ラッキーライラック

ラッキーライラック: Lucky Lilac旺紫丁2015年4月3日 - )は、日本の競走馬。主な勝ち鞍は2017年の阪神ジュベナイルフィリーズ、2019年のエリザベス女王杯、2020年の大阪杯

ラッキーライラック
Lucky Lilac(JPN) IMG 7021-2 20191110.jpg
第44回エリザベス女王杯出走時
(2019年11月10日)
欧字表記 Lucky Lilac
香港表記 旺紫丁[1]
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2015年4月3日(5歳)
死没 (現役競走馬)
オルフェーヴル
ライラックスアンドレース
母の父 Flower Alley
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 松永幹夫栗東
競走成績
タイトル JRA賞最優秀2歳牝馬(2017年)
生涯成績 15戦6勝
中央:14戦6勝
海外:1戦0勝
獲得賞金 6億2726万4700円[2]
中央:5億6552万3000円
海外:6174万1700円
(2020年4月5日現在)
 
勝ち鞍
GI 阪神ジュベナイルフィリーズ 2017年
GI エリザベス女王杯 2019年
GI 大阪杯 2020年
GII チューリップ賞 2018年
GIII アルテミスステークス 2017年
テンプレートを表示

オルフェーヴルの初年度産駒の1頭。母ライラックスアンドレースは米G1アッシュランドステークスの勝ち馬。サンデーレーシングでの募集価格は総額3,000万円[3]

経歴編集

2歳 (2017年)編集

8月20日新潟の2歳新馬戦(牝馬限定)に鞍上石橋脩で初出走。レースでは道中4番手追走から上がり3F33秒.1の末脚で抜け出し、直線で外から追い込んできた2着ラヴァクールに1馬身1/2差をつけて新馬勝ちを飾った[4]

2戦目は10月28日のアルテミスステークスに出走。13番枠から好スタートを決めるも、良馬場発表ながら雨でぬかるんだ芝の影響で道中は力む場面も見せる。しかし、直線で追われると鋭く反応し、逃げ粘るサヤカチャンに3/4馬身差をつけてデビュー2連勝で重賞初制覇を飾った[5]。同年の札幌2歳Sを制覇したロックディスタウンに次ぐオルフェーヴル産駒2頭目の重賞勝ち馬となった[6]

 
2017年阪神JFパドック

その後は阪神ジュベナイルフィリーズに出走し、ロックディスタウンに次ぐ2番人気に推された。レースでは直線で先に抜け出した3番人気リリーノーブルを捉え、同馬に3/4馬身差を付けて優勝し、オルフェーヴル産駒初のGⅠ馬となった。[7]この勝利によりJRA賞最優秀2歳牝馬を満票で受賞した。[8]

3歳(2018年)編集

年明け初戦は桜花賞トライアルのチューリップ賞に出走。単勝1.8倍の支持を集めると、最後の直線で好位から抜け出し、2着に2馬身差を付けて完勝。2着には前年の阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬のマウレア、3着には同2着のリリーノーブルが入り、前年の有力馬が上位を独占するかたちとなった[9]

迎えた桜花賞では、過去20年で一度も連対例がない内枠[10]に入ったことが懸念されたものの、前走と同じく1.8倍の1番人気に推された。2番人気には牡馬を交えたシンザン記念で差し切り勝ちを収めたアーモンドアイ、3番人気にはここまで一度も複勝圏内を外していないリリーノーブルが続いた。レースでは終始好位を追走し直線でタイミング良く先頭に抜け出したが、ゴール前でアーモンドアイに差し切られ2着[11]ダンスインザムード以来の無敗の桜花賞馬誕生とはならなかった。走破時計1:33.4は前走チューリップ賞と同タイム、従来のレースレコードに0.1秒まで迫るものであり、鞍上の石橋脩は「勝ち馬を褒めるしかないです」と振り返った。

続く優駿牝馬では、アーモンドアイが1.7倍の人気を集め、ラッキーライラックは4.1倍の2番人気となった。前半1000mが59.6秒のハイペースとなり、アーモンドアイにマークされる形で先団を追走。最後の直線で抜け出そうとするもアーモンドアイに交わされ、さらに先団で競馬を進めていたリリーノーブルも捉えられずに3着となった[12]

次走はローズステークスを予定していたが球節の腫れにより回避[13]して秋華賞に直行、さらにここまで主戦を務めてきた石橋脩が負傷したため鞍上が北村友一に乗り替わりになる[14]など、臨戦過程の不順が相次ぎ、秋華賞の最終オッズではアーモンドアイの1.3倍に対して7.3倍と離された2番人気となった。レースでは6、7番手に位置を取ったが直線では伸びを欠き、デビュー以来初めて複勝圏内を外す9着という結果に終わった[15]

