マイネルラヴ日本競走馬種牡馬1990年代後半に中央競馬で短距離からマイル戦にかけて活躍した外国産馬。キーンランドジュライセールで375,000ドルで落札された。ラフィアンターフマンクラブでは1996年の第2次募集で募集されたが、高額な価格設定からか満口には至らなかった。募集価格は7000万円(35万円×200口)である。主な勝ち鞍はスプリンターズステークス1998年)、セントウルステークス1998年)、シルクロードステークス1999年)。

マイネルラヴ
1999年4月10日 阪神競馬場
欧字表記 Meiner Love
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 1995年3月8日
死没 2012年6月9日(17歳没)
Seeking the Gold
Heart of Joy
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産者 ジョン C. マビー夫妻
馬主 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
調教師 稗田研二(美浦)→ 稲葉隆一(美浦)
競走成績
生涯成績 23戦5勝
獲得賞金 3億1647万円
IC S117 / 1998年[1]
S112 / 1999年[2]
勝ち鞍
GI スプリンターズS 1998年
GIII セントウルS 1998年
GIII シルクロードS 1999年
テンプレートを表示

戦績 編集

馬齢はデビュー当時の年齢表記にあわせて旧年齢表記とする。

3歳 編集

1997年夏の函館競馬でデビュー。この馬が出ることで出走馬が集まらず、レース不成立が危ぶまれた。しかし、最終的には5頭立てとなりレース不成立を免れた。レースではスタートで出遅れたものの、性能の違いで直線では5馬身差をつけ、単勝1.1倍の圧倒的1番人気に応え勝利した。

ソエのため休養し、秋の東京競馬で復帰。初戦のプラタナス賞では苦手なダートの上に出遅れもあって2着に敗れるが、中1週で挑んだ百日草特別では単勝1.2倍の圧倒的1番人気に応え2勝目を挙げた。更に中1週で東京スポーツ杯3歳ステークスに挑むも、人気を分け合っていたキングヘイローに敗れ2着に終わった。

続く朝日杯3歳ステークスでは強行軍と前走の敗戦が嫌われ6番人気にとどまるが、逃げるマウントアラタを4コーナーで捉え直線で先頭に立つという積極的な競馬を試みた。しかし、グラスワンダーに交わされ2着に終わった。グラスワンダーの勝ち時計は1分33秒6のレースレコードであり、自身の走破時計はリンドシェーバーの当時のレースレコードと同タイムの1分34秒0であった。前半800m45秒台というハイペースを先行し、2着に粘ったことで評価が高まった。

4歳 編集

明けた1998年、初戦の京成杯で単勝1.2倍の圧倒的1番人気に支持された。好スタートに見えたが、隣の馬と接触し口を切るというアクシデントが発生していた。レースでは終始馬場の悪い内側を走らされ、直線では前を行く勝ち馬のマンダリンスターと2着のエフワンナカヤマが壁になり、ゴール直前でようやく最内から抜け出すもレースは5着と初めて連対を外してしまった。

次走のアーリントンカップでは完全に勝ちパターンであったが、オリビエ・ペリエが巧みに騎乗したダブリンライオンの2着に敗れてしまう。ニュージーランドトロフィー4歳ステークスでは、差しの競馬に転換し、直線もよく伸びたが、エルコンドルパサーには届かず、さらにゴール前でスギノキューティーにも交わされ3着に敗れた。武豊に乗り替わって期待されたNHKマイルカップも7着に敗れた。このときはレース前に雨が降っており、馬場が良くなかった(稍重)ことも影響し、また鞍上の武豊はレース後の談話で、「1600mでも(距離が)少し長い」と発言している。この後休養に入り、8月に稗田研二厩舎から稲葉隆一厩舎に転厩した。当時のサラブレッドクラブ・ラフィアン代表、岡田繁幸のこの馬に対する期待は並々ならぬもので、(ケンタッキーダービーを狙うと公言していた)4歳春のふがいない成績に憤慨しての転厩と言われている。

