メインメニューを開く

ストローブス(Strawbs)は、イングランド出身のフォークロックバンド

ストローブス
STRAWBS
The Strawbs.jpg
UK.オール・キャニングス公演 (2012年5月)
基本情報
別名 Strawberry Hill Boys
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル フォークロック
プログレッシブ・ロック
シンフォニック・ロック
ポップ・ロック
AOR
ブルーグラス (初期)
活動期間 1964年 - 1980年
1983年 - 現在
レーベル A&Mレコード
Oyster/ポリドール・レコード
アリスタ・レコード
Chord Records
The Road Goes On Forever
ヴァージン・レコード
Witchwood Media
チェリーレッド・レコード
公式サイト strawbsweb.co.uk
メンバー デイヴ・カズンズ (G/Vo)
デイヴ・ランバート (G/Vo)
チャズ・クロンク (B/Vo)
トニー・フェルナンデス (Ds)
デイヴ・ベインブリッジ (Key)
旧メンバー トニー・フーパー (G/Vo)
リチャード・ハドソン (Ds)
リック・ウェイクマン (Key)
ほか 別記参照

ブルーグラス・バンドとしてスタートし、1970年代にはトラッドやバロック音楽などを融合したプログレッシブ・ロックにシフト。その後はエレクトリック・ギターを導入しAOR路線にも転化するなど、時代に合わせたフォークの枠に囚われないスタイルを展開した。活動は50年以上に及ぶ。

概要・略歴編集

黎明期(1964年 - 1969年)編集

1964年、デイヴ・カズンズ (G/Vo)、トニー・フーパー (G/Vo)らを中心に、トリオ編成のブルーグラス・バンド「Strawberry Hill Boys」を結成[1]

1967年、バンド名を「ストローブス (The Strawbs)」と改名する。同年にフォークシンガー サンディ・デニーが短期間参加しデモを録音(後のアルバム『オール・アワ・オウン・ワーク』1973年に発表)。これはデビュー・アルバムとなる筈だったが、レーベルとの契約が流れ お蔵入りとなる[2]

1968年、本国に進出してきた北米のレーベル「A&Mレコード」と、英国出身グループとして初契約を締結。翌1969年セルフタイトルの1stアルバム『ストローブス・ファースト』でデビュー。ジョン・ポール・ジョーンズニッキー・ホプキンスらロックミュージシャンが協力し、フォークロック路線にシフトしていった[3]

最盛期(1970年 - 1980年)編集

1970年の2ndアルバム『ドラゴンフライ』に、キーボーディスト リック・ウェイクマンがゲスト参加を経て正式加入[4]。ここからトラッドやバロック音楽などを融合したプログレッシブ・ロックを展開する。ライブ録音の3rdアルバム『骨董品』や4thアルバム『魔女の森から』(1971年)は、初期の重要な作品となった。

