メインメニューを開く

ハーレム・ナイト』(原題:Harlem Nights)は、1989年制作のアメリカ合衆国コメディ映画

ハーレム・ナイト
Harlem Nights
監督 エディ・マーフィ
脚本 エディ・マーフィ
製作 マーク・リプスキー
ロバート・D・ワックス
製作総指揮 エディ・マーフィ
出演者 エディ・マーフィ
音楽 ハービー・ハンコック
撮影 ウッディ・オーメンズ
編集 ジョージ・バワーズ
アラン・バルサム
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント=UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年11月17日
日本の旗 1989年12月23日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$60,864,870[2]
テンプレートを表示

エディ・マーフィスティングともいえる映画で、マーフィが主演・監督・脚本・製作総指揮の1人4役をこなしている。彼の初監督作品である。

マーフィの主演作品としては、1985年『ビバリーヒルズ・コップ』、86年『ゴールデン・チャイルド』、87年『ビバリーヒルズ・コップ2』、88年『星の王子 ニューヨークへ行く』に続いて5年連続、5本目の全米No.1ヒットとなった(翌1990年にも『48時間PART2/帰って来たふたり』が全米No.1ヒットし、それも合わせると、6年連続全米No.1ヒットを記録するという快挙を成し遂げた)。

一方、評価はまちまちで、第62回アカデミー衣装デザイン賞第10回ゴールデンラズベリー賞最低監督賞最低脚本賞にノミネートされ、ゴールデンラズベリー賞最低脚本賞を受賞した[3]

あらすじ編集

1918年ニューヨークハーレム。孤児だったクイックは、ハーレム最大のクラブの経営者シュガー・レイに引き取られて育てられ、彼の右腕をつとめるまでになった。

ある日、ギャングのボス、バグジーが悪徳刑事のフィルを使ってレイに嫌がらせをし、売り上げの3分の2のピンハネを要求してくるが、クイックとレイは逆に彼らを罠にはめて、大金をせしめようと画策する。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
クイック・ブラウン エディ・マーフィ 山寺宏一 下條アトム
シュガー・レイ リチャード・プライヤー 納谷六朗 尾藤イサオ
ベニー・ウィルソン レッド・フォックス 藤本譲 富田耕生
フィル・カントン ダニー・アイエロ 増岡弘 家弓家正
バグジー・カルホーン マイケル・ラーナー 大宮悌二 石田太郎
ヴェラ デラ・リース 巴菁子 片岡富枝
アニー バーリンダ・トルバート 片岡富枝
ジャック スタン・ショウ 吉村よう
ドミニク・ラ・ルー ジャスミン・ガイ 土井美加 吉田理保子
リッチー ヴィック・ポリゾス 谷口節
サンシャイン レラ・ローコン 井上喜久子
トニー デヴィッド・マルシアノ 小室正幸
トミー トミー・フォード 金尾哲夫
ドミニク ジャスミン・ガイ 土井美加
クイック少年 デシ・アーネス・ハインズ2世 亀井芳子
ウィリー アンクル・レイ 幹本雄之
レオーニ ジョー・ペコラロ 伊井篤史
ジェローム ロビン・ハリス 広瀬正志
アニー バーリンダ・トルバート 藤生聖子
ジミー チャールズ・マーフィ 秋元羊介
メル ロベルト・デュラン 星野充昭
泣く男 アーセニオ・ホール
その他 佐々木優子
福田信昭
屋良有作
喜多川拓郎
北村弘一
渡部猛
辻親八
浦野裕介
牛山茂
秋元羊介
伊井篤史
星野充昭

脚注編集

外部リンク編集