リュック・モンタニエ

フランスのウイルス学者 (1932-2022)。2008年のノーベル生理学・医学賞受賞者

リュック・アントワーヌ・モンタニエ: Luc Antoine Montagnier1932年8月18日 - 2022年2月8日[1][2])は、フランスウイルス学者である[3]

リュック・モンタニエ
Luc Montagnier
Luc Montagnier-press conference Dec 06th, 2008-6.jpg
リュック・モンタニエ(2008)
生誕 (1932-08-18) 1932年8月18日
フランスの旗 フランス共和国アンドル県
死没 (2022-02-08) 2022年2月8日(89歳没)
フランスの旗 フランスヌイイ=シュル=セーヌ[1]
国籍 フランスの旗 フランス
研究分野 ウイルス学
研究機関

パスツール研究所
上海交通大学

出身校 パリ大学
主な業績 HIVの発見
主な受賞歴 ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞(1986)
ガードナー国際賞(1987)
ノーベル生理学・医学賞(2008)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2008年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:HIVの発見

生涯編集

アンドル県シャブリで生まれた。彼はポワティエ大学パリ大学で学んだ。パスツール研究所に在籍した[3]

HIVの発見編集

1982年パリの病院で臨床医をしていたウィリー・ローゼンバウム英語版が、当時まだ謎の病気だった後天性免疫不全症候群(エイズ)の原因についての研究協力をモンタニエに求めた。このとき、病気の原因はレトロウイルスではないかという説があったが、彼の研究チームはローゼンバウムが診察していたエイズ患者のリンパ節から採取したサンプルの中に、後にヒト免疫不全ウイルス(HIV)として知られる新たなウイルスを発見した。しかし当時は、まだこのウイルスがエイズの原因であると明らかではなかったため、研究チームはこれを「リンパ節関連ウイルス(LAV)」と名付け、1983年5月20日、研究成果を学術雑誌サイエンス』に発表した[4]

時を同じくしてアメリカロバート・ギャロも、『サイエンス』誌に同様の研究成果を発表したところだった。ギャロはこのウイルスが、既に彼の研究で発見されていた「HTLV-I」と「HTLV-II」に似ていることから、「HTLV-III」と呼んでいた[5]。このことはどちらが最初のHIVの発見者かという論争に発展した。ギャロが発見したと主張するウイルスをもとに、アメリカがエイズ検査の特許を出願しようとしていたこともあり、アメリカのロナルド・レーガン大統領とフランスのフランソワ・ミッテラン大統領の間で会談が行われるなど、米仏両政府を巻き込んで政治問題化しかけた経緯がある[要出典]1986年、それぞれの研究グループが使用していた「LAV」と「HTLV-III」という名称は2つとも廃止され、新たに「ヒト免疫不全ウイルス(HIV)」と命名された。また、ギャロが発見したウイルスはモンタニエのものと同一であると結論付けられた。両政府は2人を共同発見者とすることで事態の収束を図った[6]

今日では、初めてHIVを分離したのはモンタニエのグループであり、このウイルスがエイズを引き起こす原因であると解明したのはギャロのグループであるとされている。ギャロの研究はノーベル賞受賞には至らなかったが、彼の研究で使われたT細胞を増殖させる技術などを生み出したことが評価されている[7]。また、2002年11月29日に『サイエンス』誌に掲載されたモンタニエとギャロの共同論文の中で、両者それぞれがHIVの発見に重要な役割を果たしたと認めている[8][9][10]

ノーベル賞受賞編集

2008年にモンタニエは彼の共同研究者だったフランソワーズ・バレ=シヌシヒトパピローマウイルス子宮頸癌の原因であることを発見したハラルド・ツア・ハウゼンと共にノーベル生理学・医学賞を授与された。授賞に際して、モンタニエはギャロが受賞の対象にならなかったことについて「驚いた」と述べ、「HIVがエイズを引き起こすことを解明することは重要なことであり、ギャロはこのことについてとても重要な役割を担っていた。ギャロにはとても申し訳ない。」と語っている[6]

主な受賞歴編集

問題発言編集

ノーベル賞受賞後は、しばしば非科学的な理論や根拠のない発言が問題視され、学会での権威を失った[12]

ホメオパシー編集

2010年6月28日、モンタニエはドイツリンダウ・ノーベル賞受賞者会議で講演し、ホメオパシーによく似た「ウイルスを検出するための新たな手法」を発表した[13]。当然ながら同席した他のノーベル賞受賞者や参加した科学者たちは首をかしげることとなったが、彼の発言はホメオパシーを支持する者たちに急速に伝播した。英国ホメオパシー協会英語版はモンタニエの発言を受け、「彼の研究はホメオパシーに真の科学的倫理観をもたらした。」と述べた[14]

なお現代医学ではホメオパシーに効果はなく疑似科学の範疇にとどまっている[15]

新型コロナウイルスについて編集

2020年新型コロナウイルス感染症の世界的流行の際に、彼は「SARS-CoV-2は人工的に作られたもので研究所から漏れたのだ」と主張した[16]

