ピーター・ガブリエル

ピーター・ブライアン・ガブリエルPeter Brian Gabriel1950年2月13日 - )は、イングランド出身のミュージシャンシンガーソングライター

ピーター・ガブリエル
Peter Gabriel
Peter Gabriel Allan Warren.jpg
基本情報
出生名 Peter Brian Gabriel
生誕 (1950-02-13) 1950年2月13日(71歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド サリー州ウォーキング
ジャンル ロック
プログレッシブ・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルキーボードピアノフルート
活動期間 1960年代中期 -
レーベル カリスマ・レコード
ヴァージン・レコード
リアル・ワールド・レコード
アトランティック・レコード
ゲフィン・レコード
共同作業者 ジェネシス
ロバート・フリップ
トニー・レヴィン
ケイト・ブッシュ
ユッスー・ンドゥール
公式サイト PeterGabriel.com
(署名)
Peter Gabriel Signature.svg

世界的ロックバンドジェネシス」の初代ボーカリストとして名を馳せ、ソロ転向後も大きな成功を収めた。

グラミー賞」6冠。2010年にジェネシス名義、および2014年にソロ名義で「ロックの殿堂」入り。

人物編集

1970年代にはプログレッシブ・ロック・バンド「ジェネシス」のボーカリストとしてライブに劇場的効果を導入し、奇抜なファッション(衣装やメイク)でのパフォーマンスで一躍有名となる。ソロ活動を開始してからはワールドミュージックの普及に精力を尽くすとともに、自らの音楽にも大胆に取り入れてきた。また、技術革新を生かした創作活動にも積極的に取り組んでいる[1]

かなりの寡作家としても知られており、1990年代以降はアルバム発表のインターバルが長くなっている。サウンドトラック等の企画盤の制作依頼や、様々なイベント参加もその要因である。一方、ジェネシス再結成の噂は幾度となく取り沙汰されてきたが、2006年に発表された再結成ツアーには不参加となった。

日本における音源リリースの名義表記は(ジェネシス時代から)一貫して本項表題の「ピーター・ガブリエル」で、日本独自の「ピーガブ」という省略呼称を使うファンも存在するほど浸透している[要出典]が、ピーター・バラカンはかつてコラムを連載していた『FM Fan』誌上で「原音はガブリエルではなくゲイブリエルのほうが近いのだから、表記もそうするべき」と提言[要出典]。同誌はそれ以降、休刊まで表記を「ゲイブリエル」で統一した[要出典]。また、これ以降、他の音楽雑誌で特集が組まれる際も「ピーター・ゲイブリエル」と表記されるケースが増えた。本人も「日本でのみガブリエルと呼ばれている」と苦笑している[要出典]

来歴編集

幼少期からデビューまで編集

イングランドサリー州ウォキング近郊のチョバム英語: Chobhamで、発明好きの電気技師の父ラルフと音楽家の家系の母エディス(旧姓アレン)の元に生まれた。サリーに農場を持つなど比較的裕福であった一家は、ガブリエルをパブリックスクール(名門私立学校)であるチャーターハウス・スクールに入れ寄宿舎生活を送らせたが、そこでの旧式で厳格な生活様式はガブリエルにとって意に染まないものであった[2]。ガブリエルは最も好きな映画のひとつとして、パブリックスクール内での陰湿なハラスメント・暴力の横行とそれへの反抗とを描いたリンゼイ・アンダーソン監督の映画『If もしも....』(1968年)を挙げている。

ドラムを叩くことに精神的活路を見出した彼は、いくつかのバンドを経て、1967年にチャーターハウスの仲間であるアンソニー・フィリップスマイク・ラザフォードトニー・バンクスクリス・スチュワートと共にロック・バンド、ジェネシス(Genesis)を結成する。ガブリエルは、後にフィル・コリンズスティーヴ・ハケット等が在籍することになるバンドのボーカリストとして中心的な役割を果たした。

ジェネシス在籍時編集

 
ジェネシス時代 (1974年)

