メインメニューを開く

ダイヤモンドビコー日本の元競走馬で、引退後は繁殖牝馬として繋養された馬である。牝馬重賞4勝2着4回。2002年JRA賞最優秀4歳以上牝馬に選出された。

ダイヤモンドビコー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1998年5月25日
死没 2014年1月29日(16歳没)
登録日 2000年9月7日
抹消日 2003年11月21日
サンデーサイレンス
ステラマドリッド
母の父 Alydar
生国 日本の旗 日本北海道千歳市
生産 社台ファーム
馬主 大迫忍
調教師 藤沢和雄美浦北
競走成績
生涯成績 23戦7勝
獲得賞金 3億3361万9000円
テンプレートを表示

目次

セレクトセールで落札編集

1998年7月13日から14日にかけて北海道苫小牧市ノーザンホースパークで開催された第1回「セレクトセール」において、当歳であったダイヤモンドビコー(血統名:ステラマドリッドの98)は1億7500万円の高額で落札された。これは日本のセリ史上、当時の当歳牝馬の最高価格であった。

なお、このセールでダイヤモンドビコーより高額で落札されたのは2頭で、最高価格だったのは1億9000万円の「ファデッタの98(アドマイヤセレクト)」、2番目は1億8000万円の「トリプルワウの98(フサイチオーレ)」であった。

戦績編集

現役中に馬齢の表記方法が変更されたため、2000年までは旧表記を併記

2歳時編集

2000年、2歳(旧3歳)になったダイヤモンドビコーは美浦藤沢和雄厩舎に入厩。10月7日東京1400m新馬戦でデビュー。セレクトセールで高額で落札された話題の馬ということもあって1番人気に支持されるが、結果は0.4秒差の4着。10月28日に折り返しの新馬戦に出走。再び1番人気に支持され、1着となる。次に出走した赤松賞では4着。12月17日のフェアリーステークスではテンシノキセキの6着であった。

3歳時編集

2001年、3歳500万下で0.1秒差の2着となった後、5月6日の若鮎賞に出走し2勝目を挙げる。続けて6月3日のエーデルワイスステークスで3勝目を挙げ、8月12日札幌クイーンステークスに出走。古馬のヤマカツスズランに逃げ切られたものの、同い年で桜花賞2着馬でもあるムーンライトタンゴを首差抑えて2着に粘った。

9月16日阪神ローズステークスに出走。道中は2番手につけ、直線で追い込んだローズバドを3/4馬身差抑えて重賞初勝利を飾った。トライアルを勝ったことで当然秋華賞に向かうことが検討されたが、調教師の藤沢は、約1ヶ月の間に北海道-美浦-阪神-美浦と長距離輸送が続いた上に、再び京都への輸送となることは負担が大きすぎると判断。これを回避した。

3ヶ月の休養の後、12月16日阪神牝馬ステークスに出走。馬体重が12kg増となっていたこともあったのか、結果は6着にとどまった。

4歳時編集

2002年3月9日中山牝馬ステークスに出走。1番人気に支持された。道中は中団に付け、直線で外に出してスパート。上がり3ハロン34秒3の脚で、1分45秒4のレコードタイ(当時)で重賞2勝目を挙げた。2000年の秋華賞を勝ったティコティコタック、2001年の優駿牝馬を勝ったレディパステルの2頭のGI馬をそれぞれ2着、3着に抑えての会心の勝利であった。

10月13日府中牝馬ステークスに出走。レディパステル、シルクプリマドンナローズバドといった好メンバーが集まる中、道中2番手から直線で楽に抜け出し、2着のジェミードレスに1馬身半の差をつけて勝利。重賞3勝目を挙げた。

11月10日の第27回エリザベス女王杯。デビュー以来無敗の5連勝で秋華賞を制し、勢いに乗ったファインモーションが1番人気。一方、GI初挑戦ながら、2002年は牝馬限定戦では全て連対という調子の良さで迎えたダイヤモンドビコーは2番人気であった。レースでは好位に付けたファインモーションのすぐ後ろでぴったりマークして追走。直線に入って上がり3ハロン33秒4の脚でスパートしたものの、ファインモーションはその上を行く33秒2の脚で後続を突き放し、2馬身半差の圧勝。ダイヤモンドビコーは2着であった。

