レオナルド熊

日本のコメディアン、俳優

レオナルド 熊(レオナルドくま、本名:井上 千蔵 (いのうえ せんぞう)、1935年6月27日 - 1994年12月11日)は、日本コメディアン俳優石倉三郎と組んだコントコンビラッキーパンチ」「コント・レオナルド」で人気を博した。

レオナルド熊
本名 井上千蔵
ニックネーム 熊さん
別名義 北海の熊
熊田にげろう
ラッキー熊
生年月日 1935年6月27日
没年月日 (1994-12-11) 1994年12月11日(59歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道樺戸郡新十津川町
最終学歴 高等学校中退
影響 浅草軽演劇
コンビ名 ラッキーパンチ

コント・レオナルド
相方 石倉三郎
芸風 コント漫才
立ち位置
活動時期 1960年代 - 1994年
過去の代表番組レオナルドにゅうす笑』他
他の活動 俳優
親族 妻、長男、長女
弟子 ゆーとぴあホープ
ブッチー武者
テンプレートを表示

人物と芸風編集

北海道樺戸郡新十津川町の出身。地元高校中退し、役者を志すため単身で上京する。しかし実際のところ中々芽が出ることが無く苦労し、十余年地方巡業をして活動していた。その後浅草に定着してストリップ劇場で幕間コントをこなしつつ、副業として小料理店を経営し生計を立てていた。しかし1973年に持病の結核が悪化してしまい、治療に専念するためにおよそ5年間にわたる長期入院[1]をすることになった。当時の芸名は 北海の熊熊田にげろうである。

熊のことを『師匠』と仰ぐ弟子も少なくなかったが、本人の性格や金銭・健康面など諸問題もあってのコンビ解消と再結成をこれまでに数多く繰り返して来ており、相方は25人ほど交代するに至っている。

病気療養中の1979年ホープ[2]の紹介で、俳優出身でどつき漫才を売りに活動していた「チャップリンズ」を解散したばかりの石倉三郎と「ラッキーパンチ[3]を結成し初デビューを果たした。しかし売れて来たにもかかわらず、病み上りで更に体調不良気味である熊が舞台を続けて休む事態となった。それが要因で仕事が無くなりコンビ仲も悪化する。その結果、1年弱で解散する形になった[4]。この熊とのコンビ解消を機に石倉は一旦、芸能界から引退した。

石倉との「ラッキーパンチ」を解散した直後から、弟子であるブッチー武者と2人で「熊田うつぞう・にげろう」を組み、間もなく「コント・レオナルド」(初代)に改称すると同時に、自身の芸名を「レオナルド熊」に改名した。しかし、命名者であるポール牧に事前許可もなく無断で改名した為に、破門されることになってしまう。

コンビ名と自身の芸名を改称し、相方を変えた上で新たに芸能活動を始めたが、弟子である武者とのコンビ仲は良好とはいえなかった。武者が熊の執拗ないじめが原因だと思われるノイローゼ神経症)になる深刻な状況となり、更にその後『花王名人劇場』へ出演直前に、コント中の舞台で転倒してしまう不運も重なった。武者はその転倒で骨折する負傷で休演せざるを得なくなったために、ホープと澤田隆治の仲裁で武者とのコンビを解消させた後に、芸能界を引退して千葉県富津市にあるマザー牧場で勤務していた石倉を呼び戻し、1981年に「コント・レオナルド」(二代目)を再結成させる形となった。

若手が中心の漫才ブームの中で、比較的年輩[5]の熊が政治経済時事問題を不条理コントで茶化すスタイルは当時異色の存在となり、これが受けて人気を不動のものにする。

1983年に出演したサントリービール「生樽」のテレビコマーシャルで、熊が発した『いかにも一般大衆が喜びそうな』は、この年の流行語にもなり[6]広く知られた顔にもなった。

コメディアンとして人気を得たのと共に俳優としても活躍し、テレビドラマ『江戸川乱歩の美女シリーズ人間椅子』(1984年、テレビ朝日)では、美女が座る椅子を愛する職人・黒川純一役を演じ、怪優としての側面も見せていた。

