ティレル・025は、ティレル1997年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラカー。チーム3年目のミカ・サロと、フットワークから移籍したヨス・フェルスタッペンがドライブした。

ティレル・025
Tyrrell-025 MC.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ティレル
デザイナー ハーベイ・ポスルスウェイト
先代 ティレル・024
後継 ティレル・026
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド,
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド,
エンジン フォード ED4 & ED5 75度 V8
トランスミッション ティレル製 6速 縦置き セミAT
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ティレル
ドライバー 18. ヨス・フェルスタッペン
19. ミカ・サロ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1997年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

開発の経緯編集

025は前年の024の発展型であった。エンジンは信頼性に欠けるヤマハV10エンジンから、フォードV8エンジンを搭載した。しかしながらこれはV10車に対してパワー面で劣るものであった。

シーズンはチームにとって期待はずれなものとなった。シャシーのバランスは良くドライバーも有能であり、戦略も良かったものの、目立った結果は残せず、ランキング下位を同じくV8を搭載するミナルディと争った。チームのフラストレーションは、予選や決勝で上位陣に近い位置に付けることはできたものの、結果につながらないことから高まっていった。

サロはモナコGPでノンストップで走りきり、フロントウィングが破損していたものの5位に入った。ケン・ティレル1998年シーズン前にチームをブリティッシュ・アメリカン・レーシングに売却したため、このポイントがティレルのF1における最後のポイントとなった。

チームはシーズン中多くの変更を行った。モナコのような高ダウンフォースを必要とするサーキットでは、コクピットの両脇にウィングを追加した。このウィングはフェルスタッペンが黄色、サロがオレンジに塗られた。これらの「X-ウィング」は翌シーズンには禁止されることとなった。

チームは結局2ポイントを得、コンストラクターズランキング10位でシーズンを終えた。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
1997年 ティレル フォード V8 G AUS
 
BRA
 
ARG
 
SMR
 
MON
 
ESP
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
AUT
 
LUX
 
JPN
 
EUR
 
2 10位
ヨス・フェルスタッペン Ret 15 Ret 10 8 11 Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret 12 Ret 13 16
ミカ・サロ Ret 13 8 9 5 Ret Ret Ret Ret Ret 13 11 Ret Ret 10 Ret 12

参照編集