少年ナイフ(しょうねんナイフ、Shonen Knife)は、日本ガールズバンド[4]1981年12月29日に結成。

少年ナイフ
Shonen Knife posing for photos after a concert.jpg
左からりつこ、なおこ、えみ(2011年)
基本情報
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル
活動期間 1981年 -
レーベル
公式サイト 少年ナイフ Shonen Knife Official Website
メンバー

  • なる(ベース・ボーカル)
旧メンバー
  • みちえ(ベース・ボーカル)
  • まな(ドラムス)
  • えつこ(ドラムス)
  • えみ(ドラムス)
  • りつこ(ベース・ボーカル)

メンバー編集

正規メンバー
  • なおこ(山野直子、ボーカル・ギター・キーボード)
  • あつこ(山野敦子、ベース・ボーカル・ドラム) ※定期的に参加
  • りさ(ドラム・ボーカル・キーボード) ※ えみの後任で加入[5]
サポートメンバー
  • なる(ベース・ボーカル)
旧メンバー
  • みちえ(中谷美智枝、ベース・ボーカル) ※脱退
  • まな(西浦真奈、ドラム) ※サポートメンバー、元DMBQ・交通事故で逝去
  • えつこ(ドラム) ※2010年4月 脱退
  • えみ(ドラム) ※ 2015年7月で脱退[6]
  • りつこ(ベース・ボーカル) ※2021年11月5日脱退[7]

経歴編集

  • 1981年、学生時代の同級生である山野直子と中谷美智枝、山野の妹の敦子の3人により大阪で結成。当時、山野直子と中谷美智枝はタイガー魔法瓶に勤務していた会社員だった。
  • 1982年3月14日、大阪スタジオ・ワンにてファーストLIVE。入場者36人、入場料100円。
  • 1982年8月15日、自主制作カセットテープ『みんなたのしく少年ナイフ』リリース。
  • 1983年、インディーズレーベルよりアルバム『BURNING FARM』リリース。当時、日本のインディーズレコードの発掘に来たアメリカ、イギリスの音楽関係者によってレコードが海外に広まる。
  • 1986年、アメリカでアルバム『PRETTY LITTLE BAKA GUY』をリリース。その後ライブ活動、コンピレーション・アルバムへの参加など海外での活動が多くなると共に、本国より海外での評価が高まっていく。
  • 1992年、アルバム『Let's Knife』で国内メジャーデビュー
  • 少年ナイフのファンだったカート・コバーン率いるニルヴァーナと共に全英ツアーを行う。
  • 1998年、国内海外両方で精力的に活動を続ける。またこの年に発表されたフルアルバム『HAPPY HOUR』ではジャケットデザインに当時まだ人気が出る前の奈良美智を起用し話題になる。テレビアニメ『アニメ週刊DX!みいファぷー』のエンディング曲に『バナナチップス』が使用される。
  • 1999年2月、中谷美智枝が脱退。メンバーは姉妹二人になる。
  • 1999年6月18日、シングル『飲茶楼で、めちゃうまかろう/はみがき』リリース(JT[飲茶楼]CMソング)
  • 1999年9月、敦子がドラマーからベーシストになる。
  • 2006年、ドラムにえつこ(元ピンクパンダー)が正式メンバーとして参加。
  • 2008年、ベースにりつこ(元電気キャンディ)が正式メンバーとして参加。
  • 少年ナイフのトリビュートアルバムにレッド・クロス、ソニック・ユースなど海外の大物アーティストが参加。
  • ウェブサイト上であつこが結婚を発表。活動をロサンゼルスに移すことになりバンドから離れることに。ただし飛び入り参加などで今もライブに参加している。
  • カーペンターズのトリビュート・アルバム『イフ・アイ・ワー・ア・カーペンター〜カーペンターズに捧ぐ』に参加した少年ナイフがカバーした曲「TOP OF THE WORLD」が米マイクロソフト社の全世界向けCMに使用される。日本では2005年サントリーチューハイのCMソングとして使われている。
  • アメリカのテレビアニメーション「パワーパフガールズ」のテーマ曲に少年ナイフの曲「Buttercup (I'm A Super Girl)」が使用されている。
  • 2015年4月、りつこが産休によりバンド活動を一時離脱し、6月のアメリカツアーにはバンドのオリジナルメンバーであるあつこが、5月と7月のライブではなるがサポートで復帰[8]
  • 2015年7月の国内ツアー「"712 DAY PARTY Tour 2015" SHONEN KNIFE」を最後にドラムのえみが脱退[6]。後任にBRINKYのドラマーでもある、りさが加入[5]
  • 2021年3月6日 大阪・心斎橋ANIMAにて、コロナ後の今年初ワンマン・ライブを席数限定で開催。なおこ(Vo/G)・りさ(Dr)・なる(Ba)りつこ(G)のツインギター4人スペシャル編成でのライブ。
  • 2021年11月5日、りつこが脱退[7]

