パキスタン国際航空

パキスタンの航空会社

パキスタン国際航空 (英語: Pakistan International Airlinesウルドゥー語: پاکستان انٹرنیشنل ایئر لائنز‎) は、カラチを本拠地とするパキスタン航空会社

パキスタン国際航空
Pakistan International Airlines
IATA
PK
ICAO
PIA
コールサイン
PAKISTAN
法人番号 7700150003023 ウィキデータを編集
設立 1946年 (Orient Airwaysとして)
ハブ空港 ジンナー国際空港
イスラマバード国際空港
ラホール国際空港
マイレージサービス PIA Awards Plus+
会員ラウンジ PIA Business Plus Lounge
保有機材数 43機
就航地 67都市
本拠地 パキスタン・イスラム共和国カラチ市
代表者 ムハンマド・アミール・ハヤート (CEO)
外部リンク https://www.piac.com.pk/
テンプレートを表示

概要

編集

特徴

編集

カラチイスラマバードをハブ空港に、アジア中東各国、ヨーロッパ北アメリカなど世界各国にその路線を広げている。退役したパキスタン空軍の経験豊富なパイロットの再就職先となることが多いことから、比較的安全な航空会社であると評価されている一方で、EUから機体の安全性に問題があったと指摘され、EU域内への乗り入れが制限されたことがあるが、2007年に再度乗り入れが認められている[1]

2020年6月24日、パキスタンの航空大臣が墜落事故を受けてパキスタン国内のパイロットについて調査した。その結果、国内の860人中262人が不正に資格を取得していた可能性があることが判明した。このうち150人はパキスタン国際航空のパイロットだった[2][3][4]。6月30日、欧州航空安全機関はこの件を受けてパキスタン国際航空のEU内乗り入れを6ヶ月間禁止した[5]

航空会社としての本業以外にニューヨークの旧ザ・ルーズベルトホテル(2020年12月廃業)ほか、海外に不動産資産を有し、これまで幾度となく売却が取り沙汰されては撤回されている。

イスラーム色

編集

飛行前に必ず機長によるコーランの祈りがあり、安全飛行を乗客全員で祈願する。また機内アナウンスでは「当機はまもなく○○空港に着陸します、インシャッラー」などとアナウンスされるが、この「インシャッラー(إِنْ شَاءَ ٱللَّٰهُ)」は「もしが望まれれば」というコーランの一説の引用であるなど、極めてイスラーム色の強い航空会社である。一部路線ではスカーフの着用を義務付けている[要出典]

就航路線

編集

2016年5月1日時点[6]

アジア

編集

パキスタン

編集

東アジア

編集

東南アジア

編集

南アジア

編集

西アジア(中東)  

編集

ヨーロッパ

編集

北アメリカ

編集

日本路線

編集

1969年(昭和44年)11月1日に東パキスタン(現・バングラデシュ人民共和国)の首都ダッカからB707によって羽田空港に乗り入れを開始。 なお、1978年5月の成田開港と同時に成田空港への乗り入れに変更した。

また、かつてはカラチからバンコクとマニラ経由をして成田行きの便も週2便で就航していた。

機材

編集

なお、当社が発注したボーイング社製航空機のカスタマーコード40で、航空機の形式名は777-240ER, 777-240LR, 777-340ER などとなる。

現在の保有機材(2023年現在)[7][8]
機種 運用数 発注数 オプション数 客室 備考
C Y+ Y 合計
ATR 42-500 3 - - - - 48 48
ATR 72-500 1 - - - - 68 68
エアバスA320-200 9 - - - 8 150 158
- 180 180
ボーイング777-200ER 6 - - 35 - 285 320
294 329
ボーイング777-200LR 2 - - 35 - 275 310 ローンチカスタマー
ボーイング777-300ER 4 - - 35 - 358 393
合計 31 0 -

退役した機材

編集

ギャラリー

編集

事故

編集

脚注

編集

外部リンク

編集