メインメニューを開く

サンダーランド・アソシエーション・フットボール・クラブ(Sunderland Association Football Club、イギリス英語発音: [ˈsʌndərlənd] ( 音声ファイル)地元では [ˈsʊndlən])は、イングランド北東部・タイン・アンド・ウィアサンダーランドをホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(フットボールリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。愛称はブラック・キャッツ(Black Cats)。

サンダーランドAFC
原語表記 Sunderland Association Football Club
愛称 "The Black Cats"(ブラック・キャッツ)、SAFC
クラブカラー     赤(レッド)
    白(ホワイト)
    黒(ブラック)
創設年 1879年
所属リーグ フットボールリーグ
所属ディビジョン フットボールリーグ1
ホームタウン サンダーランド
ホームスタジアム Stadium of light Haway the lads.jpgスタジアム・オブ・ライト
収容人数 49,000
代表者 イングランドの旗 スチュワート・ドナルド英語版
監督 スコットランドの旗 ジャック・ロス
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

ホームスタジアムはサンダーランドスタジアム・オブ・ライト(収容人員49,000人)。現在はフットボールリーグ1(3部)に所属しているが、第二次世界大戦前に6度のリーグ優勝(1892、1893、1895、1902、1913年)を果たしている。

1890年にフットボールリーグに加盟し、1888年のリーグ設立以降の初めての加盟クラブとなった。加盟から1958年までトップディビジョンに所属し、1992年にアーセナルに破られるまで一番長く連続してトップディビジョンに在籍したクラブであった。クラブカラーはで、1936年に縦縞模様のユニフォームを着て優勝した最後のクラブである。初めてFAカップを制したのは1937年で、第二次大戦後にも1973年にFAカップを制した。

同じタイン・アンド・ウィア州に本拠地を置くニューカッスル・ユナイテッドとは長年のライバル関係にあり、1898年から続く両者の対戦は「タイン・ウェア・ダービー」と呼ばれる。

歴史編集

創設編集

1879年10月17日、サンダーランドで学校の教師をしていたグラスゴー生まれのジェームズ・アランが、「サンダーランド地区教員サッカークラブ(Sunderland and District Teachers Association Football Club)」として設立した。翌年(1880年)、10月16日に名称を「サンダーランド教員サッカークラブ(Sunderland Teachers Association football Club)」に変更し、その後クラブの財政難を緩和させるため、教員以外からも広くメンバーを募ったことで「サンダーランドAFC」に改編された。

1900年代編集

サンダーランドは1890-91シーズンにフットボールリーグに加盟すると、加盟後の活躍からリーグ創設者のウィリアム・マグレガーに「素晴らしいタレントを揃えたチームだ」と賞賛される。1892年から1902年の間に、リーグ優勝3回・準優勝3回と好成績を残した。1913年には11年ぶりのリーグ優勝を果たしたが、FAカップではアストン・ヴィラに1-0で敗北しダブルは逃した。

1935-36シーズンに6度目のリーグ優勝。初のFAカップを獲得したのは1937年で、決勝でプレストン・ノースエンドを3-1で破り優勝を飾った。

 
1937年のFAカップ優勝

第二次世界大戦後、クラブの財政が著しく悪化する。会長と3人の役員が財政面の不正を犯して1957年に辞任し、5000万ポンドという前例のない罰金を受けた。そのせいもあり1957-58シーズンは22クラブ中21位に終わり、フットボールリーグ加盟後68年目にして初めて降格を経験した。

1973年、サンダーランドは2部に在籍しながらFAカップ決勝に進出すると、決勝でリーズ・ユナイテッドを1-0で破り2度目のFAカップ優勝を果たした。サンダーランドの優勝以降、トップディビジョンに在籍していないチームがFAカップで優勝したのは1976年のサウサンプトンのみである。1985年には初めてリーグカップの決勝に進出したが、ノリッジに1-0で敗れ優勝を逃した。リーグカップの決勝に進出したのはこの1度のみである(2018年現在)。

1986-87シーズンは22クラブ中20位に終わって3部に降格したが、翌シーズンに優勝し、1シーズンで2部復帰を果たす。1992年には、再び2部に在籍しながらFAカップの決勝に進出したが、決勝でリヴァプールに2-0で敗れ、1973年の再現とはならなかった。

1997年、サンダーランドは99年間使用したロッカー・パークからスタジアム・オブ・ライトに本拠地を移した。スタジアムの収容人数が30,000人から42,000人に増加したことでクラブの財政状況も好転し、1999年、当時の最多記録となる勝ち点105を獲得して2部優勝を果たし、1部に復帰した。

 
スタジアム・オブ・ライト

2000年代編集

2000年代前半、サンダーランドは1部と2部の往復を繰り返すこととなる。プレミアリーグ(1部)復帰後の1999-00、2000-01シーズンでは2シーズン連続で7位に入ったが、2003年に当時の最少リーグ記録となる勝ち点19で最下位に終わると、再び2部に降格。ミック・マッカーシーの下で2005年に2部で優勝し、1年でプレミアリーグに復帰できたものの、翌年には再び最少記録を更新する勝ち点15で2部に降格した。

