グレン・ヒューズ

イングランド出身のロックミュージシャン

グレン・ヒューズGlenn Hughes1951年8月21日 - )は、イギリス出身のベーシストボーカリスト

グレン・ヒューズ
Glenn Hughes
Glenn Hughes 2019.jpg
グレン・ヒューズ(2019年)
基本情報
別名 The Voice of Rock
The God of Voice
生誕 (1951-08-21) 1951年8月21日(70歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド スタッフォードシャー キャノック
ジャンル ロックヘヴィメタルハードロックソウルファンクブルース
職業 ミュージシャンシンガーソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ベースボーカル
活動期間 1967年 -
レーベル フロンティアーズ・レコード
ポニーキャニオン
SPV GmbH
ヤマハ
ゼロ・コーポレーション
共同作業者 ディープ・パープル
トラピーズ
ヒューズ/スロール
ブラック・サバス
ヒューズ・ターナー・プロジェクト
チャド・スミス
ブラック・カントリー・コミュニオン
公式サイト www.glennhughes.com
ブラック・カントリー・コミュニオンで演奏するグレン・ヒューズ(2011年)

トラピーズのメンバーとして1970年にデビュー、ディープ・パープルのメンバーにスカウトされて世界的な注目を浴びた。その後様々なバンドやプロジェクトに携わり、ソロ名義の活動をしている。

略歴編集

1951年スコットランドグラスゴー・キャノックで生まれる。

1969年トラピーズでレコーディング・キャリアをスタート。同バンドのベーシスト兼ボーカリストとして3枚のアルバムを発表し、1973年ディープ・パープルへスカウトされる。1974年、同グループでアルバム『紫の炎』を発表。同年4月にアメリカ・カリフォルニア州で行われたイベント「カリフォルニア・ジャム」に出演し一躍有名になる。

1976年、ディープ・パープル解散後、ソロ・アーティストとしての活動を始める。翌1977年にファースト・ソロ・アルバム『燃焼』をトラピーズのメンバーと発表、活動の拠点をアメリカへ移す。

1982年にギタリストのパット・スロールと共にヒューズ/スロール名義で作品を発表。

1985年にはボーカリスト兼ベーシストとしてゲイリー・ムーアの『ラン・フォー・カヴァー』、1986年にはボーカリストとしてブラック・サバストニー・アイオミのアルバム『セヴンス・スター』に参加する。ハードロック・バンド、ヨーロッパのメンバーであるギタリスト、ジョン・ノーラムと活動中にドラッグの問題でスウェーデンから強制退去を命じられる。脱ドラッグのリハビリテーションを行い、1991年KLFのシングル「America:What time is Love」にボーカルとして参加し再デビューする。1992年、ヒューズがリード・ボーカルを担当したジョン・ノーラムのアルバム『フェイス・ザ・トゥルース』が発表される。

2002年にはジョー・リン・ターナーとのヒューズ・ターナー・プロジェクトを開始し、その後、自身のソロ・バンドにレッド・ホット・チリ・ペッパーズチャド・スミスを迎えて、『ソウル・ムーヴァー』(2005年)などの作品を発表した。2010年にはジョー・ボナマッサデレク・シェリニアンジェイソン・ボーナムと共にブラック・カントリー・コミュニオン英語版を結成し、同年発表のデビュー・アルバムは全英アルバムチャートでトップ20入りするヒットとなった[1]

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『燃焼』 - Play Me Out (1977年)
  • 『シング・ザ・ブルーズ』 - L.A. Blues Authority Volume II: Glenn Hughes – Blues (1992年)
  • 『フロム・ナウ・オン』 - From Now On... (1994年)
  • 『フィール』 - Feel (1995年)
  • 『アディクション』 - Addiction (1996年)
  • 『ザ・ウェイ・イット・イズ』 - The Way It Is (1999年)
  • 『リターン・オブ・クリスタル・カルマ』 - Return of Crystal Karma (2000年)
  • A Soulful Christmas (2000年) ※ヒューズの個人レーベル「ピンク・クラウド・レコード」からの自主製作盤
  • 『ビルディング・ザ・マシン』 - Building the Machine (2001年)
  • 『ソングス・イン・ザ・キー・オブ・ロック』 - Songs in the Key of Rock (2003年)
  • ソウル・ムーヴァー』 - Soul Mover (2005年)
  • 『ミュージック・フォー・ザ・ディヴァイン』 - Music for the Divine (2006年)
  • 『ファースト・アンダーグラウンド・ニュークリア・キッチン』 - First Underground Nuclear Kitchen (2008年)
  • 『レゾネイト』 - Resonate (2016年)

ライブ・アルバム編集

  • 『バーニング・ジャパン・ライヴ』 - Burning Japan Live (1994年)
  • Freak Flag Flyin' (2003年) ※ヒューズの個人レーベル「ピンク・クラウド・レコード」からの自主製作盤
  • 『ソウルフリー・ライヴ・イン・ザ・シティー・オヴ・エンジェルズ』 - Soulfully Live in the City of Angels (2004年) ※CD & DVD
  • 『ライブ・イン・オーストラリア』 - Live in Australia (2007年) ※CD & DVD
  • Live at Wolverhampton (2012年) ※CD & DVD

コンピレーション・アルバム編集

  • 『ザ・ゴッド・オヴ・ヴォイス』 - The God of Voice: Best of Glenn Hughes (1998年)
  • From the Archives Volume I – Incense & Peaches (2000年) ※ヒューズの個人レーベル「ピンク・クラウド・レコード」からの自主製作盤
  • Different Stages – The Best of Glenn Hughes (2002年)
  • This Time Around (2007年)
  • Glenn Hughes Alive Drive (2009年)

トラピーズ編集

  • 『トラピーズ』 - Trapeze (1970年)
  • メデューサ』 - Medusa (1970年)
  • 『連動』 - You Are The Music...We're Just The Band (1972年)
  • Welcome to the Real World - Live 1992 (1993年)
  • Way Back to the Bone Live (1998年)

ディープ・パープル編集

ヒューズ/スロール編集

  • 『ヒューズ/スロール』 - Hughes/Thrall (1982年)

グレン・ヒューズ/ジェフ・ダウンズ編集

  • 『ザ・ワーク・テープス』 - The Work Tapes (1998年)

トニー・アイオミ編集

  • セヴンス・スター』 - Seventh Star (1986年) ※Black Sabbath featuring Tony Iommi名義
  • 『ザ・1996・DEPセッションズ』 - The 1996 DEP Sessions (2004年)
  • ヒューズド』 - Fused (2005年)

ヒューズ・ターナー・プロジェクト編集

  • ヒューズ/ターナー』 - HTP (2002年)
  • 『ライヴ・イン・トーキョー』 - Live in Tokyo (2002年) ※ライブ
  • 『ヒューズ/ターナー2』 - HTP2 (2002年)

ブラック・カントリー・コミュニオン 編集

  • Black Country Communion (2010年)
  • 2 (2011年)
  • Live Over Europe (2011年) ※ライブ
  • Afterglow (2012年)
  • BCCIV (2017年)

その他参加作品編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Kellman, Andy. “Black Country Communion - Biography & History”. AllMusic. 2018年5月4日閲覧。

外部リンク編集