復帰戦は、秋のセントウルステークスであった。前走から+18kgという馬体重ながら、このレースでは中団から力強く抜け出す強い競馬を見せ待望の重賞初勝利を挙げた。2着に3馬身差をつける圧勝で、フジテレビの競馬中継で解説をしていた大川慶次郎は「このレベルの(他の)出走馬とこの馬を比べるのは失礼」と発言した。しかし連勝を狙ったスワンステークスではレース中に目に異物が入るアクシデントの影響で7着に敗れ、予定していたマイルチャンピオンシップを回避した。

スプリンターズステークスではまだ本調子一歩手前の状態であったが、ぶっつけで挑戦することとなった。タイキシャトルの引退レースとあって注目は単勝人気1.1倍と圧倒的となった同馬に集中し、また主戦騎乗であった武豊がシーキングザパールに騎乗したため吉田豊に乗り替わったこともあって、ほぼマイネルラヴはノーマークであった。レースは、そのタイキシャトルを前にマークする形で進め、抜け出そうとするタイキシャトルを4コーナーで並びかけて直線で競り落とし、後方一気で追い込んだシーキングザパールの追撃を頭差振り切り、GI初制覇を飾った。

5歳 編集

1999年、初戦はドバイ遠征を目論みダート重賞ガーネットステークスに出走するが、苦手なダートとあって11着と惨敗した。短期放牧をはさみ、目標を阪急杯に切り替えた。しかし、4月3日に行われるはずの同レースは、ストライキの影響で1週間延期となった。4月10日に行われたレースでは、58.5kgの斤量と雨の影響で5着止まりとなった。休養明けでまだ調整途上であったことも影響した。

続くシルクロードステークスでは、松永幹夫に乗り替わり、アグネスワールドトキオパーフェクト以下に完勝、復活勝利を挙げた。しかし、春の大目標であった高松宮記念の直前、左前球節炎を発症し、無念の回避となった。その後、休養に入った。

復帰後の富士ステークスは、見せ場なく13着と惨敗に終わった。連覇を狙ったスプリンターズステークスは前を行くアグネスワールドを捉えきれず、更に後方にいたブラックホークやキングヘイローに差され4着に終わった。

6歳 編集

年明け初戦のシルクロードステークスは、横山典弘に乗り替わるも、4着に敗れた。59kgの斤量の他、レース当日に激しい雨が降り出し、馬場が悪化し不良馬場となったことが敗因として考えられる。レースでは4コーナーを絶好の手応えで回り勝利するかに見えたが、不良馬場の影響で脚が鈍り、前を行くタイキダイヤを交わすことができずに4着止まりとなった。

この後は、競走馬としてのピークを過ぎていたせいか、高松宮記念16着、秋はセントウルステークス4着、スプリンターズステークス5着、スワンステークス7着、CBC賞12着と全く結果を出せず、現役を引退し、ビッグレッドファーム種牡馬入りした。

