パールカップとは、2023年度から新設されたガールズケイリン(女子競輪)の特別競走(GI)である。

パールカップ
概要
開催地域 持ち回り
分野 競輪
カテゴリー GI
形態 3日間トーナメント
主催者 持ち回り
歴史
初回開催年 2023年
開催回数 1
初代優勝者 児玉碧衣
直近優勝者 児玉碧衣
テンプレートを表示

概要 編集

毎年6月に開催される男子のGI・高松宮記念杯競輪が、2023年第74回大会より前年までの4日間開催から6日間開催へと変更されたのに併せて、同年度よりオールガールズクラシック競輪祭女子王座戦とともに新設されたガールズケイリンのGI開催である。本大会は高松宮記念杯競輪開催期間中の前半3日間(各日とも第9〜第12レース)で行われるため、開催地・開催日程はいずれも同年の高松宮記念杯競輪と連動している。

本大会は毎年6月に開催されることから、6月の誕生石である「パール」を使用した名称を用いて『パールカップ』と名付けられた。

本大会の優勝者には、同年末のオッズパーク杯ガールズグランプリへの優先出場権が与えられる[1][2]。優勝賞金は400万円(第1回。副賞込みでは490万円[3])。

第1回は2023年6月15日岸和田競輪場で決勝戦が行われ、児玉碧衣が3日間とも1着の完全優勝で、初代女王となった。

賞金 編集

以下は、決勝戦における各着順の賞金額。( )内は副賞(1〜3着に授与)を含んだ金額。

大会(年) 1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着
第1回(2023年)[4] 400万円(490万円[3] 175万円(209万円[3] 104万円(124万円[3] 69.4万円 53.4万円 48.5万円 46.2万円

出場選手選抜方法 編集

パールカップの出場選手は、高松宮記念杯競輪と同じく東西対抗の趣旨に則り、東地区と西地区に分かれて選抜される[5]

  • 東地区…北日本地区・関東地区・南関東地区のいずれかに在籍する選手
  • 西地区…中部地区・近畿地区・中国地区・四国地区・九州地区のいずれかに在籍する選手

パールカップの出場選手は、以下の資格順位により正選手28名(東西各地区14名ずつ)、補欠選手2名(東西各地区1名ずつ)を選抜する[5]

  • 選考期間…前年10月〜当年3月(6か月)
  1. 前年のガールズグランプリにおける1着〜3着選手
  2. 選手選考対象期間において2ヶ月以上JCFトラック種目強化指定(A)に所属した者(選考期間の平均競走得点が上位20位以内であることが条件)
  3. 東西別平均競走得点上位者
  • 同点の場合は、選考期間における選考用賞金獲得額[注 1]上位者を優先。なお、賞金獲得額が同額だった場合は、選考期間の直近前6か月の平均競走得点上位者を優先。さらに選考期間の直近前6か月の平均競走得点が同点だった場合は、更にその直近前6か月の平均競走得点上位者を優先。
補欠選手は、正選手を除く選考用賞金獲得額上位者上位者からさらに順次選抜される。

普段は自転車競技を優先しガールズケイリンへの競走参加が少ない選手(ナショナルチームに所属)に対しても本大会に出場できるよう配慮はなされているが、選考期間の平均競走得点が上位20位以内であることも条件とされているため、ある程度のガールズケイリン出走かつ競走成績も求められる。

勝ち上がり方式 編集

初日は予選、2日目は準決勝戦、3日目に決勝戦が行われる[6]

初日 0002日目000 0003日目000
予選(東)(2) 準決勝(東)(1)
0決勝(1)0
西 予選(西)(2) 準決勝(西)(1)
敗者戦 00-00 (2) (3)

高松宮記念杯競輪と同じく、東西対抗の趣旨に則り、勝ち上がり戦においては準決勝戦まで東地区と西地区に分かれて行われる。また、高松宮記念杯競輪と同じく、初日と2日目の勝ち上がり戦については全て、西暦下1ケタが奇数の年は、奇数のレースでは西日本の、偶数のレースでは東日本の、レースがそれぞれ交互に行われる。一方、西暦下1ケタが偶数の年は、奇数のレースでは東日本の、偶数のレースでは西日本の、レースがそれぞれ交互に行われる。