1972年、ウェイクマンが「イエス」に移籍した後もバンドは同路線を継続し、特にデイブ・カズンズの意向でメロトロンを深く使用するようになっていった。同年発表の5thアルバム『グレイヴ・ニュー・ワールド』からはシングル『ニュー・ワールド』が生まれたが、その全編でメロトロンがさく裂している。1973年に入ると、バンドのプログレ化は加速し、エレクトリック・ギターを本格導入するため、他のバンドのリーダーでボーカル兼ソングライターだった デイヴ・ランバート(G/Vo)を呼び込んだのを機にし、フォーク色から抜け出し、プログレ色が進化した6thアルバム『バースティング・アット・ザ・シームス』をリリース、イギリスで大ヒットを記録する。シングルカットされた『パート・オブ・ザ・ユニオン』が全英2位を記録。バンド最高位のヒット作となった。こうして、バンドは順風満帆に軌道に乗ったように思われたが、ロック化を進めるデイブ・カズンズに反発した盟友トニー・フーパーを含むオリジナルメンバー全員が脱退してしまい、デイヴ・カズンズとデイヴ・ランバートだけとなる。バンドを立て直すため、元ルネッサンスのキーボード、ジョン・ホーケンをメロトロンを弾くことを条件に誘い入れ、新生ストローブスがスタートする。新生ストローブスは、フォーク・ロックから完全に脱却し、プログレッシブ・ロックを目指すこととなった。これが北米を中心に幅広いファン層に受け入れられ、7thアルバム『ヒーロー・アンド・ヒロイン』や8thアルバム『幻影』といった作品が、アメリカでのセールスを伸ばすが、本国イギリスでのランクは6thアルバム『バースティング・アット・ザ・シームス』以降、急速に下降し元に戻ることはなかった。8thアルバム『幻影』のツアー中である1975年に来日。公式DVDがリリースされている。しかし、このツアーを最後に、ジョン・ホーケンが脱退。バンドは、メロトロン主軸路線を急遽変更し、9thアルバム『ノーマッドネス』を発表。カントリーやブルースに影響されたシンプルなロックを目指したが、方向転換はファンに受け入れられず、アルバムは売り上げ低迷し、古巣A&Mレーベルから契約を打ち切られる。

大手ポリドール・レコード傘下のレーベル「Oyster」に移籍。10thアルバム『ディープ・カッツ』(1976年)11thアルバム『バーニング・フォー・ユー』(1977年)の2作を発表。再びメロトロン主軸のプログレッシブ路線を復活させた。また、曲調は当時流行していたAOR系サウンドに接近するシングルカットを意識した曲が増え、モダンなポップスタイルとプログレッシブロックが共存する状態となった[5]。しかしアルバム販売成績は振るわなかった。

1977年、大手レーベル「アリスタ・レコード」に移り、12thアルバム『デッドラインズ』をリリース。出世アルバムからドラムを担当していたロッド・クームズが脱退。プログレッシブ・ロックの影響は薄れ、シングルヒット狙いの曲が多くなったが、このアルバムも販売不振を喫する。だがバンドは意欲的に次作のアルバム『Heartbreak Hill』の制作を進め、録音が終わっていたが、バンドの中核であるデイヴ・ランバートがカズンズと衝突し脱退。また、「アリスタ・レコード」から契約解消されてしまう不運が続き、アルバムリリースは1991年まで待たされることになる。迎えた1980年、今度はバンドリーダーのデイヴ・カズンズが脱退してしまい、ストローブスは解散した。

再始動 - 以降(1983年 - 現在)編集

 
リック・ウェイクマン(Key) 2012年

その後カズンズは、創設メンバー トニー・フーパーと再び組んで仕事を再開する。1983年、ライブイベントや旧友リック・ウェイクマン主宰のテレビ番組に招待され、カズンズら元メンバーが客演。これを契機にバンドは再始動を果たす。

アルバム制作も再開し、1987年に10年ぶりの13thアルバム『ドント・セイ・グッバイ』をリリース。その後もコンスタントに作品を発表していく。

1993年頃からデビュー25周年ツアーを開催。その後フーパーが脱退し活動休止するものの、1999年のデビュー30周年には盟友デイヴ・ランバートが復帰。2000年代以降は、トニー・フェルナンデス(Ds)、チャズ・クロンク(B)、ジョン・ホーケン(Key)など旧メンバーが合流するようになる。

2001年、バンドの専属レーベル「Witchwood」を設立。原点のアコースティック・トリオ編成に回帰したスタイルのプロジェクト「アコースティック・ストローブス (Acoustic Strawbs)」を並行して開始し、同レーベルからアルバム『Baroque & Roll』を発表。

2004年、7thアルバム『ヒーロー・アンド・ヒロイン』メンバーにて再結成。アルバム『Déjà Fou』をリリース。大規模なツアーを行う。

2008年、7thアルバム『ヒーロー・アンド・ヒロイン』メンバーにて、アルバム『The Broken Hearted Bride』を製作するが、ジョン・ホーケンがアシストメンバーとなり、アルバム収録後、再び脱退。

