レイン (ビートルズの曲)

ビートルズの楽曲
ビートルズ > ビートルズの作品 > レイン (ビートルズの曲)
ビートルズ > ビートルズの曲名一覧 > レイン (ビートルズの曲)

レイン」(英語: Rain)は、ビートルズの楽曲。1966年5月に発売されたシングル盤『ペイパーバック・ライター』のB面曲で、「ペイパーバック・ライター」と同様にアルバム『リボルバー』のセッション中にレコーディングされたが、いずれも同作には未収録となった。レノン=マッカートニー名義だが、主にジョン・レノンによって書かれた楽曲で、レノンは「常に天気に一喜一憂している人々について歌ったもの」と語っている[3]

レイン
ビートルズ楽曲
英語名 Rain
リリース
  • アメリカ合衆国の旗 1966年5月30日 (1966-05-30)
  • イギリスの旗 1966年6月10日 (1966-06-10)
  • 日本の旗 1966年6月15日 (1966-06-15)
規格 7インチシングル
録音
ジャンル サイケデリック・ロック[1][2]
時間 2分59秒
レーベル
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート順位

後述を参照

ビートルズ シングル U.K. 年表
ビートルズ シングル U.S. 年表
ビートルズ シングル 日本 年表
パスト・マスターズ Vol.2 収録曲
ペイパーバック・ライター
(3)
レイン
(4)
レディ・マドンナ
(5)
ミュージックビデオ
「Rain」 - YouTube

本作は「トゥモロー・ネバー・ノウズ」と同様に、リズムトラック、ベース、バッキング・ボーカルをテープ速度を操作して録音を行った楽曲で、レコード化された楽曲としては初の例となった[4]。ポールは歌うようなベースラインで演奏し、ジョージ・ハリスンはインド風のフレーズをギターで演奏している[5]。なおリンゴ・スターは、本作のドラミングをベストプレイとしている[6]ミュージック・ビデオは3種類制作された。

背景・曲の構成編集

1964年6月11日、ビートルズはニール・アスピノールと共に、オーストラリアのシドニーに訪れたが、当日は雨が降っていた[7]。レノンは「こんなにひどい雨はタヒチで見て以来だ」と語り、「歌詞は常に天気に一喜一憂している人々について歌ったもの」と説明している[3]。なお、歌詞に出てくる「Rain」と「Sun」が、LSDのトリップ時に体験する現象の1つであることから、薬物に対する言及という解釈もなされている[8]

「レイン」はシンプルな構成となっており、キーはGメジャーに設定されている。なお、レコーディング時はテープの回転速度が変更されており、バッキング・トラックはG#で録音され、それ以外の要素は回転速度を4分の1ほどに下げて録音された。ギターのイントロの後にスネアドラムが入り、ヴァースへと続く。ヴァースは9小節長で、4分の4拍子となっている。最初の2小節はGコードで、3小節目と4小節目でCコードに移行したのち、5小節目と6小節目でGコードに戻る。4番のヴァースとリフレインの後にドラムソロとギターソロが入り、これに続いて逆回転させたレノンのボーカルが入る。

レコーディング編集

「レイン」のレコーディングは、EMIスタジオで1966年4月14日から16日にかけて行われた[9][10]。ビートルズは、後に発売されたアルバム『リボルバー』で見られるようなADTの導入やテープ・エフェクトの多用するなど、レコーディングで実験を行うことに夢中になっていた[11]。バッキング・トラックはテープの回転速度を通常よりも速めて録音され[12]、レノンのボーカルは回転速度を遅くして録音された。これにより、通常再生するとレノンの声が高く聴こえるようになった[13]

最後のヴァースでは、レノンのボーカルの一節が逆回転になっており、逆再生が使用された楽曲がレコードとして発売された初の例となった[14]。レノンは「朝の4時だか5時だか、この少し変わった曲のセッションが終わった後に、テープを家に持ち帰ってまだ何かできるんじゃないかと考えようとした。でも僕はとても疲れていて、自分でも何をやってるのかわからなくなっちゃって、たまたまテープを逆にセットしてしまった。でもその音が気に入ったんだ。これは偶然の産物なんだ」[15]と語っているが、ジョージ・マーティンは「私はいつもテープを扱っていて、ジョンの声で何か特別なことができるないものかと考えていた。そこで、私はジョンのリード・ボーカルの一部を4トラックから抜き出して、別のスプーリングに入れて逆回転させてから、うまく合うように調整した。その時外出していたジョンが戻ってきて、たいそう驚いていた」と語っている[12]

