スタートレック:ストレンジ・ニュー・ワールド

『スタートレック:ストレンジ・ニュー・ワールド』Paramount+によるアメリカ合衆国のSFドラマシリーズである。『スタートレックメディア・フランチャイズ』では8作目の実写テレビドラマシリーズである。

スタートレック:ストレンジ・ニュー・ワールド
ジャンル
  • SF
  • ドラマ
  • 冒険
原作 ジーン・ロッデンベリー
スタートレック
原案
出演者
テーマ曲作者 ジェフ・ルッソ
作曲 Nami Melumad
国・地域 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 2
話数 20(各話リスト)
各話の長さ 46–62 分
製作
製作総指揮
  • ユージーン・ロッデンベリー
  • Trevor Roth
  • ジェニー・ルメット
  • Frank Siracusa
  • John Weber
  • Aaron Baiers
  • Heather Kadin
  • ヘンリー・アロンソ・マイヤーズ
  • アキヴァ・ゴールズマン
  • アレックス・カーツマン
プロデューサー Andrea Raffaghello
撮影地 ミシサガ, オンタリオ州,カナダ
製作
  • Secret Hideout
  • Weed Road Pictures
  • H M R X Productions
  • Roddenberry Entertainment
  • CBS Studios
放送
放送チャンネルParamount+
放送期間2022年5月5日 (2022-05-05) - 放送中
公式ウェブサイト
番組年表
前作Star Trek: Prodigy
関連番組
テンプレートを表示

概要 編集

シリーズはアキヴァ・ゴールズマンアレックス・カーツマンジェニー・ルメット英語版によって創作された。『スタートレック:ディスカバリー』のスピンオフ作品であり、『宇宙大作戦』の前日譚として、 ジェームズ・T・カークの前任のクリストファー・パイクを船長とする U.S.S.エンタープライズ NCC-1701の5年間の宇宙探査任務の冒険を描く。

『宇宙大作戦』にも登場したクリストファー・パイク、スポック、副長ナンバーワンは、『スタートレック:ディスカバリー』シーズン2と同じくそれぞれアンソン・マウントイーサン・ペック英語版レベッカ・ローミンが演じる。3人のキャラクターの人気をもとにカーツマンはスピンオフの企画を開始し、2020年5月にシリーズが発注された。3人のほかにも、ジェームズ・T・カーク、ウフーラモンゴメリー・スコット、クリスティン・チャペル、ドクター・ムベンガなど『宇宙大作戦』に登場したキャラクターが登場する。『スタートレック:ディスカバリー』や『スタートレック:ピカード』のような近年の複数話にわたる連続したストーリー仕立てのシリーズとは異なり、『宇宙大作戦』及び『新スタートレック』のように、一話完結が基本となる。

シーズン1は2022年5月5日にParamount+で配信開始され、同年7月まで毎週1話ずつ公開された。シーズン2は2023年の6月から8月にかけて公開された。

日本では、ビデオ・オン・デマンドサービスのWOWOWオンデマンドおよびJ:COM STREAMに加わるParamount+の番組ラインアップの一部として、2023年12月1日より、さらには2023年11月24日より先行して第1話が公開された[1]。シーズン2は2024年1月19日から配信されている[2]

登場人物 編集

※括弧内は日本語吹き替え。

メイン 編集

リカーリング 編集

ゲスト 編集

あらすじ 編集

シーズン1 編集

シーズン1は『スタートレック:ディスカバリー』のシーズン2最後にディスカバリーが未来に去り、宇宙艦隊がその存在を極秘にした後の2259年に始まる。エンタープライズの整備中に副長ウーナ(ナンバーワン)が行方不明となり、クリストファー・パイク船長は自分の悲劇的な未来を知りながら、船を率いてウーナを救出したのち、探検を始める。ウーナが禁止された遺伝子操作を施したイリリア人であることが分かるも、パイクは辞職を認めない。エンタープライズは、保安主任ラアンの家族を皆殺しにした強敵ゴーン人に遭遇し、機関主任ヘマーは死ぬ。パイクは歴史を変えて個人的な悲劇を避けることが、惑星連邦全体とスポックに悲惨な運命をもたらすことを知る。ウーナは逮捕される。

シーズン2 編集

長命種族のペリアが機関主任となる。パイクのガールフレンドのバテルに追及された裁判でウーナは無罪となり、副長に復帰する。

エピソード 編集

シーズン
シーズン話数発売期間
初回発売最終回発売
1102022年5月5日 (2022-05-05)2022年7月7日 (2022-7-7)
2102023年6月15日 (2023-06-15)2023年8月10日 (2023-8-10)

