レイン (ビートルズの曲)

ビートルズの楽曲

レイン」("Rain")は、1966年5月にビートルズが発表した12枚目のオリジナル・シングル(「ペイパーバック・ライター」)のB面曲である。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では463位にランクされている。

レイン
ビートルズシングル
A面 ペイパーバック・ライター
リリース
録音 アビー・ロード・スタジオ
1966年4月14日4月16日
ジャンル ロック
時間
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 U.K. 年表
恋を抱きしめよう
両A面
デイ・トリッパー
(1965年)
ペイパーバック・ライター
b/w
レイン
(1966年)
イエロー・サブマリン
両A面
エリナー・リグビー
(1966年)
ビートルズシングル盤 U.S. 年表
ひとりぼっちのあいつ
b/w
消えた恋
(1966年)
ペイパーバック・ライター
b/w
レイン
(1966年)
イエロー・サブマリン
両A面
エリナー・リグビー
(1966年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
ひとりぼっちのあいつ
b/w
消えた恋
(1966年)
ペイパーバック・ライター
b/w
レイン
(1966年)
イエロー・サブマリン
b/w
エリナー・リグビー
(1966年)
パスト・マスターズ Vol.2 収録曲
  1. デイ・トリッパー
  2. 恋を抱きしめよう
  3. ペイパーバック・ライター
  4. レイン
  5. レディ・マドンナ
  6. ジ・インナー・ライト
  7. ヘイ・ジュード
  8. レヴォリューション
  9. ゲット・バック
  10. ドント・レット・ミー・ダウン
  11. ジョンとヨーコのバラード
  12. オールド・ブラウン・シュー
  13. アクロス・ザ・ユニヴァース
  14. レット・イット・ビー
  15. ユー・ノウ・マイ・ネーム
テンプレートを表示

目次

解説編集

レノン=マッカートニーの作品。リード・ヴォーカルジョン・レノンだが、作曲にはポール・マッカートニーも加わっている[1]

1966年イギリス盤公式オリジナル・アルバムリボルバー』レコーディング・セッションで録音された。ビートルズの公式発表曲中、「テープの逆回転」を使用してリリースされた初めての曲である。最後のヴァースにある、ジョンのヴォーカルの一節が逆回転になっている。ジョンは「自分のアイディア。偶然テープを逆回しにしたら出来上がった」と語っている[2]。一方で、プロデューサーのジョージ・マーティンによれば偶然出来たものではなく、苦労してマーティンがうまく曲に組み込んだものであるという[3]

リズム・トラックはテープの録音速度を上げて通常再生時にスローになるようにし、ジョンのボーカルは逆にテープの録音速度を下げて通常再生時にピッチが上がるようにするというテクニックを利用している。リンゴ・スターはこの曲のドラムがベストプレイであったと語っている[4]。ポールは歌うようなベースラインで演奏し、ジョージ・ハリスンインド風のフレーズをギターで弾き続けている[5]

ステレオ・ヴァージョン編集

「レイン」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはリリースされなかった。ただしアメリカでは1970年2月にリリースされたアルバム『ヘイ・ジュード』に収録された。本国では同アルバムのイギリス・リリース(1979年5月)が最初となる。CDでは1988年3月にリリースされたアルバム『パスト・マスターズ Vol.2』に収録された。

プロモーション・フィルム編集

A面の「ペイパーバック・ライター」同様にテレビ局ごとに複数のヴァージョンが制作され、1966年5月19日にEMI第1スタジオで演奏する姿をビデオで撮影したもの(モノクロ1本とカラー1本ずつ)と、翌日に屋外でカラー35mmフィルムで撮影されたものの2種類から制作された計3ヴァージョンが存在する[6]

主なカバー・バージョン編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『ザ・ビートルズ・アンソロジー』p.212
  2. ^ 『ジョンとヨーコラスト・インタビュー』
  3. ^ "Musician" 1987年7月
  4. ^ "Big Beat"
  5. ^ 『ビートルズと60年代』p.229
  6. ^ マーク・ルイソン 『ザ・ビートルズ ワークス』 ザ・ビートルズ・クラブ翻訳・監修、洋泉社、2008年、285-287頁。

参考文献編集

  • バリー・マイルズ 『ポール・マッカートニー―メニー・イヤーズ・フロム・ナウ』 竹林正子訳、ロッキングオン、1998年。
  • Weinberg, Max; Robert Santelli (1984). Big Beat : Conversations With Rock's Great Drummers. Chicago: Contemporary Books. 
  • デービッド・シェフ『ジョンとヨーコラスト・インタビュー : Love & peace』 石田泰子訳、集英社、1990年。
  • イアン・マクドナルド 『ビートルズと60年代』 奥田祐士訳、キネマ旬報社、1996年。

外部リンク編集