ディスコグラフィー編集

オリジナルアルバム(日本盤)編集

  • BURNING FARM(1983年)
  • 山のアッちゃん。(1984年)
  • PRETTY LITTLE BAKA GUY(1986年)
  • 712(1991年)
  • Let's Knife(1992年)
  • Rock Animals(1993年)
  • Brand New Knife(1996年)
  • HAPPY HOUR(1998年)
  • Strawberry Sound(2000年)
  • Heavy Songs(2002年)
  • Candy Rock(2003年)
  • GENKI SHOCK!(2005年)
  • fun! fun! fun!(2007年)
  • Super Group(2008年)
  • Free Time(2010年)
  • 大阪ラモーンズ(2011年)- カバーアルバム。
  • Pop Tune(2012年)
  • 嵐のオーバードライブ(2014年)
  • アドベンチャーでぶっとばせ!(2016年)
  • Sweet Candy Power(2019年)

編集盤編集

  • DO THE KNIFE(1992年)- レアトラック集。
  • Favorites(1994年)- カバートラック集。
  • GREATEST HISTORY(1995年)- レアトラック集。
  • Super Mix(1997年)- 小山田圭吾らによるリミックス集。
  • IT'S A NEW FIND(1997年)- ミニアルバム。
  • Ultra Mix(1998年)- リミックス集。
  • MILLENNIUM EDITION(2001年)- ベストアルバム。
  • Golden☆Best Universal Hit's(2006年)- 2枚組ベストアルバム。

シングル編集

  • Wonder Wine(1996年)
  • E.S.P(1996年)
  • All I Want For Christmas(1999年)
  • オレンジの太陽(2001年)

その他編集

タイアップ一覧編集

曲名 使用年 タイアップ
Brown Mushrooms 1993年 テレビ東京系浅草橋ヤング洋品店』オープニングテーマ
Get The Wow 1995年 NHK大阪『オフタイム・カフェ』テーマソング
トップ・オブ・ザ・ワールド 1995年 アメリカ映画『最後の晩餐/平和主義者の連続殺人(英題:Last Supper)』エンディングテーマ
1996年 マイクロソフト社CMソング
1997年 TBS系『学校へ行こう!』コーナー「未成年の主張」テーマソング(1997年 - 2004年、2015年)
1998年 アメリカ映画『ファミリー・ゲーム/双子の天使(英題:The Parent Trap)』挿入歌
2005年 サントリー-196℃」CMソング
2006年 アメリカ映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』挿入歌
2014年 テレビ東京系『トーキョーライブ22時』オープニングテーマ
がんばれ関西 1995年 キリンビール「関西風味生ビールすっきり仕立て」CMソング
WONDER WINE 1996年 東宝配給映画『ぼくは勉強ができない』挿入歌
バナナチップス 1998年 テレビ朝日系『アニメ週刊DX!みいファぷー』エンディングテーマ
飲茶楼でめちゃうまかろう 1999年 日本たばこ産業「飲茶楼」CMソング
はみがき NHKみんなのうた』より
Buttercup (I'm A Super Girl) 2000年 テレビアニメ『パワーパフガールズ』テーマソング
Move on 2010年 サントリー「Vittel」コラボ楽曲
Osaka Rock City 2013年 映画『ソウル・フラワー・トレイン』主題歌

CM提供編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e Prato, Greg. Shonen Knife Biography, Songs, & Albums - オールミュージック. 2022年4月10日閲覧。
  2. ^ 少年ナイフ”. CDJournal. 音楽出版社. 2022年4月10日閲覧。
  3. ^ 少年ナイフ(ショウネンナイフ)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク. 2022年4月10日閲覧。
  4. ^ 『第三文明』編集部『第三文明』2019年7月号、第三文明社、2019年6月、 188頁、 ASIN B07RP4V6NS
  5. ^ a b 少年ナイフに20歳のドラマー、りさ加入”. 音楽ナタリー (2015年7月13日). 2015年7月13日閲覧。
  6. ^ a b 少年ナイフのドラムえみが脱退発表”. 音楽ナタリー (2015年5月28日). 2015年7月13日閲覧。
  7. ^ a b 少年ナイフに約12年在籍したりつこ、バンドを脱退”. 音楽ナタリー (2021年11月5日). 2021年11月6日閲覧。
  8. ^ 少年ナイフ、ベースボーカルりつこ産休で代打あつこ&なる”. 音楽ナタリー (2015年4月22日). 2015年7月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集