福井港

三国港から転送)
福井港
FukuiKou.jpg
九頭竜川と福井港、石油備蓄基地が隣接する。2007年8月18日撮影
所在地
日本の旗 日本
所在地 福井県坂井市
詳細
種類 特定港
統計
公式サイト 福井港(福井県サイト)

福井港(ふくいこう)は、福井県北部の坂井市九頭竜川河口部に位置する港湾。福井県が管理する地方港湾である。港則法上の特定港に指定されている。三国港地区と本港地区からなる。

目次

概要編集

もともと九頭竜川河口の三国港がこの地区の中心港であった。後に日本海側の三里浜砂丘に大型港湾を整備し、あわせて福井港と称するようになった。2009年(平成21年)には、大型港湾地区を本港地区と称している。本港地区では年間180万トン程度の貨物を扱う[1]

三国港地区編集

 
三国港

古くから三津七湊の1つでもあって日本を回航する北前船、及び福井城下はじめ九頭竜川水系の水運拠点として繁栄した三国港(みくにこう)(別名:三国湊(みくにみなと)、坂井港)がその前身。港内には越前がにアマエビの水揚げで有名な魚市場(坂井市三国町宿)がある。

旧来の港である九頭竜川右岸地区は、食品流通業界や市場向かいにあるえちぜん鉄道三国芦原線の終着駅名として旧称の三国港を用いており、一般的にも工業地区と区別する意味を含め三国港と呼ばれている。

本港地区編集

福井港の本港を中心とする地域には、福井臨海工業地帯(テクノポート福井)が建設されている。

沿革編集

近隣の港湾編集

参考文献編集

外部リンク編集