4歳 (2019年)編集

古馬となった4歳シーズン初戦は中山記念を選択。また鞍上も怪我から復帰した主戦の石橋へと戻った。『馬を一から作り直す』というスタンスのもと入念に調整が続けられ、迎えたレース本番、同期の皐月賞馬エポカドーロを始め、ディアドラスワーヴリチャードステルヴィオなどラッキーライラックを入れてGI馬が5頭出走、ウインブライトに道営のハッピーグリンも参戦、11頭中6番人気という単勝オッズに留まった。レースでは2番手につけ、2着になった[16]

次走の阪神牝馬ステークスでは単勝1.5倍の抜けた1番人気に推されたが、最初のコーナーで内で挟まれて後方の位置に。直線は外に持ち出したが、伸びを欠いて8着に敗れた[17]

続いて出走したヴィクトリアマイルでも1番人気に支持される。レースでは道中好位追走から直線、馬場の真ん中を力強く抜け出しを図るも後続に交わされ4着に敗れた[18]

秋は府中牝馬ステークスから始動。先のヴィクトリアマイルでレコード勝ちの2着に入ったプリモシーンに次ぐ2番人気に推された。レースでは正攻法から直線で満を持して先頭に立ったが、ゴール前で2頭にかわされ3着に敗れた[19]

続いて出走したエリザベス女王杯では、クリストフ・スミヨン騎手と初コンビを結成[20][注 1]。当年のオークスを無敗で制し、秋華賞を回避しぶっつけで本競走に臨んできたラヴズオンリーユー[22]、その秋華賞で優勝したクロノジェネシス[22]らが参戦した中で3番人気に推された[23]。レースは道中中団を追走、逃げたクロコスミアが最終コーナーまで先頭を譲らず、ラストの直線へ。粘るクロコスミアを2番手ラヴズオンリーユーをはじめ馬群が追う中、スミヨンが導き最内を突いた本馬は一気に伸び、クロコスミアを差してゴール[24]、2017年の阪神JF以来のGI2勝目を挙げた[25][24]。鞍上のスミヨンは14年ジャパンカップエピファネイアで勝って以来、中央GI通算3勝目を挙げ[25]、管理する松永幹夫調教師は、17年阪神JFを本馬が勝って以来の中央GI通算4勝目となった[25]

エリザベス女王杯勝利後、引き続きスミヨンとのコンビで香港ヴァーズに参戦[26]。レース2日前に左前脚の検査というアクシデントもあった[27]が、最終的には馬体検査をパスして出走を果たす。レースでは前年の勝ち馬エグザルタントが逃げる中、最内枠からのスタートもあってか位置取りを下げて後方の外から馬群を追走する。4コーナーから直線入り口にかけて他馬を縫いながら大外に持ち出した本馬は、激しい叩き合いから突き抜けたグローリーヴェイズには遅れをとったものの、しぶとく伸びて逃げ粘るエグザルタントや最後方から追い込んできたディアドラを抑え2着に入った[28]

5歳 (2020年)編集

この年初戦は昨年と同じく中山記念にミルコ・デムーロ鞍上で出走。ダノンキングリーをマークする形で4番手からレースを進め、最後ゴール前で粘るソウルスターリングは交わしたものの、ダノンキングリーには及ばず2年連続2着と惜敗した[29]

続く大阪杯にはダノンキングリーをはじめ、ブラストワンピース、クロノジェネシスといった有力馬が集まり[30]、その中で最終的に2番人気の支持を受けた。レースでは最後の直線で内を割って抜け出し、最後はクロノジェネシスをクビ差交わして優勝[31]。自身3度目のGIタイトルを獲得、GI昇格後初の牝馬の同レース制覇となった[31]

