マイケル・ボール (俳優)

マイケル・ボール(Michael Ball、1962年6月27日 - )は、イギリスイングランド生まれの俳優歌手である。

マイケル・ボール
Michael Ball
Michael Ball
2006年、カーディフにて
本名 Michael Ashley Ball
生年月日 (1962-06-27) 1962年6月27日(59歳)
出生地 イギリスの旗 イギリスウスターシャー、ブロムスグローヴ
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優、歌手
公式サイト www.michaelball.co.uk/homepage/
主な作品
舞台
レ・ミゼラブル』/『オペラ座の怪人』/『アスペクツ・オブ・ラブ』/『ヘアスプレー』/『スウィーニー・トッド
 
受賞
ローレンス・オリヴィエ賞
ミュージカル主演男優賞
2008年『ヘアスプレー』
2013年『スウィーニー・トッド』
その他の賞
テンプレートを表示

ミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウス・ポンメルシー役(オリジナル・ロンドン・キャスト)、『オペラ座の怪人』のラウル役、『アスペクツ・オブ・ラブ』のアレックス・ディリンガム役(オリジナル・ロンドン・キャスト、オリジナル・ブロードウェイ・キャスト)などで知られ、ローレンス・オリヴィエ賞のミュージカル主演男優賞を2度受賞している。大英帝国勲章の受章者である。

経歴編集

1962年、イングランド、ウスターシャーのブロムスグローヴで生まれる。

ユース・シアターに参加した後、ギルフォード演劇学校で演技を学んだ。初舞台は1984年ウェールズアベリストウィスで上演されたミュージカル『Godspell』であった。その後、マンチェスター・オペラハウスで上演されたギルバート・アンド・サリヴァンのコミック・オペラ、『ペンザンスの海賊』に出演した。この時キャメロン・マッキントッシュから注目され、後にクロード=ミシェル・シェーンベルク作曲のミュージカル、『レ・ミゼラブル』のマリウス役のオリジナル・ロンドン・キャストに誘われた[1]1985年、23歳の時に同役でウエスト・エンドデビューを果たした。

1987年には、アンドルー・ロイド・ウェバー作曲のミュージカル、『オペラ座の怪人』のラウル役を演じた。

1989年には、ロイド・ウェバー作曲のミュージカル、『アスペクツ・オブ・ラブ』の主役、アレックス役をオリジナル・ロンドン・キャストとして演じた。1990年には、同役のオリジナル・ブロードウェイ・キャストとして、ニューヨークブロード・ウェイでのデビューを果たした。

1992年には、ユーロビジョン・ソング・コンテストにイギリス代表として出場し、2位となった。その年に発売したアルバム『Michael Ball』は、全英アルバムチャートで1位を獲得した。

1995年ロンドンロイヤル・アルバート・ホールで行われた『レ・ミゼラブル10周年記念コンサート』では、マリウス役で出演した。

1996年には、スティーヴン・ソンドハイム作詞作曲のミュージカル、『パッション英語版』において、ジョルジオ役をオリジナル・ロンドン・キャストとして演じた。また、ワンマンショー『Alone Together』を上演した。

1998年には、ロイド・ウェバー50歳を祝うコンサート『アンドルー・ロイド・ウェバー ロイヤル・アルバート・ホール セレブレーション』、バービカンセンターで行われた『ソンドハイム・トゥナイト』、キャメロン・マッキントッシュがプロデュースした作品のコンサート『Hey, Mr. Producer!』に出演した。

2002年には、シャーマン兄弟作詞作曲のミュージカル『チキ・チキ・バン・バン英語版』において、カラクタカス・ポッツ役をオリジナル・ロンドン・キャストとして演じた。

2004年には、アイルランドで上演されたロイド・ウェバー作曲のミュージカル、『サンセット大通り』コンサート版において、ジョー・ギリス役でペトゥラ・クラークと共演した。

