メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジョシュ・オシック
  • ジョシュ・オーシッチ
  • ジョシュ・オシッチ

ジョシュア・マイケル・オーシックJoshua Michael Osich, 1988年9月3日 - )は、アメリカ合衆国アイダホ州ボイシ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBシカゴ・ホワイトソックス所属。

ジョシュ・オーシック
Josh Osich
シカゴ・ホワイトソックス #64
Josh Osich on September 16, 2016.jpg
ジャイアンツ時代(2016年9月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アイダホ州ボイシ
生年月日 (1988-09-03) 1988年9月3日(30歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト6巡目
初出場 2015年7月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

オレゴン州立大学時代はプロ入り後も同僚となるアンドリュー・スザックとバッテリーを組んでいた。2010年1月にトミー・ジョン手術を受けている[1]。6月に行われたMLBドラフト7巡目(全体234位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名されたが、契約しなかった。

2011年トレバー・バウアーを擁するUCLAを相手にノーヒットノーランの快挙を達成した[2]

プロ入りとジャイアンツ時代編集

2011年6月のMLBドラフト6巡目(全体207位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名され、プロ入り。

2012年に傘下のA+級サンノゼ・ジャイアンツ英語版でプロデビュー。27試合(先発2試合)に登板して0勝2敗1セーブ、防御率3.62、34奪三振を記録した。

2013年はA+級サンノゼとAA級リッチモンド・フライングスクウォーレルズでプレーし、2球団合計で56試合に登板して5勝4敗15セーブ、防御率3.47、76奪三振を記録した。

2014年はAA級リッチモンドでプレーし、28試合に登板して1勝0敗、防御率3.78、27奪三振を記録した。

2015年はAA級リッチモンドで開幕を迎え、AAA級サクラメント・リバーキャッツを経て、7月3日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。同日のワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビュー。この初登板から7試合連続被安打なし、8試合連続無失点と好スタートを切った[3]。この年メジャーでは35試合に登板して2勝0敗、防御率2.20、27奪三振を記録した。

2016年は59試合に登板して1勝3敗、防御率4.71、25奪三振を記録した。

2017年は54試合に登板して3勝2敗、防御率6.23、43奪三振を記録した。

2018年は12試合に登板して防御率8.25、10奪三振を記録した。

2019年2月12日にDFAとなった[4]

ホワイトソックス時代編集

2019年2月19日にウェイバー公示を経てボルチモア・オリオールズへ移籍した[5]が、3月8日にドワイト・スミス・ジュニアの加入に伴ってDFAとなった[6]

その後、3月11日に再びウェイバー公示を経てシカゴ・ホワイトソックスへ移籍した[7]

投球スタイル編集

速球は最速98mphで、対左打者はスライダー、対右打者はチェンジアップを多投する[8]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2015 SF 35 0 0 0 0 2 0 0 11 1.000 120 28.2 24 4 8 0 0 27 2 0 12 7 2.20 1.12
2016 59 0 0 0 0 1 3 0 18 .250 160 36.1 31 7 19 1 3 25 2 0 20 19 4.71 1.38
2017 54 0 0 0 0 3 2 0 6 .600 201 43.1 48 7 27 1 1 43 5 0 32 30 6.23 1.73
2018 12 0 0 0 0 0 0 0 2 ---- 61 12.0 20 2 7 0 2 10 3 0 11 11 8.25 2.25
MLB:4年 160 0 0 0 0 6 5 0 37 .545 541 120.1 123 20 61 2 6 105 12 0 75 67 5.01 1.53
  • 2018年度シーズン終了時

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2015 SF 34 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2016 55 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2017 51 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2018 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
MLB:4年 150 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P)












2015 SF 35 1 2 1 0 .750
2016 59 2 9 1 0 .917
2017 54 2 3 0 0 1.000
2018 12 2 1 0 0 1.000
MLB 160 7 15 2 0 .917
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 61(2015年 - 2018年)
  • 64(2019年 - )

脚注編集

  1. ^ Churchill, Jason (2010年1月24日). “Beavers' Osich undergoes Tommy John surgery”. ESPN. http://insider.espn.go.com/blog/mlb-draft/insider/post?id=381 2017年2月14日閲覧。 
  2. ^ Schnell, Lindsay (2011年4月30日). “Oregon State's Josh Osich throws no-hitter as No. 3 Beavers beat No. 24 UCLA 2-0 on road”. The Oregonian. http://www.oregonlive.com/beavers/index.ssf/2011/04/oregon_states_josh_osich_throw.html 2017年2月14日閲覧。 
  3. ^ 「2015年メジャーデビュー全254選手リスト」『月刊スラッガー』2016年3・4月合併号 日本スポーツ企画出版社 55頁
  4. ^ Steve Adams (2019年2月12日). “Giants Claim Jose Lopez, Designate Josh Osich For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年2月21日閲覧。
  5. ^ Joe Trezza (2019年2月19日). “Mountcastle tries 1B as O's preach versatility” (英語). MLB.com. 2019年2月21日閲覧。
  6. ^ Joe Trezza (2019年3月9日). “Orioles explore new ways to add depth” (英語). MLB.com. 2019年3月10日閲覧。
  7. ^ White Sox's Josh Osich: Claimed by White Sox” (英語). CBS Sports (2019年3月11日). 2019年3月12日閲覧。
  8. ^ 「サンフランシスコ・ジャイアンツ」『2016MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 128頁

関連項目編集

外部リンク編集