12月15日に阪神牝馬ステークスに出走。単勝1.3倍の圧倒的1番人気に支持された。スタート良く飛び出し3番手に付け、3コーナーで早くも先頭に立ち、オースミコスモの追撃を振り切って勝利した。

そしてこの年のJRA賞で、ダイヤモンドビコーは最優秀4歳以上牝馬に選出されたが、GI(スプリンターズステークス)勝ちのあるビリーヴを抑えての受賞であった為一部で物議を醸した。

5歳時編集

明けて2003年、休養を取ったダイヤモンドビコーは5月31日中京金鯱賞で復帰。馬体重が前走から10kg増だったためか直線伸びず8着。7月27日函館記念ではさらに10kg増。直線で抜け出せず11着と惨敗。3年連続で出走となる8月17日のクイーンステークスでは馬体を絞って臨んだが、オースミハルカファインモーションテイエムオーシャンの後塵を拝して4着。9月28日にはオールカマーに出走するが、6着に終わった。

11月16日、エリザベス女王杯に出走。スタートで出遅れて後方追走の形になり、直線で伸びるも6着まで。引退レースを飾ることはできなかった。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ 人気 着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム(上り3F 着差 勝ち馬(2着馬)
2000. 10. 7 東京 新馬 17 6 12 1.5 1 4着 岡部幸雄 53 芝1400m(良) 1.23.9 (35.7) 0.4 コスモリバーサル
10. 28 東京 新馬 17 7 13 1.7 1 1着 岡部幸雄 53 芝1600m(良) 1.35.9 (37.2) 0.1 (シンコウベルデ)
11. 19 東京 赤松賞 16 6 12 2.7 1 4着 岡部幸雄 53 芝1600m(良) 1.36.7 (36.7) 0.5 タカラサイレンス
12. 17 中山 フェアリーS GIII 16 5 10 5.7 3 6着 横山典弘 53 芝1200m(良) 1.10.1 (36.1) 0.7 テンシノキセキ
2001. 4. 22 東京 500万下 14 3 4 3.1 2 2着 岡部幸雄 53 芝1400m(良) 1.23.1 (35.2) 0.1 サマーキャンドル
5. 6 東京 若鮎賞 18 1 2 2.1 1 1着 岡部幸雄 53 芝1400m(良) 1.21.6 (34.5) ハナ (ナイキアカデミー)
6. 3 東京 エーデルワイスS 16 4 7 10.7 5 1着 K.デザーモ 53 芝1600m(良) 1.34.4 (35.4) 0.1 トレジャー
8. 12 札幌 クイーンS GIII 11 6 7 5.8 4 2着 岡部幸雄 52 芝1800m(良) 1.47.9 (35.9) 0.5 ヤマカツスズラン
9. 16 阪神 ローズS GII 11 8 11 4.2 3 1着 松永幹夫 54 芝2000m(良) 2.01.9 (34.6) 0.1 ローズバド
12. 16 阪神 阪神牝馬S GII 16 3 5 5.7 2 6着 K.ファロン 54 芝1600m(良) 1.33.9 (36.1) 0.4 エアトゥーレ
2002. 1. 27 京都 京都牝馬S GIII 12 8 11 4.0 2 2着 K.ファロン 55 芝1600m(重) 1.36.1 (35.1) 0.1 ビハインドザマスク
3. 9 中山 中山牝馬S GIII 14 7 12 2.6 1 1着 O.ペリエ 55 芝1800m(良) 1.45.4 (34.3) 0.8 ティコティコタック
5. 12 新潟 新潟大賞典 GIII 15 6 11 3.3 1 7着 鹿戸雄一 55.5 芝2000m(稍) 1.59.8 (35.4) 1.0 キングフィデリア
6. 9 東京 エプソムC GIII 18 5 10 3.8 1 10着 岡部幸雄 55 芝1800m(良) 1.48.0 (36.4) 1.2 ジョウテンブレーヴ
8. 11 札幌 クイーンS GIII 14 5 7 3.1 1 2着 岡部幸雄 56 芝1800m(良) 1.48.1 (36.5) ハナ ミツワトップレディ
10. 13 中山 府中牝馬S GIII 11 2 2 2.1 1 1着 加藤和宏 55 芝1800m(良) 1.46.0 (35.0) 0.2 (ジェミードレス)
11. 10 京都 エリザベス女王杯 GI 13 4 5 8.3 2 2着 O.ペリエ 56 芝2200m(良) 2.13.6 (33.4) 0.4 ファインモーション
12. 15 阪神 阪神牝馬S GII 16 5 9 1.3 1 1着 O.ペリエ 56 芝1600m(良) 1.33.2 (35.1) 0.1 オースミコスモ
2003. 5. 31 中京 金鯱賞 GII 14 5 7 17.9 8 8着 K.デザーモ 56 芝2000m(稍) 1.59.7 (35.9) 0.8 タップダンスシチー
7. 27 函館 函館記念 GIII 15 8 14 13.5 7 11着 古川吉洋 56 芝2000m(良) 2.01.0 (36.4) 1.1 エアエミネム
8. 17 札幌 クイーンS GIII 11 1 1 9.7 3 4着 松永幹夫 58 芝1800m(良) 1.48.3 (34.4) 0.6 オースミハルカ
9. 28 中山 オールカマー GII 10 5 5 9.0 4 6着 柴田善臣 56 芝2200m(良) 2.15.0 (35.6) 0.6 エアエミネム
11. 16 京都 エリザベス女王杯 GI 15 5 9 10.1 5 6着 O.ペリエ 56 芝2200m(良) 2.12.2 (34.9) 0.4 アドマイヤグルーヴ