競走成績 編集

以下の内容は、netkeiba.com[3]の情報に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
1997.07.06 函館 3歳新馬 芝1200m(良) 5 1 1 001.10(1人) 01着 R1:11.3(36.1) -0.8 R藤田伸二 53 (マイネルシャンセ) 466
0000.10.19 東京 プラタナス賞 500万下 ダ1400m(良) 14 5 7 002.80(1人) 02着 R1:26.4(38.3) -0.1 R後藤浩輝 53 ヘイアンウインザー 480
0000.11.02 東京 百日草特別 500万下 芝1800m(良) 11 6 7 001.20(1人) 01着 R1:49.3(35.6) -0.4 R蛯名正義 54 (レオチャレンジャー) 474
0000.11.15 東京 東京スポーツ杯3歳S GIII 芝1800m(良) 12 6 7 002.60(2人) 02着 R1:48.4(35.7) -0.4 R蛯名正義 54 キングヘイロー 470
0000.12.07 中山 朝日杯3歳S GI 芝1600m(良) 15 6 10 025.80(6人) 02着 R1:34.0(36.4) -0.4 R蛯名正義 54 グラスワンダー 476
1998.01.11 中山 京成杯 GIII 芝1600m(良) 10 1 1 001.20(1人) 05着 R1:37.4(37.0) -0.6 R蛯名正義 56 マンダリンスター 478
0000.03.01 阪神 アーリントンC GIII 芝1600m(良) 11 4 4 003.20(2人) 02着 R1:34.7(35.8) -0.1 R蛯名正義 56 ダブリンライオン 486
0000.04.26 東京 NZT4歳S GII 芝1400m(重) 18 3 6 003.20(2人) 03着 R1:22.6(36.1) -0.4 R蛯名正義 56 エルコンドルパサー 480
0000.05.17 東京 NHKマイルC GI 芝1600m(稍) 17 6 11 011.40(4人) 07着 R1:34.4(35.5) -0.7 R武豊 57 エルコンドルパサー 476
0000.10.04 阪神 セントウルS GIII 芝1400m(良) 13 7 11 004.90(2人) 01着 R1:21.3(34.9) -0.5 R武豊 55 (マコトライデン) 494
0000.10.31 京都 スワンS GII 芝1400m(良) 14 4 5 001.80(1人) 07着 R1:23.1(36.6) -1.2 R武豊 55 ロイヤルスズカ 498
0000.12.19 中山 スプリンターズS GI 芝1200m(良) 15 5 10 037.60(7人) 01着 R1:08.6(35.3) -0.0 R吉田豊 55 シーキングザパール 498
1999.01.10 中山 ガーネットS GIII ダ1200m(良) 16 2 12 005.60(4人) 11着 R1:11.4(38.0) -1.1 R吉田豊 58 ワシントンカラー 504
0000.04.10 阪神 阪急杯 GIII 芝1200m(良) 16 5 9 006.80(3人) 05着 R1:09.2(34.5) -0.6 R吉田豊 58.5 キョウエイマーチ 506
0000.04.25 京都 シルクロードS GIII 芝1200m(良) 14 8 14 005.30(2人) 01着 R1:08.7(34.9) -0.3 R松永幹夫 57 アグネスワールド 506
0000.11.17 東京 富士S GIII 芝1400m(良) 18 4 8 006.00(2人) 13着 R1:23.0(36.7) -1.6 R蛯名正義 59 レッドチリペッパー 502
0000.12.19 中山 スプリンターズS GI 芝1200m(良) 16 8 16 011.40(5人) 04着 R1:08.5(35.3) -0.3 R蛯名正義 57 ブラックホーク 514
2000.02.06 京都 シルクロードS GIII 芝1200m(不) 14 6 9 002.80(2人) 04着 R1:09.8(35.8) -0.3 R横山典弘 59 ブロードアピール 512
0000.03.29 中京 高松宮記念 GI 芝1200m(良) 17 8 15 005.40(3人) 16着 R1:09.8(36.1) -1.2 R蛯名正義 57 キングヘイロー 508
0000.09.10 阪神 セントウルS GIII 芝1200m(良) 16 6 11 005.80(3人) 04着 R1:07.8(33.9) -0.2 R蛯名正義 58 ビハインドザマスク 510
0000.10.01 中山 スプリンターズS GI 芝1200m(稍) 16 3 5 010.60(4人) 05着 R1:09.1(35.2) -0.5 R蛯名正義 57 ダイタクヤマト 510
0000.10.28 京都 スワンS GII 芝1400m(良) 17 2 3 007.70(4人) 07着 R1:21.1(35.4) -0.7 R武幸四郎 59 ダイタクヤマト 506
0000.12.16 中京 CBC賞 GII 芝1200m(良) 16 7 13 008.10(5人) 12着 R1:09.3(35.3) -1.4 R武幸四郎 58 トロットスター 504

特徴 編集

気性に難があり、特に調教で真面目に走らずすぐに手抜きをしてしまうため、一時期は岡田繁幸も競走馬としての活躍を諦めかけてしまったほどだという。現役の最晩年は暴れ癖がひどくなり、パドック・馬房・馬運車と場所を選ばずに暴れるようになってしまい、まともな調教ができないほどであった。

また重い馬場を苦手とするマイネルラヴであったが、その競走生活はなぜか雨にたたられることが多かった。

種牡馬として 編集

 
2004年8月22日(ビッグレッドファーム)