競走成績編集

以下の内容はnetkeiba.com[32]および香港ジョッキークラブ[33]の情報に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2017.08.20 新潟 2歳新馬 芝1600m(良) 18 4 8 004.30(2人) 01着 1:36.4 (33.1) -0.2 石橋脩 54 (ラヴァクール) 480
0000.10.28 東京 アルテミスS GIII 芝1600m(良) 15 7 13 004.40(2人) 01着 1:34.9 (34.7) -0.1 石橋脩 54 (サヤカチャン) 486
0000.12.10 阪神 阪神JF GI 芝1600m(良) 18 6 11 004.10(2人) 01着 1:34.3 (33.7) -0.1 石橋脩 54 リリーノーブル 484
2018.03.03 阪神 チューリップ賞 GII 芝1600m(良) 10 5 5 001.80(1人) 01着 1:33.4 (33.3) -0.3 石橋脩 54 (マウレア) 494
0000.04.08 阪神 桜花賞 GI 芝1600m(良) 17 1 1 001.80(1人) 02着 1:33.4 (34.5) -0.3 石橋脩 54 アーモンドアイ 488
0000.05.20 東京 優駿牝馬 GI 芝2400m(良) 17 1 2 004.10(2人) 03着 2:24.4 (33.9) -0.6 石橋脩 55 アーモンドアイ 492
0000.10.14 京都 秋華賞 GI 芝2000m(良) 17 4 7 007.30(2人) 09着 1:59.3 (34.8) -0.8 北村友一 55 アーモンドアイ 510
2019.02.24 中山 中山記念 GII 芝1800m(良) 11 3 3 008.60(6人) 02着 1:45.5 (34.9) -0.0 石橋脩 53 ウインブライト 512
0000.04.06 阪神 阪神牝馬S GII 芝1600m(良) 14 3 4 001.50(1人) 08着 1:33.8 (33.2) -0.2 石橋脩 54 ミッキーチャーム 510
0000.05.12 東京 ヴィクトリアM GI 芝1600m(良) 18 3 6 004.30(1人) 04着 1:30.6 (33.5) -0.1 石橋脩 55 ノームコア 506
0000.10.14 東京 府中牝馬S GII 芝1800m(稍) 15 8 15 003.90(2人) 03着 1:44.8 (34.3) -0.3 石橋脩 54 スカーレットカラー 522
0000.11.10 京都 エリザベス女王杯 GI 芝2200m(良) 18 1 2 005.40(3人) 01着 2:14.1 (32.8) -0.2 C.スミヨン 56 クロコスミア 518
0000.12.08 沙田 香港ヴァーズ G1 芝2400m(良) 14 1 11 009.90(4人) 02着 R2:25.32 -0.55 C.スミヨン 55.5 Glory Vase 507
2020.03.01 中山 中山記念 GII 芝1800m(良) 9 7 7 003.00(2人) 02着 1:46.6 (34.2) -0.3 M.デムーロ 55 ダノンキングリー 518
0000.04.05 阪神 大阪杯 GI 芝2000m(良) 12 5 5 004.10(2人) 01着 1:58.4 (33.9) -0.0 M.デムーロ 55 クロノジェネシス 520
  • 香港のオッズ・人気は香港ジョッキークラブのもの。
  • 競走成績は2020年4月5日現在

血統表編集

ラッキーライラック血統 (血統表の出典)
父系 サンデーサイレンス系

オルフェーヴル
2008 栗毛
父の父
ステイゴールド
1994 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ *ディクタス
ダイナサッシュ
父の母
オリエンタルアート
1997 栗毛
メジロマックイーン メジロティターン
メジロオーロラ
エレクトロアート *ノーザンテースト
*グランマスティーヴンス

*ライラックスアンドレース
Lilacs and Lace
2008 栗毛
Flower Alley
2002
Distorted Humor *フォーティナイナー
File
*プリンセスオリビア Lycius
Dane Image
母の母
Refinement
1994
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
*ステラマドリッド Alydar
My Juliet
母系(F-No.) 6号族(FN:6-a)
5代内の近親交配 ノーザンテースト5×4、 Mr. Prospector5×5


