第62回アカデミー賞

第62回アカデミー賞は1990年3月26日に発表・授賞式が行われた。

第62回アカデミー賞
開催日 1990年3月26日
会場 ロサンゼルスドロシー・チャンドラー・パビリオン
司会 ビリー・クリスタル
ハイライト
作品賞 ドライビング Miss デイジー
最多部門受賞 『ドライビング Miss デイジー』(4)
最多部門
ノミネート
『ドライビング Miss デイジー』(9)
TV放映
放送局 ABC
 < 第61回 アカデミー賞 第63回 > 

目次

式典編集

司会は初めてとなるビリー・クリスタルが、ノミネート作品をメドレーにして紹介、その後クリスタルが司会の際には彼の歌が恒例となっている。

白人の老婦人と黒人のドライバーの交流を描いた『ドライビング Miss デイジー』が作品賞を始めとする4部門を受賞。主演女優賞のジェシカ・タンディは80歳での受賞で、最高齢の受賞者となった。

候補と受賞の一覧編集

太字は受賞である。[1] また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。
作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
外国語映画賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞 短編アニメ映画賞
作曲賞 歌曲賞
音響編集賞 録音賞
美術賞 撮影賞
メイクアップ賞 衣裳デザイン賞
編集賞 視覚効果賞

アカデミー名誉賞編集

ジーン・ハーショルト友愛賞編集

統計編集

プレゼンター、パフォーマー編集

プレゼンター (登場順)編集

プレゼンター 役割
チャーリー・オドネル 第62回アカデミー賞アナウンサー
マルデン, カールカール・マルデン (AMPAS会長) 開会挨拶
デイヴィス, ジーナジーナ・デイヴィス 助演男優賞
クローズ, グレングレン・クローズ
メル・ギブソン
美術賞
ベイシンガー, キムキム・ベイシンガー いまを生きる』プレゼンター
マーティン, スティーヴスティーヴ・マーティン 歌曲賞
ブラナー, ケネスケネス・ブラナー
エリザベス・マクガヴァン
メイクアップ賞
レモン, ジャックジャック・レモン
Natalya Negoda
外国語映画賞
クライン, ケヴィンケヴィン・クライン 助演女優賞
ブリッジス, ボーボー・ブリッジス
ジェフ・ブリッジス
フィールド・オブ・ドリームス』プレゼンター
キャンディ, ジョンジョン・キャンディ
リック・モラニス
短編実写映画賞
バッグス・バニー 短編アニメ映画賞
マッソー, ウォルターウォルター・マッソー ジーン・ハーショルト友愛賞
ラング, ジェシカジェシカ・ラング 『ドライビング Miss デイジー』プレゼンター
フリーマン, モーガンモーガン・フリーマン
ジェシカ・タンディ
編集賞
ユペール, イザベルイザベル・ユペール 特別業績賞
ゴードン・E・ソーヤー賞
ブラウン, ブライアンブライアン・ブラウン
レイチェル・ワード
録音賞
音響編集賞
グリフィス, メラニーメラニー・グリフィス
トム・ハンクス
撮影賞
ペック, グレゴリーグレゴリー・ペック 主演女優賞
バーゲン, キャンディスキャンディス・バーゲン 衣裳デザイン
エイクロイド, ダンダン・エイクロイド
チェビー・チェイス
視覚効果賞
ルーカス, ジョージジョージ・ルーカス
スティーヴン・スピルバーグ
名誉賞
アブドゥル, ポーラポーラ・アブドゥル
ダドリー・ムーア
歌曲賞
グローヴァー, ダニーダニー・グローヴァー 『7月4日に生まれて』プレゼンター
アレアンドロ, ノルマノルマ・アレアンドロ
チャールトン・ヘストン
長編ドキュメンタリー映画賞
短編ドキュメンタリー映画賞
フォンダ, ジェーンジェーン・フォンダ 脚本賞
脚色賞
ヒューストン, アンジェリカアンジェリカ・ヒューストン 『マイ・レフトフット』プレゼンター
デ・ニーロ, ロバートロバート・デ・ニーロ
マーティン・スコセッシ
監督賞
フォスター, ジョディジョディ・フォスター 主演男優賞
ベイティ, ウォーレンウォーレン・ベイティ
ジャック・ニコルソン
作品賞

パフォーマー (出演順)編集

氏名 役割 内容
コンティ, ビルビル・コンティ 編曲 オーケストラ
クリスタル, ビリービリー・クリスタル 司会 オープニングナンバー
ニューマン, ランディランディ・ニューマン パフォーマー "I Love to See You Smile" (バックマン家の人々)
ホールダー, ジェフリージェフリー・ホールダー パフォーマー "Kiss the Girl"、「アンダー・ザ・シー」 (リトル・マーメイド)
オースティン, パティパティ・オースティン パフォーマー "The Girl Who Used to Be Me" (旅する女/シャーリー・バレンタイン)
イングラム, ジェームスジェームス・イングラム
メリサ・マンチェスター
パフォーマー "After All" (ワン・モア・タイム)
ロス, ダイアナダイアナ・ロス パフォーマー 虹の彼方に」 (オズの魔法使)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 第62回アカデミー賞 (1990) ノミネート・受賞”. oscars.org. 2015年3月5日閲覧。

外部リンク編集