  • 初日
「東日本・西日本ガールズ予選」 第9〜第12レースで行われる。各レース1〜3着12名と4着2名(東日本・西日本とで4着2名のうち1名ずつ)が「準決勝」進出。番組は自動編成であり、選考順位の上位からたすき掛けで各レースごとに車番が1番車、2番車…と割り振られる[7]
  • 2日目
「東日本・西日本ガールズ準決勝」 第11・第12レースで行われる。各レース1〜3着6名と4着2名のうち選考順位上位1名が「決勝」進出。番組は、東日本・西日本とも予選1〜3着2名ずつと4着1名が、選考順位順に車番が1番車、2番車…と割り振られる。そのため、選考順位が下位のため予選では外枠であっても上位の着を取れば、準決勝では内枠に入れる[7]
  • 3日目(最終日)
「ガールズ決勝」 最終第12レースで行われる。車番は準決勝での着順上位かつ選考順位上位から1番車、2番車…と割り振られる。優勝者には優勝インタビューやウイニングランが執り行われる。

そのほか、敗者戦として2日目には「ガールズ選抜」(2レース[注 2])、3日目には「ガールズ特選」(1レース[注 3])、「ガールズ選抜」(2レース[注 4])がそれぞれ行われる。なお、敗者戦は東西混合である。

レース成績 編集

開催年 決勝戦 開催場 優勝 2着 3着 4着 5着 6着 7着 レース概要 3連単配当
1 2023年(令和5年) 6月15日 岸和田 児玉碧衣 久米詩 坂口楓華 柳原真緒 那須萌美 荒牧聖未 小林莉子<落棄> 初日[1] 2日目[2] 最終日[3] ①②⑥ 1,220円

【注釈】優勝者名横の丸数字は優勝回数 <落棄>=落車棄権

決勝戦テレビ中継 編集

エピソード 編集

  • 予選・準決勝ともに1着の完全優勝達成者は、1名。
  • 第1回では、ナショナルチーム所属で出場資格を満たす全選手(佐藤水菜梅川風子太田りゆ)が、ナショナルチームとしての活動を優先した(同時期にマレーシアで開催のアジア選手権に出場)ため本大会への出場を辞退となり不参加とした[10]。そのため、同年は国内組のみの戦いとなった。

今後の開催予定 編集

特記なき限り岸和田競輪場にて開催

  • 第2回 2024年(令和6年)6月11日〜13日

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ ここで言う賞金獲得額は、出走手当などの手当は含まない。そのため、Keirin.jpで公表されている獲得賞金ランキングの金額(手当等も含めた額)とは異なる。
  2. ^ 2023年は第9・第10レース、2024年は第5・第6レース。
  3. ^ 2023年は第11レース、2024年は第7レース。
  4. ^ 2023年は第9・第10レース、2024年は第5・第6レース。

出典 編集

  1. ^ ガールズケイリン新設GI 2023年度第1回オールガールズクラシック開催場決定!”. KEIRIN.JP(JKA) (2023年1月27日). 2023年2月27日閲覧。
  2. ^ “ガールズグランプリも「GP」に昇格 新設ガールズケイリンG1で優勝すると出場権獲得”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年12月14日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202212140000070.html 2023年2月27日閲覧。 
  3. ^ a b c d 日刊スポーツ大阪本社版、2023年6月15日付12面
  4. ^ パールカップ(GⅠ)(L3H) (PDF) 副賞を含まない金額
  5. ^ a b 第1回パールカップ 開催要綱より抜粋” (PDF). JKA (2023年4月25日). 2023年4月25日閲覧。
  6. ^ 第1回パールカップ 概定番組表〔レース平均点〕” (PDF). JKA (2023年4月25日). 2023年4月25日閲覧。
  7. ^ a b “【競輪】いよいよ開幕するガールズ初のG1・パールカップから目が離せない”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2023年6月12日). https://www.daily.co.jp/horse/column/2023/06/12/0016464495.shtml 2023年6月13日閲覧。 
  8. ^ 坂上忍の勝たせてあげたいTV|日テレ@kataseteagetaiのツイート”. Twitter (2023年5月19日). 2023年5月19日閲覧。
  9. ^ テレビ放送予定 - 第74回高松宮記念杯競輪特設サイト
  10. ^ “高松宮記念杯&新設ガールズG1パールC出場メンバー発表 佐藤水菜はアジア選手権のため不参加”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2023年4月26日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202304260000074.html 2023年4月27日閲覧。