トヨタ・アリスト

トヨタ自動車の高級セダン型乗用車

アリストARISTO)は、トヨタ自動車1991年から2005年まで製造・販売していたセダン型高級乗用車Eセグメント)である。

トヨタ・アリスト
1999 Toyota Aristo V300 Vertex Edition 3.0 Front.jpg
2代目
販売期間 1991年-2005年
製造国 日本の旗 日本
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
先代 無し
後継 レクサス・GS(3代目)
テンプレートを表示

概要編集

日本国外では同社が展開する高級車ブランド「レクサス」の上級モデル「GS」として販売される一方、日本では国内向けの仕様変更等のうえ、日本名「アリスト」としてトヨタブランド(トヨタオート店(現・ネッツ店)・トヨタビスタ店 → ネッツ店)で販売されていた。

2005年からは日本国内でもレクサスブランドの展開が開始され、2005年8月にはアリスト(2代目)の後継車種にあたる新型GS(3代目)を発売。取扱店もレクサス店に完全に移行され、アリストの名称は消滅した。

トヨタの高級セダン基幹車の一つであり、1980年代中盤〜2000年代初旬のトヨタの高級セダンにて複数採用されていたターボモデル(別冊ベストカー・パトカー裏バイブル)[1]がアリストにも存在し、トップモデルにJZA80スープラに搭載された直6ツインターボエンジン「2JZ-GTE」をスープラに先駆けて搭載[2]するなど、国産最速セダンとも呼ばれていた。 人気の反面、エンジンイモビライザーの標準装備化が遅れたため、イモビライザーが装着されていない2代目JZS16#型(前期)等は頻繁に盗難に遭う車種となった(警視庁2004年度発表では車両盗難被害車種1位とされている)。そのため中古車でもイモビライザー仕様は数少ない。また、盗難件数の多さに加え、速度違反による無謀運転での事故も相次いだため、自動車保険料は高い料率設定がなされていた。

なお、トヨタ自動車元社長である奥田碩も本車種を所有しており、1995年7月発行の「日経ビジネス」にアリストに乗っている奥田の様子が掲載されていたことがある。カスタムカーのベース車両としても人気が高く、ドレスアップ目的のVIPカーだけでなくドリフト走行を行うためMTへと換装した車両も存在する。

初代 JZS14#型(1991年-1997年)編集

トヨタ・アリスト(初代)
JZS14#型
フロント
リア
製造国   日本
販売期間 1991年10月 - 1997年8月
設計統括 渡辺浩之(開発責任者)
デザイン イタルデザイン・ジウジアーロ
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 1UZ-FE型 3,968cc V型8気筒
2JZ-GTE型 2,997cc 直列6気筒
2JZ-GE型 2,997cc 直列6気筒
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
最高出力 280PS/5,600rpm
最大トルク 44kgfm/3,600rpm
全長 4,865mm
全幅 1,795mm
全高 1,405mm
ホイールベース 2,780mm
車両重量 1,580-1,740kg
姉妹車 トヨタ・クラウンマジェスタ(初代)
別名 レクサス・GS(初代)(海外)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1991年10月発売。同時期に発売されたクラウンマジェスタとはシャシー、メカニズム等を共有する姉妹関係にあり、ボディデザインはイタルデザインにてジャガー・XJ40とプロトモデルのジャガー・ケンジントンをベースに制作され、トヨタのテイストに合わせ量産向けにリファインしたものが採用された[3]。クラウンマジェスタが4ドアピラードハードトップだった反面、アリストはプレスドアを持つ4ドアセダン。キャッチコピーは初期が「創世・アリスト」、1993年1月以降は「走りを忘れた大人たちへ。」[4]

ツインターボの2JZ-GTE型(280PS)の「3.0V」、NAの2JZ-GE型(230PS)の「3.0Q」(いずれも直6 3.0L DOHCエンジンを搭載)と、途中からセルシオに搭載されていた1UZ-FE型V8・4.0L DOHCエンジンを搭載する4WDモデル「4.0Z i-Four」が追加され3グレードになった。

1992年10月 4WDモデル「4.0Z i-Four」とラグュジュアリー志向のNAモデル「3.0Q-L」を新ラインアップする。

1993年より北米でもレクサスブランドから日本仕様の「3.0Q」をレクサス「GS300」として販売開始。

1993年8月に塗装に改良を加え、塗膜内部の結合力を強め化学安定性を向上させた。

1994年8月にマイナーチェンジを行い、フロントグリル、リアバンパー、リアコンビネーションランプ等を変更。グレードは、3Lツインターボ搭載の「3.0V」、3L「3.0Q」、4WDモデルは「4.0Z i-Four」の計3タイプ。それに3.0Vは装備をシンプルにした「Sパッケージ」、3.0Qには高級装備をセットにした「Lパッケージ」が選べる。

1995年8月に安全装備の充実を図り、ABS、運転席助手席デュアルエアバッグプリテンショナー付きシートベルトを全車標準とした。また、スポーティ装備を施した特別仕様車「3.0Qリミテッド」も同時発売。

1996年7月にも改良を行い、エンジンのVVT-i化やヘッドランプウインカーフロントグリルのデザイン変更を行い、内装は木目調パネル部分を拡大している。チャイルドシート固定機構付きリアシートベルトも全車標準とした。3.0V、3.0Qに特別仕様車リミテッドモデルも同時発売。

1997年7月[5]に生産終了。在庫対応分のみの販売となる。

1997年8月に2代目と入れ替わる形で販売終了。

生産台数:6万9010台

グレード構成編集

  • 3.0V
  • 3.0Q
  • 4.0 Zi-Four
  • 3.0Qリミテッド(ユーロチューンドサスペンション 1995年8月追加)
  • 3.0Vリミテッド