シーズン1のエピソード 編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本公開日
11"ストレンジ・ニュー・ワールド"
"Strange New Worlds"
アキヴァ・ゴールズマン脚本 : アキヴァ・ゴールズマ
原案 : アキヴァ・ゴールズマン & アレックス・カーツマン & ジェニー・ルメット英語版
2022年5月5日 (2022-05-05)
2259年[注釈 6] U.S.S.エンタープライズ NCC-1701の整備中、アーチャー号に乗りファースト・コンタクト任務中の副長ウーナが行方不明となる。エイプリル提督は休暇中のクリストファー・パイク船長を呼び戻し、整備を途中で切り上げて救助に向かわせる。パイクはスポックに、未来での悲惨な運命を知ったことが任務に与える影響を相談する[注釈 1]。エンタープライズはカイリー279星に行き、内乱状態の勢力が、近傍空間でのU.S.S.ディスカバリーの活動を観察することで、ワープドライブではなくワープ爆弾を開発し破滅的な戦争の手前にあることを知る。パイク、スポック、副長代理のラアンは変装して惑星に降り、ウーナらを救出する。パイクは内政干渉を禁じる一般命令1条を破り、地球の滅亡の歴史を示して内乱を収束させ惑星連邦への加入を促す。ディスカバリーの存在自体が秘密であるため、パイクは宇宙艦隊による処罰を逃れる。ラアンは家族がゴーン人に皆殺しにされ、自分だけがウーナに救われた過去をパイクに告白し、保安主任となる。
22"彗星の子供たち"
"Children of the Comet"
マヤ・ヴルヴィロヘンリー・アロンソ・マイヤーズ & Sarah Tarkoff2022年5月12日 (2022-05-12)
ペルセポネ星系の、科学技術の未発達な知的生命の住む惑星に彗星が衝突しそうになる。エンタープライズは彗星のコースを変えようとするもフォースフィールドに妨げられる。ウフーラ、スポック、ラアン、サム・カークが上陸して人口建造物に入る。卵型の物体はエネルギー放射でサムを昏倒させる。彗星を「古代からの生命の裁き手」ムハニートと呼び、その付き添いを自称する種族「シェパード」の戦力に勝る宇宙船がエンタープライズの干渉を妨害する。ウフーラは物体が音に反応することを発見してフォースフィールドを解かせ、上陸班はエンタープライズに戻る。エンタープライズがシェパードの注意を引く間にスポックがシャトルで彗星のコースを変える。彗星は惑星に衝突せず、かすめながら蒸気を大気に注入し、乾燥した惑星環境を改善する。ウーラは彗星の発する音を分析し、彗星が本来の予定通りに惑星に干渉し生命を育んだと考える。
33"イリリアのゴースト"
"Ghosts of Illyria"
レスリー・ホープAkela Cooper & Bill Wolkoff2022年5月19日 (2022-05-19)
エンタープライズは、惑星連邦が禁止した遺伝子操作を自らに施したイリリア人の廃墟を調査するも、イオン嵐のためにパイクとスポックは残される。船に戻った上陸班は光に魅かれるあまり奇矯な行動を示す症状に襲われ、他の乗組員にも広がる。ウーナ(ナンバーワン)だけは耐性を示して船を破壊から救い、症状を抑える薬が作成されて乗組員の症状は治まる。パイクとスポックは、廃墟に残された文書から、惑星連邦加盟を望む一派が遺伝子操作を元に戻そうとしてウイルスを作成してしまいプラズマ生物に変貌してしまったと推測する。二人はプラズマ生物によりイオン嵐から守られて船に戻る。ウーナは自分が別のコロニー出身のイリリア人であることを明かし、辞職を申し出るもパイクが却下する。ウーナは、医療主任のムベンガが転送バッファー内に難病の自分の娘を保存するために医療用転送装置をアップグレードせず、バイオフィルターがウイルスを見逃してしまったと知る。
44"メメント・モリ[注釈 7]"
"Memento Mori"
ダン・リウDavy Perez & Beau DeMayo2022年5月26日 (2022-05-26)
エンタープライズは植民星に大気プロセッサーを運び、多くの人々が惨殺されたことを発見した後、生存者を救出する。かつてゴーン人に襲撃された記憶を持つラアンはゴーン人の罠を見破るも、エンタープライズは攻撃されて損傷する。パイクは船をブラックホール近傍の褐色矮星のガス雲の中に隠し、その結果システムの多くがダウンする。機関部で研修中のウフーラは負傷したヘマーを助けて船の破滅を防ぐ。ウーナは重傷を負い、ムベンガとチャペルは伝統的な医療に頼る。スポックの機転でゴーン船を一隻破壊するも、さらなる三隻の接近を招く。一隻は高密度のガスで破壊される。スポックの精神融合で、ラアンは兄が解析したゴーン人の暗号システムを思い出し、これを利用してさらに一隻を誤爆で破壊させる。パイクはブラックホールの近傍で大気フィルターを放出し、その破壊をエンタープライズ号に見せかける。残るゴーン船は去る。
55"スポックの混乱"
"Spock Amok"
レイチェル・ライターマンヘンリー・アロンソ・マイヤーズ & Robin Wasserman2022年6月2日 (2022-06-02)
第1宇宙基地でエンタープライズは修理を受け、乗組員たちは上陸休暇を楽しむ。仕事熱心で"お楽しみ殺し"とあだ名されるウーナとラアンは船に残り、悪ふざけのゲームをする二人の少尉を捕まえ、自分たちも羽目を外してゲームを試す。半分地球人であることに不安を持つスポックは婚約者のトゥプリングと逢瀬を楽しもうとするが、ロミュラン、クリンゴン、あるいは惑星連邦との同盟を迷うロンゴヴィア保護領との外交交渉のために邪魔される。チャペルに相談した後、スポックはトゥプリングと"魂の共有"を試してカトラ(精神)が入れ替わってしまう。二人はそれぞれの任務をこなし、スポックはバルカン人の犯罪者を論理の道筋に戻し、トゥプリングは外交交渉を成功させる。ムベンガとチャペルは二人のカトラを元に戻す。
66"苦しみの届かぬ高さまで"
"Lift Us Where Suffering Cannot Reach"
アンディ・アルマガニアンRobin Wasserman & Bill Wolkoff2022年6月9日 (2022-06-09)
マジャラン星系で定期測量調査中のエンタープライズは戦闘クルーザーに攻撃されるシャトルから救難信号を受け、クルーザーを破壊しシャトルから第1奉仕者と呼ばれる少年、その父で医師のガマル長老、さらにパイクの知己のアローラ大臣を転送する。少年はマジャリス星での即位式を数日後に控え、パイクは少年を保護するとアローラに約束する。プロスペクト7号星のクルーザーが再び少年の誘拐をはかって破壊され、ガマルは少年を密かに隠すもスポックに発見される。パイクはアローラと旧交をあたため、少年の即位式に出席し、神経回路を機械に繋がれ苦しみながらも星を守る運命であることを知る。少年の命運を知ったパイクは助けようとするがアローラ達に阻まれてしまい、無言のまま別れる。息子を守れなかったガマルはムベンガの尽力に感謝し、ムベンガの娘の治療法のヒントを与えた後、残酷な犠牲に基づくマジャリス社会に反逆する分派の住むプロスペクト7号星に去る。
77"セレン・スコール"
"The Serene Squall"
シドニー・フリーランド英語版Beau DeMayo & Sarah Tarkoff2022年6月16日 (2022-06-16)
エンタープライズは人道支援の専門家で艦隊のカウンセラーのドクター・アスペンを乗せて連邦領域外に出て、海賊セレン・スコールに襲われたコロニー船を探す。罠にかかり、侵入者に船は制圧され乗組員は捕らえられる。船の制御はロックされるも、スポックが制御コードを入力して船を奪い返そうとする。ドクター・アスペンが海賊の首領エンジェル船長である正体を明かして裏切り、船の制御を奪う。エンジェルはスポックの生命と引き換えに、婚約者トゥプリングが管理する更生施設からバルカン人の犯罪者ザベリウスの身柄を要求する。スポックはチャペルと恋に落ちた演技をして婚約を解消し、ザベリウスの引き渡しを拒ませる。パイクらクルーは海賊内の不和を利用して反乱を起こさせ、海賊船にエンタープライズを攻撃させる。艦隊が到着して海賊を壊滅させるもエンジェルは逃亡する。スポックはトゥプリングに、チャペルとの演技を説明して元の関係に戻る。チャペルには、ザベリウスがエンジェルの恋人でスポックの異母兄サイボックであると話す。
88"エリシアの王国"
"The Elysian Kingdom"
Amanda RowAkela Cooper & Onitra Johnson2022年6月23日 (2022-06-23)
エンタープライズが星雲を離れようとする時、ワープドライブが働かず乗組員は意識を失う。ムベンガが目を覚ますと、乗組員たちは娘ルキヤの好きなファンタジーの本の登場人物になりきり、服装や船内の装飾も変化している。たまたま科学実験の爆発の影響下にあったムベンガの他には、テレパシー能力を持つヘマーだけが元の記憶を保つ。二人は星雲内にボルツマン脳が存在する仮説を立て、転送バッファー内で孤独だったルキヤを意識体が見つけて楽しませたことを発見する。ヘマーを通じて意識体と会話し、ルキヤの難病は治癒されているが星雲内でしか生きられないと知る。ムベンガは娘を星雲内に残す決断をし、数秒後に多くを経験し成長した娘に再会する。星雲はクルーを元に戻すが、5時間の記録も記憶も消え、ただムベンガの記憶だけが残る。
99"さまよえる者たち"
"All Those Who Wander"
クリストファー・J・バーンDavy Perez2022年6月30日 (2022-06-30)
宇宙基地K-7に行く予定のエンタープライズは救難信号を出したのちに通信の途絶えたU.S.S.ペレグリンの調査を命じられる。カークは上陸班を率いてシャトルで寒冷な惑星パレオ・ベータ5に着陸し、ペレグリンの外で多くの死体を見つける。船長日誌から、収容した3人の避難民の一人の体からゴーン人が孵り乗組員を襲ったことが分かる。残りの2人を見つけるも、そのうちの未知のヒューマノイドから4体のゴーン人が孵り、上陸班のうち2人を殺す。ラアンからゴーン人が寒さを嫌うことを知り、ゴーン人を全て倒すも、ヘマーは卵を含む酸性の液体をかけられて孵化が迫る。ヘマーはウフーラが艦隊にとどまるよう勧めた後、ペレグリンから飛び降りて死ぬ。ラアンは休暇を取り、残る生存者の少女オリアナの家族を探すことにする。
1010"情けの価値"
"A Quality of Mercy[注釈 9]"
クリス・フィッシャー英語版ヘンリー・アロンソ・マイヤーズ & アキヴァ・ゴールズマ2022年7月7日 (2022-07-07)
エンタープライズとバテルのU.S.S.カユ―ガはロミュラン帝国との間の中立地帯にある前哨基地に補給し、未来で士官候補生となり、自分が重傷を負いながら救おうとする少年に会う。未来を変えるために少年に手紙を書こうとした時、提督の姿の未来の自分が訪れ、タイムクリスタル[注釈 1]に触れさせて、手紙を書いた場合の未来を体験させる。7年後、前哨基地はロミュラン遮蔽装置を備えたバード・オブ・プレイに破壊される[注釈 8]ジェームズ・T・カークが船長を務め、ラアンが勤務するU.S.S.ファラガットととともに敵船を追跡し、カークやスポックは弱みを見せないために攻撃を主張するも、パイクは穏当な行動を選ぶ。待ち伏せでファラガットが破壊されても、パイクは停戦交渉を行う。敵船の司令官は合意するが、その部下が密かに応援艦隊を呼ぶ。カークは密かに無人のドローン船を用意して敵を攪乱するも、敵船の司令官は処罰され、スポックは回復不可能な重傷を負い、ロミュラン帝国は惑星連邦に宣戦布告する。元の時間に戻ったパイクは、大規模な戦争を避けスポックを救うために、手紙を書くことを止める。だがバテル船長がエンタープライズに来て、遺伝子操作を行ったイリリア人であることを理由にウーナを逮捕する。

