メインメニューを開く

48時間PART2/帰って来たふたり』(Another 48 Hrs.)は、1990年アメリカ映画

48時間PART2/帰って来たふたり
Another 48 Hrs.
監督 ウォルター・ヒル
脚本 ラリー・グロス
ジョン・ファサーノ
ジェブ・スチュアート
製作 ローレンス・ゴードン
ロバート・D・ワックス
製作総指揮 マーク・リプスキー
ラルフ・S・シングルトン
出演者 エディ・マーフィ
ニック・ノルティ
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 マシュー・F・レオネッティ
編集 ドン・アーロン
カーメル・デイヴィス
フリーマン・A・デイヴィス
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年6月8日
日本の旗 1990年10月19日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $38,000,000
興行収入 $80,818,974[1] アメリカ合衆国の旗
$153,518,974[1] 世界の旗
前作 48時間
テンプレートを表示

目次

解説編集

1982年の映画48時間』の続編として8年ぶりに製作された。監督は前作と同じくウォルター・ヒルが務める。本作はウォルター・ヒルにとって初めての続編モノである。

本作の製作を熱望した主演のエディ・マーフィは、自身のプロダクション“エディ・マーフィ・プロダクションズ”を率いて製作にも参加し、且つ“フレッド・ブロートン”名義で原案も担当している。当時のエディ・マーフィ人気もあり、全米でNo.1ヒットを記録。1985年『ビバリーヒルズ・コップ』、86年『ゴールデン・チャイルド』、87年『ビバリーヒルズ・コップ2』、88年『星の王子 ニューヨークへ行く』、89年『ハーレム・ナイト』に続く6年連続、6本目の全米No.1ヒットとなった。

ストーリー編集

あれから7年。サンフランシスコ市警のジャック・ケイツ刑事は暗黒街の陰のボス“アイスマン”追撃のため、唯一手がかりを握る、7年の務めを終えてムショを出たレジー・ハモンドと再びコンビを組むことに。2人は反目しあいながらも友情を温め、“48時間”の追跡劇にまたも挑戦する。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ 日本テレビ テレビ朝日
レジー・ハモンド エディ・マーフィ 山寺宏一 下條アトム 山寺宏一
ジャック・ケイツ ニック・ノルティ 大塚明夫 玄田哲章 立木文彦 玄田哲章
ベン・キーホー ブライオン・ジェームズ 嶋俊介 樋浦勉 牛山茂 斎藤志郎
ブレイク・ウィルソン ケヴィン・タイ 納谷六朗 近藤洋介 小林修 小川真司
フランク・クルーズ エド・オロス 稲葉実 堀勝之祐 金尾哲夫 後藤哲夫
ウィリアム・“ウィリー”・ヒコック デヴィッド・アンソニー・マーシャル 大滝進矢 金尾哲夫 松本キック 内田直哉
リチャード・“チェリー”・ギャンズ アンドリュー・ディヴォフ 大塚芳忠 大塚明夫 ハウス加賀谷 山路和弘
カークランド・スミス バーニー・ケイシー 中庸助 小林清志 麦人
スローン・バローズ ブレント・ジェニングス 千田光男 納谷六朗
マルコム・プライス テッド・マークランド 飯塚昭三 銀河万丈
ヘイドン署長 フランク・マクレー
その他又は役不明 上田敏也
石森達幸
糸博
城山堅
火野カチ子
滝沢久美子
島香裕
小室正幸
牛山茂
荒川太朗
花咲きよみ
吉田美保
亀井芳子
岩崎ひろし
藤本譲
青森伸
益富信孝
宮寺智子
長島雄一
榎本智恵子
島香裕
小林恭治
目黒光祐
秋元羊介
磯辺万沙子
渡辺久美子
天田益男
翔香
花田光
演出 伊達康将 木村絵理子
翻訳 木原たけし 木原たけし
調整 オムニバス・ジャパン 熊倉亨
制作 東北新社 東北新社
初回放送日 1994年4月23日
ゴールデン洋画劇場
1998年2月20日
金曜ロードショー
2001年5月27日
日曜洋画劇場

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ a b Another 48 Hrs. (1990)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月23日閲覧。

外部リンク編集