1980年のPLAYBOY誌のインタビューで、レノンは「スタジオから家に帰ってきて、あの時はちょっとマリファナで酔っていたのかな。とにかくいつものようにその日にレコーディングしたテープをプレイバックしようとしていたんだけど、たまたまテープを逆にセットしちゃってて…。翌日スタジオに着いてから「これ使えるかもしれないから聴いてみて」って言って逆再生させたんだ。フェードアウト部分はギターも歌も逆再生になってる。(歌い出す)"Sharethsmnowthsmeanss!"…って感じでね。これはマリファナの神が与えたもうたものだ」と語っている[14]

本作での使用楽器は、1965年製のグレッチ・ナッシュビル(レノン)、1964年製のリッケンバッカー・4001ポール・マッカートニー)、ギブソン・SGジョージ・ハリスン)、ラディック・ムッサードラムセットリンゴ・スター[16][10]

リリース・批評編集

「レイン」は、アメリカで1966年5月30日にキャピトル・レコードより発売されたシングル盤『ペイパーバック・ライター』のB面に収録され、イギリスでは6月10日に発売された。その後コンピレーション・アルバム『パスト・マスターズ Vol.2』に収録され、アメリカでは1970年に発売されたキャピトル編集盤『ヘイ・ジュード』や『レアリティーズ Vol.2』にも収録された[10]

B面曲ながら、アメリカでは1966年7月9日付のBillboard Hot 100で最高位23位を獲得した[17]し、ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では463位にランクインした[18]。アメリカのラジオ局WAXQのランキング「THE TOP 1,043 CLASSIC ROCK SONGS OF ALL TIME: DIRTY DOZENTH EDITION」では382位にランクインした[19]

なお、本作のリアル・ステレオ・ミックスは、ビートルズの活動中のイギリスでは発売されなかった。アメリカでは1970年2月に発売されたアルバム『ヘイ・ジュード』で初めて発売され、イギリスでは同アルバムのイギリス・リリース(1979年5月)が初となる。CD作品では、1988年3月に発売されたアルバム『パスト・マスターズ Vol.2』で初収録となった。

スターは、本作におけるドラミングをベストプレイとして挙げており、1984年にスターは「これまでバンドが作ったどのレコードよりもすごい。「レイン」には驚かされる。左チャンネルから僕の演奏が聴こえるんだけど、そこに僕の「レイン」があるんだ」と語っている[20]

本作におけるスターのドラミングについては、音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版ローリング・ストーン誌も称賛しているのほか[16][21]オールミュージックリッチー・アンタ―バーガー英語版は「創造的なドラムブレイク」と評している[22]

音楽評論家のジム・デロガティス英語版は、本作について「ビートルズ初の素晴らしいサイケデリック・ロック・ソング」と評している[23]

プロモーション・フィルム編集

「レイン」のプロモーション・フィルムは3種類制作された[24]。これらのフィルムは、初期のミュージック・ビデオの先駆者とされており[25]ジョージ・ハリスンは映像作品『ザ・ビートルズ・アンソロジー』で「MTVは僕らの発明さ」と冗談めかして語っている[26]

3種類のプロモーション・フィルムは、いずれもマイケル・リンゼイ=ホッグが監督を務めたもので、1つは1966年5月20日に撮影したチジック・ハウスの庭園や温室でメンバーが演奏しているもので[24][27]、残りの2つは1966年5月19日に撮影したサウンド・ステージ英語版でメンバーが演奏している様子で構成されている[注釈 1][24][27]。撮影の半年前にマッカートニーは、バイク事故で前歯を折ってしまっていたため、歯を見せないように意識して歌っている[28][27]

制作されたプロモーション・ビデオのうち2種類が、映像作品『ザ・ビートルズ・アンソロジー』や『1+』に収録された。

演奏編集

※出典[16]

チャート成績編集

チャート(1966年) 最高位
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[29] 12
US Billboard Hot 100[17] 23

主なカバー・バージョン編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ こちらのみカラー映像とモノクロ映像が2種類制作されており、『エド・サリヴァン・ショー』ではカラー映像、イギリスの音楽番組ではモノクロ映像が放送された。

