メインメニューを開く

ドン・エイリー

イングランドのミュージシャン

ドン・エイリーDon Airey1948年6月21日 - )は、イギリスタインアンドウィア州サンダーランド出身のミュージシャン

ドン・エイリー
Don Airey
Deep Purple - inFinite - The Long Goodbye Tour - Barclaycard Arena Hamburg 2017 06.jpg
ディープ・パープル - ドイツ・ハンブルク公演 (2017年3月)
基本情報
出生名 Donald Airey
生誕 (1948-06-21) 1948年6月21日(71歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
サンダーランド
ジャンル ハードロック
ヘヴィ・メタル
担当楽器 キーボード
活動期間 1974年 - 現在
共同作業者 ディープ・パープル
レインボー
オジー・オズボーン
ブラック・サバス
エレクトリック・ライト・オーケストラ
ゲイリー・ムーア
ジューダス・プリースト

作曲編曲の他、キーボードを担当。数多くのバンドやプロジェクトに参加している。熱心なサンダーランドAFCのサポーター。エアエイ、エイレイなど呼び方がある。身長180cm。

目次

略歴編集

 
駆使している鍵盤機材 (2013年)

幼い頃からクラシックピアノを学び、ノッティンガム大学を経て英国王立ノーザン音楽大学で学位を取得卒業する。1972年にプロフェッショナルな音楽活動を開始し、コージー・パウエルズ・ハマーの「Na Na Na」(1974年)でレコーディング・デビューする。

1976年から1978年にかけて、ゲイリー・ムーアらと共にジャズ・ロック・バンド、コロシアムIIで活動。セッション・プレイヤーとしても活動しブラック・サバスのアルバム『ネヴァー・セイ・ダイ』(1978年)の録音に参加した後、1979年リッチー・ブラックモアのグループ、レインボーに加入。『ダウン・トゥ・アース』(1979年)、『アイ・サレンダー』(1981年)のアルバム2枚の録音を残す。収録曲「Difficult To Cure」はベートーヴェンの「交響曲第9番」をアレンジした曲でグループのカラーに貢献した。しかし、コージー・パウエルの後任のドラマー、ボビー・ロンディネリとはウマが合わず、やがて方向性の違いから、『アイ・サレンダー』のアルバム・ツアー終了後に脱退した。

脱退後、オジー・オズボーンとゲイリー・ムーアのレコーディングやツアー・メンバーとしてキャリアを成す。1987年にはジェスロ・タルの公式メンバーとなり、ヨーロッパ及びアメリカ・ツアーに参加するが、1988年1月には脱退してソロ・アルバム『K2 -栄光と悲劇の物語-』の制作に入る[1]。1980年代からはほぼスタジオ・ミュージシャン、編曲者として主にハード・ロック/ヘヴィメタルのアーティストのレコーディングで活躍。1997年ユーロビジョン・ソング・コンテストの英国代表であるカトリーナ・アンド・ザ・ウエイブスEBU 1997出展作品Love Shine a Lightの編曲とオーケストラ指揮を担当、英国に優勝をもたらしている。

一時的に仕事が散発的になっていた時代を経て、ウリ・ジョン・ロートのライブやレコーディングに参加。また、2002年にはディープ・パープルジョン・ロードの後任として加入し、活動を続けている。

トリヴィア編集

1982年3月19日、ランディ・ローズが飛行機事故による墜落死したこの日、奇しくもドンはセスナに乗る順番がランディーより先だった為間一髪墜落死を免れた。

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『K2 -栄光と悲劇の物語-』 - K2 (1989年)
  • Light In The Sky (2008年)
  • All Out (2011年)
  • 『キード・アップ』 - Keyed Up (2014年)
  • 『ワン・オブ・ア・カインド』 - One Of A Kind (2018年)

コロシアムII編集

  • 『ストレンジ・ニュー・フレッシュ』 - Strange New Flesh (1976年)
  • 『エレクトリック・サヴェイジ』 - Electric Savage (1977年)
  • 『ウォーダンス』 - War Dance (1977年)

コージー・パウエル編集

レインボー編集

マイケル・シェンカー編集

  • 『神(帰ってきたフライング・アロウ)』 - The Michael Schenker Group (1980年)
  • 『イン・ザ・ミッドスト・オブ・ビューティー』 - In the Midst of Beauty (2008年)
  • 『テンプル・オブ・ロック』 - Temple of Rock (2011年)

オジー・オズボーン編集

ゲイリー・ムーア編集

  • バック・オン・ザ・ストリーツ』 - Back on the Streets (1979年)
  • 『コリドーズ・オブ・パワー』 - Corridors of Power (1982年)
  • 『ロッキン・エヴリ・ナイト(ライヴ・イン・ジャパン)』 - Rockin' Every Night (1983年)
  • 『ダーティ・フィンガーズ』 - Dirty Fingers (1983年)
  • 『ライヴ・アット・ザ・マーキー』 - Live at the Marquee (1983年)
  • ラン・フォー・カヴァー』 - Run For Cover (1985年)
  • アフター・ザ・ウォー』 - After the War (1989年)
  • 『スティル・ゴット・ザ・ブルーズ』 - Still Got the Blues (1990年)
  • 『オールド・ニュー・バラッズ・ブルース』 - Old New Ballads Blues (2006年)

ウリ・ジョン・ロート編集

  • 『トランセンデンタル・スカイ・ギター〜天上の至楽』 - Transcendental Sky Guitar (2000年)
  • 『レジェンズ・オブ・ロック〜ライヴ・アット・キャッスル・ドニントン』 - Legends of Rock Live at Castle Donington (2002年)
  • メタモルフォシス〜天界の旅』 - Metamorphosis (2003年)

ディープ・パープル編集

  • 『バナナズ』 - Bananas (2003年)
  • 『ラプチャー・オブ・ザ・ディープ』 - Rapture of the Deep (2005年)
  • ナウ・ホワット?!』 - Now What?! (2013年)

その他の参加作品編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Don Airey | Jethro Tull - 2015年6月25日閲覧

外部リンク編集