トラック輸送振興議員連盟

トラック輸送振興議員連盟(トラックゆそうしんこうぎいんれんめい)は、自由民主党国会議員による政策議員連盟。初代会長は江藤隆美2002年3月に結成された。

概要編集

トラック事業の発展を目指す自由民主党の国会議員(設立時、衆議院議員160名、参議院議員56名)によって結成された。 安全対策(設立時座長・亀井善之)、道路問題(設立時座長・古賀誠)、環境問題(設立時座長・中馬弘毅)を取り扱う3つのワーキングチームよりなり

  • トラック運送事業の活性化
  • 適正な競争条件の整備などを図る為、物流2法の見直し
  • 架装減トン車問題への対応としての中間免許制度創設
  • 重量車の通行規制緩和など物流効率化を進めるための施策の実現
  • 環境対策の充実
  • トラックによる交通事故を減少させるための安全対策の確立
  • 軽油引取税をはじめとする自動車関係諸税の見直し
  • 高速道路料金のあり方

などについて提言を行うことを目的とした[1]

道路特定財源の一般財源化するのであれば軽油引取税をはじめとする自動車関係諸税の見直しをすべきであると主張している[2]

メンバー編集

元メンバー編集

脚注編集

  1. ^ カーゴニュース3149号カーゴニュース社
  2. ^ カーゴニュース3149号カーゴニュース社

関連項目編集