シーズン2のエピソード 編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本公開日
111"壊れた環"
"The Broken Circle"
クリス・フィッシャー英語版ヘンリー・アロンソ・マイヤーズ & アキヴァ・ゴールズマン2023年6月15日 (2023-06-15)
エンタープライズは第1宇宙基地で検査を受け、パイクはウーナの弁護士を探すために離船する。クリンゴン領のカジタール星からのラアンの救難信号を受け、艦長代理のスポックは救助に向かおうとするもエイプリル提督に却下される。乗組員たちは危険な冷却水漏れを装ってエンタープライズを発進させるも、主任検査官ペリアは偽装を見破り船に残る。乗組員たちはカジタール星に来て、オリアナを家族のもとに戻していたラアンに再会する。ラアンは、連邦とクリンゴンの戦争が終結してダイリチウム採掘の利益が減ったため、連邦人とクリンゴン人からなる秘密組織が再戦をもくろんでいると語る。ムベンガとチャペルは、偽の連邦船に連行されて、負傷者を治療させられる。新たに到着したクリンゴン船を攻撃することで開戦させる陰謀を知る。二人は加速剤を服用して戦い、偽連邦船を破壊するようエンタープライズに連絡する。スポックの命令でエンタープライズは偽連邦船を破壊してクリンゴン船を守り、船外スーツで脱出していたムベンガとチャペルを救出する。スポックはクリンゴン船船長とブラッドワインを飲み交わす。長命のランタナイト人であるペリアはアカデミーに退屈し、エンタープライズに残ると申し出る。エイプリルはスポックを命令不服従で叱責するが、ゴーンとの戦争が迫る中でクリンゴンとの開戦を避けられたことを同僚と密かに感謝する。
122"苦難を乗り越え、星へ"
"Ad Astra per Aspera [注釈 10]"
Valerie WeissDana Horgan2023年6月22日 (2023-06-22)
パイクは、ウーナの幼馴染のイリリア人で、人権派弁護士のケトゥールに懇願してウーナを弁護してもらう。ウーナは不名誉除隊を受け入れる司法取引を拒否して軍事裁判が始まり、検察側のバテルとパサーク中将は遺伝子操作を禁止する連邦法により20年の禁固を求刑する。ケトゥールは、証人のエイプリル提督がかつて人道的理由により「艦隊の誓い」を破ったことを持ち出して、法律は常に正しいわけではないと主張する。ラアンは自分の日誌からウーナの出自が知られたのではないかと恐れる。証言台に立ったウーナは、イリリア人に対する迫害と、多様な種族からなる宇宙艦隊に所属した喜びを語り、イリリア人の人権のために自らが出自を通報したと告白する。パサークは、パイクがウーナの出自を隠した違法行為に言及し、ウーナの罪が他に及ぶと責める。ケトゥールは、宇宙艦隊の船長は迫害に会った者に庇護を与える権利があるという条項を持ち出す。判決は、遺伝子操作を合法とは認めないまでも、ウーナを無罪とする。ウーナはエンタープライズの副長に復帰する。
133"明日、明日、そして明日"
"Tomorrow and Tomorrow and Tomorrow [注釈 12]"
Amanda RowDavid Reed2023年6月29日 (2023-06-29)
見知らぬ男がエンタープライズ上に出現してラアンに装置を渡し、「ブリッジに行け」と言い残して死んで消滅する。ラアンは惑星連邦の存在しない別の時間軸に飛ばされ、ジェームズ・T・カークを船長とするエンタープライズは戦争のさなかにある。装置によりラアンとカークは2020年代のトロントに転送される。カークの時間軸ではサムは既に死んでいる。互いに魅かれ始めた二人の目前で、世界最長の橋(ブリッジ)が光子魚雷で破壊される。カークの時間軸ではまもなく常温核融合炉の爆発でトロントが破壊されて時間線の分岐となることから、二人はこの時代のバーモント州に住んでいたペリアの助けを借りて炉を探し、少年期のラアンの先祖カーン・ヌニエン・シン[注釈 11]が育てられる遺伝子研究室を見つける。ロミュラン人の時間旅行者のセラはカーンを殺して優性戦争を阻止し、惑星連邦の創設に繋がる歴史を変えようとする。セラはカークを殺すも、ラアンはセラを殺してカーンを守る。自分の時間軸のエンタープライズに戻ったラアンの前に、未来から来た時間調査局員が現れて感謝する。ラアンはカークに連絡するも、カークはラアンのことを覚えていない。
144"ロトパゴスの中で"
"Among the Lotus Eaters[注釈 13]"
Eduardo SánchezKirsten Beyer & Davy Perez2023年7月6日 (2023-07-06)
エンタープライズは、小惑星帯の影響で高い放射線量を保ち、以前の調査活動による文化的汚染が疑われるライジェル7号星に向かう。パイク、ラアン、ムベンガが地表に降りる。死亡と報告されていた乗組員のザックはザカリアス大王と名乗ってケイラ―の民の支配者となり、3人を捕らえて強制労働をさせる。3人は耳鳴りと頭痛、そして記憶の喪失を体験し、宮殿に記憶が保たれているという伝説を聞く。ラアンは負傷し、記憶を無くしたムベンガは治療ができない。パイクは宮殿に侵入し、ザックから宮殿を作った鉱石が放射線から人々を保護していると聞く。エンタープライズ号上の乗組員も記憶の喪失に見舞われ、オルテガスは本能に頼って小惑星帯から船を救う。スポックは放射線から船を守るフィールドを工夫する。3人はエンタープライズに戻り、小惑星帯をライジェル7号星から遠ざける。パイクは、ウーナの裁判の影響でこじれかけたバテルとの関係を修復する。
155"シャレード"
"Charades"
Jordan CanningKathryn Lyn & ヘンリー・アロンソ・マイヤーズ2023年7月13日 (2023-07-13)
スポックとチャペルが異次元空間に住むケルコブ人の遺跡を調査中に、時空の裂け目に遭いシャトルが墜落する。ケルコブ人は二人を治療するも、スポックからバルカン人の遺伝子を除去する修正を行ってしまい、その過誤を認めない。スポックは婚約者トゥプリングの家族と過ごす婚約式の儀式を控え、母のアマンダが準備のためにエンタープライズに乗り込んでくる。スポックはトゥプリングに自分の状態を打ち明けられず、クルーたちの助けで元のバルカン人との混血のままでいるふりをする。スポックを元に戻すには24時間しか残されず、チャペルはオルテガ、ウフーラと共にケルコブ人にスポックを元に戻すよう依頼しに行き、スポックへの愛を告白して治療薬を渡される。儀式は終わるが、地球人に批判的なトゥプリングの母に怒り、スポックは自分の状態を明らかにする。スポックは元の状態に戻るも、トゥプリングは嘘をつかれたことに怒ってしばらく距離を置くことにする。後にスポックは、チャペルへの愛情を告白する。
166"Lost in Translation"ダン・リウOnitra Johnson & David Reed2023年7月20日 (2023-07-20)
177"Those Old Scientists[注釈 14]"ジョナサン・フレイクスKathryn Lyn & Bill Wolkoff2023年7月22日 (2023-07-22)
188"Under the Cloak of War"Jeff W. ByrdDavy Perez2023年7月27日 (2023-07-27)
199"Subspace Rhapsody"Dermott DownsDana Horgan & Bill Wolkoff2023年8月3日 (2023-08-03)
2010"Hegemony"マヤ・ヴルヴィロヘンリー・アロンソ・マイヤーズ2023年8月10日 (2023-08-10)

