メインメニューを開く

1993年日本グランプリ (1993 Japanese Grand Prix) は1993年のF1世界選手権第15戦として10月24日に鈴鹿サーキットで決勝レースが開催された。

日本の旗 1993年日本グランプリ
レース詳細
Suzuka 1992 2003.svg
日程 1993年シーズン第15戦
決勝開催日 10月24日
開催地 鈴鹿サーキット
日本 三重県 鈴鹿市
コース長 5.86403km
レース距離 53周(310.79359km)
決勝日天候 晴れ時々曇り一時雨
(ドライ、ウェット、ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'37.154
ファステストラップ
ドライバー フランスの旗 アラン・プロスト
タイム 1'41.176(Lap 53) 
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

概要編集

前戦ポルトガルGPで4度目のワールドチャンピオンを獲得したアラン・プロストは、このレースを含めて現役引退まで残り2戦となった。アイルトン・セナと因縁を残してきた鈴鹿を走るのも最後の機会となる。

全日本F3000選手権に参戦する鈴木利男エディ・アーバインがスポット参戦でF1デビューすることになった。F3000で星野一義とチャンピオン争いを演じているアーバインは、コース内外のパフォーマンスによってF1でも注目を集めることになる。

予選編集

展開編集

プロストが今季13回目のポールポジションを獲得したが、5位までのタイム差が0.5秒以内という僅差の結果になった。セナが0.13秒差で開幕戦以来となるセカンドグリッドを獲得し、1990年以来、久々に両者が鈴鹿のフロントローに並んだ。前戦、マクラーレンでの初レースでセナの予選順位をしのいだミカ・ハッキネンは、セナに0.04秒差の3番グリッドを確保した。

ミハエル・シューマッハはマクラーレン勢に次ぐ4位。一時トップタイムを記録したゲルハルト・ベルガーが5位。デイモン・ヒルはアタック中にスピンして6位。アーバインは走り慣れた鈴鹿でチームメイトのルーベンス・バリチェロのタイムを上回り、8位という好位置からのスタートとなる。鈴木亜久里は9位、片山右京は13位、鈴木利男は23位となった。

結果編集

順位 No ドライバー コンストラクター 1回目 2回目
1 2   アラン・プロスト ウィリアムズルノー 1'38.587 1'37.154
2 8   アイルトン・セナ マクラーレンフォード 1'38.942 1'37.284
3 7   ミカ・ハッキネン マクラーレンフォード 1'38.813 1'37.326
4 5   ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード 1'38.589 1'37.530
5 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'39.024 1'37.622
6 0   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 1'38.979 1'38.352
7 9   デレック・ワーウィック フットワーク無限ホンダ 1'41.086 1'38.780
8 15   エディ・アーバイン ジョーダンハート 1'41.018 1'38.966
9 10   鈴木亜久里 フットワーク無限ホンダ 1'41.380 1'39.278
10 6   リカルド・パトレーゼ ベネトンフォード 1'40.748 1'39.291
11 30   J.J.レート ザウバーイルモア 1'40.346 1'39.391
12 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンハート 1'41.624 1'39.426
13 3   片山右京 ティレルヤマハ 1'40.963 1'39.511
14 27   ジャン・アレジ フェラーリ 1'39.535 2'44.132
15 25   マーティン・ブランドル リジェルノー 1'41.541 1'39.951
16 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバーイルモア 1'41.367 1'40.153
17 26   マーク・ブランデル リジェルノー 1'41.278 1'40.696
18 4   アンドレア・デ・チェザリス ティレルヤマハ 1'41.480 1'40.696
19 12   ジョニー・ハーバート ロータスフォード 1'41.488 3'41.040
20 11   ペドロ・ラミー ロータスフォード 1'43.165 1'41.600
21 20   エリック・コマス ラルースランボルギーニ 1'43.483 1'41.769
22 24   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフォード 1'42.388 1'41.989
23 19   鈴木利男 ラルースランボルギーニ 1'44.562 1'42.175
24 23   ジャン=マルク・グーノン ミナルディフォード 1'46.782 1'43.812'

