ナンパは、男性が主に初対面の女性を口説いて誘ったり、連絡先を交換しようとする行為[1][2][3][4][5][6]

ナンパは路上、海、ディスコ(いわゆるクラブ)、店内・施設内、マッチングアプリなどで行われる。女性が見ても、清潔感と女性慣れ・トーク力もある魅力的と感じる男性・イケメンと思われているナンパ男性の場合は、体の関係を持つことだけを目的とする体目的のヤリモク男性が多いが、魅力的又はイケメン男性も本命ナンパすることもあるために100%ではない[7][3][5]。ナンパ男性は落とした女性のレベルが高くなるにつれ、将来を考えられる女性に行く傾向がみられる[3]。最初は遊び目的(ヤリモク)でナンパしたのに本気に好きになるパターン、初めて見た時から一目惚れで本命として声かけたパターンもあるにはあり[5]、本命ナンパの場合は芸能人でもナンパから結婚例もある[8]

逆に女性側が、付き合いたい、肉体関係になりたいがために自身のタイプの男性に声をかけたりことを逆ナンと言う[9][10][11][12][13][14]。そして、非イケメン男性がされた場合、詐欺など嘘の場合が高い[15][16][17]。男女は肉体関係を持つかの思考が異なり、エイズ禍前のナンパ実験で、逆ナンによる女性からのデートの誘いを断った男子学生の4割(実験対象の男子学生服全体の7割)は、同じ女性による逆ナンによるセックスの誘いにはOKしたことから判明している[18]

英語圏では、「(異性を)拾う行為」という意味から、「pick up」と呼ぶ。日本語圏以外で「nanpa」で通じる国もある。

概要編集

軽薄な印象があるため忌避されることもあるが、「ナンパ行為」は出会いの一つの方法として古くから用いられている。一般には繁華街の路上、観光地ディスコ(いわゆるクラブ)、ゲームセンターなどで行われることが多く、1980年代後半からバブル景気の頃には、ディスコがその実践の場として首都圏に住む若者の一部に流行した。

昔から路上ナンパ場所として、渋谷新宿池袋で、関西では戎橋(心斎橋道頓堀)が有名。

由来編集

由来硬派対義語で、自己の容姿を気遣いながら、女性と肉体関係を結ぶことを好む態度の男性を意味する軟派(なんぱ)。軟派な男性(≠ナンパ男性)はその他の男性と比較すると、浮気しがちながらも女心が分かるために女性からモテる特徴を持つ[19][2][20]。軟派な男性に対して、頭が固い一般男性は、女性の言動へ自らの正義感と正論を振りかざして諭そうとする傾向もまた非モテである一因となっている[19]。 『日本国語大辞典』によると軟派は明治時代の新語の政治用語で「意見や主張が軟弱な党派」「強硬な意見を主張することのできない者」の意味(用例初出1892年)であったが、これを応用して「新聞・雑誌で、社会面や文芸、またはつや物などの記事を担当する部門やその記者」(初出1901年)、「異性との交遊や、華美な服装を好んでする青少年の一派」(同1909年)の用法が生じたという[21]

戦後以降は「恋愛関係・異性間交友(男女関係)を避ける態度」は「硬派」、その逆の「恋愛にうつつを抜かし、異性を追いかける態度」は「軟派」と呼ばれるが、そこから転じて、「異性に声をかける行為」を指してカタカナ言葉の「ナンパ」と呼ばれるようになった。また、ナンパをしそうな軽薄な人物を指して「ナンパ野郎」と呼ぶ場合もある。かつては「ガールハント」とも言われた。「ひっかける」という言い方もある。非軟派者が行う場合もあるため、「ナンパ」が「軟派」とは一概には言えない。

女性の容姿・ルックスの重要性

容姿の良くない程、異性からナンパやチヤホヤされる経験が少ないため、あまりにもナンパされる経験が無い女性は劣等感を感じる。狭義ではナンパと呼ばれないが広義のナンパ(女性への声掛け・アプローチ)がサークルの説明会・勧誘・飲み会でも行われており、ナンパと同様に「かわいい」子(たち)のたちに群がる。このような疎外経験が、ルックスが良くない女性が、ルッキズムを意識するようになる契機となっている[22]

ナンパ風AV

アダルトビデオAV女優感を嫌うユーザーのニーズに対応するために、AVメーカーが「ナンパから性行為をする過程風に撮影することで、素人女性の性行為等であること又は風な内容を売りにする企画がある(「ナンパ物」※中には土下座ナンパというジャンルもある)。ナンパモノAVは、実際には過去に出演経験があるAV女優がナンパされた素人女性という設定にする演出(ヤラセ)のケースが多い。21世紀に各自治体の迷惑防止条例で公共の場所でアダルトな役務のスカウト行為に関する刑事罰が規定されてからは、アダルト出演を事前に承知していない女性がナンパで出演するケースは少なくなっている。2022年6月にアダルトビデオの出演について契約から1ヶ月は禁止を規定したAV出演被害防止・救済法が成立・施行されたことで、ナンパされた女性がその日の内にAV出演することは同法に抵触することになった。

ネットナンパ

インターネットが普及してからは、従来の路上で行うストリートナンパ(ストナン)だけでなく、出会い系サイトなどのネットサービスを利用したネットナンパ(ネトナン)という形も誕生した[23]。また、ナンパ師の一部にはそのノウハウや自身の達成などをネット上で発表したり、別のナンパ師とネット上で交流したり、コンビナンパの相方を探したりすることがある[24]

ピックアップ・アーティスト(PUA)

アメリカ合衆国においてはナンパをして女性と関係を持つこと自体をゲーム的にとらえて実践するピックアップ・アーティスト英語版(PUA)と呼ばれる者たちが存在する。特に神経言語プログラミングやその他の心理学的なアプローチを組み合わせたナンパ術を考え出してそれを伝授していたロス・ジェフリーズ英語版という人物は1999年に公開されたマグノリアという映画でトム・クルーズが演じたキャラクターのモデルとなったと言われている。

ゲームジャンル・二次元編集

いわゆるギャルゲーの類型の一つに、あちこちうろついて出会った女の子と仲良くなる(深い仲になったらゴール)というパターンがあり、これを「ナンパ系」と呼ぶ場合がある[25]。代表的なのは「TOKYOナンパストリート」「同級生シリーズ」など。

ちなみに「同級生」(PC98版)の場合、インストールするとハードディスク内に「NANPA」というディレクトリを作成してここに収まり、その中のNANPA.batを実行することでゲームを起動することになっていた。高身長のイケメンが手軽な出会いに飽き、ゲーム感覚でナンパを実行する現象もある[26]

また、友人とどちらが成功するかという数を競うゲームを行う者達が存在し、しだいに感情が失われる者が現れている。[27] アーケードゲーム用の脱衣麻雀シリーズ「ハイレートDVDシリーズ」をリリースしていた日本物産も、「ザ・ナンパ」というタイトルのゲームを販売していた。ゲームの内容は四人の女性から一人を決めて麻雀をするというものだった。

調査編集

  • 1994年
    東京・埼玉の公立高校15校の2・3年生2,012名(男子925名、女子1,087名)への調査で、「ナンパをしたことのある男子」のうちセックスまで到達した経験がある比率は30.8%であった[28]。「ナンパをしたことのある男子」のうちナンパした際、相手女性の無反応(無視)率0%の者が18.8%存在している[28]。その一方で、「ナンパをしたことのある男子」のうち相手女性の無反応率75%以上の者が41.6%存在していて、相手女性の無反応率66%以上の者が60.4%存在している[28]
    ナンパされたことのある女子」のうち、「お茶などについていったことがある」は7.8%、「セックスしたことがある」は2.8%であった。女子全体のうち「ナンパされるかもしれないと思ってにぎやかな場所に出かける」かを問われると、「1、2回ある」が15.6%、「何回もある」5.2%、「いつもそう」が0.5%存在していた[28]
  • 2004年
    東京、神奈川、千葉、岐阜の私立大学1年生561名(男子207名、女子296名、不明58名)への調査で、「ナンパをしたことのある男子」のうちセックスまで到達したことのある男子の比率は9.1%であった[29]
    ナンパされたことのある女子」のうち、お茶などについていった比率は2.8%、セックスをした比率は0.7%であった。また、ナンパされ、その場だけ(ワンナイト)でなく、何カ月も付き合ったことがある女子は3.6%であった[29]

容姿の重要性・逆ナン及び詐欺編集

男性の容姿の重要性・成功の可否編集

女性も自身のタイプの男性イケメン男性のナンパに限り、誘いに乗って最終的に肉体関係を結んだり、拒否するとしても喜ぶ。このように女性を魅了した男性のナンパは問題にはならない[30][31][32][33][34][35][36]。逆に、女性が嫌がっているにもかかわらず執拗に付きまとったり、女性が迷惑に感じるような進路妨害している場合には、軽犯罪法あるいは、都道府県単位で制定されている迷惑防止条例に引っかかり、拘留又は科料が課される[37]。 

筋肉男性がタイプである19歳年下の女性へ、40代のムキムキマッチョ男性が海ナンパ成功し、交際へと発展している。女性は好きになった理由について、「体がムキムキなんですよ。そこにガッつきました(笑)」と明かし、歳の差を気にしているかについて、「全然ないです。ムキムキだなって(笑)」と回答している[38]

本命女性へのナンパ成功例・失敗例編集

肉体関係目的でナンパしたのに本気に好きになるパターン、女性を初めて見た時に一目惚れで本命として、ナンパするパターンがある[5]。カップルYoutuberで「なこなこチャンネル」を運営する「こーくん」と「可愛すぎる顔面でバズった美女[39][40]」と後に言われる「なごみ」はナンパをきっかけに交際中である。USJに居た高校時代のなごみにこーくんが一目惚れで声をかけるというナンパをしたことで二人は出会い、その場でツイッターのアカウント交換した。最初は、なごみのDM返信は素っ気なかったが、こーくんの夢を見たことを理由に態度を変えた。それから二人は何度かデートをして、こーくんから電話で告白したが、なごみも同じタイミングで告白しようと思っていたため、相手から告白を言ってくれて嬉しかったと語っている[41]。大人気カップルユーチューバーとなった彼らが[42]、カップルSNSを始めたキッカケは、互いが大学生だった時期にTikTokで「かわいい女の子が振り向く」という動画が流行っているのを見て、こーくんが「なごみがやった方がかわいい!」と思って投稿したら予想通りバズったことからと明かしている[41]。逆に、なごみはこーくんと付き合う前の中学生時代に通っていた学習塾時に同じ塾に通っていたことで知り合った男子生徒からよく話しかけられていた。しかし、最終的にはエレベーターで2人きりになろうとしたり、帰り道に付きまといなどエスカレートしていってストーカー被害受けたこと、「怖いから塾はやめた」こと、「その時は正直めっちゃ怖かったけど今は結構吹っ切れて話せる感じのことも多いから」と明かしている[39]

ナンパから結婚例編集

ナンパを「体目的でしょ」と思う女性は多く、実際その通りで“お持ち帰り”を目的にナンパする男性が多いが、本命彼女・結婚相手として声をかける「本命ナンパ」の場合もある[7]。「ナンパから結婚」例として、千原ジュニア鈴木亜美アレクサンダー川崎希坂口憲二などは公言している[8][7]。鈴木は7歳年下の男性と結婚したが、出会いの場所が年末年始の休暇中に友達と行っていたシンガポール旅行でだったことが明かし、出会いのきっかけについて「ナンパです。ナンパされました」と告白している。夫となる男性はナンパしたのが鈴木亜美であることを知らず、ナンパされた鈴木は「すごい優しい声で悪くない」と印象を述べ、その旅行の帰国前に告白されて交際をスタートしたと語っている[43]

逆ナンパ(逆ナン)編集

ナンパは男性が女性を誘うことを意味する場合が多いが、女性から、自身のタイプやイケメン男性を誘う逆ナンパ(略して逆ナンと呼ばれる)も存在する[9][10][11][44][12][45][13][14]

男女の違い

エイズ禍前の1978年アメリカ合衆国のフロリダの州立大学のキャンパス内で、(1)今晩、どこかに出かけない?(デート) (2)今晩、僕(私)の部屋に来ない?(アパート) (3)今晩、いっしょにベッドで過ごさない?(ベッド)と大学生らへ声掛けするナンパ実験が行われた[18]清潔感のある若いフツメン男を使った場合、当日夜デートの誘いである(1)に56%の女子大学生がのっている。ただし、実験内では弱いセックス打診である(2)の提案を受けれた割合が6%、強いセックス打診である(3)の成功率は0%であった。逆に、清潔感のあるフツメン女性による逆ナンでデートの誘いを断った男子大学生の4割(調査対象全体の75%)は、セックス誘いにはOKする結果が実験から判明している。男性は逆ナンにおける当日夜への逆デート打診である(1)へのOK率は50%なのに対して、弱い逆セックス打診である逆家打診である(2)へのOK率69%、強い逆セックス打診である(3)へのOK率75%と、女性とは逆でセックスの確定度があがる誘いの逆ナンほどOK率が増えている。このことから女性とは異なり、男性はデートはしたくない異性とでもセックスは一度はしたがることが分かっている。[18]

逆ナン詐欺・嘘例編集

非イケメン男性への逆ナンの場合は詐欺であり、ぼったくりの店(ぼったくりバー)に連れて行かれたり、美人局だったりなどの金銭目的、企画など別の目的がある[15][16][17]。特にマッチングアプリや出会い系サイトでマッチングした女性からぼったくりバーに連れて行かれる男性の被害が絶えない。被害額は数万円から数十万円が多く、財布の現金が足りなければATM支払い、又は身分証明書のコピーを取られて後日支払いの約束、退店後に女性とは連絡が取れなくなるなどやり口は同じである[46]

ケンドーコバヤシはシンガポール旅行中にシンガポール在住の日本人女子3人組から「逆ナン」された。ケンコバは「やった!」「旅先でいいことあるかもしれない」と喜んで4人で食事に行っている。そして、 「地元なんで場所用意します」って言われたので任せたらプールのあるホテルの屋上貸し切りで感激したが「マグナムボトルシャンパンとかバンバン頼んで。結局、80万払わされた」と高額の支払いを奢らさせられた上に、女性陣とは何も出来ずに帰られている[15]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「伝説のナンパ島」80年代中高生にとっての“性地”は今…” (日本語). 日刊SPA! (2014年9月13日). 2022年5月25日閲覧。
  2. ^ a b 軟派(なんぱ)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2022年5月25日閲覧。
  3. ^ a b c 現役ナンパコンサルに取材!マッチングアプリに潜む“ヤリモク”の特徴とは - Peachy” (日本語). ライブドアニュース. 2022年5月25日閲覧。
  4. ^ 明石家さんま、若き日のナンパ方法明かすも失敗多々「床にいっぱい落ちてた」” (日本語). Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌] (2022年4月11日). 2022年5月25日閲覧。
  5. ^ a b c d 本当に恋愛したくてナンパするの? 男性の心理3つ (2019年7月9日)” (日本語). エキサイトニュース. 2022年5月25日閲覧。
  6. ^ 松岡昌宏、初対面の赤井沙希をナンパ? 男らしい台詞に「素敵だなと思って」(2022年6月12日)|BIGLOBEニュース” (日本語). BIGLOBEニュース. 2022年6月13日閲覧。
  7. ^ a b c ヨダエリ(コラムニスト). “ナンパで遊ばれやすい女性の特徴” (日本語). 「マイナビウーマン」. 2022年6月8日閲覧。
  8. ^ a b 大川由梨 (2016年8月28日). “坂口憲二さんも♡意外な出会いで「運命の恋」を掴んだ芸能人” (日本語). 4MEEE. 2022年6月8日閲覧。
  9. ^ a b 速水もこみち、高校時代のモテモテ伝説明かす「5分おきに逆ナンされた」” (日本語). RBB TODAY. 2022年5月25日閲覧。
  10. ^ a b 福原愛の“嘘”を不倫相手妻が告発も、今どき「コースターに手書きの携帯番号」逆ナン手口に仰天(週刊女性PRIME)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年5月25日閲覧。
  11. ^ a b TIMES編集部, ABEMA. “3時のヒロインゆめっち、逆ナンしたのが“詐欺師”“乳首噛みちぎり男”だった壮絶な過去を告白 | バラエティ”. ABEMA TIMES. 2022年5月25日閲覧。
  12. ^ a b 【同棲彼女】エリカ、「逆ナンしたことは1回だけあります(笑)」” (日本語). Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌] (2021年6月12日). 2022年5月25日閲覧。
  13. ^ a b “1000人から逆ナンされた”アメリカ生まれのイケメン芸人に騒然” (日本語). RBB TODAY. 2022年5月25日閲覧。
  14. ^ a b 28年間彼氏なし ゆりやん、梅田で逆ナン挑戦も…イケメンに撃沈連続 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年5月25日閲覧。
  15. ^ a b c ケンコバ シンガポールで逆ナンされた過去 「いいことあるかも」期待も80万円支払い、痛恨の結末 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年5月25日閲覧。
  16. ^ a b 繁華街で逆ナンされた女子2人組に「2軒目のバー」ですすめられたもの” (日本語). NEWSポストセブン. 2022年5月25日閲覧。
  17. ^ a b 美女が「ベッドで合体しましょう」と男性100人を街中で誘ったら何人の男が応じたでしょう?” (日本語). ロケットニュース24 (2015年5月5日). 2022年5月25日閲覧。
  18. ^ a b c 玲, 橘. “「デート」「アパート」「ベッド」……3パターンのナンパ実験が証明した男女のちがい”. 文春オンライン. 2022年6月21日閲覧。
  19. ^ a b 真面目はソンする? なぜ女性は“軟派なオトコ”に惹かれるのか” (日本語). ダ・ヴィンチWeb. 2022年6月13日閲覧。
  20. ^ Inc, Shogakukan. “真面目はソンする? なぜ女性は“軟派なオトコ”に惹かれるのか” (日本語). Suits woman / スーツウーマン | 「今はおひとりさま」の毎日を、もっとハッピーに!. 2022年6月8日閲覧。
  21. ^ 『日本国語大辞典 第二版』10巻、小学館、2001年。
  22. ^ 私が自分の顔を嫌いになった瞬間。今だから話せる、ルッキズムのこと【ひらりさ】” (日本語). telling,. 2022年5月25日閲覧。
  23. ^ 荻上チキ『セックスメディア30年史欲望の革命児たち』筑摩書房、2011年、72頁。ISBN 978-4480066060
  24. ^ 『セックスメディア30年史欲望の革命児たち』72-74頁。
  25. ^ 本田透 『脳内恋愛のすすめ』 角川学芸出版、2007年、194-195頁。ISBN 978-4046211521
  26. ^ 最低最悪!イケメン高収入の“ナンパ師”に気をつけろ
  27. ^ 27歳高学歴で“良い会社”勤務男 ナンパのし過ぎで無気力に
  28. ^ a b c d 高校生の性とデート 調査時期1994年5月~7月 東京・埼玉の公立高校15校の2・3年生2,012名(男子925名、女子1,087名)
  29. ^ a b 高校生の「つきあい」事情-大学生に対する振り返り調査から-後半20-21頁 調査時期2004年4月~5月 東京、神奈川、千葉、岐阜の私立大学1年生561名(男子207名、女子296名、不明58名)
  30. ^ 私、ナンパされるとすぐついて行ってしまいます” (日本語). RadiChubu-ラジチューブ-. CBCラジオ. 2022年5月25日閲覧。
  31. ^ 【ナンパイケメン達のうら話】銀座でインストラクターにナンパされてみた (週刊女性PRIME)”. LINE NEWS. 2022年5月25日閲覧。
  32. ^ 【女子大生のぶっちゃけ話】拒否るナンパとOKナンパ” (日本語). JION. 2022年5月25日閲覧。
  33. ^ TIMES編集部, ABEMA. “海でナンパされた21歳女子、19歳年上の男に惚れた理由はムキムキの筋肉…バッキバキの写真に見取り図が驚愕「思ってたより…」 | バラエティ”. ABEMA TIMES. 2022年5月25日閲覧。
  34. ^ ハニートラップ八木 (2020年11月22日). “<マンガ Vol.9>ナンパ詐欺?謎のイケメンにLINEを聞かれ…。35歳女芸人「孤独のコロナ」日記 | 女子SPA!” (日本語). 女子SPA!. 2022年5月25日閲覧。
  35. ^ 【漫画】婚活中の26歳女性が、イケメン美容師にナンパされ…「恋の沼」にハマる!(FRaU編集部)” (日本語). FRaU | 講談社. 2022年5月25日閲覧。
  36. ^ 嬉しい?うざい?女性が【男性からのナンパ】について思う正直な事|ウーマンエキサイト” (日本語). ウーマンエキサイト. 2022年5月25日閲覧。
  37. ^ 「ナンパ 街頭アンケート 客引き スカウト」ーー違法になるかならないかの基準は?! (2015年5月26日)” (日本語). エキサイトニュース. 2022年5月25日閲覧。
  38. ^ TIMES編集部, ABEMA. “海でナンパされた21歳女子、19歳年上の男に惚れた理由はムキムキの筋肉…バッキバキの写真に見取り図が驚愕「思ってたより…」 | バラエティ”. ABEMA TIMES. 2022年6月13日閲覧。
  39. ^ a b 可愛すぎる顔面でバズった美女・なごみ、ストーカー・痴漢…過去の被害告白 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年5月25日閲覧。
  40. ^ (画像1/5) 可愛すぎる顔面でバズった美女・なごみ、スマイル封印でクールにランウェイ<TGC2021A/W> - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年5月25日閲覧。
  41. ^ a b カップルYouTuber・なこなこ こーくん「USJにいたなごみにひと目惚れして…」” (日本語). ananニュース - マガジンハウス. 2022年5月25日閲覧。
  42. ^ 【大人気YouTuber】なこなこカップルの“なごみ”を大解剖「可愛さの秘密とは?」(NET ViVi)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年5月25日閲覧。
  43. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年12月1日). “鈴木亜美、夫との出会いは「ナンパ」シンガポール旅行で” (日本語). サンスポ. 2022年6月8日閲覧。
  44. ^ 福原愛さん出会いは逆ナンか|ニフティニュース” (日本語). ニフティニュース. 2022年5月25日閲覧。
  45. ^ 鮎川太陽、人生初の“逆ナン”を経験「こんなことあるんだ」 - モデルプレス” (日本語). モデルプレス - ライフスタイル・ファッションエンタメニュース. 2022年5月25日閲覧。
  46. ^ アプリで逆ナン、ぼったくり事件多発 犯罪者との「マッチング」にご用心を 取られた高額の金は“ほぼ”戻って来ません (2020年10月5日)” (日本語). エキサイトニュース. 2022年6月13日閲覧。

関連項目編集