脚注編集

  1. ^ スミヨンは本馬の父・オルフェーヴルが2012年・2013年にフランス遠征を行った際に出走した全4戦で鞍上を務めている[21]
  1. ^ 旺紫丁 - 馬匹資料 - 賽馬資訊 - 香港賽馬會” (中国語). 香港賽馬會(The Hong Kong Jockey Club). 2020年1月22日閲覧。
  2. ^ 2020年 大阪杯 JRA”. www.jra.go.jp. 2020年4月5日閲覧。
  3. ^ ラッキーライラック - 一口馬主DB
  4. ^ 【2歳新馬】新潟5R オルフェ産駒ラッキーライラックが快勝サンケイスポーツ、2017年10月28日閲覧
  5. ^ 【アルテミスS】ラッキーライラックが無傷の2連勝で重賞初Vデイリースポーツ、2017年10月28日閲覧
  6. ^ ラッキーライラックが無傷2連勝! オルフェ産駒2頭目の重賞ウイナーに/アルテミスSnetkeiba.com、2017年10月28日閲覧
  7. ^ “ラッキーライラックが無傷の3連勝で戴冠! オルフェ産駒GI初制覇!/阪神JF | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=130357 2018年5月6日閲覧。 
  8. ^ “最優秀2歳牝馬は満票でラッキーライラック オルフェーヴル産駒初のGIタイトル | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=131756 2018年5月6日閲覧。 
  9. ^ “【チューリップ賞】ラッキーライラック完勝 後続寄せつけず2馬身半差で無傷V4 | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=134014 2018年5月6日閲覧。 
  10. ^ データ分析:桜花賞 今週の注目レース JRA” (日本語). www.jra.go.jp. 2018年10月5日閲覧。
  11. ^ “【桜花賞】ラッキーライラックが初黒星で逸冠 樫の舞台でリベンジだ | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=135677 2018年5月6日閲覧。 
  12. ^ 優駿牝馬|2018年05月20日 | 競馬データベース - netkeiba.com” (日本語). db.netkeiba.com. 2018年5月21日閲覧。
  13. ^ “【次走】ラッキーライラックが予定していたローズSを見送り 右後脚の球節に腫れ | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=140983 2018年10月14日閲覧。 
  14. ^ “【JRA】秋華賞のラッキーライラックは北村友一騎手とコンビ、石橋脩騎手負傷のため | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=144179 2018年10月14日閲覧。 
  15. ^ “秋華賞ダイジェスト/勝ちタイムは1分58秒5(良) | 競馬ニュース - netkeiba.com”. netkeiba.com. http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=144541 2018年10月14日閲覧。 
  16. ^ ラッキーライラック2着 積極策で復調/中山記念|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2019年2月25日閲覧。
  17. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【阪神牝馬S】ラッキーライラック、さばけず8着” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2019年10月16日閲覧。
  18. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【ヴィクトリアM】ラッキーライラック先に抜け出すも4着…石橋脩「勝ちにいく競馬した結果」” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2019年10月16日閲覧。
  19. ^ 【府中牝馬S】復活期したラッキーライラックは3着 石橋「馬はよく頑張ってくれた」” (日本語). スポーツ報知 (2019年10月14日). 2019年10月16日閲覧。
  20. ^ ラッキーライラックはエリザベス女王杯でスミヨンと新コンビ” (日本語). スポーツ報知 (2019年10月23日). 2019年11月10日閲覧。
  21. ^ 競走成績:前競走成績|オルフェーヴル|JBISサーチ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年2月16日閲覧。
  22. ^ a b エリザベス女王杯は3歳GI馬が優勢も本格化した4歳馬に逆転を期す|競馬|集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva”. 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva. 2019年11月10日閲覧。
  23. ^ エリザベス女王杯2019特集 | netkeiba.com 競馬予想・結果・速報・オッズ・出馬表・出走予定馬・騎手・払戻など競馬最新情報!” (日本語). netkeiba.com. 2019年11月10日閲覧。
  24. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL. “【エリザベス女王杯】ラッキーライラックが古馬の意地で3歳GI馬撃破!” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2019年11月10日閲覧。
  25. ^ a b c 【エリザベス女王杯】スミヨン騎乗ラッキーライラックが復活V 2年ぶり2度目のG1制覇”. www.sponichi.co.jp. スポニチ. 2019年11月10日閲覧。
  26. ^ ラッキーライラック 香港ヴァーズ参戦!スミヨンとコンビ継続” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2019年11月13日). 2020年1月22日閲覧。
  27. ^ 【香港ヴァーズ】ラッキーライラック左前脚検査もゴーサイン 松永幹師は安ど” (日本語). netkeiba.com (2019年12月8日). 2020年1月22日閲覧。
  28. ^ 【香港ヴァーズ】ラッキーライラック2着 スミヨン「いい競馬をしてくれたが、強い馬が一頭いた」” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2019年12月8日). 2020年1月22日閲覧。
  29. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【中山記念】ラッキーライラック、2年連続2着” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2020年4月5日閲覧。
  30. ^ 【大阪杯の見どころ】GI馬5頭、前哨戦優勝馬など好メンバーの中距離GI(netkeiba.com)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年4月5日閲覧。
  31. ^ a b 【大阪杯】ラッキーライラックが抜け出し戴冠!牝馬のワンツー/JRAレース結果 | 競馬ニュース - netkeiba.com” (日本語). news.netkeiba.com. 2020年4月5日閲覧。
  32. ^ ラッキーライラック”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2020年3月4日閲覧。
  33. ^ The Hong Kong Jockey Club”. The Hong Kong Jockey Club. 2019年12月11日閲覧。

外部リンク編集