製作 編集

シリーズ名 編集

シリーズ名"Strange New Worlds"は、『宇宙大作戦』および『新スタートレック』のオープニングでそれぞれの船長が行う独白の一部"Its five-year mission: to explore strange new worlds,"に由来する。

背景 編集

スタートレック:ディスカバリー』の共同創作者であるアレックス・カーツマンアキヴァ・ゴールズマンをシリーズに招き入れたとき、ゴールズマンはエンタープライズを率いるクリストファー・パイクの物語になると言う噂を前もって聞いていたために失望した[11]。ゴールズマンは『ディスカバリー』のシーズン1の最後でエンタープライズが登場するようにはからった[12]。共同ショーランナーのAaron Harbertsは「スタートレックフランチャイズ」であまり出番のなかったパイクを描きたいと思ったが、フランチャイズで何度も登場するスポックを描くことにはそれほど興味がなかった[13] 。また、レナード・ニモイザカリー・クイント以外の俳優を使うことにも気乗りがしなかった[14]。しかし結局、スポックは『ディスカバリー』のシーズン2に登場することになった[15] 。パイク役にはアンソン・マウントが決まり、さらに副長「ナンバーワン」にはレベッカ・ローミンが決まった。[16]。製作陣は『ディスカバリー』のシーズン2にシーズン1よりもさらに『スタートレック』フランチャイズとの継続性を持たせたいと考え、マウントとローミンはともに1年契約を結んだ[17]イーサン・ペック英語版がスポック役に決まった[18]

企画 編集

2018年6月、『ディスカバリー』の単独のショーランナーとなったカーツマンは『スタートレック』のフランチャイズを拡大するために5年間の契約をCBS Television Studiosと結んだ[19]。『ディスカバリー』のシーズン2の最終回の後、ファンはローミン、ペックを加えたエンタープライズ上でのスピンオフを望み始めた。マウントとペックはこの声に好意的な反応を見せた[20][21]。マウントは、『ディスカバリー』の撮影は難しく、復帰するにはかなりの話し合いが必要だと述べたが[22]、後にはこれまでパイク役ほどポジティブな反応を得たことはなく、「人生を変える体験だった」とも述べた[23]。カーツマンもスピンオフに興味を示し、 「ファンの声は聞き届けた。スタートレックの世界ではあらゆることが起きても不思議ではない」と述べた[24]

2019年の「サンディエゴ・コミコン」で、カーツマンは『スタートレック:ショートトレック』のシーズン2のうち3話ではエンタープライズの俳優が主役となると発表した。その俳優がスピンオフシリーズに出演することの障害にはならないとも述べた[25]。2020年1月、スピンオフの話し合いが始まっており、『ディスカバリー』から『ピカード』の共同ショーランナーに移っていたゴールズマンとアイデアを投げあっているところだと述べた。カーツマンはスピンオフがミニシリーズではなく複数シーズンに渡るシリーズになることが望ましく、『ディスカバリー』のシーズン2と『宇宙大作戦』でパイクが重傷を負っているシーンの間の7年間を描くものになるかもしれないと語った[26]。直後に、カーツマンは2つの企画が進行中であると語り[27]、3月にはそのうちの一つがパイクのスピンオフであると報道された[28][29]

2020年5月、CBS All Accessは正式に『スタートレック:ストレンジ・ニュー・ワールド』を発注し、マウント、ローミン、ペックが『ディスカバリー』と同役を演じることになった[3]。カーツマンとゴールズマンに加え、ジェニー・ルメット英語版、ヘンリー・アロンソ・マイヤーズ,、 Heather Kadin、カーツマンの製作会社Secret HideoutのFrank Siracusa、John Weber、ジーン・ロッデンベリーの息子であるロッド・ロッデンベリー、そしてロッデンベリー・エンターテインメントのTrevor Rothが製作総指揮となった。Akela Cooper とDavy Perezも製作総指揮に加わった[3][30]。ゴールズマンは、カーツマンおよびルメットと共同で書いたストーリーに基づいて第一話の脚本を書き、マイヤーズとともにショーランナーとなった。ゴールズマンは引き続き『ピカード』の製作総指揮および共同ショーランナーをつとめた[3]。マイヤーズは、『宇宙大作戦』のパイロットは『ストレンジ・ニュー・ワールド』のパイロットでもあると言え、テレビ業界の歴史上、パイロットから正式シリーズ発注に要した最長期間だったとジョークにした[31]

2020年9月、バイアコムCBSは”CBS All Access””がParamount+に改名されると発表した[32]。『ストレンジ・ニュー・ワールド』のシーズン2が企画中であると2021年11月に報道され[33]、『スタートレック』フランチャイズのエピソードの監督をしばしば務めるジョナサン・フレイクスが一か月後に確認した[34]。2022年1月、Paramount+は正式にシーズン2の製作を発表した[35]。ゴールズマンは、『宇宙大作戦』の時点に追いつくまでシリーズを続けたいと希望を述べ[36]、マウントはファンがパイクをジェイムズ・T・カークジャン=リュック・ピカードと同等だと感じるまではシリーズを続けたいと語った[37]。2022年7月、 マイヤーズはシーズン3が正式には発注されていないものの、製作準備には長時間を要するために話し合いは始まっていると述べた[38]。2023年3月、シーズン3の撮影開始は間近だと述べ[39]、一週間後にはParamount+が正式に発表した[40]。だが製作は脚本家組合のストライキにより延期されて2023年12月に開始された[41][42][43]


脚本 編集

カーツマンは、『ディスカバリー』でのパイク、スポック、ナンバーワンの揺るぎない楽観主義が視聴者に強い印象を残したと感じ、『ストレンジ・ニュー・ワールド』は『ディスカバリー』のシーズン2で自分の悲惨な未来を知った[注釈 1]にもかかわらず、パイクが楽観的であり続ける姿を描くことになると語った[44] 。マイヤーズは、シリーズの目的は『宇宙大作戦』の楽観的なメッセージを継続することにあると感じ、自分のコメディの経験を活かしてシリーズを『ディスカバリー』や『ピカード』よりも軽いものにしたいと語った[45]。マイヤーズは、過去のシリーズと同様に現在の社会的および政治的な問題を追及し[46]、女性キャラクターの描き方など、もはや不適当となった『宇宙大作戦』の要素を無視して、より現代的なアプローチをとることが重要だと述べた[47] 。天体物理学者のErin Macdonaldは『ディスカバリー』や他の『スタートレック』シリーズに引き続いて『ストレンジ・ニュー・ワールド』でも科学監修となった。彼女は、どのシリーズもサイエンス・フィクションの範疇にあり、自分の役割はシリーズにおける科学的な説明の中の奇妙な用語を修正することだと語った[48]

