メインメニューを開く

西村 明宏(にしむら あきひろ、1960年7月16日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)。福岡県北九州市出身。

西村 明宏
にしむら あきひろ
Nishimura Akihiro (2019).png
内閣官房副長官時
生年月日 (1960-07-16) 1960年7月16日(59歳)
出生地 日本の旗 福岡県北九州市
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
早稲田大学大学院政治学研究科修了
前職 衆議院議員政策秘書
所属政党 自由民主党細田派
称号 政治学修士
公式サイト 西村あきひろ オフィシャルウェブサイト

選挙区 宮城3区
当選回数 5回
在任期間 2003年11月9日 - 2009年7月21日
2012年12月16日 - 現職

日本の旗 内閣官房副長官
(政務担当)
内閣 第4次安倍再改造内閣
在任期間 2019年9月11日 - 現職
テンプレートを表示

国土交通副大臣内閣府副大臣復興副大臣第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)、内閣府大臣政務官第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、衆議院国土交通委員長を歴任。

父は書家の西村天峰(にしむら てんぽう、本名:西村 明(にしむら あきら)、1930年 - 2011年8月7日[1]

経歴編集

福岡県立小倉高等学校を経て[2]早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。同大学院政治学研究科修了[3]

大学の先輩である三塚博衆議院議員の政策秘書などを務め[4]、後継指名を受けて2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙自由民主党公認で宮城3区から出馬し、初当選。2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙で再選。

2007年9月第1次安倍内閣内閣府大臣政務官に任命された。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では、公明党の推薦も受けたが[5]比例復活も出来ずに落選した。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙で自民党から宮城3区に出馬し、3選。国政に復帰する。

2014年9月4日第2次安倍改造内閣国土交通副大臣復興副大臣に任命され[6]翌月3日、兼ねて内閣府副大臣に任命された[7]。2014年12月14日第47回衆議院議員総選挙で自民党から宮城3区に出馬し、4選。

2017年8月、衆議院国土交通委員長に就任[8]。同年10月22日第48回衆議院議員総選挙野党の新人2人相手に完勝し、5選。

2018年10月、自民党経済産業部会長に就任[9]

2019年9月、第4次安倍再改造内閣内閣官房副長官に任命された。[10]

政策・主張編集

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ 訃報: 西村天峰さん 81歳=書家、西村明宏・元衆院議員の父/福岡 - 毎日jp(毎日新聞)
  2. ^ 明陵同窓会”. 2019年4月6日閲覧。
  3. ^ プロフィール
  4. ^ 宮城3区 主な候補者の横顔
  5. ^ 公明、比例15人を公認…自民128人も追加推薦 読売新聞 2009年8月6日
  6. ^ 『官報』 平成26年(2014年)9月9日 本紙第6371号 p. 7
  7. ^ 『官報』 平成26年10月7日 本紙第6389号 p. 9
  8. ^ 自民、衆院委員長ら了承 森英介憲法審査会長は続投産経ニュース
  9. ^ 小泉進次郎氏、自民厚労部会長に
  10. ^ 第4次安倍第2次改造内閣 閣僚等名簿” (日本語). 首相官邸ホームページ. 2019年9月17日閲覧。
  11. ^ 理事・会員リスト パチンコチェーンストア協会
  12. ^ a b 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  13. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  14. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  15. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目編集

外部リンク編集