2009年、デビュー40周年アルバム『Dancing to the Devil's Beat』をリリース[6]。同年にオリヴァー・ウェイクマン(Key)、2012年からアダム・ウェイクマン(Key)が加入するなど、旧友リック・ウェイクマンの子息達が参加。また、40周年記念のライヴにはウェイクマン・シニア本人もゲスト参加した[7]

2011年、かつての名盤『ヒーロー・アンド・ヒロイン』をセルフ・リメイクしたアルバム『Hero & Heroine in Ascencia』を発表。

2014年、「Strawberry Hill Boys」からのバンド結成50周年に当たる再編集アルバム『Prognostic』をリリース。

2017年、8年ぶりのオリジナル・アルバム『フェリーマンズ・カース』を発表。

メンバー編集

現ラインナップ編集

  • デイヴ・カズンズ (Dave Cousins) - ギター/ボーカル (1964年-1980年, 1983年- )
  • デイヴ・ランバート (Dave Lambert) - ギター/ボーカル (1972年-1978年, 1999年- )
  • チャズ・クロンク (Chas Cronk) - ベース/ボーカル (1973年-1980年, 2004年- )
  • トニー・フェルナンデス (Tony Fernandez) - ドラムス (1977年-1980年, 2010年-2012年, 2014年- )
  • デイヴ・ベインブリッジ (Dave Bainbridge) - キーボード (2016年- )

旧メンバー編集

  • トニー・フーパー (Tony Hooper) - ギター/ボーカル (1964年-1972年, 1983年-1993年)
  • アーサー・フィリップス (Arthur Phillips) - マンドリン/ボーカル (1964年)
  • ジョン・ベリー ("Talking" John Berry) - コントラバス/ボーカル (1964年)
  • ロン・チェスターマン (Ron Chesterman) - ベース (1964年-1970年) ♱RIP.2007年
  • サンディ・デニー (Sandy Denny) - ボーカル/ギター (1967年) ♱RIP.1978年
  • ソーニャ・クリスティーナ (Sonja Kristina) - ボーカル (1968年)
  • クレール・ドニ (Claire Deniz) - チェロ (1969年-1969年)
  • リンゼイ・クーパー (Lindsay Cooper) - チェロ/コントラバス (1970年-1970年)
  • リック・ウェイクマン (Rick Wakeman) - キーボード (1970年-1971年)
  • リチャード・ハドソン (Richard Hudson) - ドラムス (1970年-1973年, 1983年-2001年, 2004年)
  • ジョン・フォード (John Ford) - ベース/ギター (1970年-1973年, 1983年-1985年, 1999年-2001年, 2004年)
  • ブルー・ウィーヴァー (Blue Weaver) - キーボード (1971年-1973年, 1983年-1984年, 1993年-2001年, 2004年)
  • ロッド・クームズ (Rod Coombes) - ドラムス (1973年-1977年, 2004年-2010年)
  • ジョン・ホーケン (John Hawken) - キーボード (1973年-1975年, 2004年-2008年)
  • アンディー・リチャーズ (Andy Richards) - キーボード (1977年-1980年)
  • ブライアン・ウィロビー (Brian Willoughby) - ギター (1978年-1980年, 1983年-2004年)
  • ロイ・ヒル (Roy Hill) - ギター/ボーカル (1980年-1980年)
  • ジョン・ナイツブリッジ (John Knightsbridge) - ギター (1980年)
  • ビンボー・エイコック (Bimbo Acock) - サクソフォーン (1980年)
  • クリス・パレン (Chris Parren) - キーボード (1984年-1992年)
  • ロッド・デミック (Rod Demick) - ベース/ボーカル (1985年-1998年)
  • ドン・エイリー (Don Airey) - キーボード (1993年)
  • オリヴァー・ウェイクマン (Oliver Wakeman) - キーボード (2009年-2010年) ※リック・ウェイクマンの長男
  • ジョン・ヤング (John Young) - キーボード (2010年-2012年)
  • アダム・フォークナー (Adam Falkner) - ドラムス (2012年-2014年)
  • アダム・ウェイクマン (Adam Wakeman) - キーボード (2012年-2015年) ※リック・ウェイクマンの次男