1969年、10代にしてプロ・デビューを果たしたジェネシスは、2作目のアルバム『侵入』(1970年)以降、当時隆盛期を迎えつつあったプログレッシブ・ロックの有力バンドの一つとしてヨーロッパ諸国で名声を得ていった。

ガブリエルがジェネシスの音楽を視覚化するために、1972年発表のアルバム『フォックストロット』の楽曲から取り入れ始めたというライブでの奇抜な衣装やメイク、そして演劇性を取り入れたステージングは大きな注目を集めた。ジェネシスのフロントマンとしてバンドの主導権を握っていくが、あまりに強烈な個性のため、他のメンバーはあまり快くは思っていなかった[要出典]

1974年発表のアルバム『眩惑のブロードウェイ』に至っては、ガブリエルが全面的に主導権を握り[要出典]、ストーリー性の高い難解な[要出典]コンセプト・アルバムを作り出している。

ソロ・キャリア編集

 
ソロ転向初期 (1978年)
 
(1986年)

1975年、音楽性及びプライベートな理由(結婚や妻の出産など)でグループを脱退し、音楽活動を一時休止。その後、1977年にソロ・アーティストとして活動を再開した。ソロ・アルバムはロバート・フリップトニー・レヴィンケイト・ブッシュ等の参加もあり、作品を重ねるごとにジェネシス色を払拭していった。

ピーター・ガブリエル III』(1980年)や『ピーター・ガブリエル IV』(1982年)といったアルバムでは、当時の最新シンセサイザー民族音楽の導入によって独自の音楽世界を構築した。特に南アフリカ共和国の民族運動家、スティーヴ・ビコのことを歌った『ピーター・ガブリエル III』収録の「ビコ」は代表曲のひとつになった。

ポップスの要素を取り入れた1986年のアルバム『So』は世界的ヒットを記録。シングル・カットされた「スレッジハンマー」は、手の込んだアニメーションのプロモーション・ビデオMTV等で話題を呼んだことも相まって、かつて在籍していたジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」を1位から引き摺り下ろして、1986年7月26日付のビルボード・シングルチャートで全米ナンバー1に輝いた。ピーターにとって、これが唯一の全米ナンバー1となった。

映画サウンドトラック制作にも関わっており、1980年代には『バーディー オリジナル・サウンドトラック』(1984年)や『パッション』(1989年)などのアルバムを発表している。

1990年にはそれまでのキャリアを総括するベスト・アルバム『シェイキング・ザ・トゥリー』を発売。

1992年、6年ぶりのオリジナル・アルバム『Us』を発表。『Us』発表後に行われた1993年の「シークレット・ワールド・ツアー」では、劇作家・俳優・映画監督のロベール・ルパージュを演出に起用し、テクノロジーと演劇性が融合したステージを披露した。また、初の来日公演[要出典]を日本武道館で行っている。そのツアーの模様はライブ・アルバムやビデオ(現在はDVD版)で発売されている。

2000年にはイベントのサウンドトラック・アルバム『OVO』、2002年には映画『裸足の1500マイル』のサウンドトラック『LONG WALK HOME』を制作している。

2002年に久々の新作『Up』を発表。その後、2本のワールドツアー「グローイング・アップ・ツアー」と「スティル・グローイング・アップ・ツアー」を開催している。

2006年トリノオリンピックの開会式では、オノ・ヨーコのスピーチを引き継いでジョン・レノンの「イマジン」を披露した。

2008年アニメ映画ウォーリー』の主題歌「ダウン・トゥ・アース」を発表。第66回ゴールデングローブ賞主題歌賞と第81回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされ、第51回グラミー賞では最優秀歌曲賞(映画・テレビ部門)を受賞した。

2010年、ジェネシス名義で「ロックの殿堂」入り。8年ぶりのスタジオ・アルバムとなるカバー・アルバム『スクラッチ・マイ・バック』をリリース[3]

