メインメニューを開く

ハーバーランド駅

日本の兵庫県神戸市中央区にある神戸市交通局の駅

ハーバーランド駅(ハーバーランドえき)は、神戸市中央区にある神戸市営地下鉄海岸線である。駅番号はK04

ハーバーランド駅
出口1、右側の高架はJR神戸線神戸駅
出口1、右側の高架はJR神戸線神戸駅
はーばーらんど
Harborland
K03 みなと元町 (1.0km)
(1.4km) 中央市場前 K05
所在地 神戸市中央区東川崎町一丁目
駅番号  K04 
所属事業者 神戸市交通局神戸市営地下鉄
所属路線 海岸線
キロ程 2.3km(三宮・花時計前起点)
駅構造 地下駅
ホーム 島式1面2線
乗車人員
-統計年度-
7,509人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 2001年平成13年)7月7日
乗換 JR 神戸駅
阪神・阪急 高速神戸駅
テンプレートを表示
改札口付近
プラットホーム
出口4

目次

概要編集

JR神戸線神戸駅浜手バイパスに挟まれた地下にあり、駅名の由来となった神戸ハーバーランドの最寄り駅である。駅名は異なるが神戸駅に隣接しており、徒歩連絡が可能である。

建設時の仮称は「神戸駅」であった。

近隣の鉄道路線編集

括弧内は駅番号を示す。

歴史編集

駅構造編集

地下1階にコンコースと改札があり、地下2階にプラットホーム(島式1面2線)がある。出入口は4か所あり、出口2はデュオ神戸と連絡通路で直結している。

駅イメージテーマは「海を感じるモダンシティ」。JR神戸駅の乗換駅にあたる当駅は、コンコースを十分広く取り、隣接するデュオ神戸との連絡性を図り、大判タイルを用い落ち着いた仕上とした。また、地上につながる吹き抜けを設けその中に地上からの階段を置くことで、自然光を地下に導くとともに地下と地上の連続性を意識できるようにした。ホームは対向壁をストライプに塗り分け、モダンなメリハリの効いた空間とした。出入口の地上部は屋根をヴォールトとし、ハーバーランド地下街の屋根との調和を図った。換気塔は三角形の平面に曲線を用いて柔らかい船のイメージとなるように試みた。

のりば編集

ホーム 路線 行先
1  海岸線 三宮・花時計前方面
2 新長田方面

利用状況編集

2017年度の1日平均乗車人員7,509人である[3]。海岸線では和田岬駅新長田駅三宮・花時計前駅に次ぐ第4位。2007年度以降は減少傾向が続いていたが、2013年度は一転して大幅に増加し、現在も増加傾向が続いている。

2000年度の計画時では、2005年度の予測乗車人員は25,832人であり、海岸線では最も乗車人員が多い駅になるとされていた[4]。しかし、2017年現在でも乗車人員は計画時の3割程度に留まっている。

開業以降の1日平均乗降・乗車人員は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
2001年(平成13年) 5,248
2002年(平成14年) 5,821
2003年(平成15年) 6,049
2004年(平成16年) 6,256
2005年(平成17年) 12,239 6,332
2006年(平成18年) 6,515
2007年(平成19年) 6,569
2008年(平成20年) 6,544
2009年(平成21年) 6,146
2010年(平成22年) 6,048
2011年(平成23年) 5,975
2012年(平成24年) 5,936
2013年(平成25年) 6,405
2014年(平成26年) 6,469
2015年(平成27年) 6,757
2016年(平成28年) 6,973
2017年(平成29年) 7,509

駅周辺編集

隣の駅編集

  神戸市営地下鉄
 海岸線
みなと元町駅 (K03) - ハーバーランド駅 (K04) - 中央市場前駅 (K05)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集