"シリーズは一話完結になる。登場人物の感情は次の話にもつながる。2話に渡るストーリーもあるだろう。複数話に渡るプロットもあるだろう。だが、基本は毎週1エイリアン、1惑星、1チャレンジになる。
—Executive producer Alex Kurtzman on the series' old-fashioned storytelling[44]

ゴールズマンは、シリーズが『ディスカバリー』や『ピカード』よりも一話独立になるが、複数話を通じてキャラクターを深く描いてゆくと語った[49]。マイヤーズは、過去のシリーズと同様に、脚本家たちが現代的な繊細さをキャラクターに持ち込むよう望んでいると語った。これは奇妙な新しい世界を訪れる一つの船であり、一話完結形式でSFの冒険のアイデアを描くものであり、新しいエイリアン、新しい船、新しい文化に出会う機会があると語った[50]。過去の一話完結のシリーズのようにシーズンごとに20話以上があるわけではなく10話しかないため、プロデューサーたちは『ストレンジ・ニュー・ワールド』の各話は単にいろいろなことを試すことは出来ず、毎回大幅に異なるジャンルと描写傾向を追及しなければならないと感じた[45]。 ゴールズマンは、脚本家たちがシーズンの10話を選択する陰で10話分のすぐれたアイデアを捨てなければならず、話数を倍にしたいと感じた唯一のシリーズであると述べた[51]

キャスティング 編集

アンソン・マウント、イーサン・ペック、レベッカ・ローミンは『スタートレック:ディスカバリー」に引き続いてそれぞれクリストファー・パイク、スポック、ナンバーワン/ウナ・チン=ライリー役を演じる[3]。3人のキャラクターは、『宇宙大作戦』のパイロット版である『歪んだ楽園』で最初に登場し、それぞれジェフリー・ハンターレナード・ニモイメイジェル・バレットが演じた。 [52][49]。撮影開始時に、ジェス・ブッシュ英語版クリスティーナ・チョン英語版セリア・ローズ・グッディング英語版メリッサ・ナヴィア英語版バブス・オルサンモクン英語版が追加のレギュラーキャストとして発表された[30]。2021年9月、かれらの役名が発表された: ブッシュはバレットが『宇宙大作戦』で演じたクリスティン・チャペルを、グッディングはニシェル・ニコルズが演じたナヨタ・ウフーラを演じ、オルサンモクンはブッカー・ブラッドショーの演じたドクター・ムベンガを演じる。チョンとナヴィアは、新しく創作された登場人物であるラアン・ヌニエン・シンとエリカ・オルテガスを演じる。またブルース・ホラックはヘマ―を演じる[6][53]。ホラックはスタートレック・フランチャイズ史上初めての盲目の俳優である。ホラックは、ヘマーがシーズン1の最後に死んだ後も、これがシリーズの最後の出演にはならないと語った[54]。シーズン2で、ホラックはゲストとして登場した[55]

デザイン 編集

デザインは2020年8月に始まり[50]、ジョナサン・リーがプロダクション・デザイナーとなった[56]。 マイヤーズ は、安っぽく見える道具は避けながらも現代でも通用する1960年代のデザインはそのまま使い、まるで ジーン・ロッデンベリーが現代のテクノロジーと特殊効果を使って『宇宙大作戦』を作ったかのようにデザインを進めたと語った。彼は、『宇宙大作戦』に沿いながらデザインを拡張した、スタートレック最初の映画である『スター・トレック』になぞらえた。[46]。マウントは、「撮影セットには20世紀中ごろのモダンな意匠がある。1967年のメイシーズ百貨店をアップグレードしたような品物がある。60年代の雰囲気をアップデートしたような感じだ」と語った[23]。エンタープライズのセットは、ブリッジをコンパクトにして『宇宙大作戦』に近づけるなど、『ディスカバリー』からアップデートされている[57]。可動式のコンポーネントや、俳優に合わせて自動的に調整されるグラフィックスモニターなど、実際的な宇宙船としてデザインされ[56]、『ディスカバリー』の視覚効果の代わりにリアルなビュースクリーンが用いられている。リーは『ディスカバリー』のクールな青と緑の配色の代わりに、セット内のモニター・グラフィックスを使って暖かい感じを出したかったと言う[58]。機関部、食堂、 カーゴベイ(積荷室)のセットはバーチャルなセットで補われている[59]。フェイザー、トライコーダー、コミュニケーターなどの小道具も『ディスカバリー』のものから再設計され、『宇宙大作戦』に近いレトロな意匠となっている[60]

Bernadette Croftは『ディスカバリー』でアシスタントを務めた後、本シリーズのコスチューム・デザイナーとなった[61]。宇宙艦隊のユニフォームは『ディスカバリー』のものよりアップデートされ[57]、マウントは『ディスカバリー』よりも先祖返りしていると語った[23] 。『宇宙大作戦』と同じ色が用いられている(指揮・管理の士官はゴールド、科学士官はブルー、通信、機関、保安、戦術士官はレッド)。各部門は宇宙艦隊のバッジにそれぞれの紀章が記され、肩や腕の図案に加えられている[62] 。ユニフォームにはチュニックと、『宇宙大作戦』で女性たちが着用していたミニスカートのような長めのジャケットの2つがある。クロフトは、ミニスカートのデザインが過剰な性表現になることを避けたかったが、ローミンは格好の良いデザインにするよう励ました。シリーズのミニスカート版の制服は男女両用であり、俳優たちはミニスカートとチュニックのいずれを選ぶことができる[61]。ドクター・ムベンガのチュニックはライトブルーであり、最近のスクラブ(医療用白衣)のように前に折り返しがある[63]と同時に、『宇宙大作戦』でレナード・マッコイが着ていた制服からも着想を得ている。チャペル看護婦は、『ディスカバリー』の医療チームのユニフォームのような白のジャンプスーツを着ている。 上陸チームは、『歪んだ楽園』に敬意を払ってユニフォームの上にグレイのジャケットを着る。映画『スタートレックII カーンの逆襲』でジェームズ・T・カークが着用していたコスチュームに触発されて、ジャケットの肩には丸いパッチがある。[61]。士官たちが履くシューズは靴デザイナーのJohn Fluevogがデザインし、『宇宙大作戦』のキューバ風のブーツをより未来的にしている。レザーのブーツのくるぶしには金属の三角形の宇宙艦隊紀章がつけられている[64]

レガシー・エフェクツがエイリアンの補装具を担当し、ほぼ毎話ごとに新しいエイリアンが登場する[65]。 ゴールズマンの依頼で、レガシーはスポックの耳の補装具をデザインし直し、『ディスカバリー』よりも『歪んだ楽園』でニモイが着用したものに近づけた[66]。ペックの顔に合うよう調整され、ニモイよりは眉毛の角度が低くされた[67] 。補装具部を率いるChris Bridgesは補装具をつける時間を2時間から72分に短縮するよう、ペックを説得して眉毛を剃らせたが、ペックは『ディスカバリー』ではこれを拒否していた[66]。メイクアップとヘアメイクのチームは、ニモイのスポックのヘアスタイルともみあげがペックの顔に合うよう調整した[67]

オープニングタイトルはPicturemillが製作した[68]。エンタープライズが光輝く出発シーンで始まり、マウントが『宇宙大作戦』や『新スタートレック』と同じ独白を行う。そしてエンタープライズは様々な宇宙空間を飛び、タイトル通り奇妙な新世界を訪ねる。このシークエンスは『スタートレック:ヴォイジャー』に似ている[68][69]

