ピストルオペラ2001年公開の日本映画。監督鈴木清順、主演江角マキコ。上映時間112分。

ピストルオペラ
Pistol Opera
監督 鈴木清順
脚本 伊藤和典
出演者 江角マキコ
山口小夜子
韓英恵
音楽 こだま和文
撮影 前田米造
配給 松竹
公開 日本の旗 2001年10月27日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1967年の『殺しの烙印』の後日談と呼ばれるフィルム・ノワール作品。極彩色にちりばめられたアーティスティックな映像が特徴的。第58回ヴェネツィア国際映画祭アウト・オブ・コンペ部門正式招待作品。同映画祭では「偉大なる巨匠に捧げるオマージュの盾」を受賞。キャッチコピーは「ミンナ、オダブツ!」。

ストーリー編集

拳銃を「あたしの男」と呼ぶ、殺し屋組織「ギルド」のNO.3である皆月美有樹(通称:野良猫)は、ある日組織の代理人から殺しの依頼を受ける。しかし連絡の行き違いから、美有樹は別の幹部を殺してしまう。やがて組織のNO.1である百眼の殺しを依頼された美有樹だが、誰も百眼の顔を知らず、美有樹自身も一向に姿を見せない百眼に追いつめられていく。

スタッフ編集

キャスト編集

公開編集

2001年10月27日、松竹系公開。

外部リンク編集