メインメニューを開く

サボー・ラースロー

ラズロ・サボから転送)
この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にラースロー・サボーと表記することもあります。

サボー・ラースローSzabó László [ˈsɒboːˌlɑ̈ːsloː]、1936年3月24日 ブダペスト - )は、フランスハンガリー俳優映画監督脚本家である。ジャン=リュック・ゴダール作品への出演、『恋のモンマルトル』(1975年)などの監督として知られる。

サボー・ラースロー
Szabó László
生年月日 (1936-03-24) 1936年3月24日(83歳)
出生地 ブダペスト
民族  ハンガリー
職業 俳優映画監督脚本家
著名な家族

Szabó Béla(サボー・ベーラ)(父)

Gulyás Margit(グヤーシュ・マルギット)(母)
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1936年3月24日、ハンガリーの首都ブダペストで生まれる。1950年代初頭のティーンエイジのころ、ハンガリー映画で俳優としてデビュー後、1956年のハンガリー動乱の政情不安定な母国を出て、フランスの首都パリへ移住する。クロード・シャブロル監督の『いとこ同志』(1959年)やゴダール監督の『小さな兵隊』(1960年)などにヌーヴェルヴァーグの作品群に多く出演する。

1973年には、ベルナデット・ラフォン主演の『Les Gants blancs du diable』で映画監督としてデビューする。クロード・ベリがプロデュースした1975年の監督作『恋のモンマルトル』は日本でも公開された。『Sortüz egy fekete bivalyért』(フランス・ハンガリー合作映画、1985年)、『Az ember, aki nappal aludt』(ハンガリー映画、2003年)の2本の監督作は、母国ハンガリーで撮影した。

おもなフィルモグラフィ編集

※年号の後にクレジットのないものは出演のみ

外部リンク編集