メインメニューを開く

2018年MLBオールスターゲーム(英語: The 2018 Major League Baseball All-Star Game)はナショナルリーグアメリカンリーグの間で行われた89回目のオールスターゲームである。2018年7月17日ワシントン・ナショナルズの本拠地ナショナルズ・パークで行われた。監督は、アメリカン・リーグヒューストン・アストロズの監督A.J.ヒンチナショナル・リーグはロサンゼルス・ドジャースの監督デーブ・ロバーツが務めた。先発投手が両リーグともに前年と同じであったのは1940年以来78年ぶりのことであった[1]

2018 MLBオールスターゲーム
Opening of Nationals Park - 039 (2377924697).jpg
会場となったナショナルズ・パーク
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
AL 0 1 1 0 000303 8 13 0
NL 0 0 1 0 011121 6 7 1
開催日時 2018年7月17日
開催球場 ナショナルズ・パーク
開催地 アメリカ合衆国の旗ワシントンDC
監督 AL - A.J.ヒンチ (HOU)
NL - デーブ・ロバーツ (LAD)
MVP アレックス・ブレグマン (HOU)
観客動員数 43,843人
MLBオールスターゲーム
 < 2017 2019 > 

オールスター新記録の両チーム計10本塁打[2]が飛び出した試合は延長10回の末、アメリカン・リーグが8対6で勝利した[3]MVPには10回表に決勝点となる本塁打を記録したアレックス・ブレグマン (HOU)が選出された[4]。アメリカン・リーグは2013年から6連勝とし、通算成績を44勝43敗2分と勝ち越した。

目次

経緯編集

開催都市は2015年4月6日、MLBコミッショナーロブ・マンフレッド英語版によって発表された[5]ワシントン・セネタースが1969年に主催して以来、ワシントンD.C.で開催された5番目のオールスターゲームであった。ワシントン・ナショナルズがオールスターゲームを主催したのは初めてであり、1982年にモントリオール・エクスポズとしてチームが発足して以来、ナショナルズフランチャイズがオールスターゲームを主催したことも初めてであった。

凡例編集

表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。

選出選手編集

投票選出選手一覧編集

アメリカンリーグ(野手)
守備 選手(チーム)
C サルバドール・ペレス (KC)
ウィルソン・ラモスTB)†
ヤン・ゴームズCLE)‡
1B ホセ・アブレイユ (CWS)
ミッチ・モアランド (BOS)
2B ホセ・アルトューベ (HOU)
グレイバー・トーレス (NYY)†
ジェド・ラウリーOAK)‡
3B ホセ・ラミレス (CLE)
アレックス・ブレグマン (HOU)
SS フランシスコ・リンドーア (CLE)
マニー・マチャド (BAL)
OF ムーキー・ベッツ (BOS)
アーロン・ジャッジ (NYY)
マイク・トラウト (LAA)
マイケル・ブラントリー (CLE)
ジョージ・スプリンガー (HOU)
ミッチ・ハニガー (SEA)
秋信守 (TEX)
DH J.D.マルティネス (BOS)
ネルソン・クルーズ (SEA)
ナショナルリーグ(野手)
守備 選手(チーム)
C ウィルソン・コントレラス (CHC)
バスター・ポージー (SF)†
J.T・リアルミュート (MIA)
ヤディア・モリーナSTL)‡
1B ポール・ゴールドシュミット (ARI)
フレディ・フリーマン (ATL)
2B ハビアー・バエズ (CHC)
オジー・アルビーズ(ATL)
スクーター・ジェネット (CIN)
3B ノーラン・アレナド (COL)
エウヘニオ・スアレス (CIN)
SS ブランドン・クロフォード (SF)
トレバー・ストーリー (COL)
OF ニック・マーケイキス (STL)
ブライス・ハーパー (WSH)
マット・ケンプ (LAD)
ロレンゾ・ケイン (MIL)
クリスチャン・イエリッチ (MIL)
チャーリー・ブラックモン (COL)
アメリカンリーグ(投手)
守備 選手(チーム)
SP ジャスティン・バーランダー (HOU)†
ルイス・セベリーノ (NYY)
トレバー・バウアー (CLE)‡
クリス・セール (BOS)
ゲリット・コール (HOU)
コーリー・クルーバー (CLE)†
ホセ・ベリオス (MIN)
チャーリー・モートンHOU)‡
ブレイク・スネルTB)‡
RP エドウィン・ディアス (SEA)
アロルディス・チャップマン (NYY)†
J.A・ハップ (TOR)
ジョー・ヒメネス (DET)
ブレイク・トレイネン (OAK)
クレイグ・キンブレル (BOS)
ナショナルリーグ(投手)
守備 選手(チーム)
SP ジェイコブ・デグロム (NYM)
アーロン・ノラ (PHI)
パトリック・コービン (ARI)
マイク・フォルテネービッチ (ATL)
マイルズ・マイコラス (STL)†
ジョン・レスター (CHC)†
マックス・シャーザー (WSH)
ザック・グレインキーARI)‡
ロス・ストリップリングLAD)‡
RP ジョシュ・ヘイダー (MIL)
ケンリー・ジャンセン (LAD)
ショーン・ドゥーリトル (WSH)†
ブラッド・ハンド (SD)
フェリペ・バスケス (PIT)
ジェレミー・ジェフレスMIL)‡

