メインメニューを開く

ミナルディ・M197Minardi M197)は、ミナルディ1997年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。デザイナーはガブルエル・トレドッツィティレルから移籍の片山右京と、ドイツF3チャンピオンのヤルノ・トゥルーリがドライブしたが、トゥルーリはシーズン途中でプロスト・グランプリに移籍し、タルソ・マルケスがドライブした。

ミナルディ・M197
カテゴリー F1
コンストラクター ミナルディ
デザイナー ガブルエル・トレドッツィ
先代 ミナルディ・M195B
後継 ミナルディ・M198
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
エンジン ハート 830 3リッター 72度 V8 NA,
トランスミッション ミナルディ / Xtrac製 6速 縦置き セミAT
燃料 ペトロサイエンス
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ミナルディ・チーム
ドライバー 20. 片山右京
21. ヤルノ・トゥルーリ & タルソ・マルケス
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1997年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

フォンドメタルがスポンサーとなりチームの予算はいくらか改善されたものの、車の性能は向上しなかった。ハートエンジンはパワー不足であったがチームをグリッド最後尾から救い出し、新たなブリヂストンタイヤは時折ティレルとの好勝負を演出した。

チームはシーズンを通してポイントを得ることができなかった。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
1997年 ミナルディ ハート V8 B AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
AUT
 
LUX
 
JPN
 
EUR
 
0 NC
ヤルノ・トゥルーリ 9 12 9 DNS Ret 15 Ret
タルソ・マルケス Ret 10 Ret 12 Ret 14 EX Ret Ret 15
片山右京 Ret 18 Ret 11 10 Ret Ret 11 Ret Ret 10 14 Ret 11 Ret Ret 17

参照編集