラウール・クタール
編集 フランソワーズ・ボノー
配給 コロムビア
公開 フランスの旗 1969年2月26日
日本の旗 1970年11月21日
上映時間 127分
製作国 アルジェリアの旗 アルジェリア
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

告白』、『戒厳令』と共にガヴラス監督の「三部作」といわれている。

タイトルの『Z』は、ギリシャ語の「Ζει」に由来する。「彼(ランブラキス)は生きている」を意味するこの言葉は、ギリシャにおける政治的な抗議のためのスローガンであった。

あらすじ編集

舞台は、東地中海沿岸に位置する軍事政権下の架空の国。左派を率いる国会議員Z氏が暴漢によって暗殺される。調査に乗り出した予審判事は陰謀を探り出す。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞歴編集

外部リンク編集