最終投票編集

選出選手の発表後、選出に漏れた選手の中から各リーグ5名が選ばれ、最後の1枠をかけたオールスターゲーム最終投票All-Star Final Vote)がファン投票で行われた。アメリカンリーグはジーン・セグラが、ナショナルリーグはヘスス・アギラル選出された[6]

ナショナルリーグ
選手(チーム) 守備
ヘスス・アギラル (MIL) 1B
マックス・マンシー (LAD) 1B
マット・カーペンター (STL) 3B
ブランドン・ベルト (SF) 1B
トレイ・ターナー (WSH) SS
アメリカンリーグ
選手(チーム) 守備
ジーン・セグラ (SEA) SS
アンドリュー・ベニンテンディ (BOS) OF
アンドレルトン・シモンズ (LAA) SS
エディ・ロザリオ (MIN) OF
ジャンカルロ・スタントン (NYY) OF

先発出場選手編集

アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ムーキー・ベッツ (BOS) RF
2 ホセ・アルトューベ (HOU) 2B
3 マイク・トラウト (LAA) CF
4 J.D.マルティネス (BOS) DH
5 ホセ・ラミレス (CLE) 3B
6 アーロン・ジャッジ (NYY) LF
7 マニー・マチャド (BAL) SS
8 ホセ・アブレイユ (CWS) 1B
9 サルバドール・ペレス (KC) C
先発 クリス・セール (BOS) P
ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ハビアー・バエズ (CHC) 2B
2 ノーラン・アレナド (COL) 3B
3 ポール・ゴールドシュミット (ARI) DH
4 フレディ・フリーマン (ATL) 1B
5 マット・ケンプ (LAD) LF
6 ブライス・ハーパー (WSH) CF
7 ニック・マーケイキス (STL) RF
8 ブランドン・クロフォード (SF) SS
9 ウィルソン・コントレラス (CHC) C
先発 マックス・シャーザー (WSH) P

両リーグの先発投手であるクリス・セール(BOS)とマックス・シャーザー (WSH)は2年連続同じ顔合わせで、オールスターゲームで2年連続先発投手が同じ組み合わせになるのは1940年レッド・ラフィング(NYY)とポール・デリンジャー英語版(LAD)以来のことであった[7]

試合経過編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
アメリカンリーグ 0 1 1 0 0 0 0 3 0 3 8 13 0
ナショナルリーグ 0 0 1 0 0 0 1 1 2 1 6 7 1
  1. : エドウィン・ディアス (SEA)  : ロス・ストリップリング (LAD)  S: J.A.ハップ (TOR)  
  2. :  AL – アーロン・ジャッジ (NYY),マイク・トラウト (LAA),ジーン・セグラ (SEA),アレックス・ブレグマン (HOU),ジョージ・スプリンガー (HOU)  NL – ウィルソン・コントレラス (CHC),トレバー・ストーリー (COL),クリスチャン・イェリッチ (MIL),スクーター・ジェネット (CIN),ジョーイ・ボット (CIN)
  3. 審判:球審…テッド・バレット、塁審…ジム・レイノルズ、アルフォンソ・マルケス、アンディ・フレッチャー、外審…マイク・ムフリンスキ、コーリー・ブレイザー
  4. 観客動員数:43,843人 試合時間:3時間34分
  • オールスター新記録の両チーム計10本塁打が飛び出した[2]

MVP編集

アレックス・ブレグマン (HOU)

・10回表に決勝点となる本塁打を記録[4]

脚注編集

  1. ^ Chris Sale, Max Scherzer start All-Star Game”. MLB.com (2018年7月17日). 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ a b 最多10本塁打が生まれたオールスターはア・リーグに軍配”. フランス通信社 (2018年7月18日). 2018年12月2日閲覧。
  3. ^ 10 homers smash All-Star Game record”. MLB.com. 2018年7月20日閲覧。
  4. ^ a b Bregman's heroics earn him special ASG MVP”. MLB.com. 2018年7月19日閲覧。
  5. ^ “Nationals Park draws 2018 All-Star Game”. Asheville Citizen-Times (Asheville, North Carolina): p. C3. (2015年4月7日). https://www.newspapers.com/clip/21000832/nationals_park_draws_2018_allstar_game/ 2018年6月16日閲覧。 
  6. ^ Jean Segura, Jesus Aguilar win MLB Final Vote” (英語). MLB.com. 2018年11月22日閲覧。
  7. ^ Chris Sale, Max Scherzer start All-Star Game” (英語). MLB.com. 2018年12月12日閲覧。