テスタマッタ (Testa Matta) は日本競走馬2009年ジャパンダートダービー2012年フェブラリーステークス優勝。馬名の由来はイタリア語で「クリエイティブな意味合いでクレイジー」。

テスタマッタ
Testa-Matta20110522.jpg
欧字表記 Testa Matta
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2006年3月19日(15歳)
登録日 2008年9月11日
抹消日 2014年2月13日
Tapit
Difficult
母の父 Concern
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州
生産 Waterford Farm
馬主 吉田和美
調教師 村山明栗東
厩務員 笹倉祐也
競走成績
生涯成績 37戦7勝
(内訳)
中央競馬22戦5勝
地方競馬15戦2勝
獲得賞金 4億1647万5000
(内訳)
中央競馬2億3642万5000円
地方競馬1億8005万円
テンプレートを表示

戦歴編集

2008年・2009年編集

 
2009年ジャパンダートダービー

バレッツ・2008マーチ・セレクトセールにて6万ドルにて落札される。

2008年秋のデビュー戦を勝ち上がり、同時に村山厩舎は開業初勝利を記録。その後クラシックを目標に芝路線を歩むもの、エリカ賞4着の他は目立つ戦果を挙げられずダートに路線変更となる。

初ダートとなった平場、さらに特別戦を連勝しジャパンダートダービーに出走。スーニゴールデンチケットシルクメビウスら重賞ウィナー3頭から離された4番人気に甘んじたもののレースは2着に2馬身差をつけで優勝。厩舎、馬共に重賞初制覇となった。休養を挟み、武蔵野ステークスに出走したが、見せ場なく11着に終わった。続く浦和記念では好位から直線で抜け出すものの3着だった。

浦和記念終了後に騎乗していたクリストフ・スミヨンから喉の異常を指摘され、検査した結果、喉頭蓋エントラップメントの発症が発覚したためジャパンカップダートを回避し手術を受けることになった[1]

2010年編集

明け4歳になり、喉手術後の初戦となった川崎記念では3着に好走した。続いて出走したフェブラリーステークスでは中団追走から直線鋭く伸び、エスポワールシチーに2馬身半差の2着に入った。しかし、2月24日に右橈側手根骨々折の発症が発覚したため、休養を余儀なくされた[2]

骨折休養を終えて、9月23日の日本テレビ盃で戦列復帰。中団から追い上げるも4着止まりだった。続くマイルチャンピオンシップ南部杯では中団追走も直線で伸びを欠いてしまい6着に敗れた。

2011年編集

 
2011年マーチS

明け5歳になり、1月26日の川崎記念に出走を予定していたが、疾病のため出走取消となった。仁川ステークスでは出遅れから、道中3番手まで位置をあげたがワンダーアキュートの3着となった。マーチステークスでは中団追走から直線で力強く伸びてジャパンダートダービー以来の勝利を飾った。続く東海ステークスでは好位中団からのレースで4着、大沼ステークスでは1番人気に支持されるも、直線で伸びず7着に敗れた。マリーンステークスでは3コーナーからまくり上げて進出したがランフォルセの2着に敗れた。休養を挟み、武蔵野ステークスに出走、後方から追いあげるも7着。ジャパンカップダートでは見せ場なく12着に終わった。暮れの大一番の東京大賞典では3番手で追走しスマートファルコンの3着となった。

2012年編集

1月29日の根岸ステークスでは後方から追い込んで3着となった。2月19日のフェブラリーステークスでは道中後方で待機し直線で大外から一気の末脚を繰り出して先頭に立つと、後方から追い込んだシルクフォーチュンに2馬身差をつけて快勝した。5月2日のかしわ記念では中団に位置し、最後の直線で脚を伸ばすがエスポワールシチーの3着に敗れた。6月27日の帝王賞では中団から脚を伸ばしたがゴルトブリッツの3着に敗れた。8月16日のブリーダーズゴールドカップでは1番人気に推されたが、勝ったシビルウォーから6馬身離された2着に敗れた。11月5日のJBCクラシックは5着に終わった。

2013年編集

緒戦の根岸ステークスは6着、連覇がかかったフェブラリーステークスは7着、かしわ記念は4着と惨敗が続いていたが、さきたま杯は後方から差しきって久々の勝利を挙げた。その後4戦するが勝ちきれなかった。

2014年編集

根岸ステークスから始動したが7着。その後、右前繋部浅屈腱炎を発症していることが判明。現役を退くことが決まった。引退後は韓国で種牡馬となる。

主な産駒編集

  • 2017年産
    • タッチスターマン / Touch Star Man / 터치스타맨(2020年KRAカップマイル[3]、農林食品部長官杯)
    • ウアリュン / Uaryun / 우아륭 (2020年コリアンオークス)

