メインメニューを開く

ワイヤレスマイクは、音声の伝送に電磁波を用いるマイクロホンである。また、ごく小規模な送信機でもある。

概説編集

音声の伝送には有線を使わずとも電波赤外線可視光線などの電磁波によることができるが、実用されているのは電波と赤外線によるものである。文字通り線の無いマイクのことであるが、ワイヤレスマイク(wireless micorophone)はイギリス英語で、アメリカ英語ではラジオマイク(radio microphone)という[1]。機能的な違いを意味するものではないのだが、日本では電波法において電波を「300万MHz以下の周波数の電磁波」と定義し、これに基づく総務省令告示等で電波を使用するものをラジオマイクと呼び別記事に解説されている。赤外線によるものも赤外線ワイヤレスマイクとしてやはり別記事で解説されている。

本記事ではそれらの記事との重複しない事項について解説する。

形状編集

主要なものは、ハンドヘルド(handheld)とボディパック(bodypack)の二種類である。[2]

ハンドヘルド

手持ち形、ハンド形とも呼ばれる。従前からある有線マイクのような筐体に送信部と電池が組み込まれている。歴史的にはこの形のものが先に開発された。

ボディパック

ツーピースとも呼ばれる。筐体の中には送信部と電池があるがマイクは無い。この筐体を腰部に装着し襟元のラべリアマイク英語版(略称「lav」、日本での通称はピンマイク、タイピンマイク)やマイク付きのヘッドセットと接続して使用する。使用する周波数が高くなるにつれ、部品の小形化、実装技術の向上が進み筐体も小形になった。

更に小形化は進み、ギターベースなどの楽器に取り付けて集音するもの、マイク付きヘッドセットに送信部と電池が組み込まれ一体化したもの、プラグイン(plug-in)、プラグオン(plug-on)、スロットイン(slot-in)などと呼ばれる既存の有線マイクの底部に取り付けワイヤレズマイク化するユニットなどが登場している。

歴史編集

「誰」がワイヤレスマイクを「発明」したのかは諸説あってわからない。

1945年頃からポピュラーサイエンス誌やポピュラーメカニクス誌に製作記事や通信販売広告が掲載 [3][4]されている。

フィギュアスケーターでもあるイギリス空軍航空機関士Reg Moores [5]は、1947年に送信機を製作し、1949年の9月からクリスマスシーズンまでブライトンのスポーツスタジアムでTom Arnoldのアイスショー"Aladdin on Ice"に使用した。Abanazarというキャラクターの衣装に取り付け、問題無く動作した。Mooresは76Mc(当時の周波数単位MHzに相当)の周波数を違法使用していたので特許申請をしなかった。プロデューサーは、これを使い続けることをせず、俳優や歌手の「隠しマイク」として、アイススケーターの声の「dubbing[6]に使い、スケーターが滑走に集中できるようにした。1972年にMooresは1947年の試作品をロンドンサイエンス・ミュージアムに寄贈した[7][8]

McClelland Sounds社[9]カンザス州ウィチタ)の創業者Herbert "Mac" McClellandは、1951年にローレンス・デュモンスタジアム英語版で行われるメジャーリーグ野球の試合でNBC放送に用いる送信機を製作した。送信機はアンパイアが背負うものであった[10]。Herbertの兄は「アメリカ空軍通信の父」と呼ばれるHarold M. McClelland空軍少将である。

シュア社は、1953年発売の「Vagabond」が 「業界初のワイヤレスマイクシステム」であると称している。見通し距離で15フィート(4.6m)、カバー範囲は700平方フィート(21平方m)の内であった[11]

ドイツゼンハイザー社は、1957年に北ドイツ放送(NDR)と協力してワイヤレスマイクシステム「Lab W」を発表し、1958年に「Mikroport」の商品名でテレフンケン社より販売した。Mikroportは、ポケットサイズでカーディオイド指向性ムービング・コイル型マイクを搭載し、37Mcで送信し300フィート(90m)まで到達した[12]。もう一つのドイツのメーカーベイヤーダイナミック社は、1962年に製造された「transistophone」が最初のワイヤレスマイクとしている[13]

ソニーは1958年に「CR-4ワイヤレスマイク」を発売した。送信機はソリッドステート化され、27.12Mc、FMアンテナは蛇腹状のフレキシブルアンテナで、シャツポケットに収まるほどの大きさで着脱可能なダイナミック・マイクが付属していた。100フィート(30m)まで有効とされ、価格は250ドルであった。受信機真空管式で、送信機の収納部と音量調節付きの小形モニタースピーカーが組み込まれていた。1960年には劇場ナイトクラブでの使用に推奨され、1961年にはマリンランドオブザパシフィック英語版カリフォルニア州ロサンゼルス郡)が、ショーの動物調教師に使用する為に導入した[14][15]