しかし、石倉とのコンビ仲は「ラッキーパンチ」の頃と同様に良好ではなかった。自ら作・演出を手掛ける熊にとって『コント・レオナルド』は、最初から「自分の名を冠した自身の持ち物」という意識を常に持ち続けており、強いこだわりとプライドがあった[7]。石倉はその熊に対して我慢が出来ずに愛想を尽かし、熊も石倉の酒癖の悪さを批判した。人気が安定していたのにもかかわらず、喧嘩別れをする形で1985年10月に再びコンビを解消し、絶縁する形となる。ちなみに二代目「コント・レオナルド」としての活動期間は4年間であった。

絶縁後の熊と石倉はその後一切顔を合わせることはなかったが、2人が再会したのはコンビ解消からおよそ9年後となる1994年12月11日に、熊が死去した葬式に石倉が参列した日となった[8]

その後は石井光三と「劇団七曜日」を立ち上げ、若手お笑い系役者[9]登竜門となる。またピン活動の傍ら、その場で若手を相方にコンビを組み地道に活動を続けていたが、肝心である芸の切れ味が鈍ってしまったこともあり[10]、次第に芸能界から距離を置く様になる。

1994年の10月に、末期の膀胱癌と診断される。後にホープ・マギー司郎など「田端グループ」の仲間達による「癌祝いの会」が開かれた。その約2か月後の12月11日、家族と共に焼肉を外食し終えた直後に容体が急変し、搬送先の国立第二病院で死去した。59歳没。

弟子編集

ほか

家族編集

最後の妻は元女優の中川加奈。息子はレオナルド小熊名義で子役出演の後、ギタリスト井上"KB"幸法として活動。長女は一般人。

出演番組編集

テレビドラマ編集

出演映画編集

CM編集

ほか

著書編集

  • 『ヤッ、熊が来た―いかにも一般大衆にウケる本』祥伝社 1983年
  • 『レオナルド熊の鬼退治』集英社 1984年
  • 『レオナルド熊のおんな講座』小学館 1984年

ディスコグラフィ編集

河島英五橋幸夫も熊と同じ時期に同楽曲をリリースした「競作ソング」のひとつ。

脚注編集

  1. ^ 更に同じ時期に妻とは別れる事になってしまう為に、生活保護を受けていた時期もあった。
  2. ^ ピン活動の本名である城後光義で、熊の元弟子を務めていたこともあった。
  3. ^ テレビへ出演する為の便宜上の関係でポール牧の門下入りをし、その際に「ラッキー熊」を命名されている。
  4. ^ 相方の石倉の話によると「熊は持病の結核でしょっちゅう倒れてその度に飯が食べれなくなり、疲れてしまった」と語っている。コンビ解散の際に熊は「あんたこのままだと死んじゃうぜ?もうやめなよ。俺もやめるから」と話したという。
  5. ^ 石倉三郎とコンビを再結成した当時、熊は46歳でベテランの芸歴もあった。
  6. ^ 木村傳兵衛、谷川由布子他『新語・流行語大全 1945→2005 ことばの戦後史』自由国民社2005年、199頁。
  7. ^ 熊は石倉ではない別の弟子を相方にして「コント・レオナルド」名義で内職営業をして私物化したり、断り無く割りを多く取るなどの行動を取っている。こういう熊の行動が明るみに出るに連れて、石倉が不信感を抱いていた。
  8. ^ コンビ解消後、熊は単独でコメディアン・俳優業を継続した。石倉も俳優・タレントとして現在も活躍中である。
  9. ^ 主な劇団員にはピンクの電話デンジャラス菅原大吉磯野貴理子近藤芳正田根楽子などがいる。
  10. ^ 再婚した妻と副業を始めたりしたことや、元々病弱であるという体調の理由もあった。
  11. ^ 当番組の人気コーナーであった「各駅停車路線バスの旅」の3代目レポーターをミスターちんと共に担当していた。
  12. ^ コント・レオナルドで当時コンビを組んでいた石倉三郎と出演。
  13. ^ 高見知佳、藤島親方(後の貴ノ花利彰)と共演。
  14. ^ 伊藤つかさと共演。

参考文献編集

著者インタビュー日刊ゲンダイ 2010年04月21日付)

関連項目編集