メインメニューを開く

石倉 三郎(いしくら さぶろう、1946年12月16日- )は、日本俳優コメディアンタレント。本名は石原 三郎(いしはら さぶろう)。高倉健から倉の一字をもらって芸名とした。

いしくら さぶろう
石倉 三郎
本名 石原 三郎(いしはら さぶろう)
生年月日 (1946-12-16) 1946年12月16日(72歳)
出生地 香川県小豆郡内海町
国籍 日本の旗 日本
身長 170cm
血液型 A型
職業 俳優コメディアンタレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1965年 -
配偶者 既婚
事務所 株式会社GROW
公式サイト プロフィール
主な作品
テレビドラマ
八丁堀の七人』/『ひらり』/『課長サンの厄年』/『たたかうお嫁さま
海まで5分』/『すずらん』/『夫婦道』/『下町ロケット
映画
四十七人の刺客』/『新選組』/『どら平太

香川県小豆郡内海町(現:小豆島町)出身。血液型はA型。2人兄妹の長男。所属事務所は株式会社GROW。身長170cm、体重65kg。

目次

来歴編集

交友編集

  • ビートたけしとは互いに浅草フランス座で下積みしていた頃からの仲。
  • コント・レオナルド解散の原因は熊との公私両面にわたる深刻な不仲化が原因(詳細はコント・レオナルドの項目参照)。解散後石倉は熊が1994年逝去・葬儀に参列するまで一切熊と顔をあわすことはなかった。
  • 石倉と妻(料理店経営者)の媒酌人は坂本九柏木由紀子夫妻が務めることになっていたが、日本航空123便墜落事故で坂本が死去し実現しなかった。
  • 山田辰夫とも交流があり(山田は2009年逝去)、1993年に長渕剛主演の『RUN』で共演を果たしている。
  • 橋爪功とは親交が深い(『あさイチ』に橋爪がゲスト出演した際には「(橋爪の)唯一の友達ではないでしょうか。ほら、あの人(=橋爪)、偏屈だから」とコメントしている)。
  • 市川崑はテレビでの演技をエッセイで褒めて以来、その個性に着目。『四十七人の刺客』にて重要な役に起用して以来、自らの死去までほとんどの作品に出演させた(いわゆる、崑ファミリーの最終メンバーの1人となった、といえる)。

出演編集

テレビドラマ編集

NHK編集

NHK BSプレミアム編集

日本テレビ編集

TBS編集

フジテレビ編集

テレビ朝日編集

テレビ東京編集

WOWOW編集

  • 娘の結婚(2003年)
  • イヴの贈り物(2007年)

映画編集

  • 不良番長一攫千金(1970年、東映
  • 捨て身のならず者(1970年、東映)
  • 新網走番外地 大森林の決斗(1970年、東映)
  • 新宿(ジュク)の与太者(1970年、東映)
  • 新網走番外地 吹雪のはぐれ狼(1970年、東映)
  • ごろつき無宿(1971年、東映)
  • 新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬(1971年、東映)
  • 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983年)
  • 魚影の群れ(1983年) - 水産業者・岸本 役
  • 祝辞(1985年) - 電車で独り言を言う男 役
  • 哀しい気分でジョーク(1985年) - 佐川六助 役
  • キネマの天地(1986年) - 看守 役
  • 愛しのチィパッパ(1986年) - 由紀の愛人 役
  • ハチ公物語(1987年) - 町田巡査 役
  • 刑事物語5・やまびこの詩(1987年) - 人質犯 役
  • 死線を越えて 賀川豊彦物語(1988年) - 丸井徳次 役
  • 椿姫(1988年) - 鎌田 役
  • 独身アパートどくだみ荘(1988年) - ヤクザ風の男 役
  • オルゴール(1989年) - 仙吉 役
  • ペエスケ ガタピシ物語(1990年) - 部長 役
  • 四十七人の刺客(1994年) - 瀬尾孫左衛門 役
  • 八つ墓村(1996年) - 徳之助 役
  • 岸和田少年愚連隊(1996年) - 利男 役
  • 英二(1999年) - 堂本高志 役
  • 新撰組(2000年) - 芦沢鴨 役(声の出演)
  • どら平太(2000年) - 巴の太十 役
  • かあちゃん(2001年) - 熊五郎 役
  • 極道の妻たち 地獄の道連れ(2001年) - 早崎邦男 役
  • およう(2002年)
  • 浅草キッドの「浅草キッド」(2002年)
  • 座頭市(2003年) - 扇屋 役
  • 黒いダイヤ(2005年) - ナレーション
  • ヒョンジェ(2006年)
  • 無花果の顔(2006年) - 父 役
  • 犬神家の一族(2006年) - 藤崎鑑識課員 役
  • 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜(2010年) - 三宅貞夫 役
  • 大地の詩 -留岡幸助物語-(2011年) - 留岡金助 役
  • あなたへ(2012年) - 漁協役員 役
  • 瀬戸内海賊物語(2014年) - 町長 役
  • コンビニ夢物語(2016年) - 坂上幸造 役
  • つむぐもの(2016年) - 主演・剛生 役[1]
  • オケ老人!(2016年) - 戸山 役
  • ふたりの旅路(2016年) - 和食店オーナー 役
  • オボの声(2016年)
  • 生きる街(2018年) - 佐藤俊之 役(写真)
  • あるいは、とても小さな戦争の音(2018年) - 品川 役
  • こはく(2019年) - 宮本哲郎 役

舞台編集

バラエティ編集

ラジオ編集

その他編集

  • うどん県(2011年10月-、香川県)
  • コラム「粋に生きたい!」(二十四の瞳映画村)[6]

CM編集

受賞歴編集

  • 第2回プラチナエイジスト・特別賞(2016年)[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 芸歴50年!石倉三郎の映画初主演作「つむぐもの」製作決定 キム・コッピが共演”. 映画.com (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  2. ^ BS時代劇 小吉の女房”. NHK. 2019年1月31日閲覧。
  3. ^ 石倉三郎、高橋光臣が「下町ロケット」後半パートに出演”. スポニチアネックス (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  4. ^ 『昼のセント酒』石倉三郎が“ケツテロ”参戦 竹中直人は「シーズン2で」”. ORICON STYLE (2016年6月4日). 2016年6月5日閲覧。
  5. ^ 石倉三郎、芸歴50年で初MC「待ってました!」 お酒と料理でおもてなし”. ORICON STYLE (2016年1月21日). 2016年1月22日閲覧。
  6. ^ 小豆島出身俳優 石倉三郎
  7. ^ “渡辺裕之、30年前とほぼ体重変わらず ゴミ拾いが日課”. ORICON STYLE. (2016年7月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2074571/full/ 2016年7月6日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集