最初に取得された特許は、サンノゼ州立大学(カリフォルニア州)の電子工学技術者Raymond A. Litkeによるものである。形状は葉巻チューブに似て長さ6インチ(15cm)、直径1インチ(2.5cm)、重量7オンス(200g)、ハンドヘルドとラべリアの二種類のマイクが使用でき最大到達距離は0.5マイル(800m)、対になる受信機は17ポンド(7.7kg)の重量があった[16]。Litkeが試作したのは1957年であるが、特許を申請したのは1961年5月8日で1964年5月19日に米国特許第3,134,074号[17]となった。1959年にVega Electronics Corporationにより「Vega-Mike」として製品化され、1959年のスタンフォード大学(カリフォルニア州)で開催された1960年ローマオリンピック予選会で試用された[16]。続いて1960年アメリカ合衆国大統領選挙民主党共和党の全国大会で、ABCテレビの記者が、候補に指名されたジョン・F・ケネディリチャード・ニクソンインタビューするため、会場でワイヤレスマイクを持って追いかけた[18]著名人で初めてワイヤレスマイクにをのせたのは、この二人といわれる。ABCテレビのニュースアンカーJohn Dalyは、7月のニュース放送で「これはVega-Mikeです。マイクケーブルを接続する煩わしさなしに会場のホール内や屋外で放送に使用できました。」とLitkeの発明を賞賛した[19]。後に有用性を認めた連邦通信委員会FCC)はワイヤレスマイク用の周波数を12波割り当てた[20]

映画撮影に利用されたのは、1964年制作の『マイ・フェア・レディ』でレックス・ハリソンの声の収録に使用されたのが初めてである。音響技術者のジョージ・グローヴスは、この功績により第37回アカデミー賞録音賞を受賞した[21]

ミュージシャンでもある電子工学技術者のJohn Nadyは、ワイヤレスマイクのダイナミックレンジを改善するコンパンディング技術について特許を取得、1976年にNasty Cordless,Inc.(1978年にNady Systems英語版と改称)を設立した。Nadyはまた、世界初のイヤーモニターシステム(1978年)、初のPLLシンセサイザUHFワイヤレスマイク「UHF-950」(1991年)も開発した[22]トッド・ラングレンローリング・ストーンズは、このシステムをライブコンサートで使用した最初のポピュラーミュージシャンである。1996年にNady SystemsはCBSゼンハイザー、Vegaと合同で技術・工学エミー賞英語版を受賞した[23]

脚注編集

  1. ^ Q&A 01:ワイヤレスマイクとラジオマイクの違いは?(特定ラジオマイク運用調整機構
  2. ^ 松永英一, 村上佳裕、「4-1 ラジオマイクの歴史と変遷」 『映像情報メディア学会誌』 2015年 69巻 5号 p.398-402, doi:10.3169/itej.69.398
  3. ^ Wireless Mike Puts You on the Air(Albert Rowley) ポピュラーサイエンス 1948年11月号 pp.224-225
  4. ^ ULTRA-MIKE(NATIONAL SUPPLY CO.) ポピュラーメカニクス 1947年6月号 p.263
  5. ^ Reg Moores The Telegraph 2012年1月17日
  6. ^ 日本でいうアフレコのこと
  7. ^ Robertson, Patrick (2011). Robertson's Book of Firsts: Who Did What for the First Time. Bloomsbury Publishing USA. p.735. ISBN 1-60819-738-7
  8. ^ Guinness book of world records. Sterling. 1989. p.148
  9. ^ McClelland Sound
  10. ^ About Us McClelland Sound
  11. ^ Shureの歴史 シュア
  12. ^ The Wireless World. Marconi House: 164. 1959. Missing or empty
  13. ^ Once and Today Beyerdynamic
  14. ^ Equipment Profile: Sony Wireless Microphone, Model CR-4". Audio. Radio Magazine. 44: 44. 1960.
  15. ^ heatre Arts. 45: 74. 1961. Missing or empty
  16. ^ a b Alma Signal-Enterprise. November 10, 1960.
  17. ^ Microphone transmitter having a lavalier type antenna
  18. ^ San Jose Mercury News. September 10, 1960.
  19. ^ ABC News. July 1960.
  20. ^ Alma Signal-Enterprise. February 26, 1981.
  21. ^ Part9 George Groves Sound History Making of My Fair Lady.(The Official Website of George R. Groves)
  22. ^ About Nady Nady Systems
  23. ^ NATIONAL ACADEMY OF TELEVISION AND SCIENCE Outstanding Achivement in Technical/Engineering Development Awards - ウェイバックマシン(2009年8月16日アーカイブ分) (PDF)

関連項目編集