松岡昌宏

日本の俳優、タレント、ドラマー (1977-)

松岡 昌宏(まつおか まさひろ、1977年昭和52年〉1月11日[5] - )は、日本俳優タレントドラマーバンド形態の男性アイドルグループTOKIOのメンバー(ドラム担当)。北海道札幌市出身[2]。所属芸能事務所株式会社TOKIOで、同社の取締役副社長・広報担当[3]

まつおか まさひろ
松岡 昌宏
松岡 昌宏
別名義 M.A.BO
Kaoru[1]
生年月日 (1977-01-11) 1977年1月11日(47歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市[2]
身長 181 cm[3][注釈 1]
血液型 A型[5]
職業 ミュージシャン
俳優
アイドル
タレント
ドラマー
ジャンル 音楽
舞台
映画
テレビドラマ
バラエティ番組
活動期間 1989年 - [6]
活動内容 1990年:俳優デビュー
1994年:TOKIO、CDデビュー
事務所
公式サイト STARTO ENTERTAINMENT > TOKIO > Profile
主な作品
テレビドラマ
サイコメトラーEIJI』シリーズ
天国に一番近い男』シリーズ
ナースマン』シリーズ
ナースのお仕事2』
武蔵 MUSASHI
マンハッタンラブストーリー
夜王
ヤスコとケンジ
必殺シリーズ
新・美味しんぼ』シリーズ
怪物くん』シリーズ
名奉行!遠山の金四郎
家政夫のミタゾノ』シリーズ
死役所
映画
ゴジラ FINAL WARS
受賞
第6回コンフィデンスアワード・ドラマ賞・主演男優賞『家政夫のミタゾノ
テンプレートを表示

来歴

編集

北海道札幌市に生まれる[2]。10歳からは神奈川県横浜市に移住したが[7]、当時の生活に不満を持っており[8]、毎日丘の上にのぼり、東京タワーを眺め、「必ず東京タワーが見えるところに住む」と思いを馳せていた[9]。そのころにテレビで光GENJIを見て[8]、13歳の時に自分でジャニーズ事務所に履歴書を送る[10]。書類審査を通過し、テレビ朝日のオーディション会場に呼ばれるが当時流行していたツッパリスタイルで眉毛もないのをごまかした状態で行く、会場にいた社長のジャニー喜多川を用務員の人だと思い、にらみ返す、「ユー」と呼ばれ、「ユーって誰?僕は松岡なんで、ユーはやめてください」と言い返すなど、本人も内定するわけがないと思うような態度で臨んだ。しかし、翌日には社長から内定の電話があり[7]1989年に事務所入りすることになる[6]。事務所に入り、最初に住んだマンションからは東京タワーが見え、自身は「絶対このチャンスを逃してはいけない。どんなことがあってもしがみつこう」と誓った[9]

ジャニーズJr.として活動を始め、SMAPのバックダンサーとして結成されたSMAP学園に所属[6]1990年、『愛してるよ!先生』(TBS)で俳優デビュー[2]1994年9月21日に『LOVE YOU ONLY』でCDデビューを果たす。

2004年にはゴジラシリーズ50周年記念作品『ゴジラ FINAL WARS』で映画初主演。グローマンズ・チャイニーズ・シアターでのワールドプレミアにも出席し、ハリウッドレッドカーペットを踏む。また、ゴジラハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにも参加したほか、舞台挨拶では英語でスピーチを行った[11]

2008年12月に、テレビドラマ『必殺仕事人2009』で共演する東山紀之大倉忠義と3人で特別ユニット・The SHIGOTONINを結成[12]2017年に、第6回コンフィデンスアワード・ドラマ賞にて『家政夫のミタゾノ』で主演男優賞を受賞し[13]、後の舞台化作品においても主演を務めた[14]2019年、10月放送開始のテレビ東京連続テレビドラマ『死役所』の主演を務め、民放全局の連続ドラマの主演を制覇する[15]

人物

編集

堀越高等学校卒業[16]。同級生にゆってぃがいる[17]。2023年にはテレビドラマ『家政夫のミタゾノ』で共演を果たした[18]

サウナ通いを好む[3][19]。体調管理として行ってきたが、2012年4月17日に都内のサウナ施設で脱水症状を起こし病院に緊急搬送され、当日に行われた舞台『灰色のカナリア』の製作発表を欠席した[19]。その際、サウナに偶然居合わせた吉川晃司に介抱された[19]