2011年、自身の楽曲にオーケストラ・アレンジを施したセルフカバー集『ニュー・ブラッド』をリリース[4]

2014年、ソロ名義で「ロックの殿堂」入り[5]

私生活編集

1971年、21歳のとき、ウルヴァーコートのムーア男爵フィリップ・ムーア英語: Philip Moore, Baron Moore of Wolvercoteの娘ジル (Jill) と結婚し、2人の娘アンナ=マリー (Anna-Marie) とメラニー (Melanie) をもうけた。メラニーはミュージシャンとなり、2002年より父親のバックボーカリストも務めている。ジルとの結婚生活は思わしくなく、1987年に離婚に至った。女優ロザンナ・アークエット、歌手シネイド・オコナーなどとの交際の後[6]、2002年にメイブ・フリン (Meabh Flynn) と再婚した。メイブとの間にアイザック・ラルフ (Isaac Ralph) とリュック (Luc) の2人の息子がいる。

多方面への活動展開編集

 
リアル・ワールド・スタジオの室内
 
ピーターとWITNESSプロジェクトの面々 (2008年)

ワールドミュージックに傾倒していることでも知られ、1982年以来、「ウォーマッド」(WOMAD, World of Music, Arts and Dance)フェスティバルを主宰し、ワールドミュージックの普及に貢献している。初回こそ商業的に大失敗して大赤字を出したが、現在では、世界最大規模のワールドミュージック・フェスティバルとして知られている[7]

さらにウィルトシャー州ボックスにリアル・ワールド・スタジオを建設すると共に、1988年にはワールドミュージックのレーベル、リアル・ワールド・レコードを立ち上げている。これらの活動によって、ヌスラット・ファテ・アリ・ハーンユッスー・ンドゥール等のアジアアフリカの多くのミュージシャンをヨーロッパ世界に紹介するのに大きな役割を果たした。

また、音楽の他にもメディアアートなど最新の技術を取り入れた創作活動に興味を持っていたガブリエルは、プロモーション・ビデオ製作にも積極的で、そこに曲の宣伝目的以上の芸術的価値を見出していた。とりわけコマ取り[要出典]アニメーションを多用して作られた前述の「スレッジハンマー」(スティーヴン・ジョンソン監督)のプロモーション・ビデオは大きな評判を呼び、1987年MTVミュージック・ビデオ・アワーズのベストビデオに選ばれている。同じ年には、メディアアートの世界的祭典であるアルス・エレクトロニカにおいてコンピュータ・ミュージック部門で最初のゴールデン・ニカ賞(グランプリ)を受賞している。

1993年にはCD-ROMとして公開されたマルチメディア作品『エクスプローラ1』を、1996年には『イヴ』を発表した。その他にも、いち早くオンデマンドの音楽配信会社「OD2」の設立に加わったり、iTunesでプレイリストを自動作成するためのアプリケーション「The Filter」の開発に携わるなど、新しい技術にも率先して関わり続けている。

人権活動にも積極的に携わっており、1980年代にはアムネスティ・インターナショナル支援のいくつかのコンサートに率先して参加したほか、1992年にはビデオと通信メディアを利用して人権侵害を監視しようというWITNESSプロジェクトをリーボック人権基金と共に設立している。2004年には、デジタル時代におけるミュージシャンの立場を守るための組合『MUDDA』をブライアン・イーノと共に立ち上げている。

政治的活動にも積極的であり、1992年、血の日曜日事件20周年に際しては犠牲者の無実の承認や責任者の追求などを求め、労働党国会議員や映画監督ケン・ローチなど他の左派の著名人とともにロンドンでの抗議デモを支持した[8]1997年の総選挙では、「当時のトーリー党〔=保守党〕政権を倒すことに貢献したかったので」としてトニー・ブレアが率いる労働党を支援し[9]、労働党への献金リストにも名を連ねている[10]。 しかし2003年、イラク戦争へのイギリス参戦の決定に失望し、以降はブレア政権から距離を置くようになった[11]。 2010年、ガーディアン紙はガブリエルを小選挙区制から比例代表制への移行の「筋金入りの主唱者」と紹介し[6]、2013年には旧態依然の政党政治を変革するために電子投票にこれまで以上に興味をもつようになったと表明している[11]。 2016年のイギリスの欧州連合離脱(ブレグジット)を問う投票では、イギリスの残留を支持した[12]

