メインメニューを開く

ベネトンB186 (Benetton B186) は、ベネトン・フォーミュラ1986年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーロリー・バーンを責任者として設計された。

ベネトン・B186
Gerhard Berger 1986 Detroit.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ベネトン
デザイナー ロリー・バーン
後継 ベネトン・B187
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー コンポジット モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プルロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
トレッド 前:1,816 mm (71.5 in)
後:1,683 mm (66.3 in)
ホイールベース 2,743 mm (108.0 in)
エンジン BMW・M12/13, 1,499 cc (91.5 cu in), 直列4気筒, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ベネトン製 6速 MT
重量 548 kg (1,210 lb)
燃料 BMW ヴィンテルスハル
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ベネトン・フォーミュラ Ltd
ドライバー 19. イタリアの旗 テオ・ファビ
20. オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1986年ブラジルグランプリ
初勝利 1986年メキシコグランプリ
出走優勝ポールFラップ
16123
テンプレートを表示

概要編集

前年までトールマンとして活動していたチームを、同チームのスポンサーだったベネトンが買収し、ベネトン・フォーミュラチームとして参戦した初年度のマシンである。

前年トールマンが使用していたハートエンジンをやめ、BMW直4ターボエンジンを搭載した。ハートからBMWへの変更が決まったのが遅かったため、バーンは前年の10月までB186の設計に取り掛かかることができなかった[2]

直線スピードは速く、低中速コースでは苦戦したが、高速コースでは速いラップタイムを記録することが多かった。モンツァで行われたイタリアGPでは、ベネトンの使用していたBMWエンジンは予選時に5.5バールの記録的な高過給圧で1350馬力を発生していた[3]

カラーリングは車体前半がベネトンのイメージカラーの緑色で、エンジンカウル上には筆で様々な色をなぞった様な模様があるポップなデザインだった。

シャシー履歴編集

B186は7台が製造された[4]。開幕戦には3台のシャシーが投入されたが、最後のシャシーは開幕戦の前週に完成した[4]。 4号車はモントリオールでファビが大きなクラッシュに見舞われて廃棄されたが、ブレーキのテスト中に大クラッシュした3号車は修復されてイギリスGPにスペアカーとして持ち込まれた[5]

オーストリアGPイタリアGPで2度のポールポジションを獲得したのはファビの6号車、メキシコGPで初優勝を挙げたのはベルガーの7号車だった[4]

成績編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
BRA
 
ESP
 
SMR
 
MON
 
BEL
 
CAN
 
DET
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
AUT
 
ITA
 
POR
 
MEX
 
AUS
 
1986 19   ファビ 10 5 Ret Ret 7 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 8 Ret 10 19 6位
20   ベルガー 6 6 3 Ret 10 Ret Ret Ret Ret 10 Ret 7 5 Ret 1 Ret

脚注編集

  1. ^ Hamilton (ed.), pp.53, 56
  2. ^ Henry, Alan (1998) (英語). FORMULA1 THE TURBO ERA. Hazleton Publishing. pp. 106. ISBN 1-874557-97-7. 
  3. ^ イアン・バムゼイ『世界のレーシングエンジン』三重宗久訳、株式会社グランプリ出版、東京都新宿区、1990年、p.36。ISBN 4-906189-99-7
  4. ^ a b c Hamilton, Maurice (ed.) (1986). AUTOCOURSE 1986-87. Hazleton Publishing. pp. p.228. ISBN 0-905138-44-9. 
  5. ^ Hamilton, Maurice (ed.) (1986). AUTOCOURSE 1986-87. Hazleton Publishing. pp. p.146. ISBN 0-905138-44-9. 

外部リンク編集