2代目 JZS16#型(1997年-2005年)編集

トヨタ・アリスト(2代目)
JZS16#型
フロント
リア
製造国   日本
販売期間 1997年8月 - 2005年8月
設計統括 中川泰(第1開発センター チーフエンジニア)
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 2JZ-GTE型 2,997cc 直列6気筒
2JZ-GE型 2,997cc 直列6気筒
駆動方式 後輪駆動
最高出力 280PS/5,600rpm
230PS/6,000rpm
最大トルク 46.0kgfm/3,600rpm
31.0kgm/4,000rpm
変速機 4速/5速AT
全長 4,805mm
全幅 1,800mm
全高 1,435mm
ホイールベース 2,800mm
車両重量 1,600-1,680kg
別名 レクサス・GS(2代目)(海外)
後継 レクサス・GS(3代目)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1997年8月発売。クラウンマジェスタとの姉妹車関係を絶ち、新規のプラットフォームを使うようになった。このプラットフォームはその後トヨタのFRセダンの基本仕様となった。初代から一転して社内デザインとなったが、楕円をモチーフとしたデザインは先代から引き継がれた。また、重量配分をフロント53:リア47と理想的な重量配分としている。テレビCMに採用された曲は鈴木友彦が担当。

日本国内モデルは、初代にあったV8エンジンのグレードがなくなり、ツインターボの2JZ-GTE型(280PS)の「V300」、NAの2JZ-GE型(230PS)の「S300」(いずれも直列6気筒3.0L DOHC VVT-iエンジンを搭載)のみになった。また、アメリカ専売モデルでは、初代同様にターボエンジン搭載車の投入はなく、2JZ-GE型直列6気筒エンジン搭載車「GS300」に加え、1UZ-FE型V8エンジン搭載車「GS400」(後に3UZ-FE型に変更し「GS430」を名乗る)の販売で差異を付けていた。

1998年8月 ボディカラーにブルーマイカを追加。

1999年8月に一部改良。オプション設定のEMV(エレクトロマルチビジョン)がDVD-ROMタイプにグレードアップ。さらにボディカラーでは、ホワイトパールマイカからホワイトパールクリスタルシャインへ変更された。

2000年7月にマイナーチェンジを行い、フロント・リアの意匠変更、エンジンイモビライザーを標準装備、NAのS300のATミッションが5速化されるなどの変更が行われた。

2001年8月に一部改良。パワーウィンドウに挟み込み防止機能を追加。同時にアリストの生誕10周年を記念し、専用17インチアルミホイール、専用本皮シート、専用本木目ドア&コンソールパネルなどを装備した特別仕様車「10th Anniversary Edition」を「V300/S300」にそれぞれ設定した。

2002年8月 ボディーカラーのレッドマイカを廃止。

2004年12月[6]をもって生産終了、しばらくは在庫対応分のみの販売となったが、先述の通り2005年8月をもって販売終了となった。

形式名がJZS160系となっているため、10代目クラウンはS15#型だったが、1999年にフルモデルチェンジの際、11代目クラウンはS17#型となった。

このモデルを最後にアリストとしての販売は終了し、14年の歴史に幕を閉じた。次期型からは日本でもレクサスGSとして2020年まで販売された。また、それまでアリストが担っていたネッツ店の最上級車種のポジションはアルファードV(現・ヴェルファイア)となっている。

グレード構成編集

  • V300(ベース車)
  • S300(ベース車)
  • VERTEX EDITION(内装色を黒に統一・17インチ専用メッキアルミ・トランクスポイラー)
  • WALNUT PACKAGE(2000年7月に追加されたラグジュアリーグレード。S300のみ)
  • V300 TTEバージョン(紺色及び金色が選択できた限定180台の特別仕様車
  • V300/S300 10th Anniversary Edition (2001年8月から12月期間限定で販売)
  • VA300TOM'S (2000年11月200台限定でビスタ店で販売)
  • VA300TOM'S G (2002年8月から2003年3月期間限定でビスタ店で販売されたトムス仕様の特別稀少車で、生産台数が少ないアリストの最上モデル)
  • V300TOM'S VERSION (2002年8月から2003年3月期間限定でネッツ店で販売)

車名の由来編集

脚注編集

注釈編集

[脚注の使い方]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ターボモデルの3.0V(前期)が静岡県警高速隊に白黒パトカーとして納入され運用されていた(トヨタ・クラウントヨタ・マークIIトヨタ・チェイサートヨタ・クレスタトヨタ・ヴェロッサに採用事例あり)。
  2. ^ 2JZ-GTEを搭載している車は2代目スープラとこのアリストのみ
  3. ^ 1991年 トヨタ アリスト 3.0V - GAZOO.com / トヨタ アリスト - All About
  4. ^ このCMキャッチコピーはハイパワーサルーンから4座重視思想のエレガントプレステージサルーンにフルモデルチェンジしたシーマFY32型と走りの最高級パーソナルクーペレパードF31型からエレガンスを表現した新高級パーソナルセダンにフルモデルチェンジしたレパードJ.フェリーの2車種(いずれも博報堂扱い)に対して、批判的な広告展開する電通ならではの考えとも思われる。
  5. ^ アリスト(トヨタ)1991年10月~1997年8月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (20201-11). 2020年1月11日閲覧。
  6. ^ アリスト(1997年8月~2004年12月)”. トヨタ自動車株式会社 (2020年1月11日). 2020年1月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集