メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデ・ラ・ペーニャ第二姓(母方の)はロペスです。

イバン・デ・ラ・ペーニャIván de la Peña López1976年5月6日 - )は、スペインカンタブリア州サンタンデール出身の元サッカー選手スペイン代表であった。ポジションはMFトップ下)。

イバン・デ・ラ・ペーニャ Football pictogram.svg
DelaPeña1.JPG
RCDエスパニョールでのデ・ラ・ペーニャ
名前
本名 イバン・デ・ラ・ペーニャ・ロペス
Iván de la Peña López
ラテン文字 Iván de la Peña
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1976-05-06) 1976年5月6日(43歳)
出身地 サンタンデール
身長 171cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MFトップ下
利き足 右足
ユース
1991-1993 バルセロナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1995 スペインの旗 バルセロナB 37 (5)
1995-1998 スペインの旗 バルセロナ 81 (11)
1998-2002 イタリアの旗 ラツィオ 15 (0)
1999-2000 フランスの旗 マルセイユ (Loan) 12 (1)
2000-2001 スペインの旗 バルセロナ (Loan) 9 (0)
2002-2011 スペインの旗 エスパニョール 179 (8)
代表歴
2005 スペインの旗 スペイン 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

経歴編集

クラブ編集

港湾都市サンタンデールに生まれ、5歳でサッカーを始める[1]。15歳でFCバルセロナカンテラの寄宿舎ラ・マシアに入寮し、2年後の1995年9月3日、レアル・バリャドリード戦でヨハン・クライフ監督の下でトップチームデビューした。その試合でリーガ初得点を記録し、2-0の勝利に貢献した。デビュー当時から天才と呼ばれており、当時のFCバルセロナのスター選手であったフリスト・ストイチコフから自身の後継者に指名されるなど、将来を嘱望されていた。しかし、次第に監督であるクライフとの確執が噂されるようになり、トップチームと2部チームを行き来する日々が続くなど、中々チームの主力選手として定着することが出来なかった。なお、後にデ・ラ・ペーニャはクライフとの確執の噂をきっぱりと否定し、クライフについては「僕のサッカー人生のなかでもナンバーワンの監督」と表現している[1]。デビューシーズンの1995-96シーズンは30試合に出場して7得点し、エル・パイス紙によってベスト・ヤング・プレーヤーに選ばれた。

クライフが去ってボビー・ロブソン監督が就任した1996-97シーズン、監督からの信頼を得てトップチームに定着。チームのエースストライカーであったロナウドとのコンビでコパ・デル・レイUEFAカップウィナーズカップUEFAスーパーカップなどのタイトルを獲得し、エル・パイス紙のベスト・ヤング・プレーヤーに2年連続で選出された。自身もロナウドのゴールを数多くアシストするなど、チームの主力選手として躍動したが、リーグ戦では宿敵であるレアル・マドリードの後塵を拝し、2位に終わった。

1997年夏、ルイス・ファン・ハール監督が就任してリバウドが加入すると、シーズンを通して17試合の出場にとどまった。ファン・ハール監督の構想外となり、シーズン終了後にイタリアセリエASSラツィオに移籍。しかし、当たりの激しいカルチョのスタイルは肌に合わず、続けて移籍したフランスリーグ・アンオリンピック・マルセイユでもチームのサッカーのスタイルにフィットせず低迷した。ラツィオ、マルセイユでの3シーズンで27試合の出場に終わり、彼には守備をしないという批判が付きまとった[1]

古巣のFCバルセロナSSラツィオを再び経由して、2002年夏にFCバルセロナと同じくバルセロナを本拠地とするリーガ・エスパニョーラRCDエスパニョールに移籍。移籍当初は中々出場機会に恵まれなかったが、ルイス・フェルナンデス監督の信頼を得てチームの司令塔としての役割を与えられると、かつての輝きを取り戻した。2003-04シーズンにはリーガのアシストランキングでトップに立つなど、チームの残留に貢献。2004-05シーズンには長年下位に低迷していたチームをUEFAカップ出場圏内の5位に押し上げ、2005年にはスペイン代表に初選出された。2005-06シーズンにはコパ・デル・レイ決勝のレアル・サラゴサ戦で優勝に貢献し、2006-07シーズンにはUEFAカップで、ドイツヴェルダー・ブレーメンポルトガルSLベンフィカなどの強豪を下して決勝に進出。同国対決となった決勝戦ではセビージャFCにPK戦の末に敗れて準優勝に終わり、チームに初となる国際タイトルをもたらすことは叶わなかった。その後もチームの中心選手としてチームを牽引し、特にFWルイス・ガルシアとのホットラインはロナウドとのそれを彷彿とさせている。2007年から2009年にかけては常に怪我に悩まされてきたが、2009年2月21日のFCバルセロナとのダービーマッチで、それぞれが順位表の首位と最下位にいたにもかかわらず、2得点を挙げて勝利に貢献した。エスパニョールがFCバルセロナの本拠地であるカンプ・ノウバルセロナダービーを制したのは実に27年ぶりの快挙であり、名実共にクラブ史上に残る勝利となった。

2009年8月にエスパニョールの新キャプテンであったダニエル・ハルケが死去した後、キャプテンに就任した。しかし、開幕戦から欠場するなど怪我に悩まされ、2010-2011シーズンを最後に引退した。

代表編集

1996年、ラウル・ゴンサレスフェルナンド・モリエンテスらとともに出場したUEFA U-21欧州選手権で準優勝した。優勝したイタリア代表にはジャンルイジ・ブッフォンファビオ・カンナバーロなどがいた。同年にはアトランタオリンピックにも出場した。

2005年2月9日、RCDエスパニョール在籍時にスペイン代表に選出され、サンマリノ戦で初出場した。このとき28歳と9ヶ月と遅いデビューだった。

代表編集

タイトル編集

クラブ編集

個人編集

  • 1995-1996 最優秀新人選手(リーガ・エスパニョーラ)

脚注編集

  1. ^ a b c footballista 4号」ソル・メディア、2006年11月22日

参考文献編集

  • footballista 4号」ソル・メディア、2006年11月22日

関連項目編集

外部リンク編集