ブッチー武者(ブッチーむしゃ、本名:武者 博和(むしゃ ひろかず)、1952年8月6日 - )は、長野県東御市出身のお笑いタレント俳優。BMCエンタープライズ所属。血液型はB型。

遍歴編集

1975年児童音楽歌劇団に所属し小・中学校で公演する中、その2年後の1977年に演出家のはかま満緒が講師を務めるNHKお笑いオンステージ コメディー研究会』のオーディションに合格し、それと同時にコメディアンで活躍していたレオナルド熊に師事する。その熊が石倉三郎との関係の悪化によるコンビ『ラッキーパンチ』を解散した後『コント・レオナルド』と命名し、ブッチー武者を相方にして活動を始める。この際に関西テレビ花王名人劇場』にも2回程出演している。しかし師匠で相方である熊との関係は決して良いとは言えず、更に武者は熊から執拗な苛めを受けていたこともあって精神的に追い詰められ、心労が元で遂にノイローゼにまでなってしまう程深刻であった。更に追い討ちをかける様に武者は舞台中のコントで転倒し骨折してしまう。この骨折による負傷で『花王名人劇場』の出演が取りやめになった事への責任を取らされる形で(この時の熊の激怒ぶりは凄まじく、武者に対して指詰めを迫る程であった)コンビを解消されてしまう。

その後水島びんとコンビを組み「アッパー8」を結成。1982年日本テレビお笑いスター誕生!!』では5週連続で合格し銀賞を獲得した(6週目で3度不合格の後、最終的に6週目まで合格)。

翌年の1983年10月からフジテレビオレたちひょうきん族』内の人気コーナー「ひょうきん懺悔室」がスタートし、武者は『懺悔の神様』として登場した。この出演をきっかけに武者は人気者になり知名度も一気に上昇する。ちなみに懺悔の神様を演じる際にはカツラと付け髭を使用しており、実際の姿とは別人の様相であった。

その後「アッパー8」は自然消滅。芸能活動を続ける中、歌舞伎町でスナック「女無BAR懺悔の部屋」を経営。東京赤羽にも店を出し、知り合いに任せている。

2008年7月頃より、携帯3キャリアとPCブログに連動した動画ブログを開始している。

2008年7月27日フジテレビ系『FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』内で復活した「ひょうきん懺悔室」にて久々に懺悔の神様として登場した。

2009年3月、元ゆーとぴあのホープ(城後光義)、激弾BKYUの座長ハルト(酒井晴人)と『ホープ軍団』を結成した。

2011年1月逝去した横澤彪の葬儀では、懺悔の神様の衣装に黒腕章の姿で参列した。

2013年12月、スタークコーポレーションから独立。後に個人事務所「BMCエンタープライズ」を設立し、「劇団ZANGE」を発足させる。2014年9月には、認知症の高齢者介護をテーマにした旗揚げ公演『生きる』を自らが座長となる形で行われた。[1][2]

出演編集

テレビドラマ編集

バラエティ編集

舞台編集

  • 吉幾三コマ劇場公演
  • ロマンティックライフspecial〜大切な人の真実を見つめることが出来ますか?〜(2004年 - ) プロデュース・主演・演出
  • 老コメディアン物語・とりあえず夢…(2008年) - 死神役
  • 息吹きの瞬間(2011年) - 古波蔵徳一郎役

映画編集

オリジナルビデオ編集

脚注編集

外部リンク編集