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2008.10.19 京都 2歳新馬 13 016.5 0(5人) 01着 内田博幸 55 芝1600m(良) 1:36.1 (34.6) -0.0 アーリーロブスト
0000.12.14 阪神 エリカ賞 500万 11 005.6 0(3人) 04着 岩田康誠 55 芝2000m(良) 2:04.0 (36.5) -0.6 アーリーロブスト
2009.04.19 阪神 はなみずき賞 500万 13 013.6 0(6人) 07着 上村洋行 56 芝1800m(良) 1:49.1 (34.6) -1.1 ロードロックスター
0000.05.09 京都 3歳500万下 11 023.4 0(7人) 10着 池添謙一 56 芝1600m(稍) 1:36.6 (34.3) -0.8 ジャングルストーン
0000.05.16 京都 3歳500万下 16 022.4 0(8人) 12着 池添謙一 56 芝1400m(良) 1:21.9 (34.3) -1.2 レオウィザード
0000.05.31 東京 3歳500万下 16 024.1 0(7人) 01着 四位洋文 56 ダ1400m(重) 1:22.8 (34.8) -0.1 (エーシンビートロン)
0000.06.20 阪神 出石特別 1000万 16 008.6 0(5人) 01着 太宰啓介 54 ダ1200m(良) 1:11.0 (34.4) -0.2 (マハーバリプラム)
0000.07.08 大井 ジャパンDダービー JpnI 13 011.8 0(4人) 01着 岩田康誠 56 ダ2000m(稍) 2:04.5 (36.8) -0.3 シルクメビウス
0000.11.07 東京 武蔵野S GIII 13 007.4 0(4人) 11着 C.スミヨン 58 ダ1600m(良) 1:36.5 (36.8) -1.0 ワンダーアキュート
0000.11.25 浦和 浦和記念 JpnII 11 005.4 0(3人) 03着 C.スミヨン 56 ダ2000m(重) 2:07.9 (40.4) -0.8 ブルーラッド
2010.01.27 川崎 川崎記念 JpnI 11 009.9 0(4人) 03着 岩田康誠 56 ダ2100m(良) 2:13.1 (36.9) -0.4 ヴァーミリアン
0000.02.21 東京 フェブラリーS GI 16 013.0 0(5人) 02着 岩田康誠 57 ダ1600m(良) 1:35.3 (35.5) -0.4 エスポワールシチー
0000.09.23 船橋 日本テレビ盃 JpnII 14 006.4 0(4人) 04着 内田博幸 57 ダ1800m(稍) 1:50.6 (37.3) -1.8 フリオーソ
0000.10.11 盛岡 マイルCS南部杯 JpnI 12 011.5 0(2人) 06着 内田博幸 57 ダ1600m(稍) 1:36.6 (36.1) -1.8 オーロマイスター
2011.01.26 川崎 川崎記念 JpnI 11 取消 U.リスポリ 57 ダ2100m(良) フリオーソ
0000.03.06 阪神 仁川S OP 14 007.4 0(4人) 03着 U.リスポリ 56 ダ2000m(良) 2:04.3 (37.4) -0.6 ワンダーアキュート
0000.04.10 阪神 マーチS GIII 16 012.0 0(7人) 01着 四位洋文 58 ダ1800m(稍) 1:50.0 (35.6) -0.4 ブラボーデイジー
0000.05.22 京都 東海S GII 14 006.5 0(4人) 04着 福永祐一 58 ダ1900m(不) 1:54.3 (35.8) -0.6 ワンダーアキュート
0000.07.02 函館 大沼S OP 13 002.2 0(1人) 07着 四位洋文 58.5 ダ1700m(良) 1:45.1 (37.9) -0.9 エーシンモアオバー
0000.07.17 函館 マリーンS OP 11 005.1 0(3人) 02着 四位洋文 58 ダ1700m(稍) 1:43.5 (37.2) -0.4 ランフォルセ
0000.11.13 東京 武蔵野S GIII 16 015.3 0(5人) 07着 F.ベリー 58 ダ1600m(稍) 1:35.8 (35.5) -0.6 ナムラタイタン
0000.12.04 阪神 ジャパンCダート GI 16 028.7 0(7人) 12着 四位洋文 57 ダ1800m(良) 1:51.6 (37.9) -1.0 トランセンド
0000.12.29 大井 東京大賞典 GI 12 026.1 0(4人) 03着 岩田康誠 57 ダ2000m(良) 2:02.2 (38.4) -0.4 スマートファルコン
2012.01.29 東京 根岸S GIII 16 009.7 0(5人) 03着 岩田康誠 58 ダ1400m(良) 1:23.7 (35.3) -0.2 シルクフォーチュン
0000.02.19 東京 フェブラリーS GI 16 024.3 0(7人) 01着 岩田康誠 57 ダ1600m(良) 1:35.4 (35.7) -0.3 (シルクフォーチュン)
0000.05.02 船橋 かしわ記念 JpnI 13 003.5 0(2人) 03着 岩田康誠 57 ダ1600m(重) 1:37.4 (36.9) -0.9 エスポワールシチー
0000.06.27 大井 帝王賞 JpnI 13 003.7 0(3人) 03着 岩田康誠 57 ダ2000m(良) 2:03.7 (36.9) -0.7 ゴルトブリッツ
0000.08.16 門別 ブリーダーズGC JpnII 6 001.6 0(1人) 02着 岩田康誠 58 ダ2000m(重) 2:03.9 (39.1) -1.2 シビルウォー
0000.11.05 川崎 JBCクラシック JpnI 13 006.9 0(4人) 05着 岩田康誠 57 ダ2100m(良) 2:14.8 (40.8) -2.3 ワンダーアキュート
2013.01.27 東京 根岸S GIII 16 030.9 0(8人) 06着 D.マクドノー 59 ダ1400m(良) 1:24.0 (35.2) -0.3 メイショウマシュウ
0000.02.17 東京 フェブラリーS GI 16 008.4 0(4人) 07着 岩田康誠 57 ダ1600m(良) 1:35.5 (35.9) -0.4 グレープブランデー
0000.05.06 船橋 かしわ記念 JpnI 11 011.4 0(4人) 04着 戸崎圭太 57 ダ1600m(良) 1:38.3 (37.3) -0.5 ホッコータルマエ
0000.05.29 浦和 さきたま杯 JpnII 12 003.0 0(2人) 01着 戸崎圭太 58 ダ1400m(良) 1:27.4 (37.6) -0.1 セイクリムズン
0000.06.26 大井 帝王賞 JpnI 12 020.8 0(6人) 05着 戸崎圭太 57 ダ2000m(不) 2:04.6 (38.1) -1.6 ホッコータルマエ
0000.10.02 大井 東京盃 JpnII 15 004.3 0(3人) 02着 岩田康誠 58 ダ1200m(不) 1:11.7 (36.6) -0.7 タイセイレジェンド
0000.11.04 金沢 JBCスプリント JpnI 12 007.2 0(4人) 04着 川田将雅 57 ダ1400m(不) 1:27.7 (37.8) -0.6 エスポワールシチー
0000.12.01 阪神 ジャパンCダート GI 16 192.4 (16人) 08着 D.ホワイト 57 ダ1800m(良) 1:51.4 (37.0) -1.0 ベルシャザール
2014.02.02 東京 根岸S GIII 16 050.4 (11人) 07着 田辺裕信 58 ダ1400m(良) 1:23.7 (35.4) -0.3 ゴールスキー