2006年7月、ナイアル・クインを代表とするドラマビル・コンソーシアムがサンダーランドを買収し、クインが会長に就任した。開幕直後はクインが監督も兼任したが、2部で開幕から4連敗を喫すなど中々勝利することができなかったため、同年8月に現役引退直後からオファーしていたロイ・キーンが監督に就任した。キーンはチームを建て直し、チームは27勝7分12敗の勝ち点88で2部を優勝。バーミンガム・シティと共にプレミアリーグ復帰を果たした。

2007-08シーズン、プレミア復帰後初めて迎えた試合はホームのトッテナム・ホットスパー戦で、試合は後半ロスタイムのマイケル・チョプラのゴールで1-0で勝利した。しかし2008年12月4日、その後の成績不振の責任を取りロイ・キーンは辞任。残りのシーズンはリッキー・スブラジアが暫定的に指揮を執ることとなった。

2009-10シーズンにスティーヴ・ブルースが監督に就任したが、2011年11月30日に成績不振で解任。マーティン・オニールが新監督に就任したほか、2013年10月8日にはグスタボ・ポジェが新監督に就任した。2016-17シーズンからはデイヴィッド・モイーズが監督に就任したが、昨シーズン17位の不調を引きずり、降格圏から脱出することができなかった。2017年4月29日のボーンマス戦で0-1で敗れたことにより、10年ぶりにプレミアリーグからの降格が決まった[1]

10年ぶりの2部で迎えた2017-2018シーズン、降格に伴い主力が流出したことと前シーズンからの不振を引きずり、最初の14試合でわずか1勝という体たらくで2017年10月にサイモン・グレイソン監督は解任された。浮上に望みを賭けて元ウェールズ代表監督のクリス・コールマンが後任監督に就任したものの、浮上のきっかけを掴めずシーズンの大半を降格圏で過ごし、2018年4月21日に行われた第44節、残留の直接のライバルであったバートン・アルビオンに敗れて降格圏の22位以下が確定した。最終的にリーグ最下位でシーズンを終え、昇格はおろかまさかのフットボールリーグ1(3部)降格となってしまった。3部への降格は1987-1988シーズン以来、実に30年ぶりであった[2]

2018年4月、イーストリーFCでオーナーを務めるスチュワート・ドナルド英語版が率いるコンソーシアムへクラブは売却された[3]

ユニフォーム編集

栄光と伝統の赤白ストライプは、サンダーランドAFCの象徴である[4]。設立当初は青のユニフォームを着てプレーしていたが、その後赤と白のハーフに変わり、1887年に現在の赤と白のストライプ模様になった。

2007-08シーズンのアウェーユニフォームはシャツ、パンツ、ソックスすべて白で、これは1898年から変わっていない。2007-08から2011-12シーズンまでのユニフォームサプライヤーはアンブロで、2012-13シーズンからのユニフォームサプライヤーはアディダスである。