2005年の選挙では、イングランド・ウェールズ緑の党候補へ楽曲のカバーを行う特別な許可を与えた[13]。 一方、2012年にアメリカの保守系ラジオショー・ホスト、リンボーが女性人権活動家サンドラ・フルーク英語: Sandra Flukeを攻撃したとき、自らの楽曲を使用したことを非難した[14]

パレスチナ問題に関しては、二国家解決(パレスチナ国家承認)案を支持し、2014年にガザ地区人道支援団体支援のためのコンピレーション・アルバム『2 Unite All』に曲を寄稿した[15]。 長年に渡り論争を呼んでいる第一次世界大戦時のアルメニア人虐殺に関してはトルコ政府が組織的ジェノサイドであったことを認めるよう主張し、2020年ナゴルノ・カラバフ紛争においても、トルコのエルドアン大統領によるアゼルバイジャン支援を批判した[16]

日本公演編集

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

発売 タイトル 順位() 順位() 認定(英) 認定(米)
1977年 ピーター・ガブリエル
Peter Gabriel (Car)
7位 38位 Gold
1978年 ピーター・ガブリエル II
Peter Gabriel (Scratch)
10位 45位
1980年 ピーター・ガブリエル III
Peter Gabriel (Melt)
1位 22位 Gold Gold
1982年 ピーター・ガブリエル IV
Peter Gabriel (Security)
6位 28位 Gold Gold
1986年 So
So
1位 2位 3× Platinum 5× Platinum
1992年 Us
Us
2位 2位 Platinum Platinum
2002年 Up
Up
11位 9位 Silver
2010年 スクラッチ・マイ・バック
Scratch My Back
12位 26位
2011年 ニュー・ブラッド
New Blood
22位 30位

ライブ・アルバム編集

発売 タイトル 順位(英) 順位(米) 認定(英) 認定(米)
1983年 プレイズ・ライヴ
Plays Live
8位 44位
1994年 シークレット・ワールド・ライヴ
Secret World Live
10位 23位 Silver Gold
2012年 ライヴ・ブラッド
Live Blood
195位 -

コンピレーション・アルバム編集

発売 タイトル 順位(英) 順位(米) 認定(英) 認定(米)
1990年 シェイキング・ザ・トゥリー
Shaking the Tree: Sixteen Golden Greats
11位 48位 2× Platinum 2× Platinum
2003年 HIT
Hit
29位 100位 Gold
2019年 Rated PG
2019年 Flotsam and Jetsam

サウンドトラック編集

発売 タイトル 順位(英) 順位(米) 認定(英) 認定(米) 備考
1984年 バーディー オリジナル・サウンドトラック
Birdy
51位 162位 アラン・パーカー監督の同名映画『バーディ』のサントラ盤。これまでの発表曲のインスト・バージョンが収録されている。
1989年 パッション
Passion
29位 60位 Gold マーティン・スコセッシ監督の映画『最後の誘惑』のサントラ盤。リアル・ワールド・レーベルの第1作となった。
2000年 OVO
OVO
24位 - 2000年にロンドンミレニアム・ドームで行われたショーのサントラ盤。
2002年 LONG WALK HOME
Long Walk Home: Music from the Rabbit-Proof Fence
- - フィリップ・ノイス監督の映画『裸足の1500マイル』のサントラ盤。

