メインメニューを開く

ニチレイレディス日本女子プロゴルフ協会公認による女子プロゴルフトーナメントの一つであり、毎年6月第3週から第4週に開催されている。

Golf pictogram.svgニチレイレディス
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1998年
(アピタ・サークルK・サンクスレディスとして)
開催地 千葉県(2010年 - )
開催コース 袖ヶ浦カンツリークラブ新袖コース(2010年 - )
基準打数 Par72(2019年)[1]
ヤーデージ 6548Yards(2018年)[1]
主催 株式会社ニチレイ
ツアー 日本女子プロゴルフ協会
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 8000万円(2019年)[1]
開催月 6月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 200 日本の旗 三塚優子(2008年)
通算スコア -16 日本の旗 三塚優子(2008年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 鈴木愛(2019年)[1]
テンプレートを表示

概要編集

2005年までは主催企業の名前をとって「アピタサークルK・サンクスレディス」という名称で岐阜県のユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部で開催されていたが、2006年度大会からは、株式会社ニチレイが主催者となり、大会名称をニチレイレディスの名称に改め、更に大会の会場を茨城県稲敷郡美浦村にある美浦ゴルフ倶楽部に変更した。2006年については、ユニーも前身の大会に引き続き、共同主催という立場だった。2007年からは、ニチレイ主催、パシフィックゴルフマネージメント株式会社(PGM)[2]が共催という運営体制になり、ニチレイPGMレディスに改めたが、2009年にPGMが主催者から撤退。2010年からは再度ニチレイの単独主催となり、会場も千葉市若葉区の袖ヶ浦カンツリークラブ新袖コースに舞台を移し現在に至る。

2019年現在、賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円[1]

歴代優勝者編集

開催年 開催回 大会名称 優勝者名 開催コース
1998年 第1回 アピタ・サークルK・サンクスレディス   塩谷育代 ユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部
1999年 第2回   肥後かおり
2000年 第3回   不動裕理
2001年 第4回   米山みどり
2002年 第5回   高橋美保子
2003年 第6回   ウェイ・ユンジェ
2004年 第7回   宮里藍
2005年 第8回   具玉姫
2006年 第9回 ニチレイレディス   横峯さくら 美浦ゴルフ倶楽部
2007年 第10回 ニチレイPGMレディス   大山志保
2008年 第11回   三塚優子
2009年 第12回   横峯さくら[注釈 1]
2010年 第13回 ニチレイレディス   全美貞 袖ヶ浦カンツリークラブ新袖コース
2011年 第14回   李知姫
2012年 第15回   辛炫周
2013年 第16回   吉田弓美子
2014年 第17回   申智愛(大会三連覇)[3]
2015年 第18回
2016年 第19回
2017年 第20回   テレサ・ルー[4]
2018年 第21回   鈴木愛(大会連覇)[5][1][注釈 2]
2019年 第22回

テレビ中継編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 雨天により最終日が中止になったため2日間36ホール競技に短縮。賞金ランク加算も規定により75%に減額となった。
  2. ^ 2018年は申智愛、テレサ・ルーとのプレーオフ、2019年は高橋彩華とのプレーオフを制す。

出典編集

  1. ^ a b c d e f “鈴木愛2週連続V&大会連覇 高橋彩華とのPO制す”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2019年6月23日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201906230000451.html 2019年6月23日閲覧。 
  2. ^ パシフィックゴルフマネージメント株式会社は、パシフィックゴルフグループインターナショナルホールディングス株式会社(現・PGMホールディングス株式会社)の子会社である。
  3. ^ “勝みなみアマ2勝目ならず 申ジエが大会3連覇の快挙”. ゴルフダイジェスト・オンライン (ゴルフダイジェスト社). (2016年6月19日). http://news.golfdigest.co.jp/jlpga/5454/article/63644/4/?car=top_nw_t01 2016年6月19日閲覧。 
  4. ^ “テレサ・ルー、降雨を「味方」に独走 安定感崩れず”. 日刊スポーツ. (2017年6月18日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1842468.html 2017年6月18日閲覧。 
  5. ^ “鈴木愛ツアー通算9勝目!確実なプレーでPO制した”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年6月17日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201806170000579.html 2018年6月17日閲覧。 

参考編集

外部リンク編集