出典編集

  1. ^ Willams, Stereo (2017年4月13日). “The Beatles’ ‘Revolver’ Turns 50: A Psychedelic Masterpiece That Rewrote the Rules of Rock”. Daily Beast. https://www.thedailybeast.com/the-beatles-revolver-turns-50-a-psychedelic-masterpiece-that-rewrote-the-rules-of-rock 2020年8月31日閲覧。 
  2. ^ The 50 Best Beatles songs” (英語). Time Out London. Time Out Group (2019年5月17日). 2020年9月1日閲覧。
  3. ^ a b The Beatles 2000, p. 212.
  4. ^ Reising & LeBlanc 2009, p. 94, 95.
  5. ^ ビートルズと60年代 1996, p. 229.
  6. ^ Miles 1997, p. 280.
  7. ^ The Beatles 2000, p. 140.
  8. ^ MacDonald 2005, pp. 196–197.
  9. ^ Lewisohn 1988, p. 74.
  10. ^ a b c Fountenot 2008.
  11. ^ Lewisohn 1988, p. 70.
  12. ^ a b Emerick & Massey 2006, p. 117.
  13. ^ Lewisohn 1988, p. 83.
  14. ^ a b ジョンとヨーコ ラスト・インタビュー 1990.
  15. ^ Gilliland 1969, show 37, track 4.
  16. ^ a b c MacDonald 2005, p. 196.
  17. ^ a b The Hot 100 Chart”. Billboard (1966年7月9日). 2020年9月1日閲覧。
  18. ^ Rolling Stone 2004b.
  19. ^ The Top 1,043 Classic Rock Songs of All Time: Dirty Dozenth Edition”. Clear Channel Media and Entertainment. 2020年9月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年9月1日閲覧。
  20. ^ Ringo's Greatest Hit”. Rolling Stone. Penske Media Corporation (2010年4月14日). 2020年9月1日閲覧。
  21. ^ Rolling Stone 2004a.
  22. ^ Unterberger, Richie. Rain - The Beatles | Song Info - オールミュージック. 2020年9月1日閲覧。
  23. ^ DeRogatis 2003, p. 43.
  24. ^ a b c Neaverson 2009.
  25. ^ BBC 2008.
  26. ^ The Beatles 2000, p. 214.
  27. ^ a b c Ritchie 2008.
  28. ^ Miles 1998.
  29. ^ "Ultratop.be – The Beatles – Rain" (in French). Ultratop 50. 2020年10月27日閲覧。
  30. ^ Rain / She's A Woman - RCA Victor - USA - 47-9757 - José Feliciano”. 45cat. 2020年9月1日閲覧。
  31. ^ Faithful - Todd Rundgren | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月1日閲覧。
  32. ^ Polyrock - Changing Hearts (1981, Vinyl)”. Discogs. Zink Media. 2020年9月1日閲覧。
  33. ^ I Wonder - The Gants | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月1日閲覧。
  34. ^ Dreams - The Allman Brothers Band | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月1日閲覧。
  35. ^ Planer, Lindsay. 712 - Shonen Knife | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年9月1日閲覧。

参考文献編集

  • The Beatles (2000). The Beatles Anthology. San Francisco: Chronicle Books. ISBN 978-0-8118-2684-6. https://archive.org/details/beatlesanthology0000unse 
  • DeRogatis, Jim (2003). Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock. Milwaukee: Hal Leonard. ISBN 978-0-634-05548-5 
  • Emerick, Geoff; Massey, Howard (2006). Here, There and Everywhere: My Life Recording the Music of the Beatles. New York: Penguin Books. ISBN 978-1-59240-179-6 
  • Fontenot, Robert (2008年). “Rain”. About.com. IAC. 2008年3月5日閲覧。
  • Gilliland, John (1969年). “The Rubberization of Soul: The great pop music renaissance. (audio)”. Pop Chronicles. 2020年9月1日閲覧。
  • ルイソン, マーク『ザ・ビートルズ ワークス』ザ・ビートルズ・クラブ(翻訳・監修)、洋泉社、2008年。ISBN 978-4862483584
  • マクドナルド, イアン『ビートルズと60年代』奥田祐士(訳)、キネマ旬報社、1996年。ISBN 978-4873761770
  • MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3 
  • Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt and Company. ISBN 978-0-8050-5249-7. https://archive.org/details/paulmccartneyman00mile 
  • Miles, Barry (1998). The Beatles: A Diary. London: Omnibus Press. ISBN 978-0-7119-6315-3 
  • Ritchie, Paul (2008年). “The Beatles Rain Video”. 2008年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月1日閲覧。
  • Rain”. Rolling Stone. Penske Media Corporation (2004年12月9日). 2006年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月1日閲覧。
  • The RS 500 Greatest Songs of All Time”. Rolling Stone. Penske Media Corporation (2004年12月9日). 2006年10月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年9月1日閲覧。
  • Reising, Russell; LeBlanc, Jim (2009). “Magical Mystery Tours, and Other Trips: Yellow submarines, newspaper taxis, and the Beatles' psychedelic years”. In Womack, Kenneth. The Cambridge Companion to the Beatles. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-68976-2 
  • シェフ, デービッド『ジョンとヨーコ ラスト・インタビュー : Love & peace』石田泰子(訳)、集英社、1990年11月5日。ISBN 978-4087801347

外部リンク編集