TOKIOのプロモーションビデオ[20]やフジテレビ系テレビドラマ『0号室の客』の「Last Story ロックな男」[21]、日本テレビ系特別テレビドラマ『もう帰って来たよ!!怪物くん全て新作SP』の「オオカミ男の嘘編」などの演出も手掛ける[22]

1987年放送のテレビドラマ『ママはアイドル!』を観て以来、中山美穂の大ファン[23]

携帯電話フィーチャーフォン(ガラケー)を20年以上使い続け、当時は他のメンバーのグループLINEの内容を国分太一がまとめて松岡に伝えたりしていた。もともと「機械が苦手」なことが背景にあり、現金自動預払機(ATM)を使うのも苦手だという[24]。しかし、2021年の株式会社TOKIO発足に伴い国分から「頼むからスマホを持ってくれ」と懇願され、ついにスマートフォンへ移行した[25]。他にも物持ちは良い方で、スタッフからプレゼントされた革の財布を自ら修理しながら13年以上使ったりもしている[25]

テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』シリーズで共演した女優の山本舞香から“兄貴”と呼ばれ、慕われている[26]

東宝富山省吾は、松岡の出演した舞台『スサノオ〜神の剣の物語〜』を観て役者としての華やアクションを評価し、いずれアクション映画をやりたいと考えていたことから『ゴジラ FINAL WARS』に起用したことを語っている[27]。共演した北村一輝も、松岡はダンスで基礎ができていて体が動くため、立ち回りもブレがなくやりやすかったと述懐している[28]。また、共演者のドン・フライは、松岡をエネルギーの塊と評しており、セリフや立ち位置などプロとして素晴らしかったと述べている[29]

作品

編集

TOKIOでの自作曲

編集

※松島茂宏=松岡と城島茂の共同名義[30]

曲名 担当 名義 収録
Purple Rouge 作詞・作曲 M.A.BO アルバム『Graffiti
Midnight Rose 編曲(吉岡たくとの共同) 松岡昌宏 アルバム『glider
YOUR ANSWER 作曲・編曲(編曲は山原一浩との共同) MABO アルバム『Harvest
No More Bet 作詞・作曲・編曲(編曲は山原一浩との共同)
Autumn 作詞・作曲 松岡昌宏 アルバム『17』通常盤初回プレス仕様・通常盤
ロースピード 作詞・作曲(作曲は城島茂との共同) 松岡昌宏(作詞)、松島茂宏(作曲) アルバム『17』

他アーティストへの提供曲

編集

※Kaoru=テレビドラマ『家政夫のミタゾノ』で松岡が演じる主人公・三田園薫の名義[1][31]

曲名 提供アーティスト 担当 名義 収録
戯言 島茂子 作曲 Kaoru DVDシングル『戯言
菖ごころ 作詞 DVDシングル『戯言』通常盤付属CD
Bloom Hey! Say! JUMP 作詞・作曲 DVDシングル『愛だけがすべて -What do you want?-』初回限定盤2付属CD
Last Mermaid... シングル『Last Mermaid...
area シングル『area/恋をするんだ/春玄鳥
それぞれ。 デジタルEP『P.U!

参加作品

編集
発売日 収録作品 名義 備考
2009年2月4日 鏡花水月 The SHIGOTONIN 東山紀之、松岡昌宏、大倉忠義によるユニット[12]

出演

編集

グループでの出演はTOKIO#出演を参照。個人出演のみ記載。

テレビドラマ

編集

映画

編集

ラジオ

編集

バラエティ

編集

特番

編集

テレビアニメ

編集

劇場アニメ

編集

舞台

編集

ゲーム

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 2018年1月31日放送のテレビ番組『TOKIOカケル』にて計測した際は180センチメートルだった[4]
  2. ^ 5月2日・3日に予定されていたプレビュー公演、および5月6日から11日の公演は新型コロナウイルスの影響で中止[100]

