メインメニューを開く

ルイス・ガルシア・フェルナンデス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガルシア第二姓(母方の)はフェルナンデスです。

ルイス・ガルシア・フェルナンデス(Luis García Fernández、1981年2月6日 - )は、スペインオビエド出身のサッカー選手KASオイペン所属。スペイン代表であった。ポジションはフォワードミッドフィールダー(ウイング)。

ルイス・ガルシア Football pictogram.svg
LuisGarcía1.jpg
名前
本名 ルイス・ガルシア・フェルナンデス
Luis García Fernández
ラテン文字 Luis GARCÍA
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1981-02-06) 1981年2月6日(38歳)
出身地 オビエド
身長 180cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム ベルギーの旗 KASオイペン
ポジション FW / MF
背番号 20
利き足
ユース
1991-1996 スペインの旗 オビエド
1996 スペインの旗 ラ・ブラーニャ
1996-2000 スペインの旗 レアル・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 スペインの旗 レアル・マドリードC 24 (14)
2001-2003 スペインの旗 レアル・マドリードB 73 (37)
2003-2004 スペインの旗 ムルシア 38 (11)
2004-2005 スペインの旗 マヨルカ 37 (11)
2005-2011 スペインの旗 エスパニョール 220 (47)
2011-2014 スペインの旗 サラゴサ 60 (8)
2012-2013 メキシコの旗 UANL (loan) 28 (5)
2014- ベルギーの旗 オイペン 158 (31)
代表歴2
2007-2008 スペインの旗 スペイン 7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年10月14日現在。
2. 2008年6月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

クラブ編集

初期の経歴編集

少年時代に4度もクラブを転々とした後、レアル・マドリードの下部組織に加入した。

2001年にBチームであるレアル・マドリード・カスティージャに昇格し、コパ・デル・レイの試合でトップチームデビューを果たしたが、プリメーラ・ディビシオン(1部)の試合には出場していない。

2003年夏にレアル・ムルシアに完全移籍し、8月31日のセルタ・デ・ビーゴ戦 (1-1) でトップリーグデビューを飾った。その試合で初得点となるPKを決めると、2004年5月16日の古巣レアル・マドリード戦 (2-1) では2得点を挙げた。

2003-04シーズンは全試合に出場して11得点を挙げたが、彼の活躍の甲斐もなく、チームはセグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。2004年夏、サミュエル・エトオを放出したRCDマヨルカに移籍した。2004-05シーズンは常に降格圏内に位置したが、ルイス・ガルシアは前シーズンと同じ11得点を挙げ、チームは最終節で17位に浮上して降格を回避した。

RCDエスパニョール編集

チーム事情によりRCDマヨルカを離れ、2005年夏、RCDエスパニョールと5年契約を結んだ[1]。RCDエスパニョールではラウール・タムードと名コンビを組み、2005-06シーズンから2007-08シーズンまでの3シーズンでふたり合わせて計67得点を挙げている。2005-06シーズンは公式戦を通じて49試合に出場して14得点した。コパ・デル・レイ決勝のレアル・サラゴサ戦 (4-1) では2得点を挙げ、自身初のタイトル獲得に貢献し、シーズン終盤には2012年までの契約延長を果たした[2]。2006年11月23日、UEFAカップSVズルテ・ワレヘム戦 (6-2) でハットトリックを達成した[3]。2006-07シーズンの同大会では計5得点を挙げたが、決勝のセビージャFC戦におけるPK戦では彼のPK失敗により敗北が決まった[4]。2007-08シーズンにはリーグ戦で自己最多の13得点を挙げ、デビューした2003-04シーズン以降5シーズン連続でリーグ戦二桁得点を記録していたが、2008-09シーズンにはサイドハーフとして起用されることも増え、キャリア最少の5得点に終わった。チーム状況に応じてトップ下・右サイドハーフ・フォワードなど様々なポジションをこなし、2010年1月にパブロ・ダニエル・オスヴァルドが加入すると、ルイス・ガルシアはもっぱらウイングとして起用された。2010-11シーズンには怪我で戦列を離れたイバン・デ・ラ・ペーニャの代わりにキャプテンを務めた。

レアル・サラゴサ編集

2011年8月31日、移籍市場の最終日にレアル・サラゴサと3年契約を結んだ[5][6]。フリートランスファーのため移籍金は発生しない。9月18日、古巣RCDエスパニョール戦 (2-1) で2得点を挙げたが、PKを失敗してハットトリック達成はならなかった[7]

KASオイペン編集

サラゴサのセグンダ・ディビシオン降格に伴い、2014年7月19日にベルギー2部リーグのKASオイペンに移籍した 2019年 4月21日引退[8]

代表編集

2006-07シーズンのRCDエスパニョールでの特筆すべき活躍により、2007年6月2日、UEFA EURO 2008予選ラトビア代表戦でスペイン代表デビューした。それ以来、ルイス・アラゴネス監督にコンスタントに招集されたが、2008年のUEFA EURO 2008本大会出場は逃した。

タイトル編集

  • RCDエスパニョール
コパ・デル・レイ 優勝 : 2005-06
UEFAカップ 準優勝 : 2006-07

脚注編集

  1. ^ Espanyol beckon for Luis García UEFA.com、2005年8月23日
  2. ^ Luís García extends at Espanyol UEFA.com、2006年8月15日
  3. ^ García thrives in Espanyol rout UEFA.com[リンク切れ]
  4. ^ García pride in beaten Espanyol UEFA.com、2007年5月17日
  5. ^ “A・マドリードのジエゴ獲得など、多くのクラブが移籍市場最終日の重要補強に成功”. WOWOWリーガニュース. (2011年9月1日). http://www.wowow.co.jp/sports/liga/news_110901_3.html 2011年9月2日閲覧。 
  6. ^ Luis García ficha por el Zaragoza Goal.com、2011年8月31日(スペイン語)
  7. ^ Garcia haunts former sideESPN Soccernet、2011年9月18日
  8. ^ Spanischer Ex-Nationalspieler wechselt zur AS KASオイペン公式ウェブサイト 2014年7月19日付

外部リンク編集