メインメニューを開く

トリプル捜査線』(トリプルそうさせん)は、1973年に、フジテレビ系列で放送されていた刑事ドラマである。

トリプル捜査線
ジャンル 刑事ドラマ
脚本 山浦弘靖石松愛弘白坂依志夫工藤裕弘下飯坂菊馬加瀬高之
監督 瀬川昌治土井茂富本壮吉国原俊明井上昭井上芳夫田中重雄
出演者 大和田伸也
ビーバー
川津祐介
長門勇
草刈正雄
黒沢年男
オープニング 大塚たけし風は知らない
制作 フジテレビ大映テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年7月9日 - 1973年9月24日
放送時間 月曜20:00 - 20:56
放送枠 フジテレビ月曜8時枠の連続ドラマ
放送分 56分
回数 12

目次

概要編集

同じ刑事である双子の兄弟と、同居している元スケバン婦警の3人が織り成す人間模様を、東京の下町を舞台として描く[1]。主人公の大山一郎・二郎の兄弟は双生児であることをフルに利用して犯人とその一味を混乱させて事件の核心に迫っていくという流れのストーリー[2]。なお、一郎と二郎二人一組でのアクションシーンをする時の策として、一般公募で主演の大和田伸也のそっくりさんとして小島茂が選ばれ、大和田と同時にアクションをする時に起用された[1][3]。 

スケバンの星川花子は、野宿しようとしたところで死体遺棄現場を目撃、花子はその犯人に気付かれたことで犯人たちに命を狙われるようになり、刑事の大山一郎・二郎兄弟のアパートに保護される。無事事件は解決され、花子は一郎と二郎の手助けをしているうちに婦警になりたいと懇願する[1][3][4]

放送時間編集

毎週月曜日 20:00 - 20:56

放送期間編集

1973年7月9日 - 9月24日(全12話)

出演編集

スタッフ編集

主題歌編集

サブタイトル編集

※カッコ内は役名

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1973年7月9日 ポンコツ車の中で死美人 山浦弘靖 瀬川昌治 宍戸錠久富惟晴
2 7月16日 恐怖の盆踊り殺人事件 土井茂 森本レオ(清司)、水原真記(亜紀)、あのねのね(学生)
3 7月23日 パンダにさらわれた少年 石松愛弘 富本壮吉 長谷川哲夫(岡島)、葉山葉子(君子)、山下雄大(岡島勉)、小池栄(谷田)、
此島愛子(清美)、渥美国泰(支店長)
4 7月30日 怪談・結婚の夜に花嫁が消える 山浦弘靖 国原俊明 河原崎建三(忠、幸治 ※二役)、大塚道子(由江)、和田恵利子(圭子)
5 8月6日 人気歌手・ギャング団の襲撃 白坂依志夫 井上昭 奈美悦子(玲子)、矢野間啓二(六雄)、伊藤高(勉)、林ゆたか(明)、
幾野道子(さわ)、山内正子(まり子)、大泉滉(西村)
6 8月13日 夏休みに誘拐された少女 工藤裕弘 土井茂 吉行和子(時子)、田代真由美(真弓)、浦辺粂子(波)、
和崎俊哉(景浦正)、柴田昌宏(江堀卓次)、荒砂ゆき(由美)、深沢英子(可南子)
7 8月20日 必殺花火ダイナミック作戦 瀬川昌治 小松方正(足立長之助)、曽我町子(足立房江)、池田弘美(足立ユリ子)、太宰久雄(丸井八太郎)、
茶川一郎(花火屋清吉)、蟹江敬三
8 8月27日 赤ん坊に会いに来る殺人者 下飯坂菊馬 尾藤イサオ笈田敏子酒井修今井健二
北林早苗上野山功一
9 9月3日 結婚式から誘拐された花嫁 石松愛弘 土井茂 川口恒(浩二)、珠めぐみ(順子)、木村元(小山)、
藤木敬士(石田)、江角英明(栄市)
10 9月10日 復讐鬼・白昼の大脱走 工藤裕弘 井上芳夫 中尾彬(白石敏彦)、中川加奈(可奈子)、宗田政美(新子)、大門正明(池田刑事)
11 9月17日 予告爆弾魔の挑戦 加瀬高之 田中重雄 鈴木瑞穂(早見社長)、光川環世(ゆかり)、北島マヤ(沢田典子)、桜井浩子(山下由紀江)、
会田由来(林崎由美子)、小林トシエ(金子令子)
12 9月24日 宝石泥棒に追いつ追われつ 土井茂 木の実ナナ(木谷英子、木谷京子 ※二役)、津川雅彦(源次)、田武謙三(周三)、
瞳麗子(花村ユリ)、西本裕行(宝石店支配人)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 京都新聞 1973年7月9日夕刊 14面(テレビ欄)での本作の紹介記事より。
  2. ^ 朝日新聞 1973年7月9日 テレビ欄での本作の紹介記事より。
  3. ^ a b 毎日新聞 1973年7月9日 テレビ欄での本作の紹介記事より。
  4. ^ 週刊TVガイド 1973年7月13日号、「7月9日」内の本作の紹介記事より。
フジテレビ 月曜20時台
前番組 番組名 次番組
トリプル捜査線
あした天気に
(20:00-20:55)
FNNニュース
(20:55 - 21:00)