メインメニューを開く

ミケランジェロ -神になろうとした男-

ミケランジェロ』 -神になろうとした男-(ミケランジェロ かみになろうとしたおとこ)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。花組[1][2]公演。形式名は「三井住友VISAシアター 宝塚グランド・ロマン[1][2]」。宝塚は20場[1]、東京は18場[2]

作・演出は谷正純[1][2]。本公演における併演作品は『VIVA![3][2]』。

目次

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

ルネサンス期の芸術家・ミケランジェロ・ブオナローティの燃え尽きることのなかった激情の生涯を描いたミュージカル。時の権力者に抗し、神の代わりに生命を創り出そうとしたミケランジェロの作品やコンテッシーナとの魂の交流を通して、人間愛を讃歌している。

花組トップスター・愛華みれの宝塚サヨナラ公演。渚あき星組へ、彩乃かなみ宙組へ、宙組から遠野あすかが異動なったため、宝塚と東京では一部配役を変更している。

公演期間と公演場所編集

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

特別出演(宝塚における本公演)編集

※氏名の後ろの()は2001年当時の所属組。

主な配役編集

本公演編集

※氏名の前に「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。「( )」は宝塚において汝鳥伶、途中休演による代役[1]

新人公演編集

※氏名の前に「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am 90年史 2004, p. 129.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 90年史 2004, p. 133.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 130.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 183.

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3

外部リンク編集