血統表編集

テスタマッタ (Testa Matta)血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 シアトルスルー系
[§ 2]

Tapit
2001 芦毛
父の父
Pulpit
1994 鹿毛
A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Preach Mr. Prospector
Narrate
父の母
Tap Your Heels
1996 芦毛
Unbridled Fappiano
Gana Facil
Ruby Slippers Nijinsky II
Moon Glitter

*ディフィカルト
1999 鹿毛
Concern
1991 鹿毛
Broad Brush Ack Ack
Hay Patcher
Fara's Team Tunerup
Specialization
母の母
Wings of Jove
1980 芦毛
Northern Jove Northern Dancer
Junonia
Regatela Dr. Fager
Metatela
母系(F-No.) ディフィカルト系(FN:6-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×4=9.38%、Mr. Prospector 4×5=9.38%(父内) [§ 4]
出典
  1. ^ [4] [5]
  2. ^ [5]
  3. ^ [4][5]
  4. ^ [4][5]
  • 祖母Wings of JoveG1メイトロンステークスなど重賞2勝。
  • 母の半姉Broad Smileは米G3コロンビアステークス勝ち馬。
  • 祖母の半妹Dash Danceはブラジルに渡り、現地でG1パラナ大賞勝ち馬Impardonnableを含め、3頭の重賞勝ち馬を出している。

このほか、テスタマッタの活躍を受けて、母ディフィカルトと半姉シーズインポッシブルが相次いで繁殖牝馬として日本に輸入されている。

脚注編集

  1. ^ テスタマッタのどの病気でJCダート回避”. 日刊スポーツ (2009年12月1日). 2009年12月1日閲覧。
  2. ^ テスタマッタ号が故障(JRA公式ウェブサイト)
  3. ^ 심호근 (2020年7月8日). “제16회 KRA컵 마일 경마대회 – 무한 잠재력 ‘터치스타맨’ 파워 앞세워 우승” (韓国語). horsebiz. http://www.horsebiz.co.kr/news/articleView.html?idxno=65515 2020年7月9日閲覧。 
  4. ^ a b c 血統情報:5代血統表|テスタマッタ(USA)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年7月9日閲覧。}
  5. ^ a b c d テスタマッタの血統表”. 株式会社ネットドリーマーズ. 2020年7月9日閲覧。

外部リンク編集