メインメニューを開く

マクラーレン MP4/8 (McLaren MP4/8) はマクラーレン1993年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。設計はチーフデザイナーのニール・オートレイとエアロダイナミシストのアンリ・デュラン1993年の開幕戦から最終戦まで実戦投入された。

マクラーレン MP4/8
ドニントン・グランプリ・コレクションでのMP4/8
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー ニール・オートレイ
アンリ・デュラン
先代 マクラーレン・MP4/7A
後継 マクラーレン・MP4/9
主要諸元
エンジン フォードHBシリーズ V,VII,VIII[1]
主要成績
チーム マールボロ マクラーレン
ドライバー 7. アメリカ合衆国の旗マイケル・アンドレッティ
7. フィンランドの旗ミカ・ハッキネン
8. ブラジルの旗アイルトン・セナ
出走時期 1993年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 9
通算獲得ポイント 84
初戦 1993年南アフリカGP
初勝利 1993年ブラジルGP
最終戦 1993年オーストラリアGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 5 1 1
テンプレートを表示

目次

概要編集

シャーシはMP4/7Aから特にフロント周りの空力デザインが見直された。先端に向かって下垂(スラント)するハイノーズを採用し、ノーズ下面にキールを設けてロワアームをマウントした。開幕戦から、サイドポンツーンとフロントタイヤの間に大型の整流板(ディフレクター[2])が設置された。これは後年に「バージボード(もしくはターニングベイン)」と呼び名を変え、フットワークのメゾネットウィング(2段式リヤウィング)と同様に93年シーズン中に多くのチームが模倣することになった。

また、アクティブサスペンション、パワーアシストブレーキ、シフトアップがフルオートマ化したセミオートマチックトランスミッション(プログラムシフトも可能)といったハイテクシステムが新たに搭載された。アクティブサスペンションはマクラーレンとビルシュタインが共同開発したもので、シーズン途中からフットワーク・FA14にも供給された。

1992年いっぱいでホンダエンジンを失ったマクラーレンは代替エンジンの獲得に苦労し、1993年フォードHBエンジンを搭載することとなった。しかし、すでにベネトンフォードとワークス供給契約(シリーズVI,VII,VIIIを使用)を結んでいたため、カスタマー契約で型落ちのシリーズVエンジンを搭載した。その後、ベネトン、マクラーレン、フォード3者の合意により、第9戦イギリスGPからはマクラーレンへもワークス供給の体制(シリーズVII,VIII)が取られた。

ホンダパワーを失ったものの、MP4/8はハイテク化と軽量なパッケージングが奏功し、予想を上回るポテンシャルを発揮。しかしコースによってマシンが不向きな場面やエンジンパワー不足の傾向もしばしば現れ、ウィリアムズどころかフォードHBエンジンのトップチームを巡ってライバル関係だったベネトンにも苦戦を強いられることとなった。

1993年シーズン編集

 
アイルトン・セナドイツGPでドライブするMP4/8。

アイルトン・セナはチームとの契約交渉がこじれ、CART転向や1年休養が噂されたが、シーズンが始まると雨絡みのブラジルGPヨーロッパGPで連勝、モナコGP5連覇も果たし、一時ポイントランキング首位となった。中盤戦以降はライバルに見せ場を作れずに苦戦が続いたが、終盤の連勝で存在感をみせつけた。

チームメイトの元CART王者マイケル・アンドレッティは接触が相次ぐなどF1に馴染めず、終盤3戦はミカ・ハッキネンにシートを譲った。ハッキネンは3戦中2戦リタイアしてしまったものの、第14戦ポルトガルGPではセナを予選で上回り、唯一完走した第15戦日本GPで初の表彰台に立つなど、周囲に強烈な印象を与えた。

コンストラクターズ選手権ではウィリアムズに2倍の得点差をつけられたが、トップチームとなりつつあったベネトンを凌いで2位となり、ドライバーズ選手権でもセナがウィリアムズのデイモン・ヒルを上回る2位となった。

その後マクラーレンがF1で勝利を挙げるのは、1997年MP4-12デビッド・クルサードが開幕戦・オーストラリアグランプリを制するまでなかった。

スペック編集

シャーシ編集

 
ブルーノ・セナが乗るMP4/8。ボディサイドにバージボードを装備している(2010年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて)。

エンジン編集

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント ランキング
RSA
 
BRA
 
EUR
 
SMR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
JPN
 
AUS
 
1993 7   アンドレッティ Ret Ret Ret Ret 5 8 14 6 Ret Ret Ret 8 3 84 2位
  ハッキネン Ret 3 Ret
8   セナ 2 1 1 Ret 2 1 18 4 5 4 Ret 4 Ret Ret 1 1
  • 5勝 1PP(1993年)
  • コンストラクターズランキング2位。
  • ドライバーズランキング2位(アイルトン・セナ)5勝 1PP
  • ドライバーズランキング11位(マイケル・アンドレッティ)予選最高位5位 決勝最高位3位(第13戦迄)
  • ドライバーズランキング15位(ミカ・ハッキネン)予選最高位3位 決勝最高位3位(第14 - 16戦にアンドレッティに代わって出走)

MP4/8B編集

マクラーレンは翌1994年に使用するエンジンを探してランボルギーニと接触。MP4/8のシャーシにランボルギーニ3512エンジンを搭載したテスト専用車、MP4/8Bが製作された。V8エンジン用のシャーシにV12エンジンを搭載したので、若干ホイールベースが長くなったり、ギヤボックスや電子制御に改良が加えられるなど、オリジナルのMP4/8と違う点もいくつかある。

1993年9月28日エストリルサーキットで行われたテストにセナのドライブで初登場した。フロントウイング翼端板にグッドイヤーのマークが施されている以外は何もマークはなく、真っ白なマシンだった。

その後、シルバーストーンでのテスト中にハッキネンがとてつもないエンジンブローに見舞われた。ハッキネン曰く、「(エンジンは)素晴らしかった。馬力がどんどん出るんだ。素晴らしかったよ。本当に飛んでいるようだった。でもハンガーストレートからストウに向かうとき、爆発したんだ…いや本当に爆発したんだよ!すごかった。たぶん僕が経験した中で最大のエンジンブローだったと思う。まさにショッキングだったね。エンジンの破片やピストンが僕を追い越して右や左やあらゆるところに飛んでいった。ヘルメットの上を飛んでいくのが見えたよ。大爆発だった。フロアには穴が開いた。F1キャリアの中で最も特別な瞬間のひとつだね。そしてあの信じられないような音といったら[3]」。

結局、1994年型マシンのMP4/9にはプジョーV10エンジンの搭載が決定。ランボルギーニとの提携は幻となった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 第8戦まではシリーズVを、第9,10,11,14,16戦(第10戦は決勝のみ、第14戦は予選以降)はシリーズVIIを、それ以外はシリーズVIIIを使用。
  2. ^ 乗用車用のディフレクターもあるが、見た目は蒸気機関車除煙板(ディフレクター)に近い。
  3. ^ “SPECIAL: The McLambo That Never Was”. SPEED.com. (2008年4月14日). http://formula-one.speedtv.com/article/special-the-mclambo-that-never-was/ 2010年7月10日閲覧。