ダコタ・ハドソン

ダコタ・ライアン・ハドソンDakota Ryan Hudson, 1994年9月15日 - )は、 アメリカ合衆国テネシー州ハミルトン郡チャタヌーガ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBセントルイス・カージナルス所属。

ダコタ・ハドソン
Dakota Hudson
セントルイス・カージナルス #43
Dakotahudsonprofilepic.jpg
2018年9月11日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州ハミルトン郡チャタヌーガ
生年月日 (1994-09-15) 1994年9月15日(27歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 MLBドラフト1巡目追補
初出場 2018年7月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

 
AA級スプリングフィールド・カージナルス時代
(2017年6月27日)

2013年MLBドラフト36巡目(全体1090位)でテキサス・レンジャーズから指名されたが、入団せずにミシシッピ州立大学英語版へ進学した。

2016年MLBドラフト1巡目追補(全体34位)でセントルイス・カージナルスから指名され、プロ入り[1]。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・カージナルスでプロデビュー。A+級パームビーチ・カージナルス英語版でもプレーし、2球団合計で12試合(先発1試合)に登板して2勝1敗3セーブ、防御率0.68、19奪三振を記録した。

2017年はAA級スプリングフィールド・カージナルスとAAA級メンフィス・レッドバーズでプレーし、2球団合計で25試合に先発登板して10勝5敗、防御率3.01、96奪三振を記録した。シーズン途中にはテキサスリーグのオールスターのメンバーに選出された[2]

2018年にMLB.comが発表したプロスペクト英語版ランキングでは、カージナルスの組織内で6位(シーズン途中で3位に上昇)にランクインした[3]。シーズンでは開幕からAAA級メンフィスでプレーし、19試合に先発登板して13勝3敗、防御率2.50、87奪三振を記録した。また、7月にはオールスター・フューチャーズゲームのアメリカ合衆国選抜に選出された[4]。7月27日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[5]が、昇格を告げられたのは登板中であり、マウンドから降りる際に同僚や首脳陣から祝福を受けていた[6]。翌28日のシカゴ・カブス戦でメジャーデビュー(2番手で登板して1回を無失点)[7]

2019年は先発5番手として開幕を迎えた[8]。レギュラーシーズンでは、33登板(32先発)で174回と2/3回を投げ、16勝7敗、防御率3.35、136奪三振の成績を残し、打球のゴロ率はメジャートップの56.9%で、逆にフライ率はメジャーワーストの21.3%と極端なグラウンドボールピッチャーだった[9]。また、四球数はメジャーワーストの86四球で、与四球率もワーストの4.43となっており、打席のうちの四球の割合もメジャーワーストの11.4%で、K/BBも1.58と制球面に課題が残るシーズンだった[10][11]

2020年9月28日、右肘のトミー・ジョン手術を受けると発表した[12]

投球スタイル編集

武器であるシンカーは最速97mph(約156.1km/h)を計測するグラウンドボールピッチャーであり、変化球ではカーブスライダーチェンジアップを投げる[3]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2018 STL 26 0 0 0 0 4 1 0 11 .800 118 27.1 19 0 18 0 1 19 2 0 9 8 2.63 1.35
2019 33 32 0 0 0 16 7 1 0 .696 757 174.2 160 22 86 8 9 136 5 0 80 65 3.35 1.41
2020 8 8 0 0 0 3 2 0 0 .600 151 39.0 24 5 15 1 1 31 0 0 13 12 2.77 1.00
MLB:3年 67 40 0 0 0 23 10 1 11 .697 1026 241.0 203 27 119 9 11 186 7 0 102 85 3.17 1.34
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績編集



投手(P)












2018 STL 26 3 6 1 0 .900
2019 33 13 26 2 1 .951
2020 8 5 4 0 0 1.000
MLB 67 21 36 3 1 .950
  • 2020年度シーズン終了時

記録編集

MiLB

背番号編集

  • 43(2018年 - )

脚注編集

  1. ^ Cardinals sign 2016 first round pick Dakota Hudson” (英語). MLB.com (2016年6月18日). 2018年9月16日閲覧。
  2. ^ Mitchell Forde (2017年7月2日). “2016 pick Dakota Hudson an All-Star in Springfield rotation” (英語). St.Louis Post-Dispatch. https://www.stltoday.com/sports/baseball/professional/pick-dakota-hudson-an-all-star-in-springfield-rotation/article_5086a309-4382-556f-8098-81c8c6506c9a.html 2018年9月16日閲覧。 
  3. ^ a b 2018 MLB Prospects Watch – St. Louis Cardinals Top 30 Prospects list. MLB.com. Retrieved on September 16, 2018.
  4. ^ Jim Callis (2018年7月6日). “Futures Game rosters packed with prospects” (英語). MLB.com. 2018年9月16日閲覧。
  5. ^ Jenifer Langosch (2018年7月27日). “Cardinals reshape bullpen, look toward future” (英語). MLB.com. 2018年9月16日閲覧。
  6. ^ https://mobile.twitter.com/fsmidwest/status/1023328011867717632
  7. ^ Chicago Cubs at St. Louis Cardinals Box Score, July 28, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年9月16日閲覧。
  8. ^ by RotoWire Staff (2019年3月21日). “Cardinals' Dakota Hudson: Wins rotation spot”. CBSSports.com. 2019年10月9日閲覧。
  9. ^ Major League Leaderboards » 2019 » Pitchers » Dashboard | FanGraphs Baseball”. Fangraphs.com (2019年1月1日). 2019年10月10日閲覧。
  10. ^ 2019 Major League Baseball Pitching Leaders”. Baseball-Reference.com (1970年1月1日). 2019年10月9日閲覧。
  11. ^ Major League Leaderboards » 2019 » Pitchers » Advanced Statistics | FanGraphs Baseball”. Fangraphs.com (2019年1月1日). 2019年10月10日閲覧。
  12. ^ TC Zencka (2020年9月28日). “Dakota Hudson To Undergo Tommy John Surgery On Monday” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年9月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集