三休橋筋(さんきゅうばしすじ)は、大阪府大阪市北区中央区を南北に走る道路の一つ。大阪市道三休橋千日前線のうち道頓堀通以北に当たる。

三休橋筋北端(栴檀木橋から公会堂を望む)

概要編集

御堂筋堺筋の中間に位置し、船場では栴壇木橋筋(せんだんのきばしすじ)、島之内では笠屋町筋(かさやまちすじ)とも呼ばれる。マメ科の大きな並木が整然と続く緑豊かな通りであり、近代大大阪時代を思い浮かばせるレトロ近代建築が軒を連ねる様は洗練された趣がある。かつての船場の繁栄を思わせて良い散歩道である。

北は中之島大阪市中央公会堂(公会堂が建つ以前は堂島川南岸)から始まり、土佐堀川栴檀木橋で渡り、船場の中央を南北に貫いて長堀通の三休橋交叉点に至る。三休橋交叉点以北は歩道もある比較的幅の広い道となっている。また、船場の中央の筋ということもあって企業の本社ビルも多い。電線の地中化と、街灯のガス灯化が進められている。

三休橋交叉点には、道路名の由来となった三休橋が長堀川に架けられていたが、1964年昭和39年)に長堀川の埋立に伴い撤去された。三休橋の名称の由来は、長堀川に架かる橋の中で往来の多い心斎橋・中橋・長堀橋の三橋を休めるための橋と言われている。

島之内に入り周防町筋を過ぎると歓楽街の色彩が濃くなってくる。同じく島之内の中央を南北に貫いて道頓堀川を太左衛門橋で渡り、南岸の道頓堀通(商店街)で終わる。

市道名のとおり、道頓堀通以南はやや西へずれるが千日前(商店街)と繋がり、なんばグランド花月前を通り千日前道具屋筋商店街となり、浪速区との境であるなんさん通りに至る。

長堀通より北側は北行きの一方通行、長堀通 - 鰻谷北通間は対面通行、鰻谷北通より南側は道幅も狭く南行きの一方通行である。

沿線情報編集

北区編集

中央区編集


交差する主要道路編集

関連項目編集

外部リンク編集