出典

編集
  1. ^ a b Hey! Say! JUMP、最新シングルが27作連続1位「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」記録は歴代2位タイに【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. オリコン (2020年7月7日). 2020年8月13日閲覧。
  2. ^ a b c d 松岡昌宏”. CDJournal. 2016年8月16日閲覧。
  3. ^ a b c d 松岡昌宏(インタビュアー:田中雄己)「TOKIO・松岡昌宏はサウナで整いスイッチON オフは1人で地方飲み…インタビュー」『スポーツ報知』、報知新聞社、2022年1月15日https://hochi.news/articles/20220113-OHT1T51146.html?page=12022年1月16日閲覧 
  4. ^ 錦戸亮 公開身長測定に大慌て「流さんといて」. Sponichi Annex (2018年2月1日) 2018年3月22日閲覧。
  5. ^ a b Profile(TOKIO)”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2022年1月16日閲覧。
  6. ^ a b c “V6井ノ原 初雑誌撮影の全力笑顔で社長が怒「ユー!ひどいよ」”. デイリースポーツonline. (2017年1月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/01/12/0009822150.shtml 2019年3月21日閲覧。 
  7. ^ a b 松岡昌宏(インタビュアー:野村美絵)「松岡昌宏「ユーはやめてください」 ジャニー喜多川に言った過去(2/3ページ)」『AERA dot.』、2018年2月27日https://dot.asahi.com/articles/-/113896?page=22018年4月8日閲覧 
  8. ^ a b 松岡昌宏(インタビュアー:野村美絵)「松岡昌宏「ユーはやめてください」 ジャニー喜多川に言った過去(1/3ページ)」『AERA dot.』、2018年2月27日https://dot.asahi.com/articles/-/113896?page=12018年4月8日閲覧 
  9. ^ a b 松岡昌宏(インタビュアー:野村美絵)「松岡昌宏「ユーはやめてください」 ジャニー喜多川に言った過去(3/3ページ)」『AERA dot.』、2018年2月27日https://dot.asahi.com/articles/-/113896?page=32018年4月8日閲覧 
  10. ^ TOKIO松岡昌宏、デビュー当時に「ジャニーズ事務所なのにサングラスして髪ぶっ立てた」理由明かす”. フジテレビュー!!. フジテレビ (2021年12月10日). 2022年1月16日閲覧。
  11. ^ 『ゴジラ FINAL WARS』DVDスペシャルエディション特典ディスクより
  12. ^ a b 鏡花水月|The SHIGOTONIN”. ORICON NEWS. 2022年11月5日閲覧。
  13. ^ 【第6回 OCドラマ賞】TOKIO・松岡昌宏が「女優賞ではなく男優賞」受賞”. ORICON NEWS. オリコン (2017年1月23日). 2020年11月20日閲覧。
  14. ^ a b “ドラマ「家政夫のミタゾノ」松岡昌宏主演で舞台化、サブタイトルは「お寺座の怪人」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年5月28日). https://natalie.mu/stage/news/479303 2022年5月28日閲覧。 
  15. ^ a b “松岡昌宏 民放ドラマ主演全局制覇、テレ東で初 10月開始「死役所」”. Sponichi Annex. (2019年8月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/20/kiji/20190819s00041000292000c.html 2019年8月21日閲覧。 
  16. ^ a b TOKIO松岡、ピュアな後輩に反省「もっとやんちゃだった…」”. ORICON NEWS. オリコン (2011年4月19日). 2017年9月17日閲覧。
  17. ^ さんさんテレビのイチオシ番組 HEY!HEY!HEY!”. 高知さんさんテレビ (2009年8月24日). 2017年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月17日閲覧。
  18. ^ 『家政夫のミタゾノ』高校の同級生・松岡昌宏×ゆってぃの共演が実現!久々の再会も「昔から変わらない」”. TV LIFE Web. ワン・パブリッシング (2023年10月10日). 2023年10月20日閲覧。
  19. ^ a b c “TOKIO松岡「サウナやめません」”. デイリースポーツ. (2012年6月9日). オリジナルの2012年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120609001959/http://daily.co.jp/gossip/article/2012/06/09/0005121618.shtml 2016年8月16日閲覧。 
  20. ^ a b “「怪物くん」短編ドラマでTOKIO松岡が監督”. スポーツ報知. (2010年6月23日). オリジナルの2010年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100812002617/http:/hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20100623-OHT1T00002.htm 2018年5月6日閲覧。 
  21. ^ 0号室の客”. こちらフジテレビ. フジテレビ (2009年9月4日). 2010年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月23日閲覧。
  22. ^ “TOKIO松岡が演出 大野怪物くんSP”. nikkansports.com. (2010年6月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100623-644586.html 2018年8月23日閲覧。 
  23. ^ TOKIO松岡昌宏「付き合う夢見てた」中山美穂に32年越しの告白”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年10月11日). 2023年10月20日閲覧。