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ストローブス・ファースト』 - Strawbs (1969年)
  • 『ドラゴンフライ』 - Dragonfly (1970年)
  • 『骨董品』 - Just a Collection of Antiques and Curios (1970年) ※オリジナル扱いのライブ録音盤
  • 『魔女の森から』 - From the Witchwood (1971年)
  • 『グレイヴ・ニュー・ワールド』 - Grave New World (1972年)
  • 『バースティング・アット・ザ・シームス』 - Bursting at the Seams (1973年)
  • 『オール・アワ・オウン・ワーク』 - All Our Own Work (1973年) ※1967年録音
  • 『ヒーロー・アンド・ヒロイン』 - Hero and Heroine (1974年)
  • 『幻影』 - Ghosts (1975年)
  • 『ノーマッドネス』 - Nomadness (1975年)
  • 『ディープ・カッツ』 - Deep Cuts (1976年)
  • 『バーニング・フォー・ユー』 - Burning for You (1977年)
  • 『デッドラインズ』 - Deadlines (1978年)
  • 『ドント・セイ・グッバイ』 - Don't Say Goodbye (1987年)
  • 『リンギング・ダウン・ジ・イヤーズ』 - Ringing Down the Years (1991年)
  • Heartbreak Hill (1995年)
  • Baroque & Roll (2001年)
  • 『サンプラー』 - Strawberry Sampler Number 1 (2001年) ※1969年録音のデモ音源
  • Blue Angel (2003年)
  • Déjà Fou (2004年)
  • The Broken Hearted Bride (2008年)
  • Dancing to the Devil's Beat (2009年)
  • Hero & Heroine in Ascencia (2011年) ※セルフ・リメイク盤
  • Prognostic (2014年) ※再編集リメイク盤
  • 『フェリーマンズ・カース』 - The Ferryman's Curse (2017年)

ライブ・アルバム編集

  • Greatest Hits Live (1993年) ※1990年録音。Central TV「ベドロック」ショウ
  • Strawbs in Concert (1993年) ※BBC「イン・コンサート」1973年、1974年録音
  • 『ザ・ラスト・リゾート(コンサート・クラシックス)』 - Concert Classics (1999年) ※BBC「サイト・アンド・サウンド」1977年録音
  • The Complete Strawbs (2000年) ※30周年記念コンサート(Chiswick Houseで収録)
  • Live at Nearfest (2005年)
  • 『もうひとつの骨董品-ライヴ’70』 - Recollection (2006年)
  • Strawbs NY '75 (2007年)
  • Lay Down with the Strawbs (2008年) ※2006年録音
  • Strawbs 40th Anniversary Celebration 1: Strawberry (2010年)
  • Strawbs 40th Anniversary Celebration 2: Rick Wakeman and Dave Cousins (2010年)
  • Live At The BBC Vol.One:In Session / Vol.Two:In Concert (2010年)
  • 『ライヴ・イン・アメリカ 1977』 - Live In America (2017年)[8]

コンピレーション・アルバム編集

  • The Best of Strawbs (1977年)
  • 『サンディ&ストローブス』 - Sandy Denny and the Strawbs (1991年) ※1967年録音
  • A Choice Selection of Strawbs (1992年)
  • Halcyon Days (1997年)
  • Tears and Pavan (2002年)
  • A Taste of Strawbs (2006年) ※BOXセット
  • 『オブ・ア・タイム』 - Of a Time (2012年) ※1stアルバム未収録音源

アコースティック・ストローブス編集

  • Baroque & Roll (2001年)
  • Full Bloom (2005年) ※ライブ・アルバム
  • Painted Sky (2005年) ※ライブ・アルバム

脚注編集

外部リンク編集