2005年2月には、ロイド・ウェバー作曲のミュージカル『ウーマン・イン・ホワイト』のフォスコ伯爵役を、マイケル・クロフォードから引き継いだ。9月には、ギルバート・アンド・サリヴァンのコミック・オペラ、『ペイシェンス英語版』でニューヨーク・シティ・オペラデビューを果たした。11月には、ブロード・ウェイにトランスファーされた『ウーマン・イン・ホワイト』において、フォスコ伯爵役をオリジナル・ブロードウェイ・キャストとして演じた。

2006年には、ロイヤルコート劇場で上演されたリチャード・オブライエン作詞作曲のミュージカル、『ロッキー・ホラー・ショー』のチャリティーコンサートにおいて、アンソニー・スチュワート・ヘッドと共にフランクン・フルター博士役で出演した。

2007年6~7月には、イングリッシュ・ナショナル・オペラで上演されたミュージカル、『キスメット英語版』で主演を務めた。また、10月にはウエスト・エンドに戻り、ミュージカル『ヘアスプレー』でエドナ役をオリジナル・ロンドン・キャストとして演じた。この役で、2008年のローレンス・オリヴィエ賞ではミュージカル主演男優賞を受賞した。

2010年10月2日O2アリーナで行われた『レ・ミゼラブル25周年記念コンサート』のフィナーレでは、マリウス役のオリジナル・キャストとして登場し、出演者たちと『ワン・デイ・モア』を歌った。

2011年チチェスター・フェスティバル劇場で上演されたソンドハイム作詞作曲のミュージカル、『スウィーニー・トッド』において、トッド役としてイメルダ・スタウントンと共演した。2012年にはウエスト・エンドでも上演され、2013年のローレンス・オリヴィエ賞では、2度目のミュージカル主演男優賞を受賞した。

2016年以降、アルフィー・ボーと共に3枚のアルバムを発売している。全英アルバムチャートで『Together with Alfie Boe』(2016年)、『Together Again with Alfie Boe』(2017年)は1位、『Back Together with Alfie Boe』(2019年)は2位を獲得した。

2018年2月には初来日し、東急シアターオーブでアルフィー・ボーと共にコンサートを行った。

2019年3月に発売されたソロアルバム『Coming Home to You』は、全英アルバムチャートで1位を獲得した。また、8~11月には、ウエスト・エンドのギールグッド劇場で上演された『レ・ミゼラブル・ザ・オールスター・ステージ・コンサート』において、ジャベール役を演じた。

2020年4月には、キャプテン・トム・ムーアとデュエットしたシングル、『ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン』が、全英シングルチャート1位を獲得した。この作品は、NHSのスタッフによる合唱団との共作で、収益はNHSのチャリティへ寄付されるものである。トム・ムーア大尉の99歳11ヵ月での1位獲得は、70年近い全英チャート史上、最高齢であった[2]

CD編集

キャストアルバム

  • 『Les Misérables』Original London Cast(1985年) - 『レ・ミゼラブル』オリジナル・ロンドン・キャスト(マリウス・ポンメルシー役)
  • 『Les Misérables』Complete Symphonic Recording (1988年) - 『レ・ミゼラブル』コンプリート・シンフォニック・レコーディング(マリウス・ポンメルシー役)
  • 『Rage of the Heart』Concept Album (1989年) - コンセプトアルバム(Peter Abelard役)
  • 『Aspects of Love』Original London Cast (1989年) - 『アスペクツ・オブ・ラブ』オリジナル・ロンドン・キャスト(アレックス・ディリンガム役)
  • 『West Side Story』Studio Cast (1993年) - 『ウエスト・サイド物語』スタジオ・キャスト(トニー役)
  • Les Misérables – 10th Anniversary – The Dreamcast in Concert (1995年) - 『レ・ミゼラブル』10周年記念コンサート(マリウス・ポンメルシー役)
  • 『Passion』Original London Cast in Concert (1997年) - 『パッション英語版』オリジル・ロンドン・キャスト(ジョルジオ役)
  • Sondheim Tonight (1998年) – 『ソンドハイム・トゥナイト』コンサート・キャスト
  • Hey, Mr. Producer! The Musical World of Cameron Mackintosh (1998年) – コンサート・キャスト(『オペラ座の怪人』ラウル役、『レ・ミゼラブル』マリウス役)
  • Chitty Chitty Bang Bang Original London Cast (2002年) - 『チキ・チキ・バン・バン英語版』オリジナル・ロンドン・キャスト (カラクタカス・ポッツ役)
  • 『Sweeney Todd』The 2012 London Cast (2012年) - 『スウィーニー・トッド』2012年ロンドン・キャスト(スウィーニー・トッド役)