彼の主張は、「コロナウイルスのゲノムにHIVやマラリアのゲノムが混ざっている。これはとても疑わしいことで、このような特性は自然に発生したものではない。」と、コロナウイルスの遺伝子配列を論拠にしたものであった。しかし、彼が指摘した遺伝子配列の箇所は、類似のウイルス間では普遍的にみられるものであったことから、彼の結論はあまりに早急だと科学界は批判した[16]

彼の主張は現在、他の学者たちによって否定されており、モンタニエは「ノーベル賞受賞者」という肩書を利用して危険なメッセージを発信したとして厳しく批判された[16]。また、現在までに新型コロナウイルスが人の手によって作られたと示す明確な証拠は見つかっていない。

また彼は、新型コロナウイルスワクチンがウイルスの変異につながったと主張したこともあるが、実際にはワクチンが流通し始める前から変異株は確認されている[16]

SARSゲノム自体は特許が存在する。[17]

厚生労働省ホームページ添付PDF、”Emergency Use Authorization for Vaccines to Prevent COVID-19” によれば、CBRNエージェントが、重篤または生命を脅かす疾患または状態を引き起こす可能性がある。としたため、公衆衛生緊急事態が存在するとしている。[18]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “Luc Montagnier, Nobel-Winning Co-Discoverer of H.I.V., Dies at 89”. The New York Times. (2022年2月10日). https://www.nytimes.com/2022/02/10/science/luc-montagnier-dead.html 2022年2月11日閲覧。 
  2. ^ “仏科学者のモンタニエ氏死去 89歳、HIV共同発見でノーベル賞”. AFP. (2022年2月11日). https://www.afpbb.com/articles/-/3389573 2022年2月11日閲覧。 
  3. ^ a b c 読売新聞 2022年2月12日 24面掲載
  4. ^ Barré-Sinoussi F, Chermann JC, Rey F, Nugeyre MT, Chamaret S, Gruest J, Dauguet C, Axler-Blin C, Vézinet-Brun F, Rouzioux C, Rozenbaum W, Montagnier L (1983). “Isolation of a T-lymphotropic retrovirus from a patient at risk for acquired immune deficiency syndrome (AIDS).”. Science 220 (4599): 868-871. doi:10.1126/science.6189183. PMID 6189183. https://www.semanticscholar.org/paper/Isolation-of-a-T-lymphotropic-retrovirus-from-a-at-Barre%CC%81-Sinoussi-Chermann/7872732fd9c2e2bc5102408b477a8fd7adbe633f. 
  5. ^ Popovic M, Sarngadharan MG, Read E, Gallo RC (1984). “Detection, isolation, and continuous production of cytopathic retroviruses (HTLV-III) from patients with AIDS and pre-AIDS”. Science 224 (4648): 497-500. doi:10.1126/science.6200935. PMID 6200935. 
  6. ^ a b “HIV, HPV Researchers Honored, But One Scientist is Left Out”. Science 322: 149-328. (2008). 
  7. ^ DA Morgan; FW Ruscetti; R Gallo (1976). “Selective in vitro growth of T lymphocytes from normal human bone marrows”. Science 193 (4257): 1007-1008. doi:10.1126/science.181845. PMID 181845. 
  8. ^ Montagnier L (2002). “Historical essay. A History of HIV Discovery”. Science 298 (5599): 1727-1728. doi:10.1126/science.1079027. PMID 12459575. 
  9. ^ Gallo RC (2002). “Historical essay. The Early Years of HIV/AIDS”. Science 298 (5599): 1728-1730. doi:10.1126/science.1078050. PMID 12459576. 
  10. ^ Gallo RC, Montagnier L (2002). “Historical essay. Prospects for the Future”. Science 298 (5599): 1730-1731. doi:10.1126/science.1079864. PMID 12459577. 
  11. ^ ジャパンプライズ(Japan Prize/日本国際賞)”. 国際科学技術財団. 2022年10月5日閲覧。
  12. ^ リュック・モンタニエ氏が死去 仏のノーベル医学賞学者 (2022年2月11日)”. 日本経済新聞. 2022年2月13日閲覧。
  13. ^ Meeting Program”. The Nobel Laureate Meetings at Lindau. 2022年2月13日閲覧。
  14. ^ Nobel laureate gives homeopathy a boost (2010年7月5日)”. THE AUSTRALIAN. 2022年2月13日閲覧。
  15. ^ Jim Giles (2007). “Degrees in homeopathy slated as unscientific”. Nature 446 (7134): 352-353. doi:10.1038/446352a. https://www.nature.com/articles/446352a. 
  16. ^ a b c d Luc Montagnier, French researcher who won Nobel Prize for discovering HIV virus, dies (2022年2月10日)”. Los Angeles Times. 2022年2月13日閲覧。
  17. ^ SARSウイルスのヌクレオチドおよびアミノ酸配列とその使用について”. 2022年6月8日閲覧。
  18. ^ 新型コロナワクチンの臨床試験(治験)が終わっていないというのは本当ですか。|Q&A|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省” (日本語). www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp. 2022年6月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集