撮影 編集

カナダオンタリオ州ミシサガにあるCBS Stages Canadaで仮題『Lily and Isaac』として撮影された[70]。ショーランナーは監督たちに、一話完結のアプローチを強調するために各話ごとに異なる雰囲気を出すよう促した[65]。 Paramount+は、Disney+の『マンダロリアン』で使われたStageCraft技術に基づき、バーチャル製作のためのVideo Wallを構築した[71][72]ピクソモンド社により、トロントに270度 21m x 9.1mの馬蹄型のLEDに天井のLEDを追加したバーチャル・セットがトロントに作られた。撮影の間、ゲームエンジンソフトウェアのUnreal Engineが、LEDスクリーンにCGで作られた背景画像をリアルタイムで映し出す[72] 。特殊効果のための追加撮影がニューメキシコ州で行われた[73]

音楽 編集

2020年12月以前に、『ディスカバリー』及び『ピカード』の作曲家であるジェフ・ルッソはカーツマンと『ストレンジ・ニュー・ワールド』の音楽がどうなるべきか話し合いをしていたが、作曲を担当することが決まっていたわけではなかった[74]。2022年2月、ルッソがOPの音楽を作曲し、Nami Melumadが他の音楽を作曲することが明らかになった。Melumadは『Star Trek: Prodigy』および『スタートレック:ショートトレック』の1エピソードの音楽を担当しており[75][76]、映画音楽のようなアプローチを行っていた[76]。ルッソのOPの曲は、 Alexander Courageによる『宇宙大作戦』のOP曲を現代風にアレンジしたものであり[69]テルミンを用いている[77]。シーズン1のサウンドトラックアルバムはレイクショア・レコードから2023年4月28日にデジタル・リリースされている[78]

公開 編集

ホームメディアリリース
シーズン リリース日
リージョン1 リージョン2 リージョン3
シーズン1 2023年3月21日[79] 2023年3月20日[80] 2023年3月29日[81]

『スタートレック:ストレンジ・ニュー・ワールド』はアメリカ合衆国、ラテンアメリカ、オーストラリア、北ヨーロッパ諸国などでParamount+により2022年5月5日に初公開された.[82]。その他の国では、カナダでのBell Media傘下のCTV Sci-Fi ChannelおよびCrave [83]、ニュージーランドのテレビジョン・ニュージーランド、インドでのVoot[84]、ヨーロッパの諸地域ではSkyShowtimeなどで公開された[84][85]。 2023年9月8日、 アメリカCBSでも放送された[86]。その後、各国でのParamount+の事業開始に合わせて順次公開された。

メディア展開 編集

アフターショー 編集

他のParamount+上でのスタートレック番組と同様に、各エピソード公開後に公式アフターショーである、ウィル・ウィートン司会の『The Ready Room』が公開され、キャストやスタッフのインタビューや、各エピソードの裏側などが明かされている[87]

出版物 編集

John Jackson Miller著の小説『The High Country』が2023年2月21日に出版されている[88]

製作総指揮の一員であるKirsten BeyerとMike Johnsonが原作を担当し、絵をMegan Levens と Charlie Kirchoffが担当した最初のコミック『The Illyrian Enigma』が2022年9月に発表された[89]。原作者を同じくし、絵をAngel Hernandez が担当した二作目のコミック『Scorpius Run』が2023年8月に刊行された[90]

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d スタートレック:ディスカバリー 』 S2E12 『影の谷を歩むとも』でクリンゴンのタイムクリスタルに触れて自分が不具になった未来を見るも、惑星連邦を救うためにタイムクリスタルを持ち帰ってその未来を確定させる。
  2. ^ 日本語字幕では「ノニエン・シン」と違い「ヌニエン・シン」と表記されている
  3. ^ スタートレック:エンタープライズ』S4の89、90話で登場。アンドリアの氷窟に住み、盲目だが非常に強力なテレパシー能力を持つ。
  4. ^ まんが宇宙大作戦』に登場し、シーズン2エピソード2でも前船長であることが語られる
  5. ^ S1E10では、パイクが運命を回避した時間軸の7年後に声のみ登場
  6. ^ 船長日誌
  7. ^ 「死を忘れるな」を意味するラテン語の警句「メメント・モリ」より
  8. ^ 宇宙大作戦』のエピソード『宇宙基地SOS』(Balance of Terror)での出来事が改変されている
  9. ^ ウィリアム・シェイクスピアの「ベニスの商人」からの引用
  10. ^ 英語の"to the stars through hardship"に対応するラテン語
  11. ^ 宇宙大作戦』では1990年代に大人として優性戦争を起こす人物だが、時間戦争の結果30年以上時間がずれたとセラが語る。
  12. ^ ウィリアム・シェイクスピアの『マクベス』からの引用
  13. ^ オデュッセイア』からの引用である。ロートパゴス族ロートスの木の果実をもらって食べた部下たちがオデュッセウスの命令を忘れてしまったことを指す。
  14. ^ スタートレック:ローワー・デッキ』の『セリトス絶体絶命!』(No Small Parts)でのジャック・ランサムのセリフより