ソロアルバム

  • Michael Ball (1992年)
  • Always (1993年)
  • One Careful Owner (1994年)
  • First Love (1995年)
  • The Musicals (1996年)
  • The Movies (1998年)
  • The Very Best of Michael Ball – In Concert at the Royal Albert Hall (1999年)
  • Christmas (1999年)
  • This Time... It's Personal (2000年)
  • Centre Stage (2001年)
  • A Love Story (2003年)
  • Love Changes Everything – The Essential Michael Ball (2004年)
  • Music (2005年)
  • One Voice (2006年)
  • Back to Bacharach (2007年)
  • Past and Present: The Very Best of Michael Ball (2009年)
  • Heroes (2011年)
  • Both Sides Now (2013年)
  • If Everyone Was Listening (2014年)
  • Coming Home to You (2019年)

コンピレーションアルバム

  • The Best of Michael Ball (1994年)
  • Stages (1996年)
  • The Collection (1997年)
  • Songs of Love (1998年)
  • Secrets of Love (2000)
  • Michael Ball – The Collection (from M&S) (2000年)
  • Stage and Screen (2001年)
  • A Song For You (2003年)
  • I Dreamed A Dream (2003年)
  • Seasons of Love (2006年)
  • Stage and Screen (from Readers Digest) (2006年)
  • The Silver Collection (2007年)
  • Encore (2010年)
  • Songbook (from Readers Digest) (2011年)
  • Love Changes Everything: The Collection (2012年)
  • Together with Alfie Boe (2016年)
  • Together Again with Alfie Boe (2017年)
  • Back Together with Alfie Boe (2019年)

DVD/ブルーレイ編集

  • Les Misérables – 10th Anniversary – The Dreamcast in Concert (1995年) - 『レ・ミゼラブル』10周年記念コンサート(マリウス・ポンメルシー役)
  • Michael Ball – the Musicals & More (1996年)
  • Andrew Lloyd Webber: The Royal Albert Hall Celebration (1998年) - 『アンドルー・ロイド・ウェバー ロイヤル・アルバート・ホール セレブレーション』コンサート・キャスト
  • Hey, Mr. Producer! The Musical World of Cameron Mackintosh (1998年) – コンサート・キャスト(『オペラ座の怪人』ラウル役、『レ・ミゼラブル』マリウス役)
  • Michael Ball – Live at the Royal Albert Hall (1999年)
  • Michael Ball – This Time... It's Personal – Live (2000年)
  • Alone Together: Michael Ball – Live At The Donmar (2001年)
  • Michael Ball – Live In London (2004年)
  • The Best of Michael Ball – Live (2006年)
  • Michael Ball – One Voice, One Special Night – Live (2007年)
  • Rocky Horror Tribute Show (2008年) – 『ロッキー・ホラー・ショー』コンサート(2006年収録、フランクン・フルター博士役)
  • Michael Ball – Past and Present – 25th Anniversary Tour (2009年)
  • Michael Ball – A Life on Stage (2010年)
  • Les Misérables 25th Anniversary concert (2010年) - 『レ・ミゼラブル』25周年記念コンサート(フィナーレ・ゲスト)
  • Michael Ball – Heroes Live (2011年)
  • Michael Ball: Both Sides Now – Live Tour 2013 (2013年)

脚注編集

外部リンク編集