[1][2]

決勝編集

展開編集

通り雨の演出編集

プロストとセナの過去のフロントロー対決(1988年1989年1990年)は、いずれもポールシッターのセナがスタートで出遅れる展開だったが、今回は逆に予選2位のセナがプロストを抑えて1コーナーに飛び込んだ。セナは苦手としていた鈴鹿でのスタートでも決めるべく、フリー走行ではそれを想定したライン取りで走り込んでライン上の埃を払い落としていたのであった。ハッキネンに続いてベルガーがシューマッハを抜いて4位に上がり、2コーナーではアーバインがシューマッハとヒルをアウト側からかわして5位へジャンプアップした。

アーバインはシューマッハ、ヒル、鈴木亜久里に抜かれて8位に後退し、ベルガー、ヒル、シューマッハの4位争いが過熱する。11周目、ヒルがシケインでベルガーに仕掛けた際、後方のシューマッハと接触し、シューマッハはフロントサスペンションが壊れてリタイアした。

14周目、セナが最初のタイヤ交換のためピットインし、プロストがトップに立った。マクラーレンの2ストップ作戦に対して、プロストはワンストップの予定と戦略が分かれた。

スタート時は晴天だったものの、西の鈴鹿山脈から黒雲がサーキットを覆い、大粒の雨が降り始めた。ウェットコンディションを得意とするセナはピットインの遅れを挽回し、21周目にスプーンカーブ手前の200Rでプロストをかわした。両者はその周の終わりに、レインタイヤに交換するため同時にピットイン。セナはスムーズに作業を終えてピットアウトしたが、プロストはフロントタイヤの交換に手間取った上に、3位ハッキネンのピットインと重なったことで余分にタイムロスし、コース復帰時にはセナに大差をつけられた。ヒルもパンクでピットインしてから再びレインタイヤに交換しており、ウィリアムズは今季何度か見られたウェットレースでの混乱を再現してしまった。

鈴木亜久里は午前のウォームアップ走行で2番手タイムを記録し、決勝でも一時は5番手を走行していたが、レインタイヤ交換後にピット出口でスピン。29周目にも2コーナーで再びスピンしてリタイアとなった。片山右京もエンジンブローで27周目にストップした。

アーバインの蛮勇編集

雨は程なくしてあがり、再び日が差し始めた。コースは依然として濡れているが、レコードライン上は乾きつつあり、各車がドライタイヤに再交換するタイミングに差し掛かった。

1〜3位のセナ、プロスト、ハッキネンはそれぞれ単独走行となったが、4位以下はヒル、バリチェロ、デレック・ワーウィック、アーバインの接戦となる。トップのセナは周回遅れのヒルとアーバインに追いついたが、2台の激しいバトルに進路を阻まれた。一旦アーバインを抜いたものの、ヒルに詰まる間に再びアーバインに割り込まれるというシーンもあった。

41周目、ベルガーがエンジンブローでリタイア。46周目、高速ダンロップコーナーでリカルド・パトレーゼがスピンし、車体を大破させた。マクラーレンとウィリアムズの4台が上位を固める一方、フェラーリとベネトンのマシンは全滅となった。

49周目、シケインでアーバインがワーウィックに追突。アーバインが強引に6位をもぎとり、ワーウィックはリタイアに追いやられた(5周遅れの完走扱い)。

ファイナルラップ、クルージングに入ったセナをアーバインが追い抜いて同一周回に戻る。セナの後ろでゴールすればもう1周しなくても済んだが、アーバインに気にする素振りはない。

セナはプロストに11秒差をつけてチェッカーを受け、第6戦モナコGP以来となる今季4勝目を獲得した。マクラーレンのF1通算勝利数は103勝となり、フェラーリの最多勝記録に並んだ。チームメイトのハッキネンも3位初表彰台を獲得した。