出典 編集

  1. ^ Paramount+がまもなく開始!「スタローン・ファミリー」ほか日本初上陸作品3本がWOWOWオンデマンドで配信”. Movie Walker Press. 2023年11月9日閲覧。
  2. ^ @ParamountPlusJA (2023年12月15日). "\\ 速報 //🎉来年1月19日(金)配信開始🥳「スター・トレック: ストレンジ・ニュー・ワールド」シーズン2". X(旧Twitter)より2023年12月15日閲覧
  3. ^ a b c d e f g Goldberg, Lesley (2020年5月15日). “'Star Trek' Pike and Spock Series Set at CBS All Access”. The Hollywood Reporter. 2020年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月16日閲覧。
  4. ^ Otterson, Joe (2022年5月5日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Stars Anson Mount, Ethan Peck Boldly Go Back to Franchise's Roots in New Series”. Variety. 2022年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月5日閲覧。
  5. ^ Parker, Ryan (2022年5月19日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Star Ethan Peck Discusses Initial "Nearly Unbearable" Weight of Playing Spock and Profound Fan Appreciation”. The Hollywood Reporter. 2022年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h Wright, Matt (2021年9月8日). “Meet The Cast Of 'Star Trek: Strange New Worlds'”. TrekMovie.com. 2021年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月11日閲覧。
  7. ^ Parker, Ryan (2022年6月16日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Actress Jess Bush Talks Honor and Joy of Making Iconic Franchise Character Her Own”. The Hollywood Reporter. 2022年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月5日閲覧。
  8. ^ Sue (2022年5月26日). “SNW Recap s1e4: "Memento Mori"”. Women at Warp. 2022年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月4日閲覧。
  9. ^ Britt, Ryan (2022年5月26日). “Star Trek writer explains a big Gorn canon twist in 'Strange New Worlds'”. Inverse. 2022年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月4日閲覧。
  10. ^ Parker, Ryan (2022年5月26日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Star Christina Chong Discusses Her Heartbreaking Childhood Connection to La'an Noonien-Singh”. The Hollywood Reporter. 2022年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月5日閲覧。
  11. ^ Svetkey, Benjamin (2022年5月3日). “Akiva Goldsman on Creating Star Trek: Strange New Worlds”. TheWrap. 2022年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月9日閲覧。
  12. ^ Recasting Spock, Pike's Command Style And More Season 2 Details From 'Star Trek: Discovery' Crew”. TrekMovie.com (2018年7月22日). 2018年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月23日閲覧。
  13. ^ Britt, Ryan (2018年2月11日). “Showrunners Talk Captain Pike and Spock in 'Star Trek: Discovery' Season 2”. Inverse. 2019年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月14日閲覧。
  14. ^ Hayner, Chris E. (2018年2月11日). “What That Enterprising Finale Twist Means for 'Star Trek: Discovery' Season 2”. The Hollywood Reporter. 2018年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月14日閲覧。
  15. ^ Jonathan Frakes Reveals Details On Second Episode Of 'Star Trek: Discovery' Season 2”. TrekMovie.com (2018年4月14日). 2018年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月16日閲覧。
  16. ^ N'Duka, Amanda (2018年7月20日). “'Star Trek: Short Treks' Set On CBS All Access, 'Discovery' Season 2 Trailer Unveiled, Rebecca Romijn Joining The Cast – Comic-Con”. Deadline Hollywood. 2018年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  17. ^ 'Star Trek: Discovery': Two Major New Characters To Exit At End Of Season 2”. Deadline Hollywood (2019年3月18日). 2019年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月23日閲覧。
  18. ^ Nemetz, Dave (2018年8月14日). “Star Trek: Discovery Finds Its Spock (!), Casts Ethan Peck to Play Iconic Role”. TVLine. 2018年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月15日閲覧。
  19. ^ Otterson, Joe (2018年6月19日). “Alex Kurtzman Sets Five-Year CBS TV Studios Pact, Will Oversee Expanded 'Star Trek' Universe”. Variety. 2018年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  20. ^ Pascale, Anthony (2019年4月15日). “Anson Mount Responds To Fan Petition Calling For Star Trek Pike Series”. TrekMovie.com. 2019年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月19日閲覧。
  21. ^ Pascale, Anthony (2019年3月25日). “Interview: Ethan Peck On Where Spock Is Headed In 'Star Trek: Discovery' ... And Maybe Beyond”. TrekMovie.com. 2019年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月19日閲覧。
  22. ^ Anson Mount Open To Pike Show, But Returning To Star Trek Would Require "Creative Conversations"”. TrekMovie.com (2019年4月17日). 2019年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月19日閲覧。
  23. ^ a b c Parker, Ryan (2022年5月5日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Star Anson Mount Discusses That Implied 2021 Insurrection Moment and NASA Letter to Crew”. The Hollywood Reporter. 2022年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月10日閲覧。
  24. ^ Bloom, Mike (2019年4月18日). “How the 'Star Trek: Discovery' Finale Pulled Off the Franchise's Boldest Leap Yet”. The Hollywood Reporter. 2019年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月20日閲覧。
  25. ^ Pascale, Anthony (2019年7月21日). “SDCC19: 'Short Treks' Season Two Detailed, Possible Pike/Spock Enterprise Series Teased”. TrekMovie.com. 2019年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月6日閲覧。
  26. ^ Owen, Rob (2020年1月16日). “Tuned In: Author Michael Chabon treks to 'Star Trek: Picard'”. Pittsburgh Post-Gazette. 2020年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月26日閲覧。
  27. ^ Reilly, Ken (2020年1月12日). “Star Trek's TV Universe Still Expanding; Kurtzman Reveals Two More Live-Action Series in the Works”. TrekCore.com. 2020年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月20日閲覧。
  28. ^ Bone, Christian (2020年3月11日). “Captain Pike Star Trek Spinoff Series Reportedly In Development”. We Got This Covered. 2020年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  29. ^ Kaya, Emre (2020年3月16日). “Exclusive: Captain Pike 'Star Trek: Discovery' Spin-Off Series in the Works”. Geeks WorldWide. 2020年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月17日閲覧。
  30. ^ a b Petski, Denise (2021年3月12日). “'Star Trek: Strange New Worlds': Paramount+ Series Adds Five To Cast As Production Begins”. Deadline Hollywood. 2021年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月12日閲覧。
  31. ^ Comtois, James (2020年9月8日). “Star Trek: Strange New Worlds, 'The Longest Pilot-to-Series Pickup' Ever, Returns to TOS' Episodic Roots”. SyFy Wire. 2020年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月15日閲覧。
  32. ^ Graham, Megan (2020年9月15日). “CBS All Access streaming service is getting a new name: Paramount+”. CNBC. 2020年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月17日閲覧。
  33. ^ Report: 'Star Trek: Strange New Worlds' Planning Production For Season 2”. TrekMovie.com (2021年11月1日). 2021年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月1日閲覧。
  34. ^ Orquiola, John (2021年12月23日). “Jonathan Frakes Interview: Star Trek Discovery Season 4”. Screen Rant. 2021年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月1日閲覧。
  35. ^ Andreeva, Nellie (2022年1月18日). “'Star Trek' Universe News: 'Discovery', 'Strange New Worlds' & 'Lower Decks' Renewed, 'Picard' Gets Season 2 Premiere Date”. Deadline Hollywood. 2022年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月19日閲覧。
  36. ^ Patten, Dominic (2022年7月7日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Co-Creator Akiva Goldsman On Season 1 Throwback Finale, Crossovers & Where It All Could End”. Deadline Hollywood. 2022年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  37. ^ Britt, Ryan (2022年7月7日). “Anson Mount Sets a High Bar”. Esquire. 2022年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月8日閲覧。
  38. ^ Joest, Mick (2022年7月7日). “Star Trek: Strange New Worlds' Showrunner Discusses Those Surprise Appearances, Plus The Latest On Potential Season 3”. CinemaBlend. 2022年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月6日閲覧。
  39. ^ Kaplan, Rebecca Oliver (2023年3月21日). “Akiva Goldsman Says Star Trek: Strange New Worlds Is Boldly Going for a Season 3”. MovieWeb. 2023年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月22日閲覧。
  40. ^ Otterson, Joe (2023年3月28日). “'Star Trek: Strange New Worlds,' 'Lower Decks' Renewed at Paramount+, Set Summer Premieres”. Variety. 2023年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月22日閲覧。
  41. ^ 'Star Trek: Strange New Worlds' Showrunner Confirms WGA Strike Has Delayed Season 3 Production Start”. TrekMovie.com (2023年5月25日). 2023年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月26日閲覧。
  42. ^ Maddaus, Gene (2023年11月9日). “SAG-AFTRA Approves Deal to End Historic Strike”. Variety. 2023年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月25日閲覧。
  43. ^ Pascale, Anthony (2023年11月13日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Team Gearing Up To Start Production On Season 3”. TrekMovie.com. 2023年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月25日閲覧。
  44. ^ a b Entire Second Season Of 'Star Trek: Short Treks' Now Streaming For Free As Part Of Emmy Campaign”. TrekMovie.com (2020年8月17日). 2020年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月22日閲覧。