映像作品編集

発売 タイトル 備考
1987年 CV
CV
『So』の楽曲を中心としたプロモーション・ビデオ集。
1990年 POV
POV
1987年の『So』ツアーの模様を収録したビデオ作品。未DVD化。
1994年 シークレット・ワールド・ライヴ
Secret World Live
1992年 - 1993年に開催された「Secret World Tour」の模様を収録。
2003年 グローイング・アップ・ライヴ
Growing Up Live
2002年 - 2003年に開催された「Growing Up Tour」の模様を収録。
2004年 プレイ・ザ・ビデオ
Play
プロモーション・ビデオ集。
2005年 ア・ファミリー・ポートレイト
A Family Portrait - A Film By Anna Gabriel
2005年 スティル・グローイング・アップ - ライヴ & アンラップト
Still Growing Up: Live & Unwrapped
2011年 ニュー・ブラッド - ライヴ・イン・ロンドン
New Blood: Live in London
2010年に開催された「New Blood Tour」の模様を収録。
2013年 ライヴ・イン・アテネ1987
Live in Athens 1987
『POV』の増補盤。『So』発売翌年、1987年に開催されたツアーの模様を収録。
2014年 Back to Front: Live in London 2013年10月21日、22日、「Back to Front Tour」からロンドンにあるThe O2でのライブの模様を収録。

ジェネシス編集

関連人物編集

脚注編集

  1. ^ 今夜、触れてほしいジェネシスの世界”. TAPthePOP (2016年1月25日). 2017年11月22日閲覧。
  2. ^ スペンサー・ブライト『ピーター・ガブリエル(正伝)』岡山徹訳、音楽之友社、1998年。ISBN 9784276234789
  3. ^ ピーター・ガブリエル「ジェネシス衣装はボロボロ」”. CDjournal (2010年2月10日). 2017年11月22日閲覧。
  4. ^ ピーター・ガブリエル、「新たな次元が曲にもたらされたんだ」”. BARKS (2011年10月13日). 2017年11月22日閲覧。
  5. ^ ピーター・ガブリエル「ジェネシス衣装はボロボロ」”. BARKS (2014年3月4日). 2017年11月22日閲覧。
  6. ^ a b Rogers Jude (2010年6月2日). “Peter Gabriel: ‘It doesn't have anything to do with witchcraft!’”. the Guardian. https://www.theguardian.com/music/2010/jun/02/peter-gabriel-scratch-my-back 
  7. ^ Lynskey, Dorian (2012年6月26日). “Peter Gabriel on 30 years of Womad — and mixing music with politics”. Guardian. https://www.theguardian.com/music/2012/jul/26/peter-gabriel-30-years-womad 2021年10月6日閲覧。 
  8. ^ Launch of the BSI”. Museum of Free Derry. 2021年10月7日閲覧。
  9. ^ Matthews, Jenny (2005年4月21日). “Who's backing whom at the election?”. BBC. http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/vote_2005/frontpage/4464557.stm 
  10. ^ “UK Politics: ‘Luvvies’ for Labour”. BBC. (1998年8月30日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/161057.stm 
  11. ^ a b Doran, John (2011年9月19日). “An Invasion Of Privacy: Peter Gabriel Interviewed”. https://thequietus.com/articles/07003-peter-gabriel-interview 
  12. ^ So — In or Out?”. petergabriel.com (2016年6月22日). 2021年10月8日閲覧。
  13. ^ “Green candidate sings for votes”. BBC. (2005年4月29日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/vote_2005/england/4497761.stm 
  14. ^ “Peter Gabriel Pulls Music From ‘Rush Limbaugh Show’”. Rolling Stone. (2021年3月5日). https://www.rollingstone.com/music/music-news/peter-gabriel-pulls-music-from-rush-limbaugh-show-116147/#ixzz1pQftliJu 
  15. ^ MacNeil, Jason (2014年11月12日). “Peter Gabriel Slams Israeli Occupation, Contributes Song To Gaza Benefit Album”. HuffPost. https://www.huffpost.com/archive/ca/entry/peter-gabriel-israel-gaza_n_6134256 
  16. ^ Gabriel, Peter, 292910949759の投稿(10158463210534760) - Facebook

外部リンク編集