引退後編集

繁殖牝馬となり、北海道千歳市の社台ファームに繋養され、2012年より新冠町の村上欽哉牧場に繋養されていた。2014年1月26日キングカメハメハ産駒の牡馬を出産した後に疝痛を発症。1月29日に容体が悪化したため、安楽死の処置が取られた[1]

馬名 生年 毛色 馬主 厩舎 戦績
初仔 ウインプラチナム 2005年 青毛 ゼンノエルシド (株)ウイン
→片山良三
→(株)ウイン
美浦・国枝栄
園田・重畠勝利
→美浦・国枝栄
中央10戦0勝
地方2戦2勝
(引退・繁殖)
2番仔 ウインマリアベール 2007年 栗毛 クロフネ (株)ウイン 美浦・国枝栄 24戦4勝(引退・繁殖)
3番仔 ウインジュビリー 2008年 青鹿毛 シンボリクリスエス (株)ウイン 美浦・国枝栄 18戦2勝(引退・繁殖)
4番仔 ダイヤモンドビコーの2009 2009年 青毛 シンボリクリスエス 不出走
5番仔 アルマーズビコー 2010年 黒鹿毛 ジャングルポケット 大迫久美子 栗東大久保龍志
門別原孝明
6戦0勝(引退・繁殖)
6番仔 ペルセヴェランテ 2012年 黒鹿毛 キングカメハメハ 有限会社シルク 美浦・国枝栄 5戦2勝(引退)
7番仔 ゼンノタヂカラオ 2013年 黒鹿毛 キングカメハメハ 大迫久美子 栗東・中内田充正 現役
8番仔 ゼンノワスレガタミ 2014年 鹿毛 キングカメハメハ 大迫久美子 栗東・中内田充正 現役

血統表編集

ダイヤモンドビコー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

*ステラマドリッド
Stella Madrid
1987 鹿毛
Alydar
1975 栗毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Sweet Tooth On-and-On
Plum Cake
母の母
My Juliet
1972 黒鹿毛
Gallant Romeo Gallant Man
Juliets Nurse
My Bupers Bupers
Princess Revoked
母系(F-No.) My Bupers系(FN:6-a) [§ 2]
5代内の近親交配 なし [§ 3]
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [3][2]
  3. ^ [2]

近親に、三代母にMy Bupersを同じく持つハーツクライ、母ステラマドリッドの曾孫にあたるミッキーアイルがいる。

脚注編集

  1. ^ 重賞4勝のダイヤモンドビコー、出産直後に死亡”. netkeiba.com (2014年1月31日). 2014年1月31日閲覧。
  2. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ダイヤモンドビコー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年1月28日閲覧。
  3. ^ 望田潤 (2011年4月19日). “ディープインパクトと「ナスキロ」”. 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog. 2017年1月28日閲覧。

外部リンク編集