2004年に初年度産駒がデビューし、コスモヴァレンチが小倉2歳ステークスを制し重賞初制覇を果たした。ビッグレッドファーム系列所有の活躍馬が多いが、ユメノオーラ(フィリーズレビュー2着)、ピースオブラヴ(マーメイドステークス2着)など、他馬主の活躍馬も存在する。

近親に日本での活躍馬もおり、Seeking the Goldの直仔であること、自身には当時の主流血統であったヘイルトゥリーズンが入っておらず、この血を持つ繁殖牝馬と配合がしやすいという血統的な長所があった。初年度産駒が実績を残しており、2004年には190頭に種付けを行うなど、人気種牡馬の1頭となったこともある。

2012年6月9日、ビッグレッドファームの放牧地で倒れて起立困難な状態になっているのが発見され、予後不良と診断されて安楽死の処置が取られた[4]。この日にも中央競馬の新馬戦では産駒のカオスモスが勝ち上がっている[5]

グレード制重賞優勝馬 編集

地方競馬重賞優勝馬 編集

母の父としての産駒 編集

血統表 編集

マイネルラヴ血統ミスタープロスペクター系 / Nasrullah 5x5=6.25%) (血統表の出典)[§ 1]
父系 ミスタープロスペクター系
[§ 2]

Seeking the Gold
1985 鹿毛
父の父
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
Con Game
1974 黒鹿毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Broadway Hasty Road
Flitabout

Heart of Joy
1987 黒鹿毛
*リィフォー
1975 黒鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Klaizia Sing Sing
Klainia
母の母
Mythographer
1977 栗毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Arachne Intentionally
Molecomb Peak F-No.14-c
母系(F-No.) 14号族(FN:14-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Nasrullah5×5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ マイネルラヴ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com マイネルラヴ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ マイネルラヴ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ マイネルラヴ 5代血統表2017年8月30日閲覧。

脚注 編集

  1. ^ 優駿』、日本中央競馬会、1999年2月、33頁。 
  2. ^ 優駿』、日本中央競馬会、2000年2月、44頁。 
  3. ^ マイネルラヴ”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2018年4月30日閲覧。
  4. ^ お知らせビッグレッドファーム公式ブログ
  5. ^ 快速マイネルラヴ起立困難で安楽死処分 - 競馬ニュース日刊スポーツ 2012年6月10日
  6. ^ マイネルハーティー”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  7. ^ コスモフォーチュン”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  8. ^ コスモヴァレンチ”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  9. ^ ゲットフルマークス”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  10. ^ ダブルウェッジ”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  11. ^ トーセンラヴ”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  12. ^ コスモヴァシュラン”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  13. ^ マルヨスーパーラブ”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  14. ^ ディアースパークル”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  15. ^ アイアンゴールド”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  16. ^ カミヒコーキ”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  17. ^ マチカネオイカゼ”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  18. ^ ウインクゴールド”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  19. ^ ナムラアンカー”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  20. ^ コスモピクシー”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  21. ^ ポアゾンブラック”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  22. ^ ワタリドラゴン”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  23. ^ アルドラ”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  24. ^ ビレッジオブベスト”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  25. ^ ウォータープライド”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  26. ^ ケンシスピリット”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  27. ^ ディアブレイズン”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  28. ^ ドリームドルチェ”. JBISサーチ. 2021年6月4日閲覧。
  29. ^ ドリームバレンチノ”. JBISサーチ. 2017年11月25日閲覧。
  30. ^ キングハート”. JBISサーチ. 2021年12月21日閲覧。
  31. ^ ウインムート”. JBISサーチ. 2020年7月18日閲覧。
  32. ^ ラブカンプー”. JBISサーチ. 2020年7月18日閲覧。
  33. ^ バイオスパーク”. JBISサーチ. 2021年6月4日閲覧。
  34. ^ ウインカーネリアン|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2022年8月14日閲覧。
  35. ^ リンゴアメ”. JBISサーチ. 2020年7月18日閲覧。
  36. ^ カルチャーデイ”. JBISサーチ. 公益財団法人日本軽種馬協会. 2023年11月4日閲覧。

外部リンク 編集