4位ヒルに続いて、5位バリチェロは初入賞となった。デビュー戦6位入賞のアーバインとともに、F1ルーキー2名がジョーダンに今季初ポイントをもたらした。

同じく「F1ルーキー」となるベテラン鈴木利男は序盤にスピンを喫したものの、日本人ドライバーでは唯一の完走(12位)を果たした。

レース後の騒動編集

レース後、セレモニーなどを終えたセナは私服に着替えてジョーダンチームの控え室に出向いた。セナはその場にいたアーバインに対し、周回遅れになる際素直に道を譲らず、ラップリーダーである自分を危険にさらしたと注意した。アーバインは自分のレースをしていただけで、マナー違反などしていないと言い返し、ワールドチャンピオンの警告を受け流した。セナはこの態度に激昂してアーバインの胸倉をつかんだが、周囲の静止により場外乱闘は避けられた。

テレビカメラのない密室での出来事だったため、この一件は「セナがアーバインを殴った」と報道され、しばしメディアを騒がせた(後に、このやり取りを録音した音声テープが公開された)。国際自動車連盟 (FIA) はアーバインを本部に召喚して事情聴取を行い、セナに対して6ヶ月の執行猶予つきで2戦出場停止処分を科した[3]

結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 8   アイルトン・セナ マクラーレンフォード 53 1:40'27.912 2 10
2 2   アラン・プロスト ウィリアムズルノー 53 +11.435 1 6
3 7   ミカ・ハッキネン マクラーレンフォード 53 +26.129 3 4
4 0   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 53 +1'23.538 6 3
5 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンハート 53 +1'35.101 12 2
6 15   エディ・アーバイン ジョーダンハート 53 +1'46.421 8 1
7 26   マーク・ブランデル リジェルノー 52 +1 Lap 17  
8 30   J.J.レート ザウバーイルモア 52 +1 Lap 11  
9 25   マーティン・ブランドル リジェルノー 51 +2 Laps 15  
10 24   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフォード 51 +2 Laps 22  
11 12   ジョニー・ハーバート ロータスフォード 51 +2 Laps 19  
12 19   鈴木利男 ラルースランボルギーニ 51 +2 Laps 23  
13 11   ペドロ・ラミー ロータスフォード 49 +4 Laps 20  
14 9   デレック・ワーウィック フットワーク無限ホンダ 48 +5 Laps 7  
Ret 6   リカルド・パトレーゼ ベネトンフォード 45 スピン 10  
Ret 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 40 エンジン 5  
Ret 10   鈴木亜久里 フットワーク無限ホンダ 28 スピン 9  
Ret 3   片山右京 ティレルヤマハ 26 エンジン 13  
Ret 23   ジャン=マルク・グーノン ミナルディフォード 26 撤退* 24  
Ret 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバーイルモア 25 エンジン 16  
Ret 20   エリック・コマス ラルースランボルギーニ 17 エンジン 21  
Ret 5   ミハエル・シューマッハ ベネトンフォード 10 接触 4  
Ret 27   ジャン・アレジ フェラーリ 7 エンジン 14  
Ret 4   アンドレア・デ・チェザリス ティレルヤマハ 0 クラッシュ 18  
  • No.23はチームの指示により自主リタイア。

[4][2]

脚注編集

  1. ^ 1993年F1第15戦日本GP結果”. Everyday F1.com. 2012年2月11日閲覧。
  2. ^ a b 日本GP 1993”. ESPN F1. 2012年2月11日閲覧。
  3. ^ 『F1速報 1994 総集編』 ニューズ出版、1995年、74頁。
  4. ^ 1993 Japanese Grand Prix” (英語). Formula1.com. 2012年2月11日閲覧。
前戦
1993年ポルトガルグランプリ
FIA F1世界選手権
1993年シーズン
次戦
1993年オーストラリアグランプリ
前回開催
1992年日本グランプリ
  日本グランプリ次回開催
1994年日本グランプリ