  45. ^ a b Britt, Ryan (2022年5月5日). “'Strange New Worlds' showrunner unpacks 3 ways it changes Star Trek canon”. Inverse. 2022年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月6日閲覧。
  46. ^ a b Pascale, Anthony (2022年5月5日). “Interview: ヘンリー・アロンソ・マイヤーズ On 'Star Trek: Strange New Worlds' Premiere, Pon Farr, And Going Big”. TrekMovie.com. 2022年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月6日閲覧。
  47. ^ Ulster, Laurie (2022年5月1日). “Interview: 'Strange New Worlds' Co-Showrunner Henry Alonso Meyers On Updating 'Star Trek' Characters”. TrekMovie.com. 2022年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月9日閲覧。
  48. ^ Miller, Melissa T. (2022年7月28日). “Star Trek's Science Advisor Works on All the Franchise's Current Shows”. Nerdist. 2022年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月21日閲覧。
  49. ^ a b Holloway, Daniel (2020年5月15日). “New 'Star Trek' Series Featuring Spock and Pike Will Be 'Optimistic and More Episodic,' Creators Say”. Variety. 2020年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月16日閲覧。
  50. ^ a b 'Star Trek: Strange New Worlds' Will Reveal Number One's "Mind-Blowing" Backstory”. TrekMovie.com (2020年9月8日). 2020年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月12日閲覧。
  51. ^ Orquiola, John (2023年5月19日). “Strange New Worlds' 10 Episode Seasons Aren't Enough, Says Showrunner”. Screen Rant. 2023年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月30日閲覧。
  52. ^ Ramos, Dino-Ray (2018年4月9日). “'Star Trek: Discovery' Adds Anson Mount In Key Role For Season 2”. Deadline Hollywood. 2018年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月10日閲覧。
  53. ^ Burt, Kayti (2021年9月9日). “Star Trek's Most Underserved Characters Will Be Back in Strange New Worlds”. Den of Geek. 2021年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月11日閲覧。
  54. ^ Kirk, John (2022年6月30日). “Interview (With Spoilers): Star Trek's First Blind Actor on Cancer, Family and Facing Death”. Original Cin. 2022年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月4日閲覧。
  55. ^ Donaldson, Mark (2023年7月20日). “Star Trek Strange New Worlds Season 2 Episode 6 Ending Explained”. Screen Rant. 2023年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月31日閲覧。
  56. ^ a b Wright, Matt (2021年9月13日). “Pike's Kitchen, Spock's Love, And More Revealed From 'Star Trek: Strange New Worlds' Panel”. TrekMovie.com. 2021年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月19日閲覧。
  57. ^ a b Hibberd, James (2021年4月12日). “'Star Trek' Showrunner Discusses 'Strange New Worlds' Plan, Evolving Q for 'Picard'”. The Hollywood Reporter. 2021年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月13日閲覧。
  58. ^ Mantz, Scott (2022年8月3日). “How the Starship Enterprise Was Redesigned for 'Star Trek: Strange New Worlds'”. Variety. 2022年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月6日閲覧。
  59. ^ Kadner, Noah (2022年6月23日). “Boldly Going Virtual with Star Trek: Strange New Worlds”. American Cinematographer. 2022年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月6日閲覧。
  60. ^ Wright, Matt (2022年4月9日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Props Revealed At Star Trek: Mission Chicago”. TrekMovie.com. 2022年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月10日閲覧。
  61. ^ a b c Britt, Ryan (2022年5月20日). “53 years later, Star Trek rebooted the miniskirt uniform — with a gender-neutral twist”. Inverse. 2022年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月4日閲覧。
  62. ^ Get A Closer Look At The 'Star Trek: Strange New Worlds' Starfleet Uniforms”. TrekMovie.com (2022年2月28日). 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月10日閲覧。
  63. ^ Star Trek: Strange New Worlds Prop & Costume Exhibit – April 2022 (Video). TrekCore.com. 16 April 2022. 2022年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブYouTubeより2022年5月10日閲覧
  64. ^ Spry, Jeff (2022年4月27日). “Beam up these 'Star Trek: Strange New Worlds' Starfleet boots from designer John Fluevog”. Space.com. 2022年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月10日閲覧。
  65. ^ a b Pascale, Anthony (2022年4月17日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Panel Talks New Aliens, Expanding The Enterprise, Time Travel, And More”. TrekMovie.com. 2022年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月19日閲覧。
  66. ^ a b Mantz, Scott (2022年6月15日). “Ethan Peck Shaved His Eyebrows to Play Spock on 'Star Trek: Strange New Worlds'”. Variety. 2022年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月6日閲覧。
  67. ^ a b Desowitz, Bill (2022年6月24日). “'Star Trek: Strange New Worlds': Making Spock Look Like Spock”. IndieWire. 2022年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月6日閲覧。
  68. ^ a b Picturemill Lights Up the Enterprise for 'Strange New Worlds'”. Promax Awards (2022年5月6日). 2022年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月6日閲覧。
  69. ^ a b Watch the Star Trek: Strange New Worlds Opening Credits!”. TrekCore.com (2022年4月29日). 2022年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月30日閲覧。
  70. ^ Pitt, Alison (2021年2月15日). “Star Trek: Strange New Worlds due to start filming at CBS Studios Canada this week”. Daily Star Trek News. 2021年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  71. ^ Snowden, Scott (2020年11月20日). “'Star Trek: Discovery' borrows from 'The Running Man' in season 3, episode 6 'Scavengers'”. Space.com. 2020年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月4日閲覧。
  72. ^ a b Kadner, Noah (2021年7月16日). “On The Walls: Virtual Production for Series Shooting – The American Society of Cinematographers”. American Cinematographer. 2021年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月17日閲覧。
  73. ^ Pascale, Anthony (2021年7月15日). “'Star Trek: Strange New Worlds' Filming In New Mexico For VFX”. TrekMovie.com. 2021年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月17日閲覧。
  74. ^ Britt, Ryan (2020年12月16日). “Star Trek Composer Teases Picard Season 2, Discovery Season 4, and More”. Inverse. 2020年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月24日閲覧。
  75. ^ Nami Melumad Scoring Paramount+'s 'Star Trek: Strange New Worlds'”. Film Music Reporter (2022年2月11日). 2022年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月12日閲覧。
  76. ^ a b Pascale, Anthony (2022年2月15日). “Composer Nami Melumad Talks About Her "Cinematic" Score For 'Star Trek: Strange New Worlds'”. TrekMovie.com. 2022年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月16日閲覧。
  77. ^ Watch: The Music of Star Trek: Strange New Worlds (Video). StarTrek.com. 2022年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月7日閲覧
  78. ^ 'Star Trek: Strange New Worlds' Soundtrack Album Details”. Film Music Reporter (2023年4月20日). 2023年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月22日閲覧。
  79. ^ 'Star Trek: Strange New Worlds' Season 1 Coming To Blu-ray, DVD, And Steelbook In March”. TrekMovie.com (2022年12月14日). 2022年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月8日閲覧。
  80. ^ Star Trek: Strange New Worlds – Season One”. Amazon. 2023年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月8日閲覧。
  81. ^ Star Trek: Strange New Worlds – Season 1”. JB Hi-Fi. 2023年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月4日閲覧。
  82. ^ The Star Trek: Strange New Worlds Official Trailer is Here”. StarTrek.com (2022年4月3日). 2022年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月4日閲覧。
  83. ^ "The Wonder Years, The Big Leap, and The Cleaning Lady Lead New CTV Series for 2021/22 Season" (Press release). Toronto, Ontario: Bell Media. 3 June 2021. 2021年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月3日閲覧
  84. ^ a b Watch Introduction To 'Star Trek: Strange New Worlds' Featurette And Clip + Update On International Release”. TrekMovie.com (2022年4月28日). 2022年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月30日閲覧。
  85. ^ SkyShowtime Launches In Central/Eastern Europe With 'Star Trek' Originals; Arrives In Spain February 28”. TrekMovie.com (2023年2月14日). 2023年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月31日閲覧。
  86. ^ Hibberd, James (2023年8月24日). Star Trek: Strange New Worlds To Air on CBS This Fall”. https://www.hollywoodreporter.com/tv/tv-news/star-trek-strange-new-worlds-cbs-1235573914/ 2023年9月2日閲覧。 
  87. ^ The Ready Room | Anson Mount & Akiva Goldsman Discuss Channeling The Original Series | Paramount+”. Yahoo! (2022年5月6日). 2022年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月6日閲覧。
  88. ^ Spry, Jeff (2022年4月30日). “'Star Trek: Strange New Worlds' scores its 1st tie-in book from veteran Trek novelist”. Space.com. 2022年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月15日閲覧。
  89. ^ 'Star Trek: Strange New Worlds–The Illyrian Enigma' Comic To Bridge The Gap Between Seasons 1 And 2”. TrekMovie.com (2022年9月27日). 2022年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月9日閲覧。
  90. ^ IDW Launching New 'Star Trek: Strange New Worlds' Mini-Series In August”. TrekMovie.com (2023年5月22日). 2023年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月31日閲覧。

外部リンク 編集