 
愛称にもなっているブラック・キャッツ(Black Cats)は、赤と白のストライプとともにクラブのエンブレムを構成する。

タイトル編集

国内タイトル編集

国際タイトル編集

なし

過去の成績編集

シーズン ディビジョン FAカップ リーグ
カップ
欧州カップ / その他 最多得点者
リーグ 順位 選手 得点
1988-89 ディビジョン2 46 16 15 15 60 60 63 11位 3回戦敗退 2回戦敗退 フルメンバーズ
カップ
2回戦敗退 マルコ・ガッビアディーニ 18
1989-90 46 20 14 12 70 64 74 6位 3回戦敗退 準々決勝敗退 フルメンバーズ
カップ
1回戦敗退 マルコ・ガッビアディーニ 21
1990-91 ディビジョン1 38 8 10 20 38 60 34 19位 3回戦敗退 3回戦敗退 フルメンバーズ
カップ
準々決勝敗退 マルコ・ガッビアディーニ 9
1991-92 ディビジョン2 46 14 11 21 61 65 53 18位 準優勝 2回戦敗退 ドン・グッドマン 11
1992-93 ディビジョン1 46 13 11 22 50 64 50 21位 4回戦敗退 1回戦敗退 アングロ=
イタリアン・カップ
GL敗退 ドン・グッドマン 16
1993-94 46 19 8 19 54 57 65 12位 4回戦敗退 3回戦敗退 アングロ=
イタリアン・カップ
GL敗退 フィル・グレイ 14
1994-95 46 12 18 16 41 45 54 20位 4回戦敗退 2回戦敗退 フィル・グレイ 12
1995-96 46 22 17 7 59 33 83 1位 3回戦敗退 2回戦敗退 クレイグ・ラッセル 13
1996-97 プレミア 38 10 10 18 35 53 40 18位 3回戦敗退 3回戦敗退 クレイグ・ラッセル
ポール・ステュアート
4
1997-98 ディビジョン1 46 26 12 8 86 50 90 3位 4回戦敗退 3回戦敗退 ケヴィン・フィリップス 29
1998-99 46 31 12 3 91 28 105 1位 4回戦敗退 準決勝敗退 ケヴィン・フィリップス 23
1999-00 プレミア 38 16 10 12 57 56 58 7位 4回戦敗退 3回戦敗退 ケヴィン・フィリップス 30
2000-01 38 14 12 11 46 41 57 7位 5回戦敗退 準々決勝敗退 ケヴィン・フィリップス 14
2001-02 38 10 10 18 29 51 40 17位 3回戦敗退 2回戦敗退 ケヴィン・フィリップス 11
2002-03 38 4 7 27 21 65 19 20位 5回戦敗退 4回戦敗退 ケヴィン・フィリップス 6
2003-04 ディビジョン1 46 22 13 11 62 45 79 3位 準決勝敗退 2回戦敗退 マーカス・スチュワート 14
2004-05 チャンピオン 46 29 7 10 76 41 94 1位 4回戦敗退 2回戦敗退 マーカス・スチュワート 16
2005-06 プレミア 38 3 6 29 26 69 15 20位 4回戦敗退 3回戦敗退 リアム・ローレンス
アントニー・ル・タレク
トミー・ミラー
ディーン・ホワイトヘッド
3
2006-07 チャンピオン 46 27 7 12 76 47 88 1位 3回戦敗退 1回戦敗退 デヴィッド・コノリー 13
2007-08 プレミア 38 11 6 21 36 59 39 15位 3回戦敗退 2回戦敗退 ケンワイン・ジョーンズ 7
2008-09 38 9 9 20 34 54 36 16位 4回戦敗退 4回戦敗退 ジブリル・シセ
ケンワイン・ジョーンズ
10
2009-10 38 11 11 16 48 56 44 13位 4回戦敗退 4回戦敗退 ダレン・ベント 25
2010-11 38 12 11 15 45 56 47 10位 3回戦敗退 3回戦敗退 アサモア・ギャン 10
2011-12 38 11 12 15 45 46 45 13位 準々決勝敗退 2回戦敗退 ニクラス・ベントナー 8
2012-13 38 9 12 17 41 54 39 17位 3回戦敗退 4回戦敗退 スティーヴン・フレッチャー 11
2013-14 38 10 8 20 41 60 38 14位 準々決勝敗退 準優勝 アダム・ジョンソン 8
2014-15 38 7 17 14 31 53 38 17位 5回戦敗退 3回戦敗退 スティーヴン・フレッチャー
コナー・ウィッカム
5
2015-16 38 9 12 17 48 62 39 17位 3回戦敗退 3回戦敗退 ジャーメイン・デフォー 15
2016-17 38 6 6 26 29 69 24 20位 3回戦敗退 4回戦敗退 ジャーメイン・デフォー 15
2017-18 チャンピオン 46 7 16 23 52 80 37 24位 3回戦敗退 3回戦敗退 ルイス・グラバン 12
2018-19 リーグ1 46 20 12 14 71 62 72 5位 2回戦敗退 1回戦敗退 EFLトロフィー 準優勝 ジョシュ・マジャ 16
2019-20 46 EFLトロフィー

現所属メンバー編集

2017-18シーズンフォーメーション

 


2019年8月15日現在[5]
No. Pos. 選手名
1   GK ジョン・マクラフリン
2   DF コナー・マクラフリン
4   DF ジョーダン・ウィリス
5   DF アリム・エズテュルク
6   MF マックス・パワー
7   MF クリス・マグワイア
8   MF ディラン・マゲーチ
9   FW チャーリー・ワイク
10   FW マーク・マクナルティ
11   MF リンデン・グーチ
12   DF トム・フラナガン
13   MF ルーク・オナイエン
No. Pos. 選手名
14   FW ダンカン・ワトモア
15   DF ジャック・ボールドウィン
16   GK リー・バージ
17   MF エリオット・エンブルトン
18   MF ジョージ・ドブソン
19   MF エイダン・マクギーディ
21   MF イーサン・ロブソン
22   FW ウィル・グリッグ
23   MF グラント・レッドビター
24   DF グレン・ローフェンス
33   DF デンヴァー・ヒューム
監督

ローン移籍選手編集

in
No. Pos. 選手名
10   FW マーク・マクナルティ (レディング)
out
No. Pos. 選手名

歴代所属選手編集

GK
DF
MF

歴代監督編集

脚注編集

  1. ^ [1]エキサイトニュース サンダーランドが10年ぶり降格決定 2017年4月30日
  2. ^ [2]フットボールチャンネル プレミアリーグ「常連」から急転落…サンダーランドが2年連続降格で3部へ 2018年4月22日
  3. ^ Sunderland: Stewart Donald completes takeover from Ellis Short”. BBCスポーツ (2018年5月21日). 2019年8月14日閲覧。
  4. ^ 「2010-2011世界サッカー選手名鑑」p54(学研パブリッシング)ISBN 978-4-05-606112-3
  5. ^ 1st Team”. サンダーランドAFC. 2019年8月15日閲覧。

外部リンク編集

公式
ニュース
その他