  24. ^ ゆきぽよ、松岡昌宏に「なんでガラケーから離れないんですか?」とツッコミ 松岡は「単純に使えない…」と即答 - WEBザ・テレビジョン 2020年7月12日
  25. ^ a b TOKIO松岡昌宏、ガラケーからスマホにした理由「初めて国分太一が俺に頭下げて…」 - モデルプレス・2021年6月7日
  26. ^ 2022年5月14日付の読売新聞の19ページ「注目です!」にて、山本自ら公表。
  27. ^ 東宝SF特撮映画シリーズSPECIAL EDITION 2005, p. 09, 「[インタビュー] 富山省吾」
  28. ^ 東宝SF特撮映画シリーズSPECIAL EDITION 2005, p. 18, 「[インタビュー] 北村一輝」
  29. ^ 東宝SF特撮映画シリーズSPECIAL EDITION 2005, p. 17, 「[インタビュー] ドン・フライ」
  30. ^ TOKIO幻のメンバー「松島茂宏」とは?”. 日刊大衆. 2022年4月19日閲覧。
  31. ^ Hey! Say! JUMP、“ミタゾノさん”作詞作曲のシングル「Last Mermaid...」リリースへ”. NEWS. Billboard JAPAN (2020年5月15日). 2020年8月13日閲覧。
  32. ^ 桃太郎侍III(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  33. ^ アリよさらばの出演者・キャスト一覧”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  34. ^ 花の乱(ドラマ)の出演者・キャスト一覧”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  35. ^ 武蔵 MUSASHI(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  36. ^ 家族・あなたは父を愛せますか(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  37. ^ ゆずれない夜(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  38. ^ サイコメトラーEIJI(第1期)(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  39. ^ ナースのお仕事2(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  40. ^ 天国に一番近い男(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  41. ^ ナースマン(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  42. ^ ナースマンがゆく(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  43. ^ マンハッタンラブストーリー(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  44. ^ “明智Vs金田一…TOKIO松岡と長瀬“夢の対決””. SANSPO.COM. (2005年1月24日). オリジナルの2006年1月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060115041029/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200501/gt2005012410.html 2005年1月24日閲覧。 
  45. ^ 夜王〜yaoh〜(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  46. ^ “徳重VS松岡で「風林火山」”. Sponichi Annex. (2005年11月14日). オリジナルの2008年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080312220003/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20051114043.html 2019年6月2日閲覧。 
  47. ^ スペシャルドラマ 信長の棺(ドラマ)の出演者・キャスト一覧”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  48. ^ “東山紀之主演『必殺仕事人』最新作9・25放送 悪役は安田顕&寺島進”. ORICON STYLE. (2016年8月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2077018/full/ 2016年8月19日閲覧。 
  49. ^ 東山紀之&松岡昌宏、最後の『必殺』野際陽子さんの女優魂に感服”. マイナビニュース (2017年12月21日). 2018年1月25日閲覧。
  50. ^ 松岡昌宏、必殺仕事人の現場は「台本を覚えて行かない方が」”. Lmaga.jp. 京阪神エルマガジン社 (2022年1月6日). 2022年1月16日閲覧。
  51. ^ “東山紀之主演『必殺仕事人』15周年で最新作放送へ「長く続けていけるよう努力していきたい」 メインキャストの誰かがいなくなる!?”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年11月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2257231/full/ 2022年11月17日閲覧。 
  52. ^ 松下奈緒、テレ朝系「必殺仕事人」加入「ずっと見てきた世界の一員になれるなんて!」東山紀之のラスト彩る”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2023年12月12日). 2023年12月12日閲覧。
  53. ^ 感動ドラマ特別企画 マラソン(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  54. ^ 新美味しんぼ(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  55. ^ ドラマスペシャル 天と地と(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  56. ^ ヤスコとケンジ(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  57. ^ 0号室の客”. こちらフジテレビ. フジテレビ (2009年9月4日). 2010年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月1日閲覧。
  58. ^ 怪物くん(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  59. ^ 怪物くん完全新作スペシャル!!(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  60. ^ 13歳のハローワーク(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  61. ^ ドラマスペシャル みをつくし料理帖(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  62. ^ 潜入探偵トカゲ(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  63. ^ 同窓生〜人は、三度、恋をする〜(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  64. ^ 大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る!(ドラマ)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  65. ^ “TOKIO・松岡昌宏、家政夫役でドラマ主演 その名は“ミタゾノ””. ORICON STYLE. (2016年8月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2077319/full/ 2016年8月25日閲覧。 
  66. ^ 『家政夫のミタゾノ』1年半ぶり復活!松岡昌宏、鏡にうつる自分に「おかえり!」”. テレ朝POST. テレビ朝日 (2018年3月1日). 2018年4月9日閲覧。
  67. ^ “松岡昌宏主演「家政婦のミタゾノ」1年ぶり第3弾 女装メークお手のもの”. Sponichi Annex. (2019年2月15日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/15/kiji/20190214s00041000315000c.html 2019年2月16日閲覧。 
  68. ^ 松岡昌宏『家政夫のミタゾノ』第4シリーズ放送決定 新メンバーに飯豊まりえ”. クランクイン!. 2021年5月3日閲覧。
  69. ^ “松岡昌宏『ミタゾノ』新作「スネ毛剃らなきゃ」伊野尾慧ら続投、山本舞香加入”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年2月21日). https://news.mynavi.jp/article/20220221-2276812/ 2022年2月21日閲覧。 
  70. ^ “松岡昌宏主演『家政夫のミタゾノ』10月からゴールデンにお引越し「痛み入ります」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年5月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2279352/full/ 2023年5月18日閲覧。 
  71. ^ “TOKIO松岡昌宏は「男の色気を感じられる」“憧れの大先輩”から絶賛〈名奉行!遠山の金四郎〉”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1780070 2018年8月14日閲覧。 
  72. ^ 松岡昌宏、TBSドラマに23年ぶり登場の遠山金四郎役。「桜吹雪の力を借りながら撮り切った」”. インターネットTVガイド (2017年8月29日). 2017年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月17日閲覧。
  73. ^ “TOKIO松岡昌宏、戸田恵梨香の元婚約者に 杉野遥亮らキャスト発表〈大恋愛〜僕を忘れる君と〉”. モデルプレス. (2018年8月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1786235 2018年8月17日閲覧。 
  74. ^ 松岡昌宏が警察ミステリー『密告はうたう』でWOWOWドラマ初主演【コメントあり】”. TVLIFE Web. 学研プラス (2020年11月13日). 2020年11月20日閲覧。
  75. ^ “松岡昌宏が続投、「連続ドラマW 密告はうたう」続編の制作決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年9月5日). https://natalie.mu/eiga/news/539718 2023年9月5日閲覧。 
  76. ^ 松岡昌宏「密告はうたう2」は8月スタート、仲村トオル・泉里香・戸塚祥太ら続投”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年4月27日). 2024年4月27日閲覧。
  77. ^ 松岡昌宏、城島茂主演ドラマにサプライズ出演 「素敵!」と感激しきり”. マイナビニュース. マイナビ (2021年10月19日). 2021年10月21日閲覧。
  78. ^ 松岡昌宏:日テレ土曜枠に11年ぶりの帰還! 成田凌への復讐に燃える元自衛官役”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2021年12月5日). 2021年12月4日閲覧。
  79. ^ “世界中からやめないでの声…「ゴジラFINAL〜」初日”. SANSPO.COM. (2004年12月5日). オリジナルの2004年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20041211074436/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200412/gt2004120502.html 2004年12月5日閲覧。 
  80. ^ 映画 怪物くん(映画)”. WEBザテレビジョン. 2022年9月8日閲覧。
  81. ^ 山口達也ラジオの後続番組は松岡昌宏が担当 『TOKIO WALKER』13日スタート”. ORICON NEWS. オリコン (2018年5月6日). 2018年5月6日閲覧。
  82. ^ 松岡昌宏、現役アイドルの居酒屋番組「嬉しい」 - 時代の流れにしみじみ”. マイナビニュース. マイナビ (2017年3月30日). 2018年4月9日閲覧。
  83. ^ 期末特番 勇者のスタジアム〜プロ野球好珍プレー〜野球の大好きな方・興味のある方大募集』(プレスリリース)日本テレビ、2001年8月3日https://www.ntv.co.jp/info/news/052.html2018年9月1日閲覧 
  84. ^ ディズニー映画の声優経験がある意外な芸能人|『ファインディング・ニモ』大きな魚役が1位♡ さてだーれだ?”. Oggi.jp. 2022年9月8日閲覧。
  85. ^ 2014年「サッポロ クラシック」新TVCMのお知らせ』(プレスリリース)サッポロビール、2014年1月9日https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000008069/2021年3月30日閲覧 
  86. ^ 「サッポロ クラシック」新TVCMのお知らせ | ニュースリリース | サッポロビール』(プレスリリース)サッポロビール株式会社、2019年6月8日https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000011216/2021年7月8日閲覧 
  87. ^ TOKIO松岡昌宏、レモンサワーCMキャラ起用「僕しかいない」”. ORICON NEWS. オリコン (2019年3月27日). 2019年4月4日閲覧。
  88. ^ 日清フーズ「日清 いろいろ作れるから揚げ粉」新CMを制作 〜TOKIOの松岡昌宏さんがボトル入りから揚げ粉の魅力を紹介〜』(PDF)(プレスリリース)日清製粉グループ、2016年4月20日https://www.nisshin.com/uploads/160420.pdf2021年10月21日閲覧 
  89. ^ 白髪が気になる男性の強い味方に!?松岡昌宏さんがメンズビゲンの新CMキャラクターに就任』(プレスリリース)ホーユー、2019年2月28日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000023870.html2019年3月21日閲覧 
  90. ^ 松岡昌宏さんが「人生の選択」と向き合う覚悟を問う『WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争』新TVCM 12月22日(水)より全国OA...”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年12月20日閲覧。
  91. ^ 松岡昌宏“15年前の自分”とCM共演 15年後には還暦「赤いスーツでも着て」”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年1月7日). 2022年1月6日閲覧。
  92. ^ 「POTATO創刊25周年 Special Project グループクロニクル 連載第3回 嵐」『POTATO』2009年7月号、学研、2009年6月6日、170-171頁。 
  93. ^ “松岡&大野、東京グローブ座で“迫力バトル””. SANSPO.COM. (2004年5月3日). オリジナルの2005年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050204161859/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200405/gt2004050310.html 2004年5月3日閲覧。 
  94. ^ “松岡昌宏 篠原ともえとバンド結成!”. Sponichi Annex. (2006年7月26日). オリジナルの2007年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070221173619/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060726032.html 2019年6月2日閲覧。 
  95. ^ 『太陽の船』に長渕剛、土屋アンナほか出演決定!”. BARKS (2006年11月16日). 2020年8月13日閲覧。
  96. ^ 松岡昌宏が急病で会見を欠席 増田貴久と松岡が舞台初共演”. エンタメOVO. 共同通信社 (2012年4月17日). 2021年10月21日閲覧。
  97. ^ 堀江有希 (2017年5月15日). “TOKIO松岡昌宏と土井ケイトがリアルな二人芝居を熱演!舞台『ダニーと紺碧の海』初日開幕”. エンタステージ. ナノ・アソシエーション. 2018年6月24日閲覧。
  98. ^ 松岡昌宏(インタビュアー:杉田美粋)「松岡昌宏インタビュー、三谷幸喜新作舞台『江戸は燃えているか』出演〜「笑わせるって難しい。だからこそ喜劇に挑戦したい」12/16チケット発売」『SPICE(イープラス)』、2017年12月16日https://spice.eplus.jp/articles/1618982018年2月18日閲覧 
  99. ^ 草笛光子のライフワーク『新・6週間のダンスレッスン』に松岡昌宏がダンスパートナー役で出演”. SPICE. イープラス (2018年3月20日). 2018年4月9日閲覧。
  100. ^ 藤田俊太郎が今敏作品に挑む、松岡昌宏ら出演「東京ゴッドファーザーズ」開幕”. ステージナタリー. ナターシャ (2021年5月13日). 2021年5月31日閲覧。
  101. ^ 「東京ゴッドファーザーズ」舞台版キャストに松岡昌宏、「やりたい放題やる」”. ステージナタリー. ナターシャ (2021年3月10日). 2021年3月30日閲覧。
  102. ^ “TOKIO松岡がゲームの主人公、新聞記者役”. SANSPO.COM. (2003年10月20日). オリジナルの2003年12月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031204101642/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200310/gt2003102011.html 2018年4月8日閲覧。 
  103. ^ “Hey! Say! JUMP4月期連ドラ2作で主題歌”. スポーツ報知. (2019年3月23日). https://hochi.news/articles/20190322-OHT1T50173.html?page=1 2022年4月5日閲覧。 

参考文献

編集
  • 『GODZILLA FINAL WARS』東宝〈東宝SF特撮映画シリーズ SPECIAL